【完全版】既卒の就活方法を徹底攻略!既卒のメリットを活かして内定をつかみ取ろう!

【完全版】既卒の就活方法を徹底攻略!既卒のメリットを活かして内定をつかみ取ろう!

既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い方を指します。

もしこの記事を読んでいるあなたが「既卒」の条件に当てはまるのであれば、このまま読み進めていただきたいです。

確かに、卒業した後も学生の時と同じような就活を続けていると難しいかもしれません。既卒には既卒ならではの就活の進め方があります。

この記事では、まず、既卒の方にオススメの就活方法をご紹介した後に、既卒の方の就職支援に特化したジェイックが長年培ってきたノウハウをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

そもそも既卒とは

「既卒」とは高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業後、1~3年経過するも、正社員経験のない人を指すことが多いです。なぜこのような表現になるのかというと、「既卒」という言葉には明確な定義がないからです。

企業によっては『卒業後3年以内の場合は新卒扱い』としている場合もありますので、求人情報はしっかりチェックしておきましょう。

また、新卒の就活がうまくいかなかった人の中には、新卒枠で就職するためにわざと大学を留年(=就職留年)する人もいます。ただし、この方法は留年する分の学費がかかるため、誰もができるわけではありません。

既卒と似た言葉で「第二新卒」がありますが、第二新卒とは卒業後3年以内に正社員経験のある方のことです。つまり、第二新卒は早期退職者のことを指しますので、既卒とは意味が大きく異なります。

 

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

既卒の就活が厳しい理由とは

そもそも、既卒だから就職できないということではありません。 企業は求人情報を出す時に、まずは2つの分類で募集を行います。

  •  新卒採用:就活を行っている在学中の学生が対象。
  •  中途採用:転職活動中の就業経験のある社会人や、学校を卒業した既卒者

「新卒」は一から育成する必要があるため、大きな教育コストが発生しますが、プロパー社員(※1)として自社の将来を担う後継者的な存在価値があると企業は考えますので、未経験の学生にも将来を期待して、継続的に新卒採用を実施しています。

※1.“新卒入社した社員”のこと
参考記事:「プロパーとは何?プロパー社員とはどんな人のこと?

一方で「中途採用」枠は新卒ではない全ての方が対象になるので、既卒・フリーター・第二新卒に至るまで、多種多様な人々が転職系の求人サービスなどを通じて書類選考や面接を申し込みます。しかし、企業は即戦力を期待して中途採用を実施することが多いために、“未経験”である既卒者は就職が困難になっているのが現状です。

マイナビ大学生内定率調査によると、一般的な既卒者は就職率48.9%といわれています。それどころか、就職が成功したとしても、労働条件面で優良企業に勤められるのは一握りでとても成功とはいえないケースが多いのが実情です。

また、新卒の就活を失敗してしまった方の多くは、”既卒の就活は不利だ”と感じてしまっています。しかし、なぜ不利なのか具体的な理由を知っている方は意外と多くありません。

  • 新卒で就職できなかった人
  • 周りの人が一生懸命就活して内定を勝ち取っているのに…。真面目に就活しなかったんじゃないの?

上記のようなイメージを持たれているから、不利なのではないか、、と考える方もいるかと思いますが、実は理由はもっともっと単純なのです。

既卒が不利である理由(=穴)をしっかり把握していれば、次に取るべき行動はその”穴”をふさぐための努力です。そこで、まずは既卒の就活が不利にな理由を確認してみましょう。

既卒の就活が不利になる理由

既卒の方の就活が不利になる理由はいたって簡単です。それは、、

『新卒ではないから。』です

「そんなことは知っている!」と思うかもしれませんが、つまるところこれが真実なのです。

新卒採用を行っている企業は、正真正銘の、いわゆる”新卒”だけを求めているため、既卒というだけで選考対象にならない可能性が大いにあります。

既卒は採用の優先順位が低い

一般的な企業の採用の優先順位は以下のように言われています。

採用の優先順位

1位:新卒

2位:社会人経験が3年以上の即戦力の中途採用

3位:第二新卒や既卒

フレッシュな新卒でもなければ、即戦力の中途採用でもない既卒の就活は難易度が高いのです。

求人の中には、「既卒歓迎」「未経験歓迎」というものも少なくありませんが、既卒歓迎の求人が既卒を採用するとは限りません。

「話が違うじゃないか!」と思うかもしれませんが、企業はできるだけ良い人材を欲しがります。要は採用する優先順位があるのです。

あくまでもほしい人材は”新卒”や即戦力の”中途採用”で、「よほどスペックが高ければ未経験者採用も考える」という程度の募集も多いです。

表面上は「既卒歓迎」「未経験歓迎」といっても、現実には既卒の採用が少ない求人もあることを覚えておきましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

既卒の就活の勘違いとは

既卒で就活を始めてから知ってしまう勘違いについて紹介します。新卒の時に内定がもらえずに、既卒になってから知る方が多いので、是非参考にしてみてください。

求人・採用についての勘違い

企業が正社員を採用しようと思ったときの優先順位が一般的です。

  • 位:新卒
  • 位:経験者(社会人経験が3年以上)
  • 位:未経験者(第二新卒、既卒)

既卒の優先順位は最下位です。中途採用の枠に対し、経験者からの応募が多く、求人情報サイトや独自の採用サイトを経由してのリクルート活動をしている会社が選ぶのは、教育の手間を省くことができる経験者になってしまうでしょう。

社会人経験3年以上の転職者は既卒の皆さんにとっては大きな競合になります

私たちジェイックでは、学歴や職歴でのハンデがある既卒者の皆様に対し、5日間の無償教育カリキュラムをご用意することで、ご自身の価値を最大限に引き出し、20社一括の面談では81.1%(※)の求職者の方々仕事が就職に成功しています。

※ 2018/2/1~2018/7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合

最短3週間での入社を実現しているには理由があります。普通に就活をしていたら、新聞折込チラシ、フリーペーパー、求人サイト、転職エージェントなど、既卒者層をターゲットにした募集要項は沢山目にすると思います。

しかし、問題は就職支援会社に『魅力』を引き出す実践講座や『未経験者に教育をしてくれる』優良企業の紹介先があるかです。

今、卒業後3年は新卒扱いという話もありますが、実際に「既卒者を新卒として」採用したという企業の実績はほとんどないので、結局は中途採用のフィールドで戦うことになります。

不景気になり大手企業も倒産をしたり、ソニーやシャープやパナソニックなどもリストラをしています。 つまり、今皆さんが戦おうとしている中途採用の市場には、「某一流企業で数年働いていた」という経験者が沢山いるのです。

ですから、ハローワークやリクナビ等で「未経験者OK」という求人もありますが、あれはあくまで第一希望は経験者であり、未経験でもよほどいい人がいれば採用するよ、というケースが多いのが実情です。

ジェイックは全事業で50,000社の企業との取引実績があり、その中でも、企業の一般社員はもちろん、幹部社員、経営者への教育を行うプログラムを有することで有名です。

つまり、本当の意味で「企業の内情を熟知している」ので、他社にはまねをすることができないカリキュラムを無償で提供できますし、優良企業と結び付けることが可能です。

何よりも、私たちは、就職後の研修や細やかな個人・職場へのアフターフォローを行う事業部を設置しています。

既卒からジェイックで講座を受け、活躍していただき、職場で実績をだしていただくところまでを支援しているので、「既卒者は不利」ということを根底から崩すことができると考えております。

採用側についての勘違い

先ほどの企業の採用優先順位を利用すると、1位の新卒と2位の経験者の間に新卒採用と中途採用の線がひかれます。ですので、3位の未経験者に属する、第二新卒者と既卒者は中途採用扱いとなるんですね。

先ほど紹介した通り、実は中途採用は、2種類に分けることができ、そちらでも優先順位があります。

  • 即戦力の採用
  • 未経験者の採用

中途採用といっても、このように2種類に分かれて採用活動が進んでいきます。即戦力としては最低でも正社員経験が3年以上の方が対象となっています。このため、既卒の方は即戦力採用枠となる正社員経験3年以上の方とも採用の中で勝負しないといけません。既卒の就活は新卒に比べてさらに大変なことが分かると思います。

既卒であることのメリット

「既卒は新卒より不利」と書きましたが、既卒が新卒よりも有利なポイントもあります。既卒の強みを知った上で就活に挑むと勝率が上がります。

メリットその1:一度失敗している

メリットなの?と思うかもしれませんが、失敗や挫折の経験は新卒にはないポイントとして評価されることがあります。一度失敗していることで素直、柔軟性、危機感があるため新卒よりやる気が高いと採用担当者に思われてるのです。

いくら即戦力の中途採用でもクセのある人は企業は嫌います。素直で柔軟性があってやる気があれば企業側も育成しがいがあります。

変に自信だけある新卒よりも素直な既卒の方が飲み込みが早いかもしれませんよね。

既卒は企業側から「素直で柔軟性があってやる気がある」と期待されていると知り、採用担当者の期待に沿うように行動すれば評価が上がります。

メリットその2:新卒よりも少しだけ経験がある

既卒は新卒よりも人生経験が多いことも強みです。

事実、企業の中には既卒のメリットを重要視して積極的に既卒を採用している企業もあります。

アルバイトやその他外部活動等、経験が長ければその分学びもあるはずです。学んだことを仕事に結びつけ効果的に話すことが出来れば、それは大きなメリットとなるでしょう。

メリットその3:入社月が4月に固定されない

新卒の場合は入社月が4月で固定のため、欲しいタイミングで人材を採用できるわけではありません。しかし、既卒者は中途枠のため、4月以外でも人材を獲得できるという点で既卒採用を好む企業もあるのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

既卒の就活の進め方

ここからは既卒の就活の進め方をご紹介します。既卒の方が新卒枠で就活をすることが不利であることは、おわかりいただけたかと思います

かといって、未経験や既卒の枠を狙っても採用の優先順位が低いから意味ないのでは?と思う方もいるでしょう。そのように思われた方は、ここまでの話がしっかりと理解できている証拠です!

総務省の発表によると、新卒の学生の内定率は約70%に対して、既卒の内定率は約30%となっています。

しかし、あるポイントを押さえれば、既卒の方でも内定率を高めることが出来ます!以下で押さえるべきポイントをご紹介しますので、しっかり確認していきましょう。

進め方その1:自分だけの強みを見つける

基本的なことですが、企業にメリットのある人材なら既卒でも採用される可能性はありますし、既卒で正社員経験がなくても、他に強みがあれば採用される可能性は十分にあります。

先ほどご紹介した「既卒であることのメリット」は確かに企業側からするとメリットですが、既卒の方全員に当てはまるメリットです。

自分だけの強みを見つけるということは、何も「今から新しい経験をしろ」ということではりません。

自分の過去を振り返り、”自己分析”を深めていくことで自分だけの強みを見つけ出せばよいのです。

 

進め方その2:企業研究を入念にする

また、就活をする上で「どの企業に応募するか」もとても重要です。人気企業は新卒もたくさん応募しているため内定をもらうのは難しいでしょう。

もちろん「やりたい仕事」にチャレンジするのは良いのですが、やりたい仕事だけでなく「今の自分にできる仕事」に応募することも大切です。

今の自分にできる仕事は、企業側もあなたをほしがる可能性が高く採用されやすいです。

特に「やりたいことがわからない」という人は「今の自分にできる仕事」をやってみるのがおすすめです。

今の自分にできる仕事で企業の役に立つことで、世の中に必要とされる人材になり、その結果「自分の本当にやりたいこと」が見つかることもあります。

進め方その3:「まずは就職する」という勇気を持つ

20代前半で一生の仕事に出会える人は稀です。まずは自分にできる仕事からチャレンジしてみるのも人生のキャリアプランとしてはとても良いことです。

また、最初から「やりたい仕事」と絞り込むのではなく「自分は将来どんな人になりたいか?」を考えてから逆算して仕事を絞り込むのも良いでしょう。

自分が将来なりたい姿から逆算して仕事を選ぶと志望動機を書きやすいというメリットもあります。

人生1社目の企業というのは、選ぶのにとても慎重になりがちですが、考えすぎて就活を始められないとなると、いつまでたっても先に進めません。

「まずは就職する」という勇気を持つことも時には大切になります。

 

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

既卒にオススメな就活方法を紹介! 

既卒にオススメな就活方法を紹介! 

ずばり、既卒の方の場合は「転職エージェント」をうまく活用することが就職への最短ルートです。一人で就活を進めるのではなく、とにかく誰かに頼ることが最大のコツです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、私達ジェイックのように転職をサポートするような企業のことをさします。ここでは私達ジェイックについて紹介します。

私たちは、既卒者・フリーター・第二新卒で、主には完全無職状態の方、アルバイトや契約社員、派遣社員の経験を有している方、高校・専門学校・短大・大学などを卒業、もしくは中退した方まで幅広い人々を支援してきました。

20代の既卒者やフリーターの方、専門の就職支援サービスです。

特徴としては5日間にわたる研修を無料で受けることが出来ます。社会人経験もないのに、中途採用と同じ土俵で入社していくのは不安だという方にぴったりです。

就職のために必要な面接対策や自己PRなどはもちろんですが、基礎的なビジネスマナーや仕事に対する考え方もきっちり学ぶ機会を得られます。

またその後、研修をきちんとやり切った方のみですが、書類選考無しで20社の企業との集団面接会に参加することが出来ます。採用意思決定者である社長や役員の方がいらっしゃるので、通常の就職活動や転職活動よりも早いスピードで進んでいきます。

研修期間から考えると早い方では3~4週間で就職先が決まります

もし社会人経験が全くなくて、就活もあまりしていない既卒の方でしたら、営業カレッジがオススメです。目の前の内定に飛びつくのではなく、これからの長い人生を見据えて、どんな力を身に付けて社会に出ていくのが得策なのか、一度考えてみるといいかもしれません。

予備校に通い、公務員を目指していた方々や、資格試験に挑戦していた方々も数多くご参加いただいております。

既卒の就活にオススメなジェイックの紹介業界を一挙紹介!!

私達ジェイックでは、以下のような幅広い層の業界を紹介しています。

  • メーカー
  • 商社
  • 広告
  • IT・通信
  • インターネット
  • 流通・小売
  • メディカル

このように求人の業種は様々。特長としては、複数の市場において1番になっていたり、優位性が高い特許を保有する企業など強みがあり、ご入社いただいた後の将来性が高い企業を紹介しています。

求人サイトで社名を見たことがあっても、表面的に凄さや業界内での注目が高いということ、世界から評価されていることなどがわかりにくい企業は沢山あります。

ご紹介する求人の多くが、そうした潜在的人気企業であり、既卒で業種未経験でも、書類選考ナシで経営者層と直接面接していただくことが可能です!求人サイトではみつからない、各業界の中の人が『あの会社に転職したい』と思うような会社の経営者と直接話してみませんか?

既卒者を強みに変える弊社の就職支援は全てが無料となっております。全国で説明会を行っておりますので、一度、のぞきにきてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

既卒から正社員へ就職成功した先輩たちの体験談

この記事を書いている私たちジェイックでは、10年以上にわたって既卒の方に特化した就職支援サービスを展開しています。

ここでは、実際に既卒から正社員就職に成功したジェイックのご利用者の方の就職体験談をご紹介します。

インタビュー1

Y.T様の就職成功体験談|株式会社U・T・エンジニアリング

Y.T様の就職成功体験談|株式会社U・T・エンジニアリング

名前:Y・Tさん  年齢:23歳(インタビュー時)  性別:男性

BEFORE

警察官を目指すも不合格...その後フリーターに

AFTER

“モノ”を作ることが好きで、設計補助の仕事へ

インタビュー2

S・Yさんの就職成功体験談|株式会社ティーネットジャパン

S・Yさんの就職成功体験談|株式会社ティーネットジャパン

名前:S・Yさん  年齢:23歳(インタビュー時)  性別:女性

BEFORE

バレーボールの指導者を目指して大卒後もアルバイト

AFTER

モノづくりに欠かせない技術者派遣の提案営業

上記のような先輩たちのように、次はあなたが既卒から正社員就職を成功させる番です。

就職を成功させて、安定した生活を過ごしたいのであれば、いつでもジェイックへ相談しに来てください。

既卒の方が一人で就活する場合

1人で就活する場合の具体的な方法は、

  • 求人サイトから登録
  • 企業のホームページからエントリー

があります。

求人サイトの最大のメリットは豊富な情報量です。

新卒向けの求人サイトに載っている企業の中には、既卒もエントリーできる企業もありますので、根気よく探してみるのも良いでしょう。

求人サイトでの就活

求人サイトの場合、掲載されている求人は基本的に実務経験のある即戦力人材の転職者向けですので既卒には向かない求人もありますが、中には既卒OK、未経験OKの求人もあるのでよく見てみましょう。

仮に既卒を積極的に採用していない求人だとしても応募してみるのは良いことです。

企業のホームページからエントリーする就活

企業のホームページからエントリーする場合は、企業に直接「既卒を募集しているか」を聞いてしまった方が早いです。

「既卒を募集しているかわからないからエントリーしない」というよりは次々行動する方が良い結果になります。

「既卒を採用していますか?」と聞くことに企業は迷惑とは思っていません。就活の結果は行動量と比例します。

既卒は大学のキャリアセンターも使えませんからどんどん動きましょう。

1人で就活してみてなかなか内定がもらえなかったら、応募する企業の幅を増やしてみたり、既卒の就職支援サービスを利用してみましょう。

既卒の理由と面接での答え方

既卒者が面接でよく聞かれる質問の代表格は『なんで新卒で就職しなかったの?/就職できなかったの?』です。

就職しなかった、もしくはできなかった理由をきちんと伝えましょう。きちんと説明しないと「やる気がない」「計画性がない」と思われてしまいます。

ここでは「就職しなかった」理由と回答例をご紹介します。

理由その1:公務員試験1本に絞って受けたが合格できず、民間企業への就活ができなかった。

「公務員試験に合格できなかった」だけだとネガティブな印象になってしまうため「期限までに合格できなかったら公務員はあきらめると決めていた」と説明しましょう。

自分で決めて行動と決断ができる人に見えて印象が良くなります。資格取得を目指していた人も使える回答方法です。

理由その2:大学を卒業するギリギリまで部活動に熱を入れており、就活のタイミングを逃していた。

そのまま伝えるとネガティブな印象になってしまうため「就活をしなかったことを反省している」ということと、1つのことに集中できる力があることをアピールしてください。

部活動の成績をアピール材料に使うのも良いでしょう。

理由その3:海外留学をしていて、帰国したときには就活のタイミングから遅れてしまった。

海外留学は比較的印象が良いです。海外留学で得たことを話しましょう。特に語学力は高評価です。

理由その4:アルバイトに精を出しすぎて就活がおろそかになってしまった。

そのまま伝えるとネガティブな印象を与えてしまうため、アルバイトでの実績を伝えましょう。特に応募企業が喜びそうな実績を話すと高評価です。

理由その5:自分のやりたい仕事を絞ることができず、採用に至らなかった。

そのまま伝えるとネガティブな印象です。「卒業後に色々アルバイトをすることでやりたい仕事を絞れた」などと伝えると良いでしょう。

理由その6:内定はもらったがやっていける自信がなくて辞退した。

これは「自社も辞退されるのでは?」と思われて印象が悪いです。

必ず「当時のことは反省しています。これからはどんなことでもチャレンジします」と伝えましょう。反省から学んで行動できるアピールができます。

理由その7:単位ギリギリで卒業になり就活ができなかった。

単位ギリギリになってしまったことは素直に認めて、どう反省してどう頑張ったのかを伝えましょう。

単位をとるためにした努力を、応募する企業に興味持たれそうなエピソードに絞って伝えましょう。

理由その8:一生懸命就活していたが結局内定はもらえなかった。

そのまま伝えるととても悪い印象です。

「この人、何か問題があるのでは?」と面接官に不安に思われてしまいます。

新卒の就活時に企業のこだわりが強かったり大手ばかりを受けている人に見られる傾向です。

今回の就活で変わったことをアピールしましょう。

  • 視野を広げようと思った
  • 自分は将来どうなりたいのか考え直してみた
  • 以前は企業を条件で選ぼうとしていたが、自分の将来の理想の姿や、事業内容に興味を持てる会社を選ぶようにした

など、強いこだわりを捨てたことをアピールすると良いでしょう。

理由その9:なんとなく卒業を迎えてしまった。

これもそのまま伝えると悪い印象です。

必ず「反省している、これからは心を入れ替えて頑張りたい」と伝えましょう。

理由その10:失敗を活かせる人材を求めている

企業は「失敗していない人」を採用したいのではありません。「失敗を活かして成長できる人材」がほしいのです。

自分をすごく見せる必要はなく、過去を反省し頑張ろうとしている姿を見せましょう。

「反省している」と素直に白状してしまった方が面接の雰囲気も和やかになりますし、面接官も厳しく追及しません。

「若者だし、失敗もあるよね」と思ってくれるものです。企業は今のあなたのスペックではなく、将来性に投資したいのです。

基本中の基本ですが、応募する企業で働く意欲があるアピールをするのはとても大切です。

 

既卒の就職に対する企業と求職の声

多くの企業様からお話を聞く中で、やはり既卒者に対する偏見があるようです。

経営者、採用担当者、面接官の声

「新卒で就職できなかったん人たちなんでしょ・・?うーん・・・」

「何で他の人たちが就活を頑張ってる時に、本気で就職しようって頑張らなかったの?ウチの会社に入っても、頑張ってくれるのか、不安になるよ。」

「新卒で就職しなかったら、すごく就職しづらいことくらい知らないの?常識でしょ?」

企業様の意見も、もっともかもしれません。ですが、既卒の方にもそれぞれ事情があります。

  • 公務員試験や資格試験に真剣に取り組んでいた。だけれども、落ちてしまって民間就職へと切り替えを決意した
  • 体育会で4年生の冬まで本気で取り組んでいた。気づいた時には友達は就活を終えていて、もちろん企業の採用活動も終わっていて、就職先が決まらないまま卒業してしまった
  • 留学していて、帰ってきたタイミングで就活のタイミングに乗り遅れてしまった
  • 学費を稼ぐためのアルバイトが忙しすぎて、まともに就活ができなかった

採用側だってちゃんと事情を聞けば、納得してくれます。ただ、その場を作りにくいのが日本の現状であることもまた事実であり、そのミスマッチの問題をジェイックは解決していきたいと考えているのです。

実際にジェイックで紹介している企業は全て営業マンが足を運んでいる企業です。上記の理由で、既卒として就活している方は一度ジェイックに相談して頂けるとお力になれると思います。

既卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

既卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC