ニートの面接は怖いものではない!空白期間の質問の答え方

ニートの面接は怖いものではない!空白期間の質問の答え方

ニートの面接は怖くありません。説教されるようなことも滅多にありません。空白期間に何をしていたかを聞かれますが答え方のコツがあります。

なぜ正社員になりたいのか?も質問されますので、しっかり対策しましょう。堂々と面接に臨むための方法をご紹介します。

 

ニートが面接に挑む時の注意点

ニートの人が面接に挑むときの注意点は「ニートをしていたことを反省すること」と「自分の言葉で話すこと」です。

ニートになった理由が単に「働きたくなかった」という理由であっても変に隠す必要はありません。面接官は人を見るプロです。

嘘は見破られる

嘘はかんたんに見破ると思ってください。大切なことは「ニート期間を反省している」ということを伝えることです。失敗しない人などいないので、大切なことは失敗からどう立ち直るかです。

企業が欲しがるのは、失敗をしたことがない人よりも、失敗から立ち直る力のある人材なのです。

条件以外の部分で企業を選ぶ

また、自分の言葉で話すためのコツは、応募する企業を条件で選ばないことです。

給料、福利厚生、休みなど条件で選んでしまうと志望動機がどうしても「御社の企業理念に共感したため…」というような面接マニュアル通りの回答になってしまいます。

独自性がないため採用されにくくなります。あなたはどうして応募企業に興味をもったのか?を素直に自分の言葉で話すことが大切です。条件ではなく、事業に興味をもてる企業を選べば自然と自分の言葉で話すことができます。

堂々とした態度で臨む

面接は堂々とした態度で臨みましょう。ニート期間があった人が自信なさそうに面接に臨んだら勝ち目はありません。ニートだったことはもう過去の話です。堂々とした態度でいることで「私は変わった、変わろうとしている」ということを言葉で伝えるだけではなく態度で示すことができます。

「この人、ニートだったのになんでこんなに堂々としているんだろう…?」と面接官はあなたに興味を持つのです。自信がない人は何を言っても説得力がありませんが、自信がある人は何を言っても説得力があります。

「働いていなかった期間は反省しています。だから私は変わろうと思い就職活動をしています。御社の仕事をすることで社会に貢献したいです」と堂々と言ってみましょう。

ハキハキと喋る

面接になれてない方は意識するべきコツは

  • あいさつは元気よく
  • ハキハキと喋る

以上の2つだけです。人の第一印象は最初の数秒で決まるので、もっとも第一印象を良くする方法は、最初に元気よくあいさつをすることです。あいさつに元気がない人は印象が悪く、面接官はあなたの悪いところばかりを探すようになってしまいます。

第一印象が良いと自然と良い部分だけを見てくれる

反対に、あいさつが元気な人は第一印象が良いため面接官はあなたの良い部分ばかりを探すようになります。そして、面接中はハキハキと喋りましょう。ハキハキ話すことであなたの印象はどんどん良くなります。

ハキハキ喋ることで説得力を持たせる

「どうして働いていなかったのですか?」と聞かれてもハキハキと答えてください。「当時のことは反省しています。ですが、これからは社会に貢献できる人材になります」と言い切るようにしましょう。「言い切り」は大切です。「たぶん〇〇だと思います…」というよりは「〇〇です!」と言い切った方が説得力があります。

空白期間に関して嘘を吐かず説明する

空白期間は嘘をつかず正直に伝えましょう。「働きたくなかった」「やりたい仕事が見つからなかった」など本音があるはずです。「ニートだったころは反省しています。ですが、これから私は変わります」という宣言をしにいく場所が面接といってもいいでしょう。

嘘はいつはつじつまが合わなくなる

面接で嘘をつく怖さは「つじつまが合わなくなること」です。あなたも経験があるかもしれませんが、1つ嘘をつくと嘘を隠すためにたくさんの嘘が必要になりますよね。面接官は人を見抜くプロだと思ってください。あなたの嘘は簡単に見破られます。

嘘がばれたら不採用確定です。企業にとって「嘘をつく人」はもっとも必要ない人材だからです。それなら正直に言ってしまった方がよっぽどリスクが低いです。

正直に、今後の展望を話す

空白期間のことを正直に伝えて、以下のように今後の展望を伝えましょう。

  • どのように反省したのか?
  • これからどうしていくのか?
  • なぜ御社で働きたいのか?

面接官によりますが「正直に話してくれた」という理由で採用になるケースも多いです。たいがいの場合、面接官の方があなたよりも年上です。20代の悩みは30代や40代からしたらたいしたことではありません。

「若いときは色々悩むもの。この人は変わろうと努力している」ととらえられることもあります。

ぶっつけ本番は危険!面接の練習をしていこう

面接の練習もなしに本番にのぞむのは危険すぎます。必ず面接の練習をしておきましょう。もっとも効果的な面接練習は自分が話しているのを誰かに見てもらうことです。

相手から見てどう見えるかがポイント

面接での評価は、面接官から見てどのように見えるかがすべてです。自分が思っているよりも背筋が伸びていなかったり、声が小さかったり、言っていることがわかりにくかったりしないかを友人に見てもらいましょう。

練習すべきポイント

特に練習すべきなのは志望動機、自己PR、長所と短所、ニート期間に何をしていたのか?これからはどうしていきたいのか?です。面接練習の相手がいないという場合は、自分が話しているのを動画で撮影しましょう。

自分の練習風景を動画で見ることでも改善点が見えてきます。面接は準備が大事です。練習でうまくできなければ本番でうまくいくこともありません。人生を決める大切な面接ですので、しっかり練習しましょう。

面接は怖くありません

「ニートが面接にいくと怒られるんじゃないか?」「今まで何してたんだ!と説教されるんじゃないか?」と不安になる人もいますが、面接は怖いものではありません。

面接官があなたに怒ったり説教することは滅多にありません。面接官は限られた時間であなたのことを知りたいと思っていますから、説教をしている時間はありません。

人はどうでもいい人を叱ったりしません。あなたを叱るということは「この人はアドバイスしがいがある」「この人はまだ伸びる」と思われている証拠です。面接は怖がらずに臨みましょう。

 

ニートが面接でよく聞かれる質問と回答例

ニートが面接でよく聞かれる質問と回答例をご紹介します。けっこうきつい質問をされることもありますが、面接官の立場にたつと解決策が見えてきます。

採用後にすぐ辞めないことをアピール

面接官(採用担当者)が一番困るのは「採用したのにすぐに辞められてしまうこと」です。どんな人でも企業に就職・転職してすぐに活躍できるわけではありません。

徐々に仕事を覚えながら時間をかけて一人前になっていくのです。その間も会社は社員に給料を支払わなければいけません。すぐにやめられてしまってはお金を捨ててしまったのと同じことです。

すぐに辞めないことをアピールするべき理由

早期退職者がでると面接官(採用担当者)の会社での評価も下がってしまいます。そのため面接官に、あなたがすぐに辞めない人間であると判断してもらうことが重要です。

面接官がニート期間の長かった人にきつめの質問をしてくる理由は「あなたが嫌いだから」ではありません。

「本当にうちの会社で働く気ある?すぐにやめない?」と念入りに確認したいからなのです。それでは、よく聞かれる質問と回答例を見てみましょう。

なぜニートになったのか?

あなたがニートになった理由はほぼ100%聞かれます。ニートになった理由には正直に答えてください。良く見られようと思って嘘をつくのは前述のとおり危険です。

前職がブラックで辞めた場合

「前職がブラック企業だったので次の会社は慎重に探していたら空白期間ができてしまった」という答えもありますが、これが通用するのは空白期間が半年以内の場合のみです。空白期間が半年以上あると嘘に聞こえます。

資格勉強をしていた場合

「資格をとりたくて勉強に集中したかった」という答えもありますが、そもそもその資格が応募企業に必要なものでなければ意味がありませんし、資格に合格していないと返って印象が悪いです。

家庭の事情だった場合

「家庭の事情で…」という答えもあります。本当であれば問題ありませんが、嘘は面接官に見抜かれる可能性が高く危険です。

ニートであったことをごまかさない

「働きたくなかった」「遊んでしまった」「前職を辞めてから実家で暮らしていたら時間が経ってしまった」「前職がブラック企業で次に就職する勇気がなかった」「やりたい仕事がわからなかった」などニートになった理由を正直に答えましょう。

ニートになった理由がネガティブでも、その後のポジティブな言葉を言うのがコツです。「以前はニートでしたが、これからは正社員としてしっかり働きたい」という姿勢を伝えましょう。

ニートの期間は何をしていたのか

ニート期間にしていたことも正直に答える方が良いです。

良く見られようとして「御社のような素晴らしい企業を探していました」と答える人もいますが、ニート期間が長いと「就職先を探すのにもそんなに時間がかかる人がスピーディーに仕事をできるのかな…?」と面接官に不安を与えてしまいます。

「資格取得のために勉強していました」という人もいますが、資格に合格していなければ全く説得力がありません。「勉強していた」だけなら誰でもできますし、嘘にも聞こえます。

また、例えば簿記の勉強をしていたとしても応募企業の業務が経理でなければまったく意味がありません。

 

なぜ正社員になりたいのか

正社員になりたい理由は具体的に話すことが重要ですが、注意点があります。

それは、面接官は給料や安定など「自分がもらうことだけを考えている人」をすごく嫌うという点です。

正社員のメリットはアルバイトやパートよりも給料が高い、ボーナスがある、福利厚生がある、社会保険に加入できるなど安定や保障があることです。

正社員で雇用するということは、企業は社員に長くお金(給料)を払ったり、保障を用意しなければいけないということです。企業が人を1人雇用するというのはリスクもあるのです。

面接官によっては「あなたがやりたいことはアルバイトやパートでもできるのでは?」など、鋭い質問をしてくる人もいます。

アルバイトやパートに比べて正社員は「責任が重い」です。「正社員として働くことで御社の仕事に責任をもちたい」という言葉を面接官は聞きたいのです。このときは面接官の目を見てハキハキと言い切ってください。自信なさそうに言うと逆効果です。

ニートから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のニートが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから