転職エージェント『Future Finder Career』

Google『YouTube有料化』拡散中デマ誤報を受け説明する事態

YouTubeは無料を維持

YouTube有料化に関するデマ報道が、世界中のネット社会を驚愕させ、その拡散が止まらない状況にGoogle広報室が説明に追われる事態に発展か!? そもそも、どうしてYouTubeが有料化するなどというデマが流れたのか?それは、ロシアの通信社『Sputnik(スプートニク)』の日本語版が、アメリカのメディア『THE VERGE』が報じた旨の記事をリリースし、それが誤報のまま拡散したのが原因のようだ。

女子が作った就活講座仕事獲得

YouTube有料化に関するデマ情報の根源

以下、今回のデマ情報の発信源とされている、Suptnic(スプートニク)日本語版の記事と、巻き込まれたカタチのTHE VERGEの記事、Google広報室にまで問合せて、真相を確かめてくれたITMedia『ねとらぼ』さんの記事を解説付きで紹介してみる。

Suptnic(スプートニク)自体のYouTube有料化に関する記事

Suptnic(スプートニク)日本語版こちらが、ロシア通信社『Suptnic(スプートニク)』の日本語版が報じた2015/09/03付の記事がことの発端になったようです。正直なところ、筆者の脳みそでは、文章が難しく何がどうなっていくのかを理解することが出来なかった(苦笑)。そのため、以下、Suptnic(スプートニク)日本語版の実際の記事を紹介するので、ご確認いただきたい。

 

世界最大の動画共有サービスYouTubeは2015年末までに有料化に切り替わる構え。インターネット通信のThe Vergeが報じた。元記事を読む…

分かりましたか? やはり、今回の件に関して、ITMediaさんの記事が一番分かりやすいかもしれませんね。

Sputnik(スプートニク)が報じたTHE VERGEのリソース

これが、アメリカのメディア『THE VERGE』が報じた記事。

http://www.theverge.com/2015/8/28/9220377/youtube-as-you-know-it-is-about-to-change-dramatically

Suptnic(スプートニク)日本語版は、上記記事を根拠として、YouTubeが有料化されるという趣旨の発表をしたという流れのようですがITMedia「ねとらぼ」の記事では、Google広報室に問合せた結果として、下記の見解を述べている。さすが、信ぴょう性が高い。

しかし実際にはThe Vergeは「YouTubeが有料化する」と報道していません。スプートニクがソースにしたとみられる8月28日の記事は、YouTubeが2つの有料サービスの導入を検討していると伝えたもの。音楽の定額制サービスと、動画の広告が非表示になるサービスで、これらは米国でも公式に発表されている情報です。YouTubeそのものが有料化するとは本文には書いてありません。続きを読む…

これによれば、「YouTubeが有料会員サービスの導入を検討」とのことらしく、YouTube全体を有料化などというような過剰想像と同じ内容ではないとのこと。(ホッと…一安心。)

YouTube有料化のデマにユーザー達の反応

ネット上では、こんな反応が多い傾向。ただし、正しい情報がながれはじめ、収束ムードに変わり始めている。

  • youtubeをはやく有料化して広告なくしてもらいたいです。
  • 有料化されれば興味なし。さらばYouTube 今までありがとう!
  • YouTube有料になったら見ないよ。ほかの無料動画サイト探すよ。
  • YouTube有料化なったらYouTuber終わりやな。おめす!
  • YouTube有料化ガチやん(笑)

超大物ユーチューバー「HIKAKIN」もユーザーからの質問にコメントしいる。

筆者自身、HIKAKINの動画は、しばしば閲覧しています。日本にユーチューバーという概念を作ったのは彼であるとも思っています。そんな動画が有料化されてしまうと、私だけでなく、彼らを愛する多くの子供達はどうなってしまうのか?

そもそも単純な有料化なんてメリット薄い。

そもそも、よく考えれば、あるわけがない。。。 Googleは日本本社にYouTube用のスタジオを無償で提供するなどして、フリーの精神を貫いてきているし、TrueViewを中心とした広告モデルを作り上げてきている。それを考えれば、YouTubeが有料になって、無料会員が激減したら、Googleがプラットフォームを無償提供してきた意味がなくなる可能性すらある。

増して、ユーチューバーが減ってしまったりしても、動画数が増えないし、動画広告がマッチする新しい動画を獲得できなくなる。

負のスパイラルしか無い。ということで、そもそもあり得ないんですね。と筆者は考えるところでございます。

デマ報道が信じられたのは周辺動向が問題か!?

実は、私自身、9/3の段階では本当にYouTubeが有料化するのかと勘違いしていた一人でした。というのも、筆者はYouTubeのミドルユーザーであり、時々、おすすめ動画などを中心に閲覧する程度。

最近の報道による、Hulu、Amazon、TSUTAYA、Netflixの動画定額サービスが続々と開始、海外勢が日本市場に参入といったトピックスを、ニュースアプリなどで目にしていたものの、どれがなんだかわからない状態。

あまり関心度は高くないという状況の中、今回の情報がヤフーリアルタイム検索のランキングで掲載されていたり、TwitterなどSNSで回ってきたり。

こんなことが、ネット上で拡散する情報、テレビで視聴した記憶などと絡み合い、そんな最中にGoogleがYouTubeを有料化って、このような情報が出回った時、信じてしまいそうになりますよね。

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/itgyoukai_ranking20150902/

http://www.jaic-college.jp/shinejob/hatarakigai_gwp2015ranking/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!