30代無職の末路と正社員を目指せるおすすめの職種3選

30代無職の末路と正社員を目指せるおすすめの職種3選30代の無職で悩んでいませんか?この記事では、30代無職の末路や特徴、無職から現状を脱出する方法や正社員を目指せるおすすめの職種や資格を紹介しています。30代無職から正社員を目指したいと思ったら参考にしてください。

30代無職の末路はどうなる?その後の例をご紹介

30代無職の末路はどうなる?その後の例をご紹介30代無職の人の末路はどうなるのでしょうか?結論から言うと、30代で無職を続けている人の将来には明るい兆しは見えません。無職を続ければ続けるほど、苦しくなっていくばかりです。

では、いったいどんな末路になるのか30代で無職を続けた人のその後の例を以下にあげましたので、参考にしてみてください。

就職できなくなる

30代で無職だと、就職が難しいです。年齢の割に、社会人経験が少ないからです。企業の採用担当者から「今まで何してきたの?」と、厳しい目で見られます。

年齢が上がるごとに、就職が厳しくなります。就ける仕事は非正規が多く、収入も不安定になります。

両親が亡くなると収入源が途絶える

30代で無職を続けていたが、両親が亡くなり収入源が途絶えて今までの生活ができなくなった人もいます。

今までは、両親が働きに出ていて無職でも何とか養ってもらえたが、両親が亡くなって収入源が途絶えたので、生活できなくなることもあるからです。無職で収入もないため、生活保護を受給して生活する人もいます。

しかし、生活保護の審査も厳しく条件を満たさなければ、無職だから必ず生活保護を受給できるとは限りません。生活保護を受給できる条件は、以下のような条件があります。

  • 家や土地などの資産を持っていないこと
  • 病気やケガなどの理由で働くことができない人
  • 他の公的制度(就職支援や年金、手当などの給付制度)も受けられない人
  • 家族や親戚にも資産がなく、家族や親戚に資金援助をしてもらうことが難しい人

つまり「働けるなら働け」ということ。無職で、生活保護も受けられないとなったら生活していくのは厳しいです。

結婚が難しい

30代で無職の人は結婚が難しいという人もいます。30代無職の男性の場合、収入もないため例え結婚したいパートナーがいても養っていくことができません。

また、無職でも結婚したいとパートナーに言われても、両親に反対されるのは目に見えています。

まずは結婚よりも、正社員で就職して生活が安定してきたら考えましょう。また、逆にリストラ等により30代で家族がありながら、無職を続けている人もいます。

なかなか次の仕事が決まらず、無職を余儀なくされているからです。無職で家族を養えず家庭の空気が悪くなり、最悪の場合離婚に至るケースもあります。

家族や親戚に厳しい目を向けられる

家族や親戚に厳しい目をむけられる人もいます。あなたのためを思って言うばかりに、強い口調で当たられたりすることもあります。

やはり、無職を脱出して厳しい目を向けられないようにするには、あなたが行動を起こすしかありません。

外に出て働く自信がなくなる

外に出て働く自信がなくなる人もいます。無職の生活が長くなると、生活が乱れたり両親が一緒に住んでいる場合は、家事や買い物などもしなくていい環境なので、どんどん外に出るのが億劫になるからです。

無職が長くなればなるほど、外に出るのが億劫になったり働く気力も自信もなくなるので悪循環に陥りやすいです。

30代で無職の人の特徴

30代で無職の人の特徴を紹介します。2018年に内閣府から発表された「子供・若者白書」によると、30代ニートは約35万人います。

日本人の15〜64歳の人口は約7600万人なので、30代ニートの人口割合は0.4%くらいです。

また、30代で無職の人には、2つのパターンがあります。

  • 一度も正社員として働いたことがなく、職歴がない人
  • 一度は正社員として働いていたが、離職期間が長くなってしまった人

この記事を読んでいる方も、このような方が多いと思いますここでは、2パターンそれぞれの30代で無職の人の特徴を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

一度も正社員として働いたことがなく、職歴がない人の特徴

一度も正社員として働いたことがない人の特徴は、就活に失敗してそのまま無職になったことです。実家に住むことで生活はできてしまうので、そのままなんとなく30代を迎えてしまったタイプです。

社会人経験がないので、「どうせ自分は就職できない」と思ってしまう人もいます。全員ではありませんが、「親に甘やかされている人」もいます。

一度は正社員として働いていたが、離職期間が長くなってしまった人の特徴

正社員として働いていたが離職期間が長くなってしまった人の特徴は、現職中に辛い思いをしたことです。「仕事=辛い」という印象がついてしまい、なかなか再就職に踏み出せない人も多いです。

退職した理由に多いのは、以下のような事情が現在は非常に多いです。

  • ブラック企業だった
  • 残業が多い
  • 給料が安い
  • リストラされた
  • 会社が倒産した
  • 上司のパワハラ・セクハラやいじめ
  • 人間関係のトラブル

離職期間が長くなってしまった人は精神疾患を患っている場合もあるので、ひどい場合は専門家にまず相談してみることをオススメします。

仕方ない理由で退職して無職のままの人もいる

例えば、病気療養、家族の介護などですね。働きたくてもどうしても働けず、30代で無職になっている人もいます。

最終学歴が中卒の人もいる

最終学歴が中卒の人も、再就職できず30代で無職になっているケースがあります。高卒は転職しやすい時代になりましたが、中卒はまだまだ厳しいです。

前に勤めていた会社を辞めてしまうと、学歴が邪魔してなかなか正社員で転職できない事例が多いです。

30代無職が現状を脱出するためにすべきこと

30代無職が現状を脱出する方法は、主に下記の2つです。

  • 生活を改善する
  • 就職の準備をする

1つずつ解説します。

生活を改善する

まずは規則正しい生活をしましょう。規則正しい生活をすると、活動的になれるからです。

引きこもりの人は、どうしても夜型になりがち。

昼間は起きて、夜しっかり寝る生活にすることから始めましょう。就職活動をするにも、昼間眠いのではうまくいきません。最初はキツイかもしれませんが、1ヶ月ほど繰り返していればだんだんと慣れてきます。

また、昼夜逆転生活をしていると自律神経も乱れがちです。自律神経の乱れを直すにも規則正しい生活をするのは重要です。自律神経の乱れがひどくなると、精神疾患やうつ病などを引き起こす可能性もあります。

朝、カーテンを開けて日の光を浴びるだけでも自律神経には良い影響があります。

また、散歩に行ったり家族の買い物を引き受けるなど、積極的に外に出ることも自律神経に良い影響があり、規則正しい生活に戻すためにも最適です。

就職の準備をする

就職に向けて準備しましょう。具体的に以下のような準備をしてきましょう。

  • 自己分析を行う
  • 資格取得の勉強をする
  • 職業訓練学校に通う
  • コミュニケーション能力を磨く

以下に、詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

自己分析を行う

まず自己分析をしましょう。自分を知らないと、どんな仕事を選べばいいかわからないからです。

まず、自分の好きなことと嫌いなことを思いつくままノートなどに書き出してみましょう。

好きなことと嫌いなことを一通り書き出したら、好きなことの部分に特に注目してみてください。

好きなことに注目してみると、冷静になって今まで自分でも分からなかったやりたい仕事の分野が見つかる人もいます。やりたい仕事の分野が絞れれば、仕事も見つけやすくなります。

また、あなたの長所や短所も改めて認識しておくことも就職活動には必要です。分からなければ、両親や友達に聞いてみましょう。就職活動をする前に、まず自己分析をして自分を知ることから始めることが重要です。

資格取得の勉強をする

資格取得の勉強をすることも良いです。就職が有利になるからです。自信もつくので、勉強を始めてみましょう。

職業訓練学校に通う

職業訓練学校に通うことも良いです。同じ目標を持った人たちが集まっているので、お互いに励ましあいながら勉強できるからです。コミュニケーションを取る機会も増えますしね。

資格をとるコースもあります。

条件が合えば、月10万円の給付金を受けながら勉強することもできますよ。

コミュニケーション能力を磨く

コミュニケーション能力を磨くことも大切です。友達の友達を紹介してもらって、話してみるのも良いでしょう。

ハードルが高いかもしれませんが、店員に話しかけてみるなどを繰り返していると自信がついてきます。あなたの出来そうなことから始めてみてください。

職場には色んな人が働いているので、正社員を目指すならコミュニケーション能力は必要です。

30代無職から就職するのにオススメの仕事・資格

30代無職から就職するのに、オススメの仕事・資格は下記のとおりです。

  • 営業職
  • IT系職種
  • 販売職

上記は、30代未経験者の募集があるからです。あると有利な資格も合わせて解説します。

営業職

30代無職にオススメな仕事の1つ目は、営業職です。営業職は通年を通して、安定した求人があります。

スキルや知識を身に付けるのは就職してからなので、未経験者でも入りやすい職種です。営業ができるようになると食いっぱぐれがないので、将来も安心です。

【取っておくべき資格】

①日商簿記3級

②MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

③営業士検定

④ファイナンシャルプランナー

上記のような資格を所有していると、就職も有利に運ぶことが多く、企業側から見ても採用したくなる人材になる可能性が高いです。

IT系職種

30代無職にオススメな仕事の2つ目は、IT系職種です。未経験者募集をしている企業もあります。未経験者向けの研修もあるので安心です。

IT系職種の中で未経験者向けなのは、プログラマー、インフラエンジニアの2つです。

プログラマーは、ITシステムのコードを書く仕事。インフラエンジニアは、コンピューターネットワークのシステムを構築したり、保守管理を行う仕事です。

【取っておくべき資格】

①ITパスポート

②基本情報技術者試験

③シスコ技術者認定

IT系の職種は専門性が高いため資格を持っていることで企業側からも評価されます。就職活動の準備で時間が取れそうなら、勉強して資格を取得しておきましょう。

販売職

30代無職にオススメな仕事の3つ目は、販売職です。販売職は通年を通して、求人数が多いです。食品・衣料品・雑貨の販売など多岐に渡ります。

あなたの好きな物の販売をしている会社も良いです。商品に関して知識があるようなら、知識を活かすこともできます。

【取っておくべき資格】

①販売士

②カラーコーディネーター検定試験

③インテリアコーディネーター

④ファッションビジネス能力検定

販売職の場合は、仕事の内容によって資格を取得していると就職で評価されるケースと異なるケースがあります。何がしたいかによって異なることでもあるので、興味があるなら一度企業や仕事内容について調べてみましょう。

30代の無職でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

30代無職から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 30代の無職の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC