転職エージェント『Future Finder Career』

会社選びに!GPTW2015働きがいのある会社ランキングを活用

働きがいのある会社2015

『働きがいのある会社』の判断は選ばれし企業から学べ!!

就職活動や転職活動で最も悩むことは『企業選び』というのは時代が変わっても普遍的な求職側の悩みです。そこで、独自の基準ではあるものの、第三者機関などの審査を受けた結果として発表されるAwardsや認定書は、 一種の安心マークの役割を果たしているように思います。

今回は、Great Place To Work(R) Institute Japanが毎年発表している、『働きがいのある会社ランキング’2015』の結果を紹介。WEBにある諸情報(採用サイトや社長ブログなど)もまとめてみました。

このような賞が企業に贈られ、ランク付けされているケースは増えていますが、当然のごとく参加自体していない企業が圧倒的多数です。また、あなたが志望する会社が掲載されていない可能性が高い中、『一体、世の社員たちはどんな会社で働きがいを感じているのか?』という部分の参考になりましたら幸甚です。

女子が作った就活講座仕事獲得

働きがいのある会社ランキングについて

「働きがいのある会社の定義」とは?

従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、 一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所。

出典元:Great Place To Work(R) Institute Japan

働きがいのある会社ランキング2015「従業員:1,000人超」

【1位から10位】

  1. グーグル
  2. 日本マイクロソフト
  3. アメリカン・エキスプレス
  4. Plan・Do・See
  5. ワークスアプリケーションズ
  6. ディスコ
  7. サイバーエージェント
  8. 日本イーライリリー
  9. DHLジャパン
  10. モルガン・スタンレー

働きがいのある会社ランキング2015「従業員:100~999人」

【1位から10位】

  1. VOYAGE GROUPVOYAGE GROUP
  2. バリューマネジメント
  3. サイボウズ
  4. セプテーニ・ホールディング
  5. マース ジャパン リミテッド
  6. コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン
  7. アイ・ケイ・ケイ
  8. グロービス
  9. ネットアップ
  10. ネクスト

働きがいのある会社ランキング2015「従業員:25~99人」

【1位から10位】

  1. アクロクエストテクノロジー
  2. プログレス
  3. トリプルグッドグループ
  4. gCストーリー
  5. freee
  6. ヴォラーレ
  7. ジオコード
  8. じげん
  9. ビューティースマイル
  10. ESTcorporation

各規模の上位3社をざっくり紹介!

以下、従業員規模毎に選出された『働きがいのある会社』、上位3社ずつを簡易解説付きで紹介させていただきます。どんな会社が働きがいがありそうかの判断材料になるよう、各会社の採用サイトへのリンクを掲載していますので、併せてご覧になってください。(新卒採用・中途採用あり)

従業員:1,000人超の上位3社

1位:グーグル

Google(グーグル株式会社)言わずと知れた、世界No.1の検索エンジン「Google」の日本法人。グーグルのホームページへ行くと「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」とあるように、1998年に設立した会社は、今となっては世界中でインターネット接続している、ほぼ全ての人が使ったことがある、ユーザーとコンテンツの重要な接点へと成長しています。

数多くの買収を重ねながら、常に新しい形へと生まれ変わらせながら、インターネットにイノベーションを起こし続ける企業といえます。

Googleの福利厚生制度、人生の多くの時間を過ごすオフィスがユニークであるということは、多くの人びとに認知されています。筆者は度々、グーグル日本法人の本社がある、六本木(森ビル)にあるフロアを訪問し、実際に社員の方々と接したことがありますが、「地頭の良さ・人間の質・迅速さ」がすこぶる高い印象を受けました。

2位:日本マイクロソフト

日本マイクロソフトWindowsやOfficeといった誰もが知っている製品を開発・販売している企業。日本マイクロソフトの企業ミッションは「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」とホームページに紹介されています。個人的には非常に納得できるミッションですね。

今となっては、Microsoft Officeなくして、企業の書類作成や計算は効率性を向上させられないほど普及しています。Windowsというプラットフォームが世界中のビジネス層に浸透、学校の授業でも学ぶようになり、大金が動くプロジェクトの裏側で行われているプレゼンテーションでは、必ずと言ってよいほどPowerPointが使われています。

IT系の人々には浸透していますが、マイクロソフトはサーバー製品や、Googleと同じような検索エンジン「bing」の提供も行っており、本業こそGoogleとは異なりますが、新しいことに挑戦し続けるイノベーティブな企業として社会的責任を負いながら、世界のビジネスシーンで貢献しています。

3位:アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスアメリカン・エキスプレスのビジョンは「世界で最も尊敬されるサービス・ブランドとなる」です。主な事業は「個人および法人向けクレジット・カード、提携カード、旅行小切手、旅行サービス」の提供となっており、世界のビジネスパーソンが選ぶ、クレジット・カードとして確固たる地位を築いている、グローバルカンパニーです。

従業員:100~999人の上位3社

1位:VOYAGE GROUPVOYAGE GROUP

VOYAGE GROUPVOYAGE GROUP国内14の連結子会社と、持分法適用関連会社が国内外に5社を保有する企業。平成27年9月8日をもって、東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所市場第一部銘柄に指定されました。更にインターネット領域においてメディア関連事業、アドテクノロジー事業、その他分野で展開中で、成長著しいITベンチャーとして有名。

おおまかな説明にはなりますが、簡単に理解しようとするのであれば「WEBマーケティング」をするための、プラットフォームとして、インターネット広告配信の仕組みや、通信販売の仕組みなどを中心に、幅広く展開している会社といえます。

筆者の勤めている会社では、研修や勉強会が盛んであるため、時々、社内が空いておらず貸し会議室を探していた時のこと、なんと! VOYAGEさんが『無料シェア会議室 PORT』なるものを貸し出しているではありませんか。こおれは中々、出来ることではないので、関心したのが記憶に新しいです。

2位:バリューマネジメント

バリューマネジメント株式会社バリューマネジメント株式会社は、結婚式の企画、運営、請負及びコンサルティング業務、婚礼式場の経営、店舗開発のコンサルティング、人材開発コンサルティングなどを手がけています。

その経営理念には『顧客満足度、従業員満足度、パートナー満足度を念頭に置き、価値あるマネジメントとビジネスオペレーションを用いて、社会社組織、関わる全ての人々に対し、幸福をもたらす。』とあります。

『成果にコミットする!』という言葉が、ホームページの端々に見当たるので、どういうことかと読んでいると、どうやら事業再生のコンサルティングをしていて、他のコンサルティングファームとの違いとして成果にコミットする!といっているようです。ここまで、人の喜びに近いコンサルの仕事、他には中々ないでしょうし、コンサルタントとして力がつきそうであると思った次第。

3位:サイボウズ

サイボウズ株式会社 採用サイトサイボウズ株式会社は、グループウェア「Cybozu」の提供元で、筆者も2008年頃に使っていましたが、当時は、ここまで成長するとは思っていませんでした。会社のミッションは「世界中の様々な組織が、 効率的に価値を生み出せるようチームワークを向上させること」という、グループウェアの開発会社らしいもの。

オウンドメディアにも力を入れており、単純にシステム開発会社という枠にとどまらず、情報発信力も兼ね備えるクリエイティブかつイノベーティブな会社です。

2014年度には、ダイバーシティー経営企業100選、なでしこ銘柄にも選出され「多様性を支援する」代表企業であるというお墨付きをもらっている数少ない優良企業です。

従業員:25~99人の上位3社

1位:Acroquest Technology 株式会社

Acroquest Technology 株式会社 採用サイトプログラミング言語「Java」を用いたシステム開発を得意とする企業。100%の解決率を誇るというJavaトラブルシューティング「JaTS」や、大量データをリアルタイムに高速処理する「Acro MUSASHI」など、企業が直面するインフラの課題解決分野で定評がある。

特に筆者の目を引いたのが、ビッグデータを活用してミャンマーへの事業展開をサポートする「MMS」というサービス。これは、独自収集の消費者行動をリアルタイムで分析し可視化するというもであるとのこと。

東南アジアでのビッグデータ活用の先端をいきそうなビジネスの今後は要注目。「価値ある人生を、価値ある仲間と、共に切り拓く」という理念、採用サイトには、システム会社らしからぬ開かれた環境が伺える情報が満載です。

2位:株式会社プログレス

株式会社プログレス 採用サイト株式会社プログレスのミッションは『「こんな人生があるとは思わなかった!」を、もっと。』です。基幹事業は、アパート経営による資金形成プランの提供。デザイン性の高いアパートを土地探し~管理業務までトータルでサポートしている。

人材コンサルや風土コンサルなどのグループ会社も保有し、今、最も成長著しいアパート経営コンサルティング会社です。そんなプログレスの新卒採用説明会では「スーツ禁止」という変わった制度も。

筆者自身、2年ほど前に、この企業を訪問したことがありますが、採用サイトでは、この会社の人々の人の良さや優しさが出ているという感覚を覚えました。

3位:トリプルグッドグループ

トリプルグッドグループ 採用サイト「中小企業の100年経営で、日本を元気に!」をミッションにしている、税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士などの法人を有する企業群で、「あらゆる専門家のサービスをもっと手軽に」をコンセプトに、中小企業の経営をサポートしています。

ITにも強い会社のようで、中小企業のWEBマーケティングや、ブランディングの支援も行っているとのことがホームページに載っています。

お硬いイメージの業界ですが、社内にはバースペースがあり、社員同士のコミュニケーション促進に一躍かっているようです。

本記事を書いた筆者の所感

各企業に関して、基本スペックを淡々と書くことは不必要かと思いながら執筆をしました。ただし、様々な状況とバックグラウンドの方々が就職活動や転職活動をする中で、ShineJOBをご覧になって下さっています。そのため、「この会社って何している会社?」という疑問と、「どんな理念やミッションをもっているの?」という部分に絞っての紹介とさせていただきました。

今後の求職活動の中で、『働きがいのある会社の傾向』を掴んでいただける方が、一人でも出たら、この記事には意味があったと思います。最後まで、貴重なお時間をつかっての、熟読ありがとうございました!

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/itgyoukai_ranking20150902/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!