転職エージェント『Future Finder Career』

人付き合いが得意でない人は『48.1%』の結果にどうなるニッポン

ニッポンの心が危ない

ネットリサーチ会社のマイボイスコム株式会社は、2009年10月から同社が運営するMyVoiceのアンケートモニターを対象に行っている『人付き合い』に関する調査結果(回答:男女10,303名)を発表しました。

アンケート中、『人付き合いは得意か』の質問に48.1%が得意では無い方に回答する事態に愕然。その理由が本当にわかりやすく、インターネットなどが普及し、便の良さが人間関係を希薄にしていると感じたので、ニッポン人の良さである人付き合いを消滅させないために紹介します。

 

女子が作った就活講座仕事獲得

アンケートの設問は以下の9つ

  1.  人付き合いが得意か
  2.  友人の数
  3.  友人と知り合ったきっかけ
  4.  友人とのコミュニケーションのとり方
  5.  人間関係の満足度
  6.  人付き合いに関する考え
  7.  現在の人間関係でうまくいっていると思うもの
  8.  現在の人間関係でうまくいっていないと思うもの
  9.  回答者のコメント(人間関係に満足の理由)

今回は、1・2の設問への回答に的を絞って紹介します。

 

回答に協力したモニター10,303名の内訳

 

性別ごと 年代ごと

 

設問) 人付き合いは得意か

 

人付き合いは得意か

人付き合いが得意な人は21.8%で、女性10代や50代以上、 また世帯年収が高い層ほど比率が高い傾向。社交の場に出ることが多いからであろうか。一方、人付き合いが得意でない人は『48.1%』で、男性40代以下や女性20・30代で比率が高い傾向です。

 

設問) 友人の数

友人の数は
友人が5人以上いる人は5割で、過去調査と比べて減少傾向です。ボリュームゾーンは「3~4人」「5~6人」「11人以上」 となっています。友人の定義が個々に異るので、一概には言えませんが、社会に出れば自分の忙しさや相手の状況への配慮もあり、交流頻度が下がるので現実的なラインのように感じます。

やはり!というべきでしょうか、若年層では「11人以上」の比率が高く、10代では4割強、20代では3割弱みられます。一方、 男性40代以下では「0人」が2割弱で、 他の層より比率が高くなっています。家庭や介護など、社会的責任が広がってくると交流に割く時間を確保するのも難しくなり、やがて億劫になったということなんですかね。

 

設問) 友人とのコミュニケーションのとり方

友人とのコミュニケーションのとり方

友人とのコミュニケーションのとり方を聞いたところ以下の様な手段が上位3位を占める結果がでました。これをみる限り、直接会うという回答が最も多いのですが、全然安心できません! 基本的には会わない手段ばかりです。大丈夫かニッポン。

 

  1.  「直接会って話す」(75.2%)
  2.  「メール」(59.2%)
  3.  「電話で話す」(46.4%)

 

「チャットアプリ・ツール」「メール」は、 女性が男性を16~17ポイント上回ります。 「チャットアプリ・ツール」「無料通話ツール・アプリで通話」 は若年層、 「ブログやSNS、 Twitterなど」も女性若年層で比率が高くなっています。 一方、 「メール」は30代以上、 「電話で話す」は50代以上で比率が高い傾向です。

 

一体、何が変わってしまったのか。

近年、通信端末が安価で入手できるようになり、いまや 小学生の子供まで携帯電話やPCなどで、インターネットに簡単接続している。大人ともなれば、メール・電話・SNS・ブログなど、豊富なコミュニケーションツールを駆使して、自己表現や意思伝達を行っています。

便利になり、情報の速報性が飛躍的に向上、しかも手軽である。という状況の中で、人との対面コミュニケーションに時間を使うことに対する価値観が変わったのではないでしょうか。

『友人』その定義は、個々で異なるものでしょう。しかし、人と人の対面でのコミュニケーションは、表情から読み取る力、言葉から感じ取り判断する力、耳と心で聴くことによる汲取り力。いわば五感をフル活用することが出来る数少ない手段だと筆者は思います。

 

もっと詳細が知りたい方はコチラ

http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/20717/

 

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!