ニートが仕事を見つけるためには-おすすめの就職方法を解説-

ニートが仕事を見つけるためには-おすすめの就職方法を解説-

ニートで仕事が見つからないと悩んでいる人はいませんか。この記事では、ニートにおすすめの仕事の探し方について解説します。就職の際に、見ておくべきコツやエージェントを使用する方法も解説するので、ニートで就職を検討している人は参考にしてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートで仕事を探すのは30代までがおすすめな理由

ニートで仕事を探すのは30代までがおすすめな理由

ニートで仕事を探すのはいつまでにしておくべきなのでしょうか。基本的には早ければ早い方がいいですが、30代までに仕事を探しておくことをおすすめします。その理由について解説していきます。

ニートが仕事を探すのは早ければ早い方がいい

ニートが就職するために、仕事探しを始めるなら一日でも早いほうがいいのは確かです。なぜなら、就職は若いほうが有利であり、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなっていくのは事実だからです。多くの求人は、募集できる年齢層を30代までとしている物が多いです。その理由としては、なるべく若い人を就職させ、育て上げ、キャリアアップしてほしいという願いから来ています。

もし年齢に関係なく人を募集している求人があれば、その仕事にはキャリアが必要なく、昇給や昇進も見込めない可能性があります。

例えば、単純作業の工場員や工事中の交通整理などは殆どキャリアを必要としません。そのため、年配の方が働いている様子を見かけることも多いですよね。シルバー人材センターが行っているような仕事は、年齢に関係なくできる仕事のもっともたるものといえます。

そういった仕事は正社員で働けるものがなかなかありません。そう考えると、やはり仕事は早いうちに見つけるにこしたことはないのです。今日の自分が今の自分の中で一番若いのですから、仕事探しを始めるのなら早ければ早いほうが望ましいでしょう。ニートではない転職希望者でも、年齢を重ねるほど希望にあった転職先を見つけるのは難しくなっていきます。

よっぽど専門的な資格やスキル、これまでの華麗な実績があれば別です。そういった方は転職や再就職が遅れても、有利な条件で働くことができるでしょう。

しかし、ほとんどの人はこれにあてはまりません。就職した企業が思っていたものと違ったり、いわゆるブラック企業であったりして退職、転職をしたときには、年齢的に再就職先、転職先を探すのが難しいことも多々あります。さらに資格なし、実績なし、スキルなしの状態で仕事を探しても希望する給与が得られない、勤務時間帯が希望に沿わないなんていうこともあるでしょう。働いていない期間が長いニートであればなおさらです。

就職が難しいニートには、ニートなりの就職方法があります。戦い方を間違えて長期戦にならないよう、効率のいい就職方法を実践していきましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートが仕事を探すタイムリミットは30代まで!?

ニートを脱出するには、30代がタイムリミットだと考えて下さい。年齢によって何が変わるのかといえば、応募できる求人数はもとより、就職に関する公的な支援が受けられるかどうかといった違いもあります。15歳から39歳までの若者の場合、就職に関する公的な支援を受けることができますが、40歳以降ではこの若者向けの支援を受けることができません。

残酷なことに、39歳なら受けられるのに、40歳になると受けられない支援も存在しているのです。たった1歳の違いで就職に差が出てしまうのは辛いですよね。もしあなたが既に20代を終え30代を迎えているのなら、今すぐ動き出しましょう。明日、明日と延ばし延ばしにして40歳になってしまっては手遅れになる可能性があります。

就職支援やサポートを行っている機関の特徴や対象年齢を見てみましょう。

わかものハローワーク

正社員を目指す若者を専門的に支援してくれるのがわかものハローワークです。多くの就職支援の対象年齢が39歳以下に対し、わかものハローワークの場合は、40歳を過ぎていても大丈夫。おおむね45歳未満までの方が利用できます。わかものハローワークでは、全国各地の求人情報を確認でき、仕事探しに関する相談に乗ってもらうことができます。

個別支援は担当者制となっているため、毎回違う職員に同じ話をしなければいけない、という手間が省け効率的に就職に関する情報を集めることが可能です。一般的なハローワークよりも利用者が限られるため利用者数も少なく、比較的利用しやすいというのも、この機関の利点です。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーション、通称サポステでは、働くことが難しい、働くこと自体に悩みを抱えている15~39歳の若者に対し、専門的な支援を行っています。こちらはどちらかと言えば精神的なサポートが主となっており、就職に関するセミナーなども行いますが、あなたの心に寄り添ってより細やかなサポートを受けられるはずです。

働きたいけど何から始めればいいのかわからない、コミュニケーションスキルが乏しく就職後の人間関係に不安がある、就職のブランクが長く自信が持てないといった方は、ハローワークよりも先にサポステに通ってみてはいかがでしょうか。

トライアル雇用への応募

働いた経験が少ない方に向けての支援になります。期間の定めのない雇用では就職に不安がある場合、仕事をするための慣らしとして3ヶ月間だけ働くことができます。トライアル雇用の期間中は仕事について理解を深められ、かつ給与を受け取ることができます。また、トライアル雇用のうちの8割程度の方が、その後常用雇用に移行しています。

トライアル雇用へ応募するためには次の要件のいずれかを満たしていなければいけません。

  • 初回日の時点で就労経験のない職業を希望していること
  • 学校卒業後3年以内で卒業後に安定した職に就いていないこと
  • 過去2年間に2回以上離職や転職を繰り返していること
  • 離職から1年以上経過していること
  • 妊娠、出産、育児によって1年以上働いていないこと

いずれかに当てはまれば利用できますので、ニートで当てはまる方は多いはずです。気になる方はハローワークに問い合わせてみましょう。

ジョブカフェによる支援

若年者のための就職ワンストップサービスセンターであるジョブカフェ。ここにくれば就職までをワンストップで請け負ってくれます。現在46の都道府県に設置されており、ハローワークの併設となっているジョブカフェもあります。

ジョブカフェの特徴は、地域の特色を活かした支援にあります。就職セミナーや職業体験も全国一律ではありません。カウンセリング、職業相談、職業紹介をしてもらうことができますので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。このように、30代までのニートには手厚い支援が揃っています。これを活用しない手はありません。40歳を超えていないニートの方は、今すぐ公的な支援の利用を検討してみましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートの特徴とおすすめの仕事とは

ニートの特徴とおすすめの仕事とは

ニートの期間は出来るだけ短くしないと就職に不利になることを紹介しました。次に、ニートの特徴とおすすめの向いてる仕事について解説します。

特徴を理解して自分に向いてる仕事がどのような仕事なのか。また、おすすめの仕事の中に自分の向いてる仕事があるのかどうかも検討してみましょう。

ニートの特徴とは-仕事探しの前に-

ニートの特徴としては以下のような特徴があります。

  • ネット環境に強い
  • 好きなことに没頭できる
  • コミュニケーションの取り方が今後の働き方に適している

上記のような特徴がニートにあると言えるでしょう。

ニートにおすすめの仕事とは

ニートに向いてる仕事が以下のような仕事であると言われています。

  • WEBライター
  • マーケティング
  • Youtuber
  • 動画編集
  • プログラマー
  • 清掃員
  • 介護職
  • 営業職
  • ITエンジニア
  • デザイナー

上記のような仕事がニートにはおすすめの仕事であると言われています。理由や解説については以下の記事で詳しく紹介しています。

自分の特徴や強み、弱みを理解して就職するようにしましょう。早期退職をしてしまうと経歴にも残ってしまうので、注意しましょう。

ニートで仕事を探すときのおすすめの就職方法

ニートで仕事を探すときのおすすめの就職方法

ニートで仕事を探すときのおすすめの就職方法について解説していきます。ニートで就職する時には就職エージェントを活用することを基本的にはおすすめします。その理由とエージェント以外の就職サポートについても解説していきます。

就活エージェントの利用

ニートが就職を考えた時、公的機関のサポートだけでは心もとない気がするでしょう。そんな時には就活エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。就活エージェントとは、求職者の就職や転職の相談から内定まで、無料でサポートしてくれる就職支援サービスです。

公的機関じゃないからお金がかかるだろうと敬遠していた方は、無料で利用できる就職エージェントに今すぐ相談してみましょう。

就活エージェントのメリット

就活エージェントを利用するメリットはいくつかあります。一つの目のメリットは、利用者が希望すると応募書類の添削や面接対策をしてもらえること。就職したいけれど、何から始めたら良いのかわからないという方も安心して利用できます。

2つ目は、一般に公開されない求人に応募できること。ネットで公開されている求人情報とは異なり、競争相手が少ない求人情報を知り、応募することができます。就活エージェントを利用すると、就職を有利に進めることができるでしょう。

おすすめのエージェントや就職支援サービス

とはいえ、エージェントや就職支援サービスが多すぎてどこを選べばいいのかわからない方もいるでしょう。はじめての就職、ブランクのある就職に不安のある方は、ぜひ弊社「JAIC(ジェイック)https://www.jaic-college.jp/」のサービスをご利用下さい。

ジェイックでは、既卒、第二新卒、大学中退やフリーター、そしてニートの方の就職支援サービスを行っています。

しかもジェイック利用者の7割が正社員未経験なのであるにもかかわらず、就職成功率はなんと8割を超えています。就活に関するプロがあなたの就職を徹底サポートしますので、安心してご利用いただけます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートの人が利用したい就職支援施設3つ

最後に、就職支援サービス以外にも利用したい就職支援施設をご紹介します。

先程も少し触れましたが、ニートの方でも安心して利用できるのはハローワーク、わかものハローワーク、若者サポートステーション通称サポステ、ジョブカフェの4つです。それぞれどのようなメリットとデメリットが有るのか見ていきましょう。

ハローワーク

公的な機関として求人斡旋を行うのがハローワークです。ハローワークでは、就職支援として無料のセミナーを開催したり職業訓練の紹介も行ったりしています。仕事を探すならハローワークというイメージがありますが、老若男女さまざまな人が訪れているため、相談しにくいというデメリットもあります。

中には就職支援ではなく雇用保険に関する手続きで順番待ちをしている場合もありますので、特に失業保険の認定日には相談できないほど混み合うでしょう。自分の担当者もつかず、行くたびに違う人に同じ説明をしなければいけない、ということも考えられます。

コミュニケーションに不安がある方や、なるべく早く就職したい方にとっては、かなりハードルの高い機関だといえるでしょう。

わかものハローワーク

ハローワークと同じく求人の斡旋を行っていますが、年齢が限定されているため比較的相談しやすいというメリットがあります。わかものハローワークに通う人の中にはニートだけではなく、さまざまな理由で就職したい人がいます。

また、就職までの支援だけでなく、就職後のフォローもしてくれるのがわかものハローワークの特徴です。就職後の定着支援、若者の使い捨てが疑われる企業の相談にも応じてくれます。

ただし、わかものハローワークはどこにでもあるわけではなく、各都道府県に1~2箇所が設置されるのみとなっています。自宅近くにあればかなり幸運ですので、ぜひ利用してみて下さい。

地域若者サポートステーション

ニート支援の公的機関としてもっともサポート力が高いのが地域若者サポートステーション、通称サポステです。働きたいけれど働けない、コミュニケーションが苦手で、人間関係の構築に今まで悩んできたという方はこちらへ相談したほうがいいでしょう。

サポステを運営しているのは、厚生労働省から委託を受けた民間企業やNPO法人となっています。これらの団体・企業は若者支援の実績とノウハウが有ることが前提となっていますので、なんらかの問題を抱えて就職することができない方のサポート体制は万全です。

例えば、キャリアコンサルタントによる就職相談、コミュニケーション訓練、協力企業への就労体験など、さまざまな角度から支援してもらえます。しっかりと担当者もつきますから、何度も説明したくない、関わる人を最小限にしておきたいのであればこちらの機関がおすすめです。

働くことが難しい若者にとって身近に相談できる機関となるよう、各都道府県に1つは必ず設置されています。現在は全国に173箇所のサポステが設置されています。ただし、こちらも全国の市町村単位で設置されているわけではありませんので、事前に自宅近くにあるか調べてみて下さい。

ジョブカフェ

ジョブカフェはハローワークやわかものハローワーク、サポステが一緒になったような機関です。若者の就職支援をワンストップで行うとありますが、求人の斡旋はジョブカフェ内にあるハローワークが担当します。ジョブカフェでは随時なんらかのイベントやセミナーが行われており、お出かけ気分で参加するだけで就職に関する情報が得られるというメリットがあります。

また、履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、就活基本セミナー、若者のための転職企業説明会なども行われていますので、本格的に就職活動を始める際にも利用できます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートで仕事を探すときのコツ-正社員として就職するためには-

公的な支援を活用しても、なかなか仕事が見つからない。それはニートならではの仕事探しのポイントを外してしまっているからかもしれません。ここからはニートの方が仕事を探すためのコツを紹介します。

仕事を選び過ぎない

まず、仕事を選びすぎていませんか?例えば残業のなるべく少ない仕事が良い、交代制で夜勤のある仕事には就きたくない、自宅から近く徒歩で通える就職先がいい、給与は最低でも〇〇円、ボーナスもないとなぁ…なんて考えていくと、ニートが働ける就職先はなかなか見つかりません。

たとえ条件にあう就職先が見つかっても、そこに雇ってもらえるかどうかはわかりません。就職先を探す際に仕事を選びすぎるきらいがある方は、「なぜ働かなければいけないのか」その理由を思い出してみて下さい。

親が退職して生活費にゆとりがなくなり、仕事をしなければいけなくなった方もいるでしょう。転職しようと考えて退職したところ、なかなか転職先が見つからずニートになってしまい、貯金を食いつぶしていたが底を尽きてしまった、なんて方もいるかもしれません。

とにかく仕事をしなければ食べていくのに困ってしまう、そんな状況であれば仕事を選んでいる場合ではありません。長く働けそうで、すぐに就職できそうな仕事に手当たり次第応募してみましょう。

中小企業を狙う

いきなり大きな企業を狙って就職しようとしていませんか?ニートが就職するにあたって狙いめなのは中小企業です。人が少ない中小企業であれば、採用にあたって学歴や社会経験を重視することも少なく、意外と難なく就職できる可能性があります。

なぜ働かなかったのか、どうして長い期間ニートなのかといった質問は当たり前のようにされるでしょうが、それが業務に影響することもないでしょう。やってみたい職種、チャレンジしてみたい仕事がある場合には、同業種の小さな会社から面接を受けてみましょう。

知り合いの紹介

ニートが仕事を探す際には、知り合いの紹介も利用したいところです。いわゆる縁故就職になりますから、就職先で少し窮屈な思いをするかもしれません。しかし、なるべく早く就職したい場合にはこういった方法も利用していきましょう。

縁故就職とまではいかなくとも、知り合いから「そう言えば取引先で求人を出していたな」といった小さな情報を得ることも大切です。

知人の知人が社長の企業、親戚の知人が勤めている職場、どんな職場でもいいので「求人情報があれば教えてほしい」と伝えておき、新鮮な情報が手に入る状況にしておきましょう。

ニートで仕事を見つけて正社員就職をするには-まとめ-

ニートから就職し、正社員として働くのは確かに大変なことです。一人で就職活動をしていると、疲れてしまってまた引きこもりへ逆戻りしてしまうこともあるでしょう。ハローワークに行くのはなんだかハードルが高い、と感じた場合には、サポステやジョブカフェなどを利用しつつ、就職支援サービスの支援を受けることをおすすめします。

無料のサポートは複数受けておいて損はありません。時にはセミナーの内容が重複していることもあるでしょうが、そういった時には気に入った施設や機関、企業が行うものへいけばいいのです。また、ニートの就職活動は早いに越したことはありません。現在就職活動をしようか迷っている、足踏みしている方は今日から就職活動を始めてみましょう。

まずはジョブカフェやサポステに行って話を聞くだけ、するだけでも大丈夫です。本格的な就職活動を始めたくなったら、私たちJAIC(ジェイック)にお任せ下さい。就職率80%を超える弊社のサポート力で、あなたの就職を全面バックアップいたします。

ニートでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

ニートから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC