ジェイックが全国展開
2013年7月3日掲載

【記事本文】

中小の人材採用支援 ジェイック、全国に拠点展開 大学向け就職支援も強化

ジェイック(桃居と千代田区、佐藤剛志社長、03・5282・7600)は、採用支援事業の成長を目指して拠点を拡充する。大宮支店(さいたま市大宮区)を開設したほか、7月中に名古屋にも拠点を新設。将来は福岡、京都への進出も検討する。学資eの就職内定率向上を目指す大学や、新卒者を採用したい中小企業などの需要に対応。2013年度の売上高を前期に比べ約3割増となる16億円に引き上げる。

1月に大宮支店を開設したのに続き、新たに名古屋にも支店を設ける。床面積330平方メートル程度の事務所とし、7人で事業を始める方針だ。これにより、拠点数は現行の3拠点(東京、横浜、大阪)から5拠点に拡大。大企業に比べ人材確保が難しいとされる中堅・中小企業の採用ニーズを掘り起こす。国内に加え、将来は海外へも進出していく。

拠点拡大に合わせて、大学向け就職活動支援サービスを強化。武蔵野大学など8大学で4年生を対象としているキャリア教育を3年生にも広げ、学生の就職内定率の向上に貢献する。まず今秋をめどに武蔵野大で先行して実施する。

ジェイックは若手営業職向け教育研修で培ったノウハウを生かし、05年から第二新卒の営業担当者を中堅・中小企業に紹介する事業「営業カレッジ」を展開する。現在は第二新卒とともに、就職活動に行き詰まっている現役大学生やフリーターなども受け入れ、2500社近くの企業に紹介している。雇用環境の悪化で学生の内定率が低迷する一方、中堅・中小企業では採用が困難なケースが多い。このため、取引する企業が増えている。



報道関係者の方へ

ジェイックの事業に関してご興味を
持っていただけましたら、
下記のページよりお問い合わせください。

まずは
相談してみる

お電話でのご相談はこちら

0120-417-604 平日 9:00〜18:00

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから