大卒と高卒の違いはどこにある?就職・転職で考えたい学歴の差

大卒と高卒の違いはどこにある?就職・転職で考えたい学歴の差

就職や転職をする際、大卒と高卒では具体的に何が違うのかご存じですか。

新卒の場合、高卒と大卒には初任給の違いや待遇の違いがあることは、ご存知の方も多いでしょう。しかし、転職となるとどうなのでしょうか。

実は、転職であっても、高卒と大卒で給与や待遇面に大きな違いが出てしまうことがあるのです。

では、高卒と大卒の差を縮めることはできないのでしょうか。

今回は、就職や転職における高卒と大卒の違いについて解説します。

高卒と大卒で転職に違いは出る?

高卒と大卒では、転職活動にどのような違いが出るのでしょうか。よく聞くのが「高卒には不利な場合がある」ということですが、これは本当なのか気になりますよね。

確かに、大卒しか採用しない企業は多々あります。「最終学歴:大卒以上」となっている企業には高卒では応募できません。

しかし、「最終学歴:高卒以上」となっている企業には、もちろん大卒でも応募できます。

ということは、やはり高卒は就職・転職の際に不利なのでしょうか。

高卒を積極採用している企業もある

しかし実は、どの企業も「大卒だけを歓迎します!」ということではありません。高卒者を積極的に採用している企業も多く存在しています。

というのも、転職においては「経験やスキルが優先」な場合が多いのです。転職者を迎え入れるのに、知識ゼロで育てなければいけない人材を入社させるのは企業側にとってとてもリスキーですよね。

中途採用・転職組は「即戦力でなければ意味がない」という考えがあるため、「大卒よりも長く社会人をしている」高卒のほうが好感度も高くなる場合があるのです。

大卒は確かに企業選びには有利ですが、だからといって大卒の方がいい就職先にあたるということでもありません。

「大卒以上」としている企業に内定することも

更にこのような情報もあります。求める人材を「大卒以上」としている企業でも、高卒者を受け入れる場合があるというのです。経験や熱意が評価されれば、応募条件に満たなくても採用されるケースがあります。

「大卒以上だから諦めよう」と安易に考えず、どうしても応募したい企業であるならば、「高卒ですが熱意とスキルは誰にも負けません!実績もあります!」ということを上手にアピールしてみましょう。最初から諦める必要はありません。

高卒と大卒で給与の違いはある?

高卒と大卒の生涯賃金の差

高卒と大卒、転職後の違いとして最も大きいのは給与の差かもしれません。新卒時には大卒のほうが明らかに給与が高くなりますが、転職の場合でも大卒の方が高い傾向にあるようです。

高卒と大卒では、生涯受け取る合計賃金にも差があります。厚生労働省が公表している「学歴別にみた賃金」によると、年齢が25~29歳の場合、大卒・院卒者の月の賃金は261.3千円、高卒は226.5千円という結果になっています。

この賃金の開きは年齢が上昇するほど大きくなっていきます。

生涯賃金においては、高卒と大卒で6~7千万円ほどの開きがあります。これは大きな額ですよね。

しかしここで忘れてはいけないのが、「大卒者には学費や生活費が相当かかっている」という点です。

また、総合的に働く年数も高卒者のほうが多いため、仕事を選べば大卒も高卒も年収にそこまで開きは出てこないでしょう。

高卒でも高給取りになるポイント

高卒者が転職で高給取りになるためのポイントは、高卒だからといって今の年収で諦めてしまわないことです。

現在の年収に不満がある、社内の高卒者を見ても年収が上がる気がしない。そんな時にはなるべく早い段階に転職活動を始めてみましょう。

もっと良い条件の会社に転職できる可能性があります。給与や待遇のアップを求めて転職をするのは悪いことではありません。今後目指したいものがあるという方も、諦めずに再チャレンジしてみましょう。

高卒と大卒では仕事内容に違いがある?

大卒はいろんな職種を経験しやすい

高卒と大卒の違いはまだまだあります。次は仕事内容についてみていきましょう。学歴が異なるからといって、仕事内容にまで差はないだろうと思いきや、この部分でも違いは出てきます。

例えば「大卒でなければいけない仕事」は、高卒の方にはできません。具体的には、研究職や開発職など、専門的な知識と学力が必要な仕事は大卒、もしくは院卒でなければ難しいでしょう。

この場合、いくら熱量を持っていても高卒の採用はほぼないと考えられます。

こういった専門的な職業でなくとも、大卒はより幅広い職種を経験しやすいでしょう。大卒は将来的に会社の経営幹部にも関わってくる人材です。

そのため、総合職に就き、1つの企業内でもさまざまな職業を経験させられるでしょう。

高卒の仕事の範囲は狭くなることも

仕事内容が変わるたびに役職がつく、ということもありえます。一方で、高卒者の仕事の範囲はぐっと狭くなる可能性が高いです。

例えば、自由に意思決定が行えるような業務ではなく、マニュアルに沿って行うような仕事や一般職としての採用が多くなる傾向があります。

これはあくまでも一例ですが、大手メーカーでは大卒と高卒が同じ企業に採用されたが、大卒は営業や開発に、高卒は製造に、といったことも考えられます。

学歴ではなく実力主義の会社もある

もちろん、学歴ではなく実力で採用する企業も多くあります。こういった企業では、採用後も実力に応じた仕事内容を任されるでしょう。

高卒でも本社勤務や経営に近い部門で働きたい方は、実力主義の会社を探して転職されることをおすすめします。

狙い目は成長中の若い企業です。老舗や業界最大手といった企業では高卒で出世していくことや、中途採用で転職組として入社するのはかなり難しくなるでしょう。

高卒と大卒は待遇に違いが出る?

高卒と大卒の違い、次は待遇についてです。転職組は学歴によって待遇にも差が出てしまうのでしょうか?

学歴による待遇の差はほぼない

給与とは違い、学歴によって福利厚生のような待遇に差をつける企業はほとんどありません。もちろん転職先の企業によりけりとなりますが、基本的に転職は前職の給与や本人のスキルをベースとして待遇が決定されるようです。

大卒だからといって、スキルがなければもしかすると高卒よりも待遇が劣ることがあるかもしれません。

企業側が中途採用者のどこを見るかといえば、「これまでどのような仕事を行い、実績を積み上げ、業績を上げてきたのか」という点です。

大卒・高卒問わず、実績があれば高待遇に、実績がなければそれなりに、となります。

出世では差が出ることも

しかし1点注意したいことがあります。それは出世についてです。出世については、どうしても高卒より大卒を優遇するという企業が多いようです。どのような企業でも、上役になればなるほど学歴がいいというのはよくある話ですよね。

高卒でも出世したいのであれば、大企業ではなく中堅・中小企業に転職先を定めたほうがいいかもしれません。高卒でも出世したい方は、次のことを意識し転職先を探しましょう。

  • その業界の知識が深い
  • 昇格試験があり、積極的に挑戦できる環境である
  • 常に勉強する気持ちを持てる業界か
  • 風通しがよく、学歴、中途採用に問わず意見が通りやすい職場であるか

これまで培ったスキルに合わせ、職場環境も自分にあった転職先を見つけることができれば、学歴に関係なく出世していくことは可能です。

高卒だからといって、出世を諦める必要はありません。自信を持って転職活動をしていきましょう。

高卒と大卒で人間性の違いはない

最後に、高卒と大卒の違いのうち「人間性はどうなのか」という点について考えていきます。

よくいわれることですが、コミュニケーションスキルに学歴は関係ありません。企業側が求めるものには、職業的なスキル以外に柔軟さや素直さ、コミュニケーション能力があげられます。

仕事をする上でいくら能力が高くても、対人スキルが乏しい人では長く働くことができなかったり、出世し誰かの上に立つということが難しくなってしまったりすることが背景にあるようです。

新卒者には「ポジティブで協調性がある」人を求めるが、転職者には「能動的に行動できる、コミュニケーションがとれる」人を求める傾向があります。

やはりコミュニケーション能力は大切

いくら学歴が素晴らしくても、世間話もままならない、人と目を合わせることができない、一生懸命やっているのは認めるけれど「いわれたことしかやれない」というタイプは、転職活動も困難を極めるでしょう。

こういった部分は本人の性格や性質に寄与するものです。仕事は教えることはできますが、会社側が性格を矯正することはできません。よって、最初から「難なくコミュニケーションができる人材」を求めがちです。

高卒でも対人スキルが高い人は、いい職場に出会える可能性も高いといえるでしょう。

学歴に関係なくいい転職先を見つける方法は?

ここまで学歴による転職・就職の違いについてみてきましたが、こと転職に関しては「学歴よりも大切なのはスキル」であることがわかりました。

しかし、普通の転職活動をしているだけではいい転職先と出会うのは難しいでしょう。

というのも、現在は転職者を求めている企業が多くあり、その中から情報を取捨選択して転職活動を行うのは大きな労力がかかってしまうからです。

「現職の仕事もあるし、転職活動まで気が回らない」「退職後の手続きが大変で思ったように転職活動ができない」という方も少なくありません。そんな時には、まず手軽に利用できる転職向け求人サイトを利用してみましょう。

転職向け求人サイトはいくつかありますので、気になるサイトに登録して休憩時間や開いた時間にさっと求人情報を確認し、良い求人があればすぐに応募してみましょう。

知り合いに転職先がないかあたってみる方法もありますが、退職していない状態では「転職活動をしているらしい」という情報が流れてしまう可能性があり、注意が必要です。

就職支援サービスで効率的な転職活動

転職向け求人サイトでは、自分で転職先を探し、自分で申し込み、面接まで進まなければいけません。

ハローワークに通うよりは楽かもしれませんが、それでももう少し効率的な転職活動ができたら嬉しいですよね。

そんなときにおすすめなのが就職支援サービスです。就職支援サービスなら、求人サイトとは異なり「転職先を紹介してもらえる」というメリットがあります。

就職支援サービスでは実際に面談やヒアリング、カウンセリングを行い、求人紹介だけではなく自分の強みを探したり、自分にぴったりな職種を見つけたりといったことも手伝ってもらえます。

無料セミナーを開催している就職支援サービスもありますので、転職に関する情報収集もバッチリ。面接の方法、履歴書の書き方、その他書類の書き方もきちんと教えてもらえます。

就職支援サービスに登録したからといって、必ずそこから仕事を見つけなければいけないというわけでもありません。「転職に関する情報を効率的に集めたい」時にも利用可能です。

就職支援サービスを利用するときに気をつけたいこと

転職者にとってメリットの多い就職支援サービスですが、いくつか気をつけておきたいこともあります。

就職支援サービスは、各社それぞれに得意・不得意があり、利用する就職支援サービスを間違えてしまうと「希望職種のいい転職先が見つからない」こともあります。

実際に登録する際には、就職支援サービスに関する口コミをチェックしてみましょう。どのような実績があるのか、自分の転職活動とマッチングしそうか確認してください。

特に特殊な業種に就きたい方、更にハイレベルな企業に転職したい方は、それぞれ専門の就職支援サービスを探してみましょう。

20代からの転職を考えている方は、弊社「ジェイック」のご利用を検討してみてください。20代ならではの転職の悩みに寄り添い、よりよい転職ができるよう万全のサポートを致します。

まとめ

高卒と大卒、学歴の違いで転職にも差が出てしまうことがわかりました。だからといって、今から大学に通って卒業し、それから転職というのは現実的ではありませんよね。

高卒であっても、自分の能力を最大限に活かせる職場へ転職できればキャリアアップも図れるでしょう。

研究職は難しくても、出世し大卒と同じように上層で戦うことは可能です。大切なのは、これまでの実績と経験、そして人間性です。

コミュニケーションスキルを高め、待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢で働ける人材であることをアピールしていきましょう。

転職活動に行き詰まってしまった、もっと効率よく転職活動をすすめたい。そんな時には弊社「ジェイック」にお問い合わせください。あなたにぴったりな転職先を見つけられるよう、スタッフが全力でサポートいたします。

高卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

高卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の高卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから