転職エージェント『Future Finder Career』

愕然の高額請求!SNS 広告で通販しキャンセル効かずの声が続出

SNS広告で詐欺被害発生

SNS 通じ海外通販事業者から高額請求の被害に消費者が急増中!!

 

2015年8月18日付 国民生活センター報告書
SNS の広告で購入した化粧品で思わぬ請求が!-日本語のサイトでも契約先は海外の詐欺的事業者!?

 

これによれば、SNS に掲載されていた広告を通じて、化粧品を購入した消費者(被害者)らが、相次いで通販事業者から高額の請求を受けるというトラブルが報告されたとのこと。

国民生活センター越境消費者センター(Cross-Border Consumer Center Japan: CCJ)に寄せられている消費者からの報告によれば、相手は国内ではなく海外にある事業者であるとのことで、言語の壁が邪魔して満足な交渉もできないで困っているという状況のようだ。

誘い文句としては「有名女優が使っている化粧品」のような訴求とのことで、サイト自体も日本語により表示されるとのことで、ITリテラシーが高くない方には、一見すると国内サイトのように観られ、欲求も高い状況であることから冷静な判断も難しいのでしょうか。

相談件数:6月度に約10件→7月度は300件

僅かな期間で実に30倍もの被害報告数の増加を発生させている本件。注文した際に目にした金額の、数倍もの金額を請求されたという方々が急増中。消費生活センターに相談しましょう。

▼相談事例を細かく確認▼

ネットがよくわからない方へ

ネットにおける通販に慣れてない方や、英語がわからないという方には、正直、海外事業者との直接的な取引はオススメできません。日本では通常あるような、ご注文内容確認画面が無いパターンや、「ご注文完了後に内容を確認」というような文言が外国語で表記されていたり、そもそもの常識が異る場合もあるため、欲しいものがあるときは、その国の言語がわかる周囲の方の協力の下、注文を行うことを推奨します。

簡単!本当に国内か確認する手段

  1. 「特定商取引法に関する表記」があるか
  2. ドメインが見慣れないものではないか
  3. IP が国内になっているか

当然、完璧ではないものの、抑止効果はあるかと思いますのでお試しください。3に関しては、Whois サービスというものが無料で使えるので、試してみてください。

 

女子が作った就活講座仕事獲得

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!