プロフィール

森一真(もり・かずま)

 

大学中退者を専門にした就職支援サービス「中退カレッジ」の企業担当 兼 面接対策担当。

 

自分自身も大学3年生の時に中退をした経歴を持つ。ジェイックに出会うまでは居酒屋でアルバイトをしていた。

 

大学中退で、自分の将来を諦めていた時期も

ーー森さん自身も、大学を中退されているんですよね?

 

 

森:

そうなんですよ。大学3年生の時に、経済的理由で中退しました。当時は親の体調が悪く、生活費や学費は自分でバイトをして支払っていましたが、学業との両立が難しくて。

大学中退をする理由の第1位は経済的理由という調査もあるので、よくあることかなと思っています。 中退した当時は、「中退って印象悪いだろうし、スーツを着て働くような仕事はこれから出来ないんだろうな」と諦めた気持ちになっていました。

1回も就職活動したことないのに。笑

 

ーー森さんと同じように、自分の将来を諦めてしまう中退者は多いのでは?

 

森:

多いですね。中退カレッジ利用者の方には、就職活動を私みたいに1回もしたことがない人も、頑張って活動している人も、どちらもいらっしゃいます。

しかし、どちらの方も共通して就活やその後の将来について自信を持てていない場合が非常に多いです。 私の場合は、アドバイスや面接対策を通して、自信を持ってもらえるように関わっています。

 

ーー就職に自信が持てない中退者へのアドバイスとは?

 

森:

まず、中退カレッジでご紹介する企業は「中退者を採用したい、中退者に期待している」と考えている企業ばかりなんです。

「別に中退者でもいいから採用したいな」ではなく、「中退者だからこそ採用したい」という企業をご紹介できるのは、中退カレッジだけだと思います。 そういった、ご紹介企業の特徴を踏まえて、面接対策では中退を個性にする自己PRが出来るようにサポートをしていきます。

例えば、中退を始めとした挫折から立ち直った経験や、逆境に立ち向かう力についてアピールできるようにアドバイスしますね。最初は皆さんあまり思いつかないのですが、私たちと一緒に根気よく取り組むことで少しずつ話せるようになっていきます。

 

ーー他にも、中退者によくあるお悩みやそれに対するアドバイスはありますか?

 

 

森:

他には、企業が自分(利用者の方)のどんな点を見て採用を決めるのか、わからないという悩みも多いですね。

このような悩みに関しては、私が企業からヒアリングした内容を、私なりにまとめたものを伝えています。具体的には、以下の3点ですね。

 

【企業が20代を採用する時に重視するポイント】

(1)経験・・・部下の育成など、新人では任されない業務をしたことがあるか

(2)能力・・・プログラミングや営業など、得意な業務があるか

(3)意欲・・・企業の一員として積極的に業務に取り組む姿勢があるか

 

中退された方のほとんどは正社員経験が無いので、(1)と(2)をアピールすることは難しいので、どのように(3)意欲を企業に感じてもらえるかがポイントです。 意欲の伝え方は人それぞれなので、1人1人に合った面接対策を行います。

 

たった1社との出会いで人生が変わる

 

ーー森さんの面接対策はかなり充実しているように思えますが、就職サポートの中で心がけていることは何かありますか?

 

 

森:

たった1社との出会いで人生が変わるかもしれないので、利用者の方がその機会を逃してしまわないようにしようとは心がけています。

実際私も、ジェイックに出会っていなかったら、人生を諦めたままでだらだらとバイトを続けていたと思います。でも、ご縁があってジェイックで働くことができてからは、昔の自分では想像できないくらい仕事を楽しんでいますし、成果を出しています。

この前は、3か月連続で社内で表彰をしてもらいました。

 

ーー人生を変える出会いを逃さないように、具体的に取り組んだエピソードはどんなものがありますか?

 

森:

そうですね、私の中で一番印象的だったエピソードなのですが、利用者の方でYさんというすごく真面目で気配りもできる方がいたんです。

Yさんは私が担当している企業が求める人物像とすごく合っていて、企業にとってもYさんにとっても、この企業に入社することがベストだと思っていました。 でも、面接の結果は不合格だったんですよ。

 

ーー森さんからすると、「なぜYさんを採用しないのか?」と思いますよね。

 

森:

その通りです。なので、「Yさんがその企業に入社したら絶対に活躍するから、企業にとってもYさんにとっても、採用するべきです!」と私が企業に直談判しました。

ありがたいことに、もう一度面接をしてくれることになったのでYさんと一緒に念入りに面接対策を行い、私もYさんを採用するメリットを企業にプレゼンしました。 結果、Yさんは採用することになりまして、入社から半年以上たった今でも活躍しています。

Yさんも企業も、今でも感謝してくれますね。 あの時私が直談判したことで、Yさんの人生は良い方向へ大きく変わったと思います。

 

ーー森さんが、Yさんの人生を変える出会いを逃さなかったからこそ生まれた内定ですね。

 

 

森:

この件はかなりドラマチックな例ですが、普段から「人生を変える出会いを逃さない」という想いで利用者の方と関わっていますね。

私は、担当する全ての企業に対して ・組織体制 ・入社後はどんな先輩に指導されるのか ・入社後の教育は、何をどれくらい行うのか ・活躍している先輩はどんなタイプなのか をヒアリングして、利用者の方に共有しています。

なんでも共有することで、利用者の方が「この会社は自分に合う会社かもしれない」と思える機会を作っています。

 

中退と言う経験をポジティブに捉える会社に、ジェイックなら出会える

 

ーー最後に、正社員への就職を目指す中退者へメッセージをお願いします。

 

森:

実は、中退という経験を評価する会社もありますし、中退者だからこそ採用したい企業ですら存在します。

そのような会社は、中退などの挫折から立ち直った経験を持つ人を採用したいと考えていたり、色んな経歴を持った人を採用して、より多様性のある会社にしたいという想いを持っていたりします。

上記のような企業を狙って就職活動をすることは、1人の就職活動では難しいです。一方、中退カレッジであれば中退をポジティブに捉え、中退者を採用したい企業に必ず出会えます。人生を変える機会を逃さないでほしいですね。

大学中退からの就職は、
就職成功率90.7%
セカンドカレッジにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31のセカンドカレッジ面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

大学中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は90.7%
驚異の高さ!

セカンドカレッジの特徴
  • 大学中退者を専門にした就活講座
  • 就職決定率90.7%の面接対策
  • 91.3%の利用者が長く働けている

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

まずは相談してみる

他のインタビューを見る

神保町本社

就職アドバイザー 奥根麻美

POINT 寄り添うカウンセリングが好評

私が早期退職して転職するときに考えたことや実践したことを、大学中退者の就職活動に当てはめて就職のサポートを行っていけたらと思います。

© JAIC

簡単30 無料就職相談はこちらから