フリーターから就職する女性にオススメの職種や就職先を紹介

フリーターから就職する女性にオススメの職種や就職先を紹介

フリーターから就職したいと思う女性はいませんか?この記事では、フリーターの就職率や女性が活躍している業界、オススメの職種や就職先を紹介しています。フリーターから就職したい女性は参考にしてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

男女別のフリーター就職率

男女別のフリーター就職率

男女別のフリーターの就職率を紹介します。

労働政策研究・研修機構(JILPT)の過去 1 年間に非典型雇用から離職した者の移行状況2017年調査によると、フリーターから就職した人は下記の通りです。

  • 男性:35%
  • 女性:16%

男女の就職率の差は約20%でした。

男女で、約20%も差があるなんて、けっこう大きいですよね。ですが、就職は難しいと思わないでください。

就職を成功させるポイントを抑えるだけで、就職率がグンと上がります。

次の項目から、就職率を上げられる方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」 ―平成29年版「就業構造基本調査」― の図表2-38 「過去 1 年間に非典型雇用から離職した者の移行状況」(15~44 歳、在学中を除く、実測値)より

女性が活躍している業界

次に女性が活躍している業界について紹介します。

女性社員を必要としている業界は、多岐にわたります。

以下に、女性が活躍できる業界についてまとめましたので、参考にしてください。

いずれも、未経験・資格なしで転職できる業界です。

アパレル業界

アパレル業界は、女性の割合が多いですね。

ブランドにもよりますが、アパレル業界の男女比は以下の通りです。

  • 男性:3
  • 女性:7

アパレルブランドも女性向けのものが多いため、女性が活躍する業界になっています。

資格は特になく、未経験でも転職できます。

医療・福祉業界

医療・福祉業界も女性が多く働いています。

病院や福祉施設でも、女性が優しく対応してくれた方が良い場面もあるので、女性の需要は高いです。

最初は未経験から働き、資格を取得すれば専門的な仕事に就くこともできます。

美容業界

美容業界でも、多くの女性が活躍しています。

美容系の仕事は、女性のお客様が多いため、女性の気持ちをよく知っている女性の方が需要は高いです。

美容業界は無資格・未経験から始められる仕事が多いです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーター女性の就職におすすめの職種

フリーター女性の就職におすすめの職種は、下記のとおりです。

  • 営業職
  • プログラマー
  • 事務職
  • 販売職
  • 接客
  • 介護職

1つずつ解説します。

オススメその1:営業職

営業職は、自社の商品・サービスを売る仕事です。

営業の種類は、下記の様なものがあります。

  • 飛び込み営業
  • 個人営業
  • 法人営業
  • ルート営業
  • 電話営業

飛び込み営業とは

飛び込み営業とは、個人宅や企業にアポなしで訪問して、商品を売る仕事です。

難易度はかなり高めですね。

門前払いされることも多いです。

短時間で相手の不信感を取り去り、信頼関係を構築するスキルが必要です。

個人営業とは

個人営業とは、企業ではなく個人に商品を売る営業です。

具体的には下記のようなものがあります。

  • 個人宅のリフォーム営業
  • 個人向けの生命保険の営業
  • 車の営業

相手が個人なので法人営業に比べて単価が安いですが、見込み客が多いというメリットがあります。

法人営業とは

法人営業とは、企業向けの営業です。

具体的には、下記のようなものがあります。

  • ITシステムの営業
  • 企業向けの福利厚生サービスの営業
  • 派遣会社の営業

個人営業に比べて高単価ですが、見込み客数は個人営業より少ないです。

ルート営業とは

ルート営業とは、顧客の新規開拓を行わず、既存客を回る営業です。

具体的には、下記のようなものがあります。

  • 美容室向けの営業
  • 飲食店向けの営業
  • 銀行の営業マン

新規開拓のような難しさはありませんが、既存客リストがあるだけに、売れないと言い訳できません。

電話営業とは

電話営業とは、顧客の新規開拓を電話で行う営業です。

個人向けと法人向けがありますが、難易度は高めの営業です。

相手の顔が見えないため、意思疎通を取りにくいデメリットがあります。

ただ、電話なので効率よく新規開拓できるメリットがあります。

オススメその2:プログラマー

プログラマーは、Webサイトやアプリなどを作る仕事です。

プログラミングスキルが必要ですが、ITスクールが増えているので、社会人でも勉強が可能です。

プログラミングの基礎が身につけば、未経験者でも採用しているIT企業はあります。

「パソコンを使う仕事をしたい」という人は、プログラマーも検討しましょう。

事務職は募集が少ないので、プログラマーになって手に職をつける進路もあります。

オススメその3:事務職

事務職の種類は下記のとおり。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 経理事務

1つずつ解説します。

一般事務とは

一般事務は、簡単にいうと事務全般を行う仕事です。

主な仕事内容は、下記のようなものがあります。

  • パソコンのデータ入力
  • 書類作成や整理
  • 電話対応
  • 来客対応
  • 郵便物の発送や仕分け

スキルを求められることも少ないため、未経験でも目指しやすい仕事です。

ですが、スキルはなくてもWordやExcelの最低限の操作は身に付けておきましょう。また、電話対応や来客対応もあるので、コミュニケーション能力も磨いておいた方が良いです。

営業事務とは

営業事務とは、営業のアシスタントのことです。

主な仕事内容は、下記の様なものです。

  • 電話対応
  • 商品の受注や発注
  • 伝票や請求書の作成

営業事務といっても、お客様を相手にする場面もあるので、コミュニケーション能力は必要です。

また、営業の補助なので、営業担当がスムーズに仕事を進められるような段取りを考えたり、相手の要望を理解する力も必要です。

気を回すことや、細かい作業が苦にならない人は検討してみましょう。

経理事務とは

経理事務は、文字通り経理を担当する事務職です。

必須スキルは簿記です。

日商簿記2級以上は取得しておきたいところです。

近年は会計ソフトが進化しているので難易度は下がっていますが、やはり会計知識は必要です。下記のような人は、目指してみても良いでしょう。

  • 簿記の資格をもっている
  • 商業高校出身

オススメその4:販売職

販売職の中には、下記のような職種があります。

  • アパレル販売
  • 化粧品販売
  • 家電量販店の販売員

1つずつ解説しますね。

アパレル販売とは

ご存知のとおり、服を売る販売員です。

お客様にアプローチして、服を買ってもらいます。

近年はネット通販が進化しているので難易度は上がっていますが、まだまだ需要は大きいです。下記のような人には良い仕事です。

  • 服が好き
  • 好きなブランドがある

化粧品販売とは

文字通り、化粧品を販売する仕事です。

百貨店の1階に多くの化粧品ブランドが入っていますが、そうした店舗で接客と販売を行います。

化粧品の知識が必要なことはもちろん、下記のようなことも必要です。

  • スキンケアの知識
  • アンチエイジングの知識

化粧品や美容が好きな人には良い仕事です。

家電量販店の販売員

家電量販店の販売員も、女性が活躍しています。

最近の家電量販店は、大まかに下記の売り場に分かれています。

  • 白物(洗濯機や冷蔵庫)
  • テレビ
  • 空調(エアコンやストーブ)
  • PC(パソコンやプリンター)
  • 携帯電話
  • 調理家電
  • おもちゃ

自分が興味あるジャンルの販売が望ましいですね。

契約社員から社員になる人もいます。

オススメその5:接客

接客には、下記のような職種があります。

  • 飲食店のホール
  • ホテル
  • アミューズメント

1つずつ解説します。

飲食店のホールの接客とは

いわゆる「ウェイトレス」です。

具体的には、下記のような職場があります。

  • 居酒屋
  • ファミリーレストラン
  • 結婚式場
  • ホテルのレストラン
  • 各種専門店

効率よく仕事をこなす能力や、失礼のない接客スキルが必要です。

ある程度のコミュニケーションスキルがあればできるので、未経験から挑戦可能です。

ホテルの接客とは

いわゆるホテルマンのことです。

具体的な業務内容は、下記のとおり。

  • フロント業務
  • お客様の電話対応
  • 予約管理
  • お客様の荷物を部屋まで運ぶ
  • ルームサービスの対応
  • 部屋の掃除

体力が必要な仕事ですが、お客様に感謝されるとやりがいがあります。

アミューズメントの接客とは

娯楽施設での接客です。

具体的には下記のとおり。

  • ディズニーランドやUSJのスタッフ
  • ゲームセンターのスタッフ
  • パチンコ店のスタッフ

お客様は楽しみにきているので、気分を害さない注意が必要です。

大変な仕事ではありますが、お客様の喜ぶ顔を見れる点ではやりがいがあります。

オススメその6:介護職

介護施設で働く介護職員です。

資格が必要そうですが、実は無資格・未経験から転職が可能です。

  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • ホームヘルパー

などの資格はありますが、基本的には働きながら取得を目指すイメージです。

少子高齢化社会なので、需要は大きくなるばかりです。

今後も安定して仕事があるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

能力別の女性にオススメな就職先ランキング

能力別の女性にオススメな就職先ランキングを紹介します。

就職の参考にしてください。

コミュニケーションが得意

あなたが、コミュニケーション能力に長けているなら、下記の職種がおすすめです。

  • 販売職
  • 介護職
  • 接客業

ほとんどが対面業務、もしくは人を相手にサービスを施す仕事です。

人を相手にするので、コミュニケーションを取る機会がたくさんあります。

  • コミュニケーションに自信がある人
  • 今、コミュニケーションを取る仕事をしている人

なら、上記の業界・職種の正社員を目指しても良いでしょう。

面接でも、コミュニケーション能力を活かしたい、今までの経験を活かしたい旨を伝えれば、有利に働く可能性もあります。

英語が得意

あなたが英語を得意としているなら、下記の職種がおすすめです。

  • 英会話講師
  • 接客業
  • 販売職

英会話講師は、稀ですが未経験者でも募集しています。

ただし、大卒以上で日常会話を話せる程度のスキルが必要です。

販売職やサービス業、接客業を目指すのもアリです。日本には、たくさんの外国人観光客が訪れていて、外国人相手に英語を話せる人の需要があるからです。

外国人が訪れる販売店や飲食店などもあります。

また、ホテルや旅館といったサービス業も外国人を相手にする機会もため、英語を話せる人を必要としています。

視野を広げて考えてみると、英語を活かせる仕事はたくさんあります。

英語力を活かした仕事をしたいと考えている人は、参考にしてみてください。

パソコンが得意

あなたがパソコンを得意としているなら、下記の職種がおすすめです。

  • 事務職
  • プログラマー

事務職は、先述した通りデータ入力などのパソコンを使った作業がメインです。

パソコンを得意としているなら、事務職を目指すのはアリです。

プログラマーもパソコン業務がメインです。

前述のとおり、ITスクールで勉強してみるのも良いでしょう。

計算が得意

あなたが計算を得意としているなら、下記の職種がおすすめです。

  • 経理職
  • 会計職

があります。

経理職や会計職は、未経験でも募集している求人があります。

ですが、前述のとおり最低限「日商簿記2級」は取っておいたほうが有利です。また、確実に経験を積んでから仕事に就きたいなら、経理補助から始めましょう。

補助をする仕事なので、最初の入り口としては入りやすいです。

細かい作業が得意

あなたが細かい作業を得意としているなら、下記の業界・職種がおすすめです。

  • 事務職
  • 製造業
  • 清掃業

事務職は、先述した通り細かい作業が主な仕事です。

細かい作業が苦にならない、マメな性格の人に向いています。また、製造業も細かい作業が多いです。

精密機械などの小さな部品を組み立てたり、手先が器用な人でないとできない仕事もあります。

大手自動車メーカーでも、女性の未経験者を募集しています。

※ただし、契約社員です。

また、清掃業も細かい作業が多いです。

清掃は、人目に付かないような場所まで、丁寧に仕事をする必要があります。

清掃の仕事もマメで細かい所まで気が回る人に向いています。

普段から清掃をするのが好きな人なら、仕事にしてしまう方法もあります。

また、清掃の仕事は1人で行う仕事もあるため、チームワークが苦手という人にもオススメです。

女性のキャリアチェンジは、
就職成功率81.1%
女子カレッジにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

入社後の定着率91.3%を誇る
ジェイックが、
失敗しないキャリアチェンジを
お手伝いします!

※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

女子カレッジの特徴
  • 女性のキャリアチェンジに特化した就職講座
  • 国家資格を持った就職アドバイザーに相談できる
  • 女性に人気の職種をご紹介

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC