転職エージェント『Future Finder Career』

英語力でキャリアアップ!未経験の転職で英語力が武器になる条件

転職で重宝される英語力

希望の会社で正社員になるため、自分にも何かスキルがほしい。
こう考えたとき、まず英語力が頭に浮かぶ人は多いのではないでしょうか? 確かに、英語を身につけて転職に成功した、年収がアップしたなどの話はあちこちにあふれています。

しかし、英語力“だけ”ではキャリアアップは難しいのが現実です。英語力は、あくまでひとつの武器にすぎません。立派な剣を手に入れても、扱う腕前がなければ宝の持ち腐れです。英語を身につけるには、時間も労力もかかるもの。せっかくの努力を無駄にしないために、「キャリアアップにつながる英語力」とは何かをお伝えします。

女子が作った就活講座仕事獲得

英語で仕事が出来る人が優位

私たちはどんなに英語を勉強しても、アメリカの高校生より上手に話すことはできません。それなのに、企業はなぜノンネイティブの日本人を雇うのでしょうか?

それは、仕事のスキルがあるから。
企業が求めているのは、英語“が”できる人ではなく、英語“で”仕事ができる人なのです。そこで、「今の職種を英語でやったらどうなるか?」をイメージしてみましょう。たとえば、以下の様な場合。

  • 事務職
    海外とのメールや電話のやり取り、通関業務やマニュアル英語訳、外国人顧客のアテンドなど、仕事の幅が広がる。
  • 営業職
    国内の顧客を回るだけでなく、世界中にある支社や取引先と交渉をしたりと、スケールの多い仕事ができる。海外出張や国際営業部への転籍チャンスも。
  • 販売・接客業
    外資系ホテルや都心の一等地にあるショップなど、外国人が多く訪れる場所で働ける。日本のおもてなしの心を広められるのは、英語ができる人の特権。

いかがでしょうか? 難しそうですか?
でも仕事だからといって、完璧な英語を話す必要はありません。ペラペラ話すことよりも、カタコトでもカタカナ英語でもいいから英語で商談をまとめ上げるほうが、圧倒的に評価されます

英語が出来るだけでも“レア度”は上昇

仕事のスキルに英語力が加わると、転職市場での価値が一気にアップします。
とんとん拍子に転職で成功するコツは、「バイク+英語力」「メカニック+英語力」などの合わせ技を手に入れることです。

バイクや機械に詳しい人はもちろん、英語ができる人も山ほどいます。ところが、「機械に詳しく英語もできる人」となると、その数は激減。希少価値の高い人材となれるのです。

何かに詳しいことに加え英語ができれば、ライバルたちの中でキラリと光る存在に。仕事のスキルが多少採用基準に満たなくても、英語力を買われて内定が出る可能性は充分あります。

未経験の転職でも英語力は武器

もちろん異職種に転職する場合でも、英語力は活きてきます。その場合、英語ができる人が少ない職種や企業を選ぶと有利でしょう。

たとえば事務職希望者は女性が多いこともあり、英語ができる人の割合は高め。事務職未経験者にはハードルが高いかもしれません。もちろん企業によって異なるので、少しでも興味があれば迷わず応募することをおすすめします。

一方、営業職は、英語が得意な人は多くないけれど、英語力を必要とする求人は一定数あります。海外進出をしている、もしくはこれからしたいものの、既存の社員は英語が不得意…という企業は意外と多いのです。これはチャンス!

今の仕事と英語力が組み合わさったら、どんな未来が開けると思いますか?想像してみてください。イメージが浮かんだら、今度はそれが叶いそうな求人を、転職サイトで探してみるとよいでしょう。一気に夢が具体的になり、英語を勉強する気が湧いてくるかもしれませんよ!

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!