職歴のない既卒でも就職できる【就職のコツと注意点を解説】

既卒の職歴なしでも就職できる【就職のコツと注意点を解説】

既卒で職歴なしの就職に悩んでいませんか?この記事では、既卒の職歴なしでも就職できる、既卒の就職経験談、おすすめの職種、就活のコツや注意点などを解説しています。記事を参考に準備を始めてみてください。

 

記事のまとめ
  • 既卒の職歴なしだと就職率が下がる
  • 既卒の就職の成功体験談と失敗体験談を紹介
  • 具体的な就職方法とおすすめの職種をチェック
  • 就活のコツと注意点を知っておこう

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

職歴のない既卒は就職できない?

既卒の職歴なしでは就職できない?

結論、職歴なしの既卒の人でも就職はできます。ただし、新卒の就職率よりは劣ります。

2019年にマイナビが発表した、新卒の既卒の就職率は下記のとおり。

  • 新卒の就職率:82.6%
  • マイナビの発表した既卒の就職率43.3%

既卒の就職率は、新卒の就職率の半分程度しかありません。

参考:2019年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

既卒は就職率が高くないので対策・準備が必要

既卒の就職率は決して高くないので、就活するときは対策・準備が必要です。

事実、既卒でも就職できている人はいるわけなので、コツをおさえておきましょう。

対策・準備なしで就活すると、不採用になる確率が上がります。

職歴のない既卒の就職経験談を紹介!

職歴なしの既卒の人の、就職経験談をご紹介します。

Aさんの体験談(成功パターン)

 

Aさんの経歴

新卒で就活に臨むも、希望の企業では不採用

⇒内定がないまま卒業し、翌年に既卒として就活に挑む

このような方は非常に多いです。

Aさんがまず注目したのは、新卒の就活に失敗した理由でした。

冷静に考えてみると、大手企業とか有名企業ばかりにエントリーしていたため、志望動機も浅くなっていたようです。

  • 大手で有名だから
  • 大手は安定してそうだから
  • 給料が多そうだから

これらの志望動機は表面的な理由ばかりで、面接で話すことはできません。そのため、Aさんは「自分は何をしたいのか?」を真剣に考えてみました。

出た答えは「手に職をつけたい!」というもの。終身雇用も崩壊したし、これからは企業ブランドではなく、手に職をつけた方がいいと考えました。

その中でAさんが選んだのはIT業界でした。

文系出身でしたが、文系でもIT業界に就職できると知り、企業分析を開始。未経験から就職できるIT企業を見つけて応募したところ、無事に内定をもらえました。

Aさんが既卒の就活に成功した理由

ずばり、自己分析をしたからです。

「自分は何をしたいのか?」を考えていますよね。

  • 自分がやりたいことを見つける
  • それを叶えられる企業を探す

自己分析をすれば、強い目的意識をもって就活に挑めます。自己分析ができれば、業界分析や企業分析もうまくいくものです。

Aさんは働く理由も明確なので、すぐに辞めてしまう可能性も低いでしょう。

Bさんの体験談(失敗パターン)

 

Bさんの経歴

働きたいという気持ちがなく、まともに就活しなかった

⇒書類選考は通るものの、面接で落とされることが続く

このような方も非常に多いです。

既卒の就活を始めて、Bさんが面接で一番困ったのは、「なぜ就職しなかったんですか?」という質問。

  • なんとなくです。
  • やりたいことがなくて…
  • 自分の将来を考えていたら卒業の時期になって…

特に理由がなかったので、不採用になっていました。

Bさんは面接に苦手意識をもってしまい、現在はニートです。

Bさんが既卒の就活に失敗した理由

「なぜ就職しなかったんですか?」に対する回答がよくありませんでした。

就職しなかった理由がネガティブだと、面接官は良い印象をもちません。なぜなら、仕事の取り組み方もネガティブだと想像するからです。

「なんとなく卒業してしまった」という人は、仕事でも「なんとなく仕事の期限が過ぎてしまった」と言いかねない怖さがあります。

新卒で就職しなかった理由を、いかにポジティブに伝えるかが重要です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

職歴のない既卒の就職方法

既卒の具体的な就職方法は、下記の3つです。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 転職エージェント

1つずつ特徴を解説します。

転職サイト

転職サイトでも既卒の就活は可能です。よく見ると、既卒も採用している求人があるからです。

中には、聞いたことがある有名企業でも、既卒の募集していることがありますので、根気よくサイトを見ながら、良さそうな求人を探してみましょう。

ただし、転職サイトを使った就活は、すべてを自分でやらないといけません。

  • 企業分析
  • 応募
  • 履歴書の作成
  • 面接対策

上記のような対策すべてあなた1人で行います。

「なぜ就職しなかったんですか?」という質問にも、あなたが答えを用意して臨む必要があります。

ハローワーク

ハローワークでも、既卒の就活は可能です。地域の中小企業など、転職サイトに載ってない求人もあります。

ハローワークの職員さんに相談もできるので、履歴書や面接の質問をしてみましょう。

ただし、ハローワークは利用者が多いので、職員さんも「既卒の就活を専門的に扱っている」というわけではありません。既卒専門の相談窓口ではないのが注意点です。

転職エージェント

転職エージェントに相談する方法もあります。

特に「既卒の就活に強いエージェント」に相談しましょう。既卒ならではの悩みも、的確に答えてくれるからです。

  • 「なぜ就職しなかったんですか?」という質問の答え方
  • 履歴書の書き方
  • 既卒を積極的に採用している企業リスト
  • あなたに合っている仕事や会社

これらの悩みを転職エージェントであれば全て解決してくれます。

既卒の人は是非「既卒の就活に強い転職エージェント」に相談してください。あなたに合う企業に、採用される確率が高いからです。

ちなみに、私たちジェイックも「既卒の就活に強い転職エージェント」です。就職準備の対策や就職後のサポートも行っているので、お気軽にご相談ください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

職歴のない既卒におすすめの職種

既卒の人におすすめの職種は、下記があります。

  • 営業
  • IT
  • 販売

1つずつ解説しますね。

営業

既卒の人の就職は、営業職がおすすめです。営業職は募集も多く、比較的採用されやすいからです。

営業に向いてる人

  • コミュニケーションが好きな人
  • 初対面の人と仲良くなれる人
  • 友達が多い人

営業をするメリット

  • 汎用的なスキルが身につく
  • 転職しやすい
  • 人脈ができる

どの営業職でも「人と話す」という点では同じなので、営業スキルが身につけばどこでもやっていけます。

IT

IT系も既卒の人におすすめです。未経験者でも募集があり、文系出身者でも採用される会社があるからです。

ITに向いてる人

  • 集中力がある人
  • コツコツと続けられる人
  • 論理的思考ができる人

ITの仕事をするメリット

  • 手に職がつく
  • スキルが身につけば、転職しやすい
  • 今後も伸びるので、将来に期待できる

IT業界が成長しているのはご存知の通りです。今後も需要が多いので、仕事が安定しています。

販売

販売職も既卒の人におすすめです。募集が多く、採用されやすいからです。

販売職に向いてる人

  • 人当たりが良い人
  • 説明がうまい人
  • 雰囲気が明るい人

販売で経験を積んでから、営業に転職する人もいますね。

好きなブランドがあったり、人と関わるのが好きな人にはおすすめです。

既卒の職歴なしの就職のコツと注意点

既卒の人の就職のコツと注意点を解説します。就活を始める前に読んでおきましょう。

既卒を積極的に採用している企業に応募する

内定をもらえる確率を上げるコツは、既卒を積極的に採用している企業に応募することです。そもそも、既卒を求めているからです。

企業のホームページの採用のページを見て、以下のようなことが書かれている企業は狙い目と言えるでしょう。

  • 既卒採用
  • 既卒枠

などと書かれている企業が狙い目です。

意外な大手企業も既卒を募集しているので、情報収集が大切ですね。

行動量を重視する

既卒の人は、就活の行動量を重視しましょう。すぐに内定をもらえないことが予想されるからです。

 

行動量を増やすメリット
  • 就活がうまくなる
  • 失敗を活かせる
  • どういう会社に求められてるか見える

実際に行動することで、得られる情報は多いです。

「1社応募して不採用、また1社応募して不採用」とゆっくり就活するのではなく、同時進行で就活するのもコツですね。早くパターンをつかめるので、採用される確率も高くなります。

やる気を伝える

面接ではやる気を伝えてください。

既卒は「ポテンシャル採用」といって、そもそも即戦力とは思われていません。「将来の成長株」として採用されます。そのため、今すぐ何かできる必要はあまりないのです。

 

面接でやる気を伝える方法
  • 元気よく話す
  • 素直で明るい雰囲気
  • 笑顔
  • 大学時代の活動をアピールする
  • アルバイトの実績をアピールする

基本はハキハキと話すことです。印象が良くなって、採用される可能性が上がります。

既卒で就職活動している理由をポジティブに説明する

「なぜ就職しなかったんですか?」の質問には、ポジティブに答えるのが鉄則です。ネガティブな印象だと、採用されにくいからです。

 

ポジティブな説明方法
  • 過去の失敗を反省していると伝える
  • 資格の勉強をしていた
  • どうしてもやりたいことがあった
  • 海外留学していた
  • 家庭の事情

一番重要なのは「過去の失敗を反省している」と伝えることです。失敗を活かせる人に見えるからです。

回答例

新卒の就活では、深い考えなしに応募していました。

そのため、志望動機などを聞かれても表面的なことしか言えませんでした。思慮が浅かったと、今では反省しています。

この失敗を活かして、今年の就活では「自分は将来、何をしたいのか?」から考えてみました。

私は将来◯◯をしたいとわかり、それを叶えられるのが御社だったので、応募しました。

過去の失敗を活かして、前に進んでいる感じがしますよね。成長できる人にも見えるので好印象です。

「なぜ就職しなかったんですか?」の質問には、上記のようにポジティブに答えましょう。

ブラック企業に注意

既卒の人は、ブラック企業に注意してください。就職しにくい既卒の人を狙うブラック企業があるからです。

ブラック企業は、既卒の人の弱みにつけこんで、安い賃金で労働力を搾取します。

 

ブラック企業を避けるコツ
  • 平均年齢が若すぎる会社に注意する
  • 求人情報の内容が抽象的な会社に注意
  • 夜遅くに会社にいってみて、電気がついてないか見る
  • ブラック企業を紹介しない転職エージェントに相談する

うっかりブラック企業に就職してしまうと、短期退職や転職回数の増加などデメリットが多くなりますので、注意してください。

経歴詐称は絶対ダメ

既卒の人が絶対にやっちゃダメなのが、経歴詐称です。嘘は必ずバレます。

履歴書や面接で嘘がバレるのではなく、入社してからバレます。

 

経歴詐称がバレるパターン
  • 社会保険の履歴
  • 年金の履歴

経歴詐称は立派な詐欺なので、最悪の場合は試用期間内に解雇されることもあるでしょう。そもそも、嘘をつく人をほしい企業はありません。

既卒であることを隠しても良いことはないので、正々堂々と立ち向かいましょう。

上記で説明してきた注意事項を守れば、経歴詐称をしなくても内定をもらえる可能性はあります。

ジェイックなら既卒の就職対策がすべて可能

上記の「既卒の就職のコツや注意点」を1人でやる自信がない人は、私たちジェイックに相談してください。「既卒の就職のコツや注意点」をすべて対策可能だからです。

既卒の就活に慣れている人はいません。

目的は就活に慣れることではなく、あなたに合う会社に就職することですよね。目的を達成するために、もっとも成功率が高い方法で就活しましょう。

私たちジェイックは、既卒の人の就職で多くの実績があるので、安心してお気軽にご相談ください。

 

既卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

既卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

23,292人
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC