フリーターから脱出しよう!30代独身女性の就職術

フリーターから脱出しよう!30代独身女性の就職術

30代で独身、しかもフリーターのあなた。自分の将来が不安じゃないですか?この記事では、30代フリーターの女性に就職をオススメする理由や、バイト生活を続けた末路、先行き不安な生活から抜け出し、正社員になる方法をご紹介しています。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

30代の女性がフリーターから就職をオススメする理由

30代の女性がフリーターから就職をオススメする理由

20代のうちは正社員より自由な生活ができ、気楽だったかもしれません。しかし、歳を重ねるごとに周りの環境が変化し、「このままで大丈夫かな?」と焦りを感じているはずです。

不安なフリーター生活から抜け出したいと、少しでも思っているあなたに、「30代の女性がフリーターから就職をオススメする理由」をご紹介します。

一緒に「正社員になるメリット」、「フリーターでいるデメリット」を確認してみましょう。

生涯賃金の差

正社員とフリーターの差を考える時、一番にあげられるのは「生涯賃金の差」です。20代のうちは収入の差など、気にならなかったかもしれません。アルバイトのかけ持ちなどで、正社員の友人よりも稼いでいたのではないでしょうか。

しかし、差が出はじめるのは30代になってからです。正社員には昇給やボーナスがあるため、長く働くにつれ変化が出てきます。

30代半ばにもなると、役職がつくなどして、どんどん年収があがります。国税庁によると、50代正社員の平均年収は、およそ650万円にもなります。

一方、フリーターはどうでしょうか?30代になり、時給が100円でも上がっていれば良い方です。50代になった頃には、どんなに頑張っても正社員の半分も稼げないというのが現実です。

そもそも高齢になると、雇用してくれる職場があるかどうかも不安です。正社員の年収の半分を稼ぐどころか、「生活保護」を受ける可能性もあるのです。「生涯賃金に差」が出るのは、当然ですよね。

社会的地位と生活レベルの差

正社員とフリーターでは「生涯賃金に差」がある分、「社会的地位と生活レベルの差」もでてきます。

正社員は30代になると役職がつきはじめ、収入とともに社会的地位も上がっていきます。安定した生活が確かなものになっているので、結婚をする人も増えていきます。

正社員はローンが組みやすいので、マイホームを購入する人もいるでしょう。子どもができたとしても、産休・育休が取得できるので安心です。

では、フリーターの場合はどうでしょうか。昇格・昇給も望めませんから、特に良い変化はありません。良い変化がないどころか、年齢を重ねるごとに社会的立場は弱くなっていきます。

結婚・出産も、経済的な面で乗り切るのが難しく感じるでしょう。ローンの審査も通りにくいので、マイホームはおろか、ずっと実家から出られない、もしくは安アパートに住み続けるということになってしまいます。

フリーターのままでは、何かを望んでも、手に入りにくいというのが現実です。

安心して働けるかどうか

フリーターは時給制が基本です。休めば、もちろん収入は減ります。

仮に、あなたが突然事故にあった、もしくは重い病気になったとしましょう。入院することになり、医療費ばかりかかって、収入はゼロということになります。フリーターとは、とても不安定な働き方なのです。

一方、正社員は月給制なので、休んでも給料がでます。有給休暇があるので、休みたい時に休むこともできます。

また、病気などで休業中は、さまざまな手当てが受けられます。

  • 傷病手当(傷病休暇)
  • 健康保険給付
  • 会社からの見舞金

上記はほんの一例ですが、フリーターより安心して働けるのは一目瞭然です。

保障・保険の差

正社員とフリーターでは、「保障・保険」にも差があります。

正社員は、企業の健康保険と厚生年金に必ず加入できます。どちらも、会社が半額支払ってくれるため、自分の負担は半分で済みます。

しかも、企業の健康保険には、さまざまな福利厚生がついてきます。無料の健康診断や、病気やケガで休業中の生活保障などです。手厚い保障は、正社員の特権です。

一方、フリーターは、自分で健康保険・国民年金に加入しなくてはなりません。なかには、アルバイトでも健康保険に加入できる所があるようですが、ほとんどがそうではありません。また、国民年金は厚生年金よりも、将来もらえる年金が少ないです。

その他の待遇の差

正社員であれば、仕事を辞めた時に、「失業保険」がもらえます。

他にも会社によって、さまざまなサポートがあります。

  • 一般的な年金に上乗せして、給付を受けられる「確定拠出年金」
  • 奨励金がつく天引き貯金の「財形貯蓄」
  • 無料で勉強させてくれる「研修制度」

手厚いサポートをうけながら、着実にスキルアップしていくことができます。

正社員は、将来の自分を守る働き方なのです。

一方、アルバイトには「研修制度」などが適用されないため、なかなか成長の機会に恵まれません。守ってくれるものもなく、正社員との差はひらくばかり・・・。

フリーターは、経済面だけでなく、待遇面でもデメリットの多い働き方なのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

30代女性がフリーターのままだった時の末路

30代女性がフリーターのままだった時の末路

正社員とフリーターの差に、ショックを受けたあなた。

「でも20代の時と何も変わらないし、このままで大丈夫!」

「そのうち何とかなる気がする・・・」

「バイト以外で何か劇的な成功があるかも?」

上記のように、根拠がないまま「自分だけは大丈夫」と思っていませんか?特にはっきりとした見通しもなく、あまい考えでいるのは危険です。

このままズルズルとすごしたら、何が待っているのか?「30代女性がフリーターのままだった時の末路」をご紹介します。

穏やかな老後はすごせない

フリーターは歳をとるにつれ、残酷な現実が待っています。

30代は、まだギリギリ何とかなります。しかし、問題は40歳以降です。

まず、アルバイトの選択肢が激減します。夜勤や日雇い系などが大半で、いままで通りの選択はできません。しかも、体力のある若者や、資格をもっている人が来れば、簡単に仕事をとられてしまいます。

50代・60代になったら、もっと最悪です。どんなに身体が弱っていても、働き続けなければ生きていけないからです。

「無理をして働いて、倒れて、仕事ができなくなる」という、最悪のケースもあり得ます。お金が無い、でも、働けない・・・結果はどうなるか、想像できますよね?フリーターのままでは、穏やかな老後など確実にすごせません。

年齢を重ねるごとに、正社員への転職も難しくなってきます。まだ何とかなる30代のうちに、行動をおこしましょう。

親はいつまでも支えてくれない

あなたは「親の持ちもの」に期待していませんか?この先ひとりになっても、親の持ち家があるし、財産も多少は入るだろう・・・と、あてにして生きるのは危険です。

いまの日本で働かずに暮らせるような財産を残せるのは、ほんのひと握りの人だけです。しかも、譲り受けるためには、相続税というものもかかります。

また、当たり前ですが、自分が歳をとるのと同じだけ親も歳をとります。いまは元気でも、高齢になればなるほど健康面へのリスクは高まります。入院が必要になったり、介護をしなくてはならない場合もあるでしょう。

親はいつまでも支えてくれません。逆にあなたが支える年齢になってきていることを、忘れないで下さい。

間違った自己投資でイタイおばさんに!

いまの状況を変えたい!と思った時、楽に何とかしようと思っていませんか?

女性にありがちな失敗は、まちがった自己投資をしてしまうことです。

  • ブランドものにこだわる
  • エステや美容にお金をかける
  • 女子力の上がりそうな習い事をする
  • 占いやスピリチュアル、引き寄せにハマって、書籍やセミナー・開運グッズにお金をつかう

自己投資は決して悪いことではありません。しかし、収入に見合わない行動をとることは、将来の自分を苦しめるだけです。見栄や男ウケばかり気にして、中身がスカスカでは意味がありません。

また、「幸せの方から近づいてくる」ような、待ちの姿勢でいることも問題です。将来の展望のないイタイおばさんになる前に、まずは生活の土台をしっかりさせましょう。

結婚を逃げ道にする危険性

自分は女だし、「最悪、結婚をすれば大丈夫」と思っていませんか?確かに、結婚すれば、ひとりでいるより生活は安定します。

しかし、当たり前のことですが、結婚には相手が必要です。耳が痛いかもしれませんが、年齢を重ねるにつれ、「自分の市場価値が下がっていく」ということを忘れてはいけません。収入が良くて、イケメンで・・・などと、こちらから選ぶことは難しくなってきます。

また、男性側もきちんとした大人であれば、容姿だけでなく、生活力や将来に対する姿勢を見るようになります。

フリーターで、将来の展望のないあなたは、相手の目にどう映るでしょうか?「結婚という逃げ道がある」とのん気にしていると、いつの間にか人生手詰まりになってしまいますよ。

30代女性フリーターの就活方法

30代女性フリーターの就活方法

フリーターの末路など、ダメージを受ける内容が続いたかと思います。このままじゃダメなのはわかってはいるけど、就活の仕方がわからない、勇気がないというあなた。

まだ大丈夫です!

具体的に、どのように活動していけば良いかご紹介します。

いままでの経験を活かす

「アルバイトは職歴にならない」ということを、聞いたことがあるかもしれません。しかし、レギュラーワークで働いていれば、きちんと評価される場合もあります。

自分がアルバイトを通じて得たもの、身につけたスキルを自分なりに分析してみましょう。必ず何かアピールポイントがあるはずです。

例えば、接客業をしている場合、「対人スキル」が自然に磨かれているはずです。「対人スキル」は、どんな職場でも必要ですし、営業職や販売・サービス業などは即戦力になる可能性を秘めています。

いままでの経験を活かせる職場を探すのも、ひとつの方法です。

「未経験OKの会社」や「正社員登用制度のある会社」を探す

求人のなかには「未経験OKの会社」も、たくさんあります。「未経験OK」で、学歴・職歴や、資格の有無、年齢などを問わない会社もあるので、探してみましょう。入り口が広い会社の方が、フリーターでも応募しやすいです。

なかでも、エンジニアや介護系は人手が不足しているので、採用される確率が高くなります。また、営業職、事務職も、比較的入り口が広く、採用されやすいといえるでしょう。

いきなり正社員は不安という場合は、派遣会社に登録し、「正社員登用制度のある会社」を紹介してもらいましょう。「正社員登用制度」とは、一定期間働いて実力が認められれば、正社員になれるというものです。

まずは派遣社員として働き、会社に認められるよう頑張ってみましょう。

必要な資格をとる

仕事に活かせる資格をとるのも、有効な方法です。

しかし、無闇にとっても意味がありません。働きたい仕事に必要な資格を、確認した上でとりましょう。

例えばIT・事務職系だと、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)は、強みのある資格です。オフィスソフトの実力を証明でき、即戦力を期待できるからです。

自分の就職したい職種には、どんな資格が必要か調べてみましょう。

ハローワークに行ってみる

ハローワークは各都道府県にあり、地元で仕事を探すことができます。また、カウンセリングや職業訓練など、無料で受けられる支援があります。職業訓練では、就職に必要な知識や、スキルを得ることが可能です。

ハローワークを利用する注意点としては、下記が挙げられます。

  • 大企業の情報が少ない
  • 待遇の良い求人がない
  • 地元の求人がメイン
  • 企業側が無料で求人を出せるので、ブラックな職場もある

ハローワークはメリットも多いですが、デメリットも多いため、就職エージェントなどと併用することをオススメします。

就職エージェントを利用する

いざ就活をしようと思っても、何から手をつけて良いか、わからないと思います。まずは就職サポートをしてくれる、「就職エージェント」を利用してみてはいかがでしょうか。

「就職エージェント」とは、無料で就活の応援をしてくれるサービスのことです。無料で利用できる理由は、企業が求人を掲載する時や、採用者が決まった時に、エージェントへお金を払うシステムだからです。

  • 自分合う会社や、経験が活かせる会社を紹介してくれる
  • 優良企業(ブラックではない)を紹介してくれる
  • 面接の練習や、履歴書の書き方を教えてもらえる

上記のような様々なサポートに加えて、面倒な手続きや、面接の日程調整など、事務的なこともサポートしてもらえます。

就活初心者で心細い方には、とても心強いシステムです。特に、フリーターやニートの就職サポートが手厚い会社を選ぶと、より一層安心です。

長いフリーター生活は、ハンデだと思うかもしれません。しかし、少しの勇気で未来は変わります。何か夢があるのなら、生活を安定させてから、叶えていく方法もあります。

就職は、決して「あきらめ」ではありません。まずは、最初の一歩をふみ出してみましょう。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから