転職エージェント『Future Finder Career』

面接で退職理由を聞かれたら?第二新卒はネガとポジを操りアピール

退職理由

退職理由に固執せずポジティブな話をしよう!

新卒で入社した会社を早期退職してしまった。
あるデータによると新入社員の3割は、3年以内に退職してしまうとか。人も組織も互いに期待があるわけで、マッチしなければ、当然よい関係を構築することは難しくなります。そのため、前職の勤務期間が短いことを、過度に気にする必要はありません。

一般的に、新卒が早期に退職した場合、第二新卒と呼ばれるようになるが、このような呼び名が生まれたのも、若年層の早期退職が絶えないという社会背景があります。最近では、企業側も、若くて一定度のビジネス感覚やマナーが身についている第二新卒を歓迎する傾向があります。自信を持って転職活動をしましょう。

とはいえ、面接において、退職理由は必ず聞かれます。
なぜなら面接官は、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」と心配するからです。
逆に言えば、面接官の不安を払しょくできれば、内定にグッと近づくということ。第二新卒の転職活動の場合、退職理由をしっかり説明できるかどうかが採否の決め手のひとつになるといえるでしょう。

女子が作った就活講座仕事獲得

退職理由の絶対的NG回答

正直なところ、辞めた理由はネガティブなことが大半だと思います。

  • 上司と合わなかった
  • 残業が多くて私生活が崩壊した
  • 給料が安すぎた
  • 全然評価されなかった
  • 福利厚生がいい加減だった
  • 人間関係が難しかった

しかし、こうした理由をストレートに伝えるのは原則NGです。
どこの会社に行っても苦手な社員は一人くらいいますし、残業も発生します。面接官に「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」という不安を抱かせてしまうでしょう。

「いや、前の会社は本当にひどかったんだ!」と思う人もいるでしょう。確かにそれを語れば面接官は同情してくれるかもしれませんが、「じゃあうちの会社で是非」とはなりません。

たとえば合コンで今日知り合った人に、元カレや元カノの愚痴をずっと聞かされたらどうでしょうか? かわいそうだとは思っても、「じゃあ付き合おうか」とはならないはずです。

退職理由自体を深く考える必要なし

実は、退職理由そのものを深く考える必要はありません。
大切なのは、これから何十年と続く仕事人生の中で、前職がどのようなポジションだったかを説明することです。

あなたの長期的なキャリアビジョンは?

仕事を通じて、将来的にこうなりたい、あんなことにチャレンジしたい、というビジョンはありますか?
もしまったく浮かばないのであれば、慌てて応募するのはいったんストップしましょう。

転職の目的は、内定をとることではなく、楽しくイキイキと働ける会社と出会うこと。そこを間違えてしまうと、転職を何度も繰り返すパターンに陥ってしまいます。

ビジョンは、「人と接する仕事がしたい」「英語を活かしたい」など、漠然としたイメージでかまいません。一度落ち着いてじっくり考えてみてください。

ポジティブな退職理由なら、志望動機まで流れをつなげられますよね。ここで注意をしたいのは、履歴書や職務経歴書などには違う理由が書いてあるという、辻褄の合わない状況だけは内容にするということ。

具体的に、前職を退職したことと、今後のビジョンとが繋がるような『ポジティブな退職理由』のイメージができたら、それと前職がどうズレていたのか、具体的に考えてみましょう。

たとえば、人と会う仕事がしたくて営業職に就いたのに実際は電話営業だった場合、そのミスマッチが退職理由になります。

退職理由の具体的な見本

「人と接することが好きで営業職を選びました。ところが前職の仕事は電話での新規開拓営業で、お客様と直接会うことはありませんでした。これも経験だと思い1年間続けてきましたが、顔が見えない電話でのコミュニケーションに限界を感じました。今後はルートセールスの仕事に挑戦し、お客様のところに何度も足を運んで信頼関係を築き、製品だけでなく私のキャラクターも買っていただけるような営業マンを目指したいです」

退職理由の説明に終始してしまうと、「テレアポのノルマがきつかったから」という後ろ向きな理由になりがちです。でも長期的なビジョンという視点を取り入れると一気にポジティブな理由になり、自然に志望動機へとつなげられます。

この例の場合、前職へも「希望職種:営業」として入社しています。このように同じ職種名であっても、その業務内容は会社によって様々。転職先を探すときは、職種名だけでなく具体的な仕事内容をしっかり調べましょう。

そしてそれが、自分のキャリアビジョンとマッチしているかを厳しくチェック。このプロセスをきちんと踏めば、すぐに辞めたことに引け目を感じるどころか「将来のために早々に見切りをつけた」というアピールにさえなりえるのです。

弱点をアピールポイントに変えて、堂々と面接に臨みましょう!

既卒・第二新卒を専門に就業支援をするジェイック

本サイトを運営する、株式会社ジェイックでは、就職に不利と言われることの多い層の就職支援を行っております。講座に参加する必要はありますが、一人だと何ヶ月も要することが多い、転職を最短2週でアシストしてくれる。

しかも、書類選考が無いので、短期講座を履修すれば企業と一括面接することができる。就職成功率は80.3%で支援実績は12,174名という実績!!全サービスを無料で提供していますので『よくわかる説明会』に参加を検討してみてもいいかもしれませんね。

あわせて読んで欲しい記事

面接対策を完全網羅!全48質問&回答と第一印象やマナーの決定版

2015.08.24

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!