ニート脱出!本気の就職活動『5つの支援』ハロワやサポステなど

ニート脱出!本気の就職活動『5つの支援』ハロワやサポステなど

ニートと言っても、そのキッカケやタイミングなどは、人によって実にさまざまです。しかし多くに共通しているであろう点は、長引くニート生活でブランクがある分、漠然とした不安や悩みを抱えているというところ。就職してニートを脱出したい気持ちはあっても、具体的にどう行動すればよいか分からない、という人が多いのではないでしょうか?

ここでは、就職したい思いがあるにも関わらず、なかなか思うように仕事が見つからない人のために、国が発表したニートの就職現状や、就職支援についてまとめてみました。

あなたがニートから脱出するためのヒントになれば幸いです。

 

ニートの定義とは?ニートとフリーターの違いについて

厚生労働省では、「15~34歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者」と定義しています。ここで気をつけたいのが、正社員及び派遣社員での就職を希望する人は、求職活動をしていない無業者であっても「ニート」ではないと定義しているところ。

極端な話、就職活動をしているだけでもニートという定義からは脱出できていると言えます。

しかし、一般的には就職できた時点で「ニートを脱出した」と認識されるかと思いますので、後ほどニート脱出のための就職支援サービスをご紹介します。

アルバイトやパートなど非正規雇用での就職を希望する無業者のうち、求職活動にいたっていなければ「ニート」、具体的な求職活動にいたっていれば「フリーター」に分類されます。実際にアルバイトやパートをしていればフリーターということですが、分類の仕方は国ごとにそれぞれで、日本の分け方には疑問が呈されることも多いようです。

ニート人口は2002年のピーク時から横ばいに推移している

内閣府が発表した平成27年版「子供・若者白書(全体版)」によると、2014年度のいわゆるニートと呼ばれる15~34歳の若年無業者は、56万人と発表されています。2002年のピーク時およそ80万人に達した後、ほぼ横ばいで推移しています。年齢別に見ると、25~29歳が16万人、30~34歳が18万人となり、年齢が上がるほどニート率が高くなっていることが分かります。

前年に比べるとおよそ4万人減少してはいるものの、好機の兆しでもなさそうです。高齢化社会により、若者の人口そのものが減少していることを考えれば、若年層のニートがわずかに減少しているのは当然なのかもしれません。

 

好きでニートな訳じゃない!ニートが就職活動をしない理由

就職してニートを脱出したい気持ちはあるにも関わらず、就職活動はしていないというニートの場合、就職活動をしない、脱出に必要な行動を起こさない理由については、

  • 「病気・けがのため」
  • 「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしている」
  • 「探したが見つからなかった」
  • 「知識・能力に自信がない」

という理由があることが分かっています。

「若者白書」の内容から分かることは、病気やケガによって求職活動ができない状況はやむを得ず、回復すればニートを脱出し社会復帰できる可能性は高いでしょう。進学や資格取得のための勉強をしている人は、将来のキャリアや目標のための時間であり、世間がいうニートとは意味合いが違うのではないでしょうか。

また、探しても見つからない、希望する仕事がありそうにない、という理由が多いのは、長引くニート生活の中で、社会から疎外された不安感や焦りから、引きこもりがちな生活環境が与える影響があるのかもしれません。

ニートの就職支援について

では、ニート脱出をめざして就職活動をはじめる人たちへ、具体的にどのような支援があるのでしょうか?

ブランク期間を抱えるニートにとっての不安点は、自己PRできる程の知識やスキルを持たない、というケースが多いことと思います。不安や焦りを抱えながらひとりで就職活動を行うのは、精神的にも難しいでしょう。

そのような悩みを解決するため、ニートやフリーターを脱出したい方を対象とした、さまざまな就職支援サービスが用意されています。

ジェイックの就職支援

 

この記事を書いている私たちジェイックでは、ニートなどの社会人未経験の方が正社員に就職する支援をしている会社です。

ジェイックは10年以上、ニートの方の就職支援を行っており、就職成功率は80.3%と非常に高いです。また、就職支援人数も多く、14,000人以上の方が就職し、ニートやフリーターからの脱出に成功しています。

サービスの内容は、あなたに合った会社を見つける就職カウンセリングや、面接対策・ビジネスマナーなどが学べる就職支援講座、就職した会社にしっかり馴染めるようになるための入社後サポートなど幅広いです。

「就職活動、何から始めたら良いのか分からない・・・」「就職しなきゃいけないとは思うけど、やりたい仕事がない・・・」と悩んでいるなら特におすすめ。

ゼロからあなたの就職活動をサポートしますので、ニートからの脱出を狙う人はまずは気軽に相談しに来てください。

ハローワークの求職支援

 

職業相談、求人紹介のほかに、職業訓練や就職セミナー、講習会など、就職に関するサービスが充実しています。最初はハローワークの窓口に行くのに勇気がいるかもしれませんが、受付で登録希望だと言えば求職者登録されますので、この瞬間にニートを脱出し「求職者」となります。ハローワークに求職者登録することで、職業相談と求人の応募が可能になります。

若者サポートステーション

 

地域若者ステーション(通称:サポステ)は、働くことに不安や悩みを抱える15~39歳までの若者を対象に、キャリア・コンサルタントなどによる個別的な相談、支援計画の作成、ニートが抱えるコミュニケーション障害などを回避するための教育訓練などによるサポート、協力企業への職場体験など、ニート脱出のためのさまざまな就職支援があります。

ジョブカフェ

 

46の都道府県が設置する支援施設で、若者能力向上、就職支援を目的に、職場体験や就職関連のサービスを受けることができます。都道府県の要望に応じてジョブカフェ内にハローワークを併設しているところも多く、地域によって職業紹介も実施されています。原則として15~34歳が対象となりますが、各地域によって上限年齢は異なります。

NPO法人

 

ニートを脱出したい方々や、そのご両親に向けた勉強会や教育プログラムを提供しているNPO法人が、全国各地に点在しています。その中でも中心的存在として挙げられるのが、認定NPO法人育て上げネットです。本NPO法人では『ジョブトレ』というプログラムを通じ、若者の働く「不安」を働き続ける「自信」に変わるというコンセプトの下、就職のために必要な支援~就職後の支援に至るまで手厚くサポートすることで有名です。

ニートを脱出し就職する第一歩は行動すること

ニートには世間から白い目で見られるようなイメージがありますが、就職環境が激変する現代、就職したい意志はあるのに求職活動までは至れない、という人が増えつつあります。しかもニートでいる期間が長引くほど、社会との関わりから疎外される不安や焦りから、逆にニート脱出の気持ちが薄れて引きこもりがちになる傾向に……。

まずは、目の前の不安や悩みを解決するため、行動を起こしてみることが大切です。その一歩として、就職支援を利用してみてはいかがでしょう。ハローワークの相談員や、キャリア・カウンセラーなどに心を開いて悩みを打ち明けることからはじめてみましょう。

どこかに相談するという行動が、ニート脱出の第一歩です。

ニートから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のニートが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから