高卒ニートの就活は準備や考え方で決まる!ポジティブ思考で内定をつかみ取ろう!

高卒ニートの就活は準備や考え方で決まる!ポジティブ思考で内定をつかみ取ろう!

高卒のニートといえば、就活では不利になりやすいとして知られています。しかし、就職できないわけではありません。就活に臨む考え方や方法、ポイントを押さえることが重要です。この記事では、高卒ニートが就活する上で押さえるべきポイントや自己分析の重要性、正社員で就職しやすい職種などについて詳しく解説していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニートの定義や続ける理由は?

ニートの定義や続ける理由は?

ニートという言葉を知っていても正確にその定義を知らない人も多いでしょう。ニートとはどのような人たちを指すのか、なぜニートを続けてしまうのか見ていきましょう。

ニートの定義

ニートとは、イギリス発祥の言葉で「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取って略した言葉です。日本語に訳すと、「教育を受けておらず、働いていない、また職業訓練を受けてもいない」となるでしょう。厚生労働省では、働いていない人の中で15~34歳の若年層に限定し、家事も通学もしていない人たちのことをニートと定義しています。内閣府の定義では、15~34歳で通学せずに独身で、収入を伴う仕事をしていない人となっており、基本的には若年層を指している言葉となっているのです。35歳以上になるとニートという呼び方はせず、中年無業者と呼ばれます。しかし、実態としては同じで一般的には中年ニートと呼ばれることが多いでしょう。

なぜニートを続けてしまう?

ニートを続ける理由はさまざまです。多く挙げられる理由としては、病気があります。働きたいと思っているニートの中には、病気が原因で働くことができない、怪我などが理由で就活が難しいといった人も多いのです。一方、身体的な問題や病気といった理由でなくニートを続ける人も少なくありません。仕事に対する不安が大きく一歩踏み出すことができない、というのが大きな理由でしょう。就活で失敗して自信をなくしてしまった、知識や能力に自信がなくて働けるか不安、というように労働への不安が大きすぎると、働きたくても尻込みしてしまうのです。ニートである期間が長くなるほど、その傾向は強くなり就活への意欲が低くなってしまうこともあります。

高卒後に働いた経験がある人がやるべきことは?

高校を卒業した後に働いた経験はあるが、さまざまな理由からニートになってしまった人もいるでしょう。そのようなタイプのニートが、就活のためにした方がいいことを紹介します。

フリーター経験がある場合

高卒後にフリーター経験(アルバイトや派遣の経験)がある場合には、そのアルバイト経験が大きな強みになります。アルバイトとはいえ、きちんとした労働です。一度働いた経験があることで、就職することへのイメージが付きやすいでしょう。まず、過去のアルバイト経験を振り返ってみてください。過去のアルバイトで好きだった仕事、得意だったことを思い返すことで、自分にはどのような職種があっているのかがわかりやすくなります。もう一度アルバイトをしてみるのもいいでしょう。アルバイトをして、経験やお金を蓄えると不安感も薄れます。また、必要なら職業訓練や資格取得などをするのもいい方法です。資格を取得することで就活が有利になる場合もありますので、アルバイトをしながら挑戦したい職種に必要な資格はなんなのか、どうやって取るのかを調べていくといいでしょう。

正社員経験がある場合

正社員の経験を経てニートになった場合には、退職の経緯を振り返ることから始めるのがポイントです。なぜ退職してしまったのかを明確にしておくことで、同じ失敗を繰り返しにくくなります。また、反省点や失敗点などもはっきりとさせておくといいでしょう。反省点などがわかれば対策も立てられます。弱点だった部分を自分の強みに変えて就活に臨みましょう。ビジネスマナーを復習しておくのもポイントです。一度就職していたことは強みですが、ビジネスマナーなどがしっかりしていないと意味がありません。また、ブランク期間についてどう説明するのかも重要です。ブランク期間が長ければ長いほど説明は難しくなります。採用担当者に聞かれてもスムーズに答えられるように、考えを練っておくようにしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

高卒ですぐにニートになった人がやった方がよいこと

高校を卒業して、アルバイトや就職せずにそのままニートになった場合には、対策が違います。就職に向けてどのようなことをすればいいのか、見ていきましょう。

会話をする

高校を卒業してすぐにニートになった場合には、社会とのかかわりが薄いことが考えられます。そうなると、コミュニケーション能力が衰えてしまっていることも考えられるので、会話をしてコミュニケーション能力を高めていくことから始めましょう。まずは、家族と会話をしてみてください。ほとんど会話がないという人もいるでしょうが、毎日挨拶をする、テレビなどをみて感想を語り合うというように、とにかく会話をすることが重要です。家族との会話だけでなく、友人との会話も効果的でしょう。ニートであると、友人との付き合いが疎遠になる場合もあるでしょうが、コミュニケーションの輪を広げることが大切になります。気心の知れた仲のいい友人から始まって、徐々に輪を広げてコミュニケーション能力を鍛えていきましょう。

短期でもいいのでアルバイトをする

働いた経験がないまま就活するのはハードルが高いので、まずはアルバイトを始めるのもいい方法です。長期のアルバイトでなくても構いません。初めは、1週間~1カ月というように期間が決まっている短期のアルバイトから挑戦してみるといいでしょう。期間が決まっていれば、その間だけ頑張ろうと思えます。それを積み重ねていくことで働くことへの不安感も薄れますし、自信やコミュニケーション能力も上がっていくのです。短期のアルバイトで自信を養えば、長期のアルバイトをすることへのハードルも下がります。とりあえず短い期間のアルバイトからチャレンジしてみてください。

高卒のニートが正社員で就職しやすい学歴不問の職種は?

高卒ニートでも、正社員として就職することは可能です。ただし、高卒ニートの場合には学歴などにこだわらずに採用してくれる職種を選んだほうが、就職しやすいでしょう。どのような職種なら正社員として就職しやすいのか紹介します。

介護職

まずは介護職です。介護職は慢性的な人手不足に悩まされています。そのため、学歴や職歴などが重視されない傾向にあるのです。未経験であっても採用されやすい職種ですから、高卒でニートになった場合でも挑戦しやすいでしょう。資格を持っていればさらに有利になりますが、もちろん無資格であっても大丈夫です。働きながら資格の取得が可能なので、無資格であっても安心して応募できます。また、施設によっては資格取得のサポートなどがあるケースもあります。キャリアアップを目指していきたいのなら、資格取得サポートがある施設を狙ってみるのもいいでしょう。

サービス業

飲食業は販売業などのサービス業、営業職なども学歴や職歴が問われにくい職種です。サービス業も介護職と同様に人材不足の傾向にあるので、やる気や意欲にあふれていれば正社員として採用してもらいやすいでしょう。また、サービス業はアルバイトとして経験を詰めることも大きなポイントです。アルバイトであっても応募する職種の経験があれば有利に働きます。また、正社員登用制のあるところならアルバイトから正社員にキャリアアップすることもできるのです。

営業職

営業職は、入社後にスキルを磨いていく職種です。そのため、学歴や職歴はそこまで重要視されません。大切なのは、やる気があることとコミュニケーション能力があることです。営業職はお客さんを相手にするものですから、人となりやコミュニケーション能力が重視されるのです。ハキハキと受け答えができる、明るくて元気などのポイントを見られることになるでしょう。また、営業職は個人の成績で評価される職種です。そのため、経歴に自信がなくてもしっかりと結果を残していけば、キャリアアップしやすい仕事となっています。学歴が高くなくても努力次第で上を目指せる仕事なので、コミュニケーション能力に自信があったり人と話すのが好きだったりする場合には、チャレンジしやすい職種でしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

高卒のニートが就活する上でやるべきことは?

高卒のニートが正社員として就職したいと思うのなら、事前の対策が重要になります。いきなり就活を始めたとしても、なかなか上手くいかずに心が折れてしまう可能性があります。そのようなことにならないために、就活する前に対策を立てましょう。

アルバイトをする

どのような経緯でニートになったとしても、まずは経験を積むことが大切です。経験を積む方法としては、アルバイトをすることが一番の近道です。就活を見据えてアルバイトをするのなら、就職を見据えた仕事を選ぶことも大事になります。目指している職種があるのなら、それに近いようなアルバイトを選ぶと面接でのアピールポイントになります。まだやりたいことが決まっていないのなら、アルバイトを通して自分の適性や得意なこと、やりたいことを見つけるのもいいでしょう。アルバイトをすることで、ビジネスマナーや身だしなみなど社会で働くうえで基礎的な部分を学ぶこともできるのです。

スキルアップを目指そう

興味のある分野の資格を取得する、目指している職種に必要な資格を取っておくことで、就活がスムーズに進む場合もあります。たとえば、事務や経理を目指しているのなら「日商簿記」や「MOS資格」などを取得しておく、不動産業界なら「不動産鑑定士」や「宅地建物取引主任者」などを取っておくといいでしょう。資格を取ることは就活を有利に進めるだけではありません。努力して資格を取ることで、達成感や自己肯定感を得やすいのです。ニートだと自分に対して否定的になったり自信がなくなったりしますが、資格を取ることで自信がつくようになり前向きになれる場合もあるのです。

専門学校や大学に入るのも1つの方法でしょう。通信教育がメインの学校や夜間学校であれば、アルバイトをしながら卒業を目指すことも難しくはありません。学歴を高めることもできますし、資格やスキルの習得なども可能なので選択肢の幅が広がります。

高卒のニートが就活で成功するポイント

高卒のニートが就活を成功させるためには2つのポイントがあります。

悲観的にならずに視野を広く持つ

高卒ニートだと、学歴や職歴に負い目があって悲観的になってしまう人も少なくはありません。そのため、応募先を探すときでも視野が狭くなりがちです。学歴が低いから、職歴がないから、と悲観してあまり条件の良くない企業に応募したり、ためらって応募できなかったりするのはよくありません。ニートだからと負い目を感じずに前向きに就活をしましょう。自分は将来性のある人材なのだ、と自信を持つぐらいの気持ちで就活すると、その意欲が採用担当者にも伝わりやすくなります。

可能性を限定しない

自分の可能性を限定するのもやめましょう。高卒ニートだから雇ってくれるはずがない、という思考はいけません。このような考え方は自分自身の可能性を狭めていることになり、結果的に就活にも悪影響を及ぼします。採用してもらえるかどうかは、企業側が決めることです。可能性を限定して諦めるよりも、まずはチャレンジしてみることを優先しましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

面接には自己分析をしっかりしてから臨もう!転職エージェントがおすすめ

これは、高卒ニートに限らずに言えることなのですが、面接を受ける前に自己分析をしっかりとしておくことが重要です。

空白期間の説明が必要

高卒ニートが面接を受ける場合に必ずといっていいほど聞かれるのが、空白期間についてです。なぜ空白期間が長くなったのか、その間に何をしていたのかといったことをきちんと説明できなければいけません。自分自身について分析して、採用担当者が納得できるように説明できるかどうかよく練っておくことが重要です。

諦めない

ニートの期間を受け入れてくれる企業に出会えるまで諦めないことも重要です。自己分析をしてしっかりと説明しても、なかなか受け入れてくれる企業は少ないでしょう。そんな不利な状況だからこそ、受け入れてくれる企業は働く人に誠実でいい会社の可能性もあります。そのような会社に出会えるまで諦めずに活動することが大切です。

転職エージェントを利用しよう

自己分析がうまくできない、よくわからないと悩んだら、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。転職エージェントでは、無料でカウンセリングを受けることができます。履歴書の書き方指導・添削、面接対策なども行ってくれるので、就活に不慣れな場合でもしっかりとサポートしてもらえるのです。

高卒のニートは始めの一歩を踏み出そう!正社員を目指して

高卒ニートだと、どうせ就職できないと悲観的になってしまう人も少なくはありません。しかし、勇気をもって一歩踏み出して進んでいくことで、正社員への道が開けることもあるのです。まずはアルバイトをしたり資格を取ったりして、就活に備えていくことが大切です。また、自己分析を深めたり面接への対策をしたりすることも重要になります。1人で行うのは難しいでしょうから、転職のプロである転職エージェントに登録して相談してみるといいでしょう。

高卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

高卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC