高卒で後悔しないためには?いろいろな考え方を知ってベストな選択を!

高卒で後悔しないためには?いろいろな考え方を知ってベストな選択を!

よく「後悔しない人生はない」と言いますが、できれば後悔しないに越したことはありません。特に、高卒で後悔しないためには大卒との違いをはじめ高卒のデメリットなどを把握しておくことが重要です。そこで今回の記事では、高卒で働いている人は一体どんな理由で後悔しているのか、後悔しないためにはどんな点に注力すべきなのかなど、高卒であることを後悔しつつも今後どのようにすれば良いのか悩んでいる人に役立つ情報をまとめてみました。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

なぜ高卒で後悔するのか?

なぜ高卒で後悔するのか?

世の中には、たとえ高卒でも周囲から羨望の目で見られるほどの成功を収めている人が大勢います。とはいえ、中には大学へ進学しなかったことを後悔している人がいるのも事実。まずは、高卒の人が大学へ進学しておけば良かったと後悔する理由について見てみましょう。

大学進学への努力を何もしなかったという後悔が強い

同じ高卒でも、努力した結果と何もしなかった結果とでは全く意味が違います。一度は大学進学へ向けて努力したが不合格だったという人なら、努力した分だけ悔しさは残るものの「やれることはやった」という自負が持てるため、次の目標に向かってチャレンジする意欲が湧いてきます。その反面、大学進学という選択肢を深く考えずに捨ててしまったという人は、努力もせずになるべくして高卒になったと言えるでしょう。そのため、大学進学への努力を何もしなかったという後悔は「悔しさを感じない後悔」とも言われ、まるで無限ループのように長引く傾向にあります。中には、自分は物事を成し遂げられない性格だと思い込んでしまう人も少なくありません。

大卒との収入の違い

全ての人に共通するとは言えませんが、大卒と比べて収入が低くなる人も少なくありません。特に、何度も転職を繰り返している高卒の人にありがちなケースで、転職の理由として収入への不満をあげる人も多いようです。中には、自分には4年分の経験があるのに大卒で入社した新入社員にあっという間に収入を追い越され、大学へ進学するべきだったと後悔する人も珍しくありません。

大卒と高卒の違い!選択肢や履歴書

学歴によって人の価値が決定する訳ではありませんが、実際に働き口を求めて就活している人にとっては違いを知ることも大切です。ここでは、大卒と高卒の決定的な違いとも言える3つの相違点についてご説明しましょう。

求人の選択肢は高卒より大卒の方が多い

大卒と高卒とでは求人の選択肢に違いがあり、一般的には高卒に比べて大卒の方が多くの選択肢に恵まれています。高卒の人を対象にした求人は、いわゆるブルーカラーと呼ばれる職種をはじめサービス業や営業職などが多いようです。一方、大卒の人は高卒の人を対象にした職種に加えて、語学力やマーケティングといった高度な技術や知識を必要とする職種や特定の教育課程を受講しなければ資格が取得できない専門職も選択肢に含まれています。

  • 高卒が就きやすい職業:工事・建設系/ライン工/事務職/営業職/販売員/接客・サービス業/運送業など
  • 大卒を対象にしている場合が多い職種:設計・開発職/研究職/ITエンジニア/教員/公務員など

大卒は給与が高く設定されやすい

大卒は高卒より求人の選択肢が多いという絶対的なアドバンテージがあります。高卒より4年間も長く専門的な教育を受けた分、教養や知識をはじめコニュニケーション能力なども優れている人材だと見込んでいる企業が多いのでしょう。そのため、本人のスキルによっては高卒よりも給与が高く設定されやすい傾向にあるのです。ただし、大卒に比べて選択肢が限られているうえ給与が安く設定されているケースが多いからと言って、高卒の人が最終的にハイキャリアを築けないとは言い切れません。事実、たとえ大卒でも定年まで営業マンとして靴を擦り減らす人もいれば、高卒にも関わらず大手企業の役員にまで昇り詰めた人もいるのです。

履歴書の学歴欄に記入する最終学歴が違う

履歴書に記入する最終学歴が違うという点も大きな相違点です。とはいえ、年齢が若い内で尚且つ初めて就職する場合はさほど気にする必要はありません。なぜなら、この相違点は主に高卒の人が転職しようとした時にネガティブに作用する傾向にあるからです。高卒で中小企業に就職した人の中には、経験を積むにつれて高い収入が見込める大手企業に入社すべきだったと後悔する人も少なくありません。ところが、大手企業が転職者向けの求人を出す場合は大卒者を対象にしているケースが多いのです。ただし、社歴とスキルに自信があれば別問題。稀ではありますが、たとえ高卒であっても大卒限定の求人に応募して採用を勝ち取っている人もいるのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

大卒のメリットはどこにあるのか?

高卒の人が就活で思うような成果が得られない場合、大学へ進学すべきだったと後悔することもあるでしょう。今からでも進学を目指すべきか、それともこのまま就活に専念すべきか…実に悩ましい問題です。とはいえ、焦って結論を出すのは禁物。今後どのようにすべきか悩んでいるからこそ、判断材料となる大卒の人だけが得られるメリットについて把握しておきましょう。

自分が希望する専門分野が学べる

専門分野を思う存分学べるという点は、大学進学で得られる最大のメリットと言っても過言ではありません。特に、特定の教育課程を経なければ取れない資格に合格できれば、希望通りの職業につける可能性が高まります。自分が極めたい専門分野、またはどうしても働きたい職業が限定されているのに全く別分野の求人にしか応募できないのなら、今からでも進学を目指した方が後悔しないでしょう。

勉強しながらアルバイトやサークル活動が楽しめる

大学生の本分はあくまで勉強ですが、高卒で就職した人に比べて時間的な余裕があるのも事実。アルバイトやサークル活動はもちろん、中には留学や海外での一人旅など大学ならではの経験を満喫する人も少なくありません。最近では、海外への旅行経験が豊富な人材は自主性が高いと評価する企業も増えているようです。ただし、金銭的な負担は避けられません。

高卒で就職するデメリットも押さえよう!

大卒のメリットを把握したうえで、自分には必要ないと判断した人もいるでしょう。だからといって、必ずしも高卒で就職すべきとは言い切れません。5年後10年後に後悔しないためには、事前のリサーチが肝心。高卒には高卒のデメリットが少なからず存在することも、あわせて理解しておきましょう。

自由に使える時間が少ない

たとえ年齢は同じでも、大学生と高卒で働き始めた人とでは自由に使える時間が段違い。実際に働き始めると、仲の良かった友人と疎遠になったという人も珍しくありません。しかも、たとえ年齢が若くとも社会に出れば退社後の付き合いも増えますし、場合によっては帰宅後に勉強しなければ仕事についていけないケースも多いのです。中には、学生の頃よりも就職してからの方が勉強に時間を費やしているという人も珍しくありません。

大卒より基本給が低い

確かに、最初の4年間は高卒で就職した人の方が大学生に比べて経済的に余裕があるでしょう。とはいえ、大学生が卒業して仕事に就いたら立場は逆転。あくまで統計上ではありますが、基本給を比較すると大卒より高卒の方が低い傾向にあります。

視野が狭くなり選択肢が狭まる人もいる

就職先を選ぶ時、ほとんどの人が自分にあった職業に就きたいと思うでしょう。ですが、大学に進学した人であれば4年間という時間をかけてじっくり選択肢を吟味できますが、高卒で就職する人にはその猶予がありません。中には、どんな職業が自分に合っているのか見極められず、何年もアルバイトやニートとして時間を費やす人も多いのです。その結果、時間が経つほど視野が狭くなり、自分から選択肢を狭めてしまう人も少なくありません。

高卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

高卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

生涯年収の差は意外に少ない!

高卒の人が18歳で就職した場合、大卒の人より4年間も長く仕事のスキルを磨いてきた計算になります。つまり、高卒の人は入社5年目ですから中堅社員とも言えますので、新人の大卒者とは比較にならないほど豊富な知識と技能が身に付いているはず。ですが、単純に初任給を比較してみると残念ながら大卒より高卒の方が少ない傾向にあります。つまり、初任給が高く設定されている大卒はわずか数年のうちに高卒の収入を上回る可能性があるのです。事実、厚生労働省が公開している「平成24年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると、高卒と大卒の初任給の違いについて下記のような結果が報告されています。

  • 高卒の初任給:157,900円
  • 大卒の初任給:199,600円

初任給だけを見るとかなりの差がありますので、定年を迎えるまでにはどこまで差が広がっていくのかと不安になる人も多いでしょう。ですが、これはあくまで初任給に限った話。意外なことに大卒と高卒の生涯年収を比較してみると、その差は徐々に縮まっていくケースが多いのです。そのため、生涯年収を比較する意味は薄れていると指摘する専門家も少なくありません。

確かに、わずか数年で転職を繰り返しているようでは初任給が高く設定されている大卒に、どんどん差を広げられてしまうでしょう。ですが、生涯年収の差には同じ仕事を長く続けるほど少なくなっていくという特徴があります。同じ仕事を続けている場合、高卒と大卒の給料が並ぶ目安は30歳前後。むしろ生涯年収を比較してみると後悔するどころか、若いうちにスキルアップを重ねた高卒の方が定年まで1つの企業で勤めあげた大卒より高くなるケースも珍しくないのです。

高卒か大卒かで迷ったときの選択肢

将来のビジョンが曖昧で、大学へ進学するべきかあるいは高卒で就職するべきか迷っている人も多いでしょう。まして、高校を卒業してからアルバイトやニートとして過ごしていた人なら、今後どうするべきか悩むのも当然かもしれません。まずは、自分が置かれている状況を把握するのが近道。やりたい仕事が明確に分かっているのであれば、専門性を極められる大学や専門学校へ進学した方が良いでしょう。憧れの職業がはっきりしているのに全く違う仕事に就いてしまうと、後悔するばかりか時間が経つほどやり直しがきかなくなってしまいます。

ちなみに、これから高校進学を控えている人でやりたいことが見つからない、今の段階で将来のビジョンが描けないという場合は、工業や商業系の専門知識が学べる高校を選ぶのも一つの方法です。工業や商業系の高校には就職先の選択肢が広がるというメリットに加え、偏差値が低い高校が多いという特徴があります。しかも、偏差値の高い進学校で平均的な成績を収めるよりも、このような高校で上位の成績を収める方が簡単なのです。工業高校を卒業した人の中には一部上場企業へ採用されたケースも珍しくありません。つまり、たとえ偏差値の低い工業や商業系の高校でも上位の成績であれば、大手企業へ与える印象がアップして面接にも進みやすいのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

経験を増やし自分の強みを分析しよう!

高卒であることを後悔しないためには仕事に対する経験をどこまで増やせるか、どれだけ自分の強みを正確に分析できるかの2つがポイント。すでに高卒で就職している人はもちろんアルバイトとして働いている人なら、経験値を増やしつつ知識を高める努力を怠らないようにしましょう。大学に進学しなくても取得できる資格に挑戦してみるのも有効な手段です。たとえ今は不本意な仕事に就いていたとしても履歴書に記入できる資格が増えれば、それだけ専門性の高い職種に転職できる可能性も高まります。もちろん、面接時のアピールポイントにもなりますので採用担当者に熱意が伝われば、結果的に収入アップが見込める企業に転職できる確率もアップするでしょう。

また、自己分析をするのも有効な手段ですが自分のことは客観的に見られないモノ。特に、短所より気づきにくいのが就活する時に強みとなる自分の長所です。そんな時は、求職者それぞれの特徴に合わせて企業を紹介してくれる転職エージェントのカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。求職者と企業のマッチングを数多く手掛けている転職エージェントなら、どんな企業が向いているのかはもちろんどんなスキルが足りないのか補うべきポイントを客観的に見極めて指摘してもらえます。

自分のしたいことを見極めよう!高卒を後悔しないために

高卒と大卒の違いは、人によって解釈や印象が全く異なります。ある人にとっては大卒のメリットが魅力的だと思えても、別の人にとっては無意味と感じることもあるのです。だからこそ後悔しないために大切なのは、他人の目線ではなく自分の目線で何がしたいのかを見極めること。納得して高卒で就職した人は有意義な時間が過ごせるでしょうが、逆にやりたいことがあるのに不本意な仕事に就いている人は後悔を引きずってしまいます。進学するにしても就職するにしても、要は自分が納得できているかどうかが重要なのです。

高卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

高卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC