転職エージェント『Future Finder Career』

一人暮らしの大掃除!効率よく年内に完了させるスケジューリング方法

大掃除
大掃除の季節がやってきました。今年1年で溜まった汚れやゴミを一掃し、気持ちよく新しい年を迎えるためには、てきぱきと効率的に片付けてしまいたいですよね。だけど一人暮らしの生活ではなかなか難しく、スケジュールを組むだけでも一苦労……。

今回は、一人暮らしの大掃除において大切なことをご紹介いたします。スケジュールの立て方見落としがちな掃除ポイント、手順を決める際に意識すべき点など、大掃除の仕方に困っている一人暮らしの方必見の内容ですよ!

一人暮らしの大掃除はスケジュール表を作って失敗知らず!

一人暮らしの大掃除にとって何よりも重要なのは、手際よく作業を進ませるためのスケジュール管理です。毎日の忙しい仕事や炊事・洗濯などに追われてしまうと、掃除にまでなかなか手が回らないのが一人暮らしの難点です。特に年末は仕事が立て込んでしまいやすく、大掃除をする時間を設けるのが大変。

この日、この時間に必ずやる!」という日を前もって設けておき、スケジュールに組み込んでおきましょう。仕事納めや帰省のタイミング、出かける予定などを調整してしっかりと大掃除の時間を確保し、一度決めたらできる限り予定は動かさないようにしてくださいね。さらに、大掃除をすると決めた日の中でも細かくタイムスケジュールを決めるようにしてください。何時から何時まではキッチン、何時まではお風呂掃除というように細かく区切るようにしましょう。

大掃除をきちんと終わらせるためには、何よりも意志の強さが大切です。掃除が終わらないうちにズルズルと年明けを迎えないために、スケジュールを決めることから始めてみましょう。

女子が作った就活講座仕事獲得

大掃除のスケジュールの立て方

大掃除のスケジュールを立てる際に意識すべきポイントは、全部で3つです。

掃除の基本は水周りから

水周りの大掃除
トイレやお風呂、キッチンなど、水周りは一番初めに行うようにしましょう。水周りは文字通り水を使うところなので、掃除をするとなるとどうしても水を飛び散らせてしまいます。床の拭き掃除の後などにしてしまうと、せっかくキレイにした床を濡らしてしまうかも知れません。それではせっかくきれいに拭いた床が台無しですね。

水周りを先に掃除してしまえば、垂れた水などもその後でまとめてきれいに掃除することができるのです。

大掃除スケジュールについ組み込み忘れやすいところを確認

大掃除は、普段の掃除では目が行き届かないところまでキレイにするところにその醍醐味があります。そのため、ついついスケジュールに組み込むのを忘れてしまうポイントが出てきてしまうこともありますよね。次にご紹介するのは、つい見落としがちなところの一例です。ぜひ参考にしてください。

    ・照明器具
    ・窓ガラス
    ・カーテン
    ・キッチンのレンジフード
    ・換気扇
    ・天井

順番は奥の部屋から玄関へ

家の掃除は、奥から手前へ進めるのが原則です。ホコリやゴミを奥からかき集め、玄関へ掃き出すようなイメージで行います。もしも手前の玄関から始めてしまうと、せっかくキレイにしたところを足で踏みながら移動することになってしまいます。それでは台無しですよね。一人暮らしのワンルームであっても奥の部屋から始め、玄関へ向かって進めるようにしましょう。

奥の部屋1つとっても、床を拭く際などには入り口から一番遠い角から始めていくようにしてください。そうすれば、キレイにした床を踏みながら移動せずに済みますよ。

大掃除チェックリストの作り方

見落としなく確実に大掃除を終わらせるためには、チェックリストを作っておくと便利です。次にご紹介するリストを参考にして、確実に終わらせておきたいところを確認しておきましょう。

必ず掃除する場所

    ・キッッチン
    ・トイレ
    ・風呂
    ・部屋(和室、フローリング)
    ・玄関
    ・ベランダ
    ・冷蔵庫

なるべく掃除しておきたい場所

    ・電子レンジ
    ・窓/網戸
    ・照明器具
    ・エアコン

忘れがちな場所

    ・天井
    ・壁
    ・洗濯機

掃除は毎日のタイムスケジュールも大事

大掃除,スケジュール
こまめにやっていくにしろ、数日で一気に済ませるにしろ、掃除をする日の中でのスケジュール確認も大切な手順の1つです。次にご紹介するのは1日で行う大掃除のタイムスケジュールです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

午前

9:00開始
キッチン

    ・シンクに熱めのお湯を溜め、洗剤を入れて換気扇をつけ置き洗い
    ・コンロ周りにペーパータオルなどを敷き、その上から洗剤をかけて放置
    ・シンクを洗う

9:30
お風呂

    ・換気扇を取り外し、洗剤をつけて洗う
    ・浴槽に洗剤を吹き付けて少々放置
    ・壁や床などにも洗剤を吹き付けて放置

10:30
トイレ

    ・マットなどをすべて表に出して、便器に洗剤を吹きかける
    ・床、壁、便器のフタ、便座、便座の裏、便器の順に拭き上げる
    ・タオルホルダーなどの細かい部分、扉を拭く

午後

12:30
キッチン

・コンロ周りを拭き上げ、つけ置きしておいた換気扇を洗い流す

13:00
お風呂

・浴槽や壁、床などをキレイに洗い流す

13:30
部屋

    ・照明器具などを拭く
    ・掃除機をかける

14:00
床磨き

15:00

    ・網戸のホコリをはたく
    ・網戸を洗う
    ・窓ガラスの外側を磨いたら内側を磨く

16:30
玄関を掃除する

このスケジュールはあくまでも参考です。1日に数時間、午前中だけ、午後だけなどの大掃除をする場合には、このスケジュールの午前中の部分だけ、午後の部分だけなどを応用するようにしてください。

大掃除を1日で終わらせる場合には、基本的には水周り午前中から昼間、その後に部屋の掃除を行い、最後に窓や玄関に取り掛かるようにしましょう。夜は疲労が溜まってきて、自然と効率も下がってしまいます。なるべく夜にはスケジュールを入れないようにしてくださいね。

スケジュール通りの計画的な大掃除で気持ちよく新年を迎えよう

大掃除
ものづくりの世界では「計画が8割」といわれています。正しい手順に従って丁寧に作業を進めていくという点においては、大掃除も同じといえますね。スケジュールさえ組んでしまえば、後はそれにしたがって片付けていくだけです。計画的に掃除していけば、キレイな部屋で気持ちよく新年を迎えられますよ!

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!