ニートの社会復帰、成功させるために必要なこととは?

ニート生活を送っている人の中には、これからの生活についての不安を抱えながら毎日を送っている人が多くいます。「ニートから脱出して社会復帰をしたい」とは思うものの、そのために行動する一歩が踏み出せないという人も少なくないのではないでしょうか。そんな方のために、今回はニートが社会復帰を成功させるためには、どんなことが必要になるのか、お話します。

社会復帰のためにニート生活を卒業するための準備とは?

「ニートをやめて社会復帰をしたい」と思っても、なかなか思うようにいかないのが実情です。ニート生活をしている人の中には、好きでニートをやっている人もいます。

しかし、きちんと定職に就くはずだったのに「気付いたらニートになってしまっていた」という人も多くいます。そのような人にとってニート生活から抜け出すのは至難の業に思えるものです。どうしたらニートから卒業することができるのでしょうか?

「ニートを脱出したい」という強い意志を持とう!

ニート生活を卒業したいなら、まず「ニートを脱出したい」という強い意志を持つことが大切です。「ニートを卒業できたらいいな」くらいの軽い気持ちだと、ニート生活から脱出することはできません。

「必ずニートを脱出するぞ!」というくらいの強い気持ちを持ちましょう。そうすることで、社会復帰への一歩を踏み出すことができますし、周りの人達も協力してくれるようになります。

なぜニートになってしまったのか原因を追及してみる

自分がニートになってしまった原因についてよく考えることも、ニートからの社会復帰や就職に役立ちます。

理想が高すぎたのが原因なのでしょうか?就活面接で何度も落ちて自信を失ったのが原因なのでしょうか?それとも、実家暮らしのために働く必要を感じなかったからでしょうか?

自分がなぜニートになったのか、きちんと原因を理解していると、社会復帰の手がかりをつかみやすくなります。

まずは簡単な短期のアルバイトから始めてみる

これまでニートだった人だと、いきなり正社員として働くのに勇気が必要な場合があります。どうしても正社員になる勇気が出ない場合は、アルバイトから社会復帰を目指しましょう。

派遣の単発バイトや期間限定のアルバイトなど、短期のアルバイトは結構あります。

これまで働くということをしてこなかったのですから、まずは働くということに慣れるために短期のアルバイトから始めてみるといいでしょう。

働いてみると、意外と「仕事をするのは楽しい」ということに気付けるかもしれません。

しかし、20代で短期アルバイトだけの生活をしていると、得られる収入や生活の安定には不安が残りますし、例えば一人暮らしをするとなると非常に難易度が高いです。

通常の生活に戻れるよう規則正しい生活を送る

朝起きて仕事に行くという習慣がなかったため、ニート生活を送っていた人は、昼と夜が逆転した不規則な生活を送っている場合も多いです。

社会復帰のためには、通常の生活に戻れるようにするために、規則正しい生活を送るようにすることが大切です。

朝決まった時間に起き、夜も12時になる前に寝るのを習慣にしましょう。昼間に何もすることがないと、昼寝をしたくなるかもしれません。

しかし、長い昼寝をしてしまうと、今度は夜が眠れなくなってしまいますから、昼寝をするなら15分程度にとどめるようにしてください。

このようにして生活のリズムを整えることで、ニートを卒業して社会復帰するための準備をすることができます。

どうすればニートでも社会復帰できるの?

今までニート生活を送っていた人が、就職活動をして、すぐに正社員としてバリバリに働くというのは難しいものです。

それは、足を骨折して今まで入院していた人が、ギブスが外れた途端、陸上競技に出るようなものだからです。どう考えても、それは無謀ですよね。

まずはリハビリを行ない、徐々に足の動きを取り戻し、そして陸上競技に向けて訓練を積まなければなりません。同様にニート生活を送っていた人も、社会復帰に向けて最初にやるべきなのはリハビリです。

まずは外の環境に慣れることから始める

今まで外で働くということがなかったのですから、まずは外の環境に慣れることから始めましょう。

週に5日、朝から夕方までみっちり働くというよりも、週に2~3日、数時間程度働くことから始めてみるといいでしょう。そうすることで、徐々に外の環境に慣れることができるはずです。

一人で頑張れそうになければ就職支援サービスを利用する

社会復帰に向けて一歩を踏み出したいけど、自分一人では頑張れそうにない。そんな場合は、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

ジェイックでは、これまでニート生活を送って就職の経験がない人でも就職できるように、十分な支援制度が用意されています。一人で悩んでいる人は、ぜひジェイックに相談してください!

社会復帰したいニートを阻む壁

ニート生活をやめて社会復帰をしたいと願ってはいても、ニートには乗り越えなければいけないいくつかの壁があります。

空白の期間

ニート生活を送っていた人は、学校を卒業してから現在に至るまでの空白の期間があります。面接時に聞かれるのが、「この空白の期間は何をしていたのか?」ということです。

この際、正直に「ニート生活を送っていました」と答えると、就職には不利になる可能性が高いでしょう。しかし、「○○社に勤めていました」とウソをつくのも、リスクがあります。

なぜなら、雇用保険被保険者証や年金手帳、源泉徴収票の提出を求められた際にバレる可能性が高いからです。

仮に社会保険や厚生年金などの加入がない企業で働いていたということにしたとしても、あやしまれる可能性は十分にあります。

なので、ニートであった空白の期間を説明するために、「社会復帰のために、バイトをしていました」というような、もう少し相手が受け入れやすい理由を用意しておく必要があります。

いつの間にか年齢を重ねていた

しばらくのつもりで送っていたニート生活も、気が付いたら5年、10年と送っていて、いつの間にか年齢を重ねてしまい、社会復帰が難しくなる人も多いです。

学校を卒業して1~2年ニートをしていたという人と、10年間ニート生活を送っていたという人では、就職先の選択肢の幅が大きく変わります。

20代前半であれば、まだまだ選択肢は多くありますが、30代ともなると、就職先が限られてしまうからです。

また、長い間ニート生活を送っている人は、生活スタイルが不規則であることが多く、そのためすぐに生活スタイルを変えることは難しいものです。朝早く起きて活動するという生活スタイルに戻すまでに、しばらく時間がかかることでしょう。

コミュニケーション能力が大きな壁になることも!

周りの人とほとんど関わることなく、家に引きこもっていたというような場合、コミュニケーション能力も社会復帰へ向けた大きな壁となります。

人とほとんど接することなく過ごしていると、自分の考えを相手に分かりやすく伝えたり、相手の言うことの意図を汲み取って返事をしたり、といった能力が低下していきます。

なので、社会復帰をする前に低下したコミュニケーション能力を向上させる必要があります。コミュニケーション能力が欠如したまま就職活動をしても、面接で落とされる可能性は高いでしょう。

仮に採用されたとしても、職場の人間関係に問題を抱えるようになり、またニートの道へ後戻りしてしまう可能性が高くなります。

どうすればニートでも社会復帰できるの?

今までニート生活を送っていた人が、就職活動をして、すぐに正社員としてバリバリに働くというのは難しいものです。

それは、足を骨折して今まで入院していた人が、ギブスが外れた途端、陸上競技に出るようなものだからです。どう考えても、それは無謀ですよね。

まずはリハビリを行ない、徐々に足の動きを取り戻し、そして陸上競技に向けて訓練を積まなければなりません。同様にニート生活を送っていた人も、社会復帰に向けて最初にやるべきなのはリハビリです。

まずは外の環境に慣れることから始める

今まで外で働くということがなかったのですから、まずは外の環境に慣れることから始めましょう。

週に5日、朝から夕方までみっちり働くというよりも、週に2~3日、数時間程度働くことから始めてみるといいでしょう。そうすることで、徐々に外の環境に慣れることができるはずです。

一人で頑張れそうになければ就職支援サービスを利用する

社会復帰に向けて一歩を踏み出したいけど、自分一人では頑張れそうにない。そんな場合は、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

就職支援サービスも、大きく分けると行政が行っているハローワークなどのサービスと、民間の就職支援サービスがあります。

ハローワークでは職業相談、求人紹介のほかに、職業訓練や就職セミナー、講習会など、就職に関するサービスが充実していますが、求人の良し悪しは保証されないので、紹介される求人が自分に合うものなのか否かは自分で判断する必要があります。

ニートだった人でも社会復帰できそうな仕事とは?

では、実際にニートから社会復帰しやすい仕事や働き方には、どういったものがあるのでしょうか。

正社員経験のあるニートなら以前の職種で社会復帰もあり

正社員経験のあるニートの場合は、以前の職種への再就職で社会復帰ができる可能性があります。その分野で正社員として働いていたという経験が、採用の決め手になることも多いです。

働いたことのない人は人とあまり関わることのない工場や倉庫勤務などがおすすめ

これまで働いた経験がない人は、職場で人とのコミュニケーションがうまく取れるか心配という人も少なくありません。なので、社会復帰の第一歩は人とあまり関わることのない工場や倉庫勤務なども選択肢になります。

工場や倉庫勤務なら、仕事中は黙々と目の前の作業をこなしていくことが求められますから、人とのコミュニケーションは最低限で済みます。

また、単純な流れ作業が多く、経験不問の仕事も数多くありますから、これまでニート生活だった人でも、ある程度社会復帰しやすい職場といえるでしょう。

何か資格を持っているならそれを活かす仕事

もしも何か資格を持っているなら、その資格を活かせる仕事を選び社会復帰することができます。例えば、医療事務、保育士、簿記、社会保険労務士、ケアマネージャーといった資格は、就職先を探す際に有利なものです。

せっかくなので、自分の持っている資格を活かせる職場への就職を目指して、就職活動を行ないましょう。

受かりやすさで言えば人の足りていないサービス業も狙い目

職業別で見ると、サービス業は人手が足りていないため、求人情報が多くあります。なので、就職のしやすさで選ぶならサービス業での社会復帰も狙うといいでしょう。

ただし、サービス業の場合はコミュニケーション能力が求められる職場ですので、これまで家にひきこもりでニート生活を送っていた人には、少し難しく感じるかもしれません。

まずはアルバイトをして接客に慣れた上で、次のステップを目指すと無理なく社会復帰ができるはずです。

ひきこもっていたいなら在宅ワークもおすすめ

今まで家にひきこもりだったという人の場合は、社会復帰と共に外に出るということだけでもハードルが高く思えるものです。そんな人におすすめなのが、在宅ワーク。

今はインターネットを使用すれば、どこにいてもできる仕事が数多くあります。家にいる方が好きな人は、クラウドソーシングサービスなどを利用して、在宅ワークを始めてみるといいでしょう。

クラウドソーシングサービスなら、履歴書の作成も必要ありませんから、誰でも簡単に仕事を始めることが可能です。

ニートでも社会復帰後はホワイト企業に入れる可能性はある?

一般的に就職には不利になりがちなニートですが、ニートだからといってホワイト企業に就職できないわけではありません。

社会人未経験やニートを歓迎するホワイト企業もあります。ただし、公開されている求人サイトだけを頼りに就活していても、ホワイト企業を見つけることは困難でしょう。

民間の就職支援会社には、どこの求人サイトにも載っていないようなニートや未経験歓迎のホワイト企業が眠っています。

なので、社会復帰後にホワイト企業に就職しようと考えている人は、就職支援会社のサポートを受けるのがおすすめです。

ジェイックの就職支援では、ニートなど、社会人経験が無い方も働きやすいホワイト企業の紹介も行っています。就職活動が初めてでも、あなた専任の就職アドバイザーが丁寧にサポートします。

ニートからの社会復帰のために、まずは行動!

これまでニート生活を送っていた人が、社会復帰を果たすのは簡単なことではありません。ニートを脱出したいという強い意志と、ニート卒業に向けての準備が必要になります。

まずは規則正しい生活を送り、外の環境に慣れることからスタートしましょう。

働くということに慣れるために、短期のアルバイトをするのもおすすめです。そのようにして社会復帰を目指し、それからホワイト企業への就職活動を行なうといいでしょう。就職先の情報を探すなら、ジェイックをご利用ください!

ニートから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のニートが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから