ニートに向いてる仕事-自分の特徴を活かして就職するには-

ニートに向いてる仕事-自分の特徴を活かして就職するには-

ニートに向いてる仕事について紹介します。ニートの自分には向いてる仕事はないと考えている人もいるかもしれません。この記事では、ニートが正社員の就職をする際におすすめの仕事について紹介します。自分の特徴を活かして就職をしてみましょう。

内閣府が発表している令和元年版「子供・若者白書(全体版)」によると、引きこもりの累計人数は約60万人と言われており、その中でも15歳~34歳の割合が33.7%と発表されています。つまり、約21万人の若年層の引きこもりがいると言われています。

参考:内閣府 令和元年版「子供・若者白書(全体版)

働き方が変わってきている近年、ニートだからこそ持っている強みで仕事をすることが可能になっています。ニートの強み、特徴を活かして正社員への就職も考えていきましょう。

ニートに向いてる仕事

ニートに向いてる仕事

ニートに向いてる仕事について解説していきます。ニートの状態だと、ネットに強い人が多く中小企業では年齢層が高い企業ではネットをあまり活用出来ていない企業も存在します。なので、そのような企業への就職をすることもおすすめになります。以下が、ニートに向いてると言える仕事でしょう。

  • WEBライター
  • マーケティング
  • Youtuber
  • 動画編集
  • プログラマー
  • 清掃員
  • 介護職
  • 営業職
  • ITエンジニア
  • デザイナー

自分の強みが活かせる仕事かどうか一度検討していきましょう。

向いてる仕事1.WEBライター

WEBライターのような仕事だと、在宅でも仕事が可能なためニートに向いてる仕事と言えるでしょう。派遣での契約の場合が多いので、正社員として就職したい方には注意が必要ですが、家で一人で仕事がしたいと考えている人にはおすすめの仕事になります。

向いてる仕事2.マーケティング

マーケティングの仕事もニートには向いてる仕事の可能性があります。なぜなら、インターネットを活用した情報収集がニートは得意であることが多く、ユーザー動向の把握が得意な傾向があるためです。ユーザーが何を求めているのか情報を集めて、サービスなどを展開するマーケティングの仕事はニートに向いてる仕事と言えるでしょう。

向いてる仕事3.Youtuber

Youtuberも同様に在宅でできる仕事であるためニートに向いてる仕事と言えるでしょう。また、最近では顔出しをしないYoutuberも出てきており、自分の好きなことを紹介し収益を得ることも可能でしょう。Youtuberは増えてきているので、何かしらのニッチな種類に特化した方が固定ファンを獲得しやすいでしょう。

向いてる仕事4.動画編集

Youtuberの前段階の仕事になりますが、動画編集の仕事も一人でする仕事が多くニートに向いてる仕事かもしれません。パソコンスキルがあるのであれば、このような仕事への就職も検討してみてはいかがでしょうか。Youtuberが増加していることで動画編集の代行も増えてきています。時給制と出来高制で評価されることが多いのでスキルがあればある分だけもらえる出来高を選択することもスキルがある人にはおすすめでしょう。

向いてる仕事5.プログラマー

プログラマーのようなIT人材の需要はネット社会になり加速してきています。経済産業省の「IT人材需要に関する調査(概要)」によると2030年までにIT人材は約79万人も不足すると言われています。

向いてる仕事5.プログラマー

参照、参考:経済産業省「IT人材需要に関する調査(概要)

「IT系のスキルがない」と不安に思う人もいるかもしれませんが、IT人材が不足しているため教育に力をいれている企業が多数あります。ニートはネットを使い慣れている傾向があるので、他の人よりもITスキルがあることがあります。今後のことを考えてプログラマーのようなIT業界に就職することも選択の一つでしょう。

向いてる仕事6.清掃員

清掃員の仕事もニートに向いてる仕事です。特に人間関係が煩わしいと考えている人にはおすすめの仕事でしょう。清掃員は需要が常にある仕事なので、仕事がなくなることが少ないです。しかし、今後のことを考えて何かしらのスキルを身に付けたいと考えている人には他の就職先を検討する方がいいでしょう。

向いてる仕事7.介護職

介護職もIT職と同様に今後需要が高まっていき、人手不足が懸念されている職種になります。総務省統計局の「統計からみた我が国の高齢者(2019年9月15日推計)」の調査によると、65歳以上の高齢者は総人口の28.4%で過去最大となっています。

参考:総務省統計局「統計からみた我が国の高齢者

今後の高齢者の割合が増えて、若年層の割合が減っていくと言われています。そのため、介護職は需要が高まっていくことが考えられるので、今のうちに正社員として就職してスキルを身に付けておくことをおすすめします。

向いてる仕事8.営業職

働き方改革が進んでいる近年、営業職の在り方も徐々に変わってきています。リクルート住まいカンパニー「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査によると、テレワークの導入率は東京都で2020年4月では62.7%であると発表されています。

また、職種別でも同様に以下のようにテレワークが導入されています。

向いてる仕事8.営業職

参照、参考:リクルート住まいカンパニー「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの調査・実態」調査

今後もテレワークは拡充されていく中で、営業に求められるスキルも変わっていきます。以前までは、飛込営業ができる営業マンが評価されていたかもしれませんが、今後はITスキルもある営業マンが評価されるようになっていきます。コミュニケーションだけでなくニートが得意としているネットからの営業も増えてくるでしょう。

向いてる仕事9.ITエンジニア

ITエンジニアは今後、人手不足になると言われています。ニートのようにネット環境に慣れている人材の方が、企業も教育がスムーズになると考えています。一歩踏み出してこのような職種へ就職しておくと今後必要とされる人材になることができるので一度検討してみてはいかがでしょうか。

向いてる仕事10.デザイナー

デザイナーのよう創造力が必要とされる仕事も人によってはおすすめの職種になるでしょう。ニートの中には好きなことに没頭している人も多く芸術系の仕事で成功する可能性がある人もいるでしょう。デザイナーはスキルだけでなく他の強みがないと活躍することが難しいですがチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

ニートの特徴-向いてる仕事を探す前に-

ニートの特徴-向いてる仕事を探す前に-

次にニートの特徴について紹介します。自分の特徴を理解してから就職をした方が離職にも繋がりません。自分にはどのような特徴があるのかを理解して仕事を選んでいきましょう。

特徴1.ネット環境に強い

ニートとして生活している人はネット環境に強いという特徴を持っている人が多いでしょう。ネットで情報収集をすることに長けている人が多いため今の時代に合わせて情報収集が出来ていることになります。

特徴2.好きなことに没頭できる

ニートの特徴として、何か一つのことに没頭しているという特徴を持っています。それがゲームなどだと捉えがちな傾向がありますが、好きなことに没頭できることは立派な長所になります。自分が没頭できる仕事を見つければ、好きなことなので仕事が楽して仕方ないという状態になります。好きなことに没頭できる特徴をどのように活かせしていくのをニートは考えてもいいでしょう。

特徴3,コミュニケーションの取り方が今後の働き方に適している

働き方改革などの影響でリモートワークが促進されています。これは従来のコミュニケーションの取り方でなく、チャットなどのコミュニケーションが重要になっていくということです。テキストでのコミュニケーションや声だけのコミュニケーションをネット環境で行っている傾向があるニートに取っては仕事のしやすい環境になっているということです。コミュニケーションの取り方が今後の働き方に適しているということもニートの特徴と言えるでしょう。

ニートが仕事を探すときの方法とコツ

ニートが仕事を探すときの方法とコツ

最後にニートが仕事を探す時の方法とコツについて簡単に紹介します。ニートは以下の方法で仕事を探した方が自分に合った向いてる仕事を見つけることが可能になるでしょう。参考にしてみてください。

ニートが向いてる仕事を探すための方法

ニートが向いてる仕事を探すときには以下のような方法がおすすめです。

  • 就職エージェント
  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • 地域若者サポートステーション
  • ジョブカフェ

上記のような就職サポートをしているところへ相談することをニートはおすすめします。正社員までの履歴書や面接対策なども一緒に行ってくれることが多いのでおすすめです。

ニートが向いてる仕事を探す時のコツ

ニートが向いてる仕事を探すときのコツについて紹介します。

  • 仕事を選び過ぎない
  • 中小企業を狙う
  • 知り合いの紹介

上記のような方法がニートにはおすすめです。詳しくは以下の記事で紹介をしているのでニートで正社員就職を検討している人は参考にしてみてください。

就職までの準備はたくさんあり大変ですが、正社員として就職ができればスキル磨くことができます。ぜひ就職することをおすすめします。

ニートが向いてる仕事を見つけるためには

ニートに向いてる仕事と特徴について紹介しました。働き方改革に加えて、コロナの影響で現在は加速的にコミュニケーションの取り方や仕事の仕方が変わってきています。これは、ニートにとっては向いてる働き方になっていくということです。

ニートを抜け出した。就職して仕事をしてみたい人は一度相談をしてみましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC