女性がニートになるきっかけは?【ニートを抜け出す方法も解説】

女性がニートになるきっかけは?【ニートを抜け出す方法も解説】

ニートからなかなか抜け出せず、悩む女性は少なくありません。そこでこの記事では、女性がニートになるきっかけや、ニートを抜け出せない理由、そしてニートを抜け出す方法をお伝えします。この記事を参考に、今の状況を脱して新しい一歩を踏み出しましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

女性がニートになるきっかけ

女性がニートになるきっかけ

女性がニートになるきっかけはさまざまです。

男性と同じ理由もありますが、女性ならではの理由でニートになってしまう人もいます。

そこで一般的なニートになるきっかけと共に、女性ならではのきっかけもお伝えします。

一般的なニートになるきっかけ

ニートになるきっかけは、一般的に以下のとおりです。

  • 就職活動に失敗したため
  • 夢を追いかけるため
  • 体調を崩したため

それぞれ説明しますね。

就職活動に失敗したため

就職活動に失敗して定職に就けず、ニートになる人は少なくありません。

特に小さい頃から努力を続けてきた人ほど、就活の失敗を機にニートになる人は多いです。

ちなみに、高学歴の人ほどニートになりやすい一面もあります。なぜなら、順風満帆な学生生活から一転、面接などに落ち続けたことで「努力が否定された」と感じ、立ち直れないからです。

夢を追いかけるため

自分の夢を追いかけるため、ニートという道を選択する人もいます。

俳優、漫画家、ミュージシャンなど、夢は人それぞれです。

いつまでも親の世話になれないことは分かっているけど、夢を諦めきれない人もいます。

しかし成功を収めるのは一握りのため、なかなか芽が出ないこともある。そして月日が経ち、ニートという生活から抜け出せなくなる人もいるのです。

体調を崩したため

体調を崩したことも、ニートになるきっかけのひとつ。

勤務していた会社で働きすぎて、過労で倒れてしまったことがきっかけの人もいます。

世間では「ニ-トは甘え」と言われることもありますが、実は責任感が強い人も少なくありません。しかし責任感の強さから働きすぎてしまい、倒れてしまう人も多いんですね。

働けなくなった自分を責めてしまうと、働くことに自信が持てなくなります。そして、そのままニート生活に突入してしまうのです。

女性がニートになるきっかけ

次に、女性がニートになるきっかけとして多い理由を2つお伝えします。

  • 婚活を優先したため
  • 人間関係のストレス

それぞれ説明します。

婚活を優先したため

就活より婚活を優先したことで、ニートになってしまう女性は少なくありません。

特に、専業主婦を夢見ていた女性が多いです。しかし現実は、理想の相手と出会えない毎日が待っていることが多いものです。そして、出会いの場に顔を出すことすら嫌気が差してしまうことがあるのです。

結果として婚期を逃し、仕事にも就いていないことからニートを続けてしまいます。

人間関係のストレス

前の職場での人間関係のストレスから、仕事をすることを諦めてしまう女性もいます。

女性は、ストレスを受けやすい体質といわれます。

仕事に打ち込む真面目な性格の女性ほど、まわりに愚痴もこぼせず、ひとりで悩みを抱えてしまうこともある。

「人間関係のストレスでまた悩まされるかも」といった不安から就活に踏み出せず、ニートを続ける女性は少なくないのです。

ニートを抜け出せない理由

ニートのなかには、今の生活に安住して抜け出したくない人もいます。

また、女性特有の理由でニートを抜け出せない人もいます。

そこでニートを抜け出せない一般的な理由とともに、女性ならではの理由を紹介します。

ニートを抜け出せない一般的な理由

一般的に、ニートを抜け出せない理由は以下の2つです。

  • 人間関係にトラウマを感じているため
  • 親が生活の面倒を見てくれるため

それぞれ解説しますね。

人間関係にトラウマを感じているため

人間関係のトラウマから、ニートを抜け出せない人は少なくありません。

「人と接すると、また傷ついてしまうのでは?」と不安になるからです。

学生時代にいじめられた経験や、会社のなかで上司からひどく怒られた経験がある人もいるでしょう。

こうした経験から人と接することに恐怖を覚え、人間関係を避けてしまうのです。

親が生活の面倒を見てくれるため

親が生活の面倒を見てくれるため、働かずに暮らすニートもいます。

住む場所や食事などが用意されるので、仕事を探す必要性が感じられなくなるのです。

ちなみに両親が共働きであれば、子供1人くらいの面倒をみることはできるものです。しかし親の支えや愛情が、結果として子供が働く意欲をそいでしまうケースは多いのです。

女性がニートを抜け出せない理由

次に、女性がニートを抜け出せない理由を2つお伝えします。

  • 「家事手伝い」という言葉に安心しているため
  • 「婚活をしている」と言い聞かせているため

「家事手伝い」という言葉に安心しているため

「家事手伝い」という言葉を盾に、ニートを抜け出さない女性は少なくありません。

女性の場合、男性とちがって「実家の手伝いをしているため働かない」といった理由が通りやすいです。そのため「家事手伝いのため働かない」といったことを自分で正当化し、ニートでいることに疑問を持たなくなるのです。

「婚活をしている」と言い聞かせているため

結婚を諦めきれず、二-トの生活を抜け出せない人もいます。

男性と出会うためには、自分の時間を削る必要があります。

そこで「私には働く時間はない」と言い聞かせ、就職することを頭から遠ざけてしまうのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニート女性の悲しい末路

女性がこのままニートを続けると、場合によっては悲しい末路が待っています。

具体的には、下記の3つです。

  • 婚期を逃して結婚できなくなる
  • 友人と距離が生まれる
  • 親を頼りにできなくなる

それぞれ説明します。

婚期を逃して結婚できなくなる

女性がニートを続けると、婚期を逃し続け、結婚できなくなるリスクが高まります。

直接会わなくても男性と知り合えるアプリなどは増えていますが、やはり友人関係や職場のなかで出会いが生まれることは多いものです。しかしニートとして過ごしていると、こうした機会に触れることが少なくなります。

結果として出会いが生まれず、婚期を逃し続けてしまうことになるのです。

友人と距離が生まれる

ニートを続けると、友人とも疎遠になっていきます。

なぜなら、働いていたり、子育てをしていたりと、忙しく過ごす友人に連絡が取りづらくなるからです。

ニートという生活に満足していても、心のどこかで他人と比べて引け目を感じているもの。

学生時代に仲良かった友人に対しても、自分がニートということを言い出せない人も多いでしょう。

家に引きこもりがちになるニートにとって、気軽に話ができる友人は心強い存在です。しかしニートを続けることで友人と距離が生まれ、ひとり寂しく過ごすニート生活を続けざるを得なくなることがあるのです。

親を頼りにできなくなる

頼りにしていた親も、ゆくゆくは定年退職などで年金生活に入ります。

両親と自分の3人で年金を分け合うとなると、生活は一気に苦しくなるでしょう。

退職してもアルバイトなどをする高齢者は増えていますが、体力の衰えにより、いつ働けなくなるか分かりません。

ニートを続けるということは、親を頼りにできなくなるということです。

特に自分自身が年を重ねると、それだけリスクは高まります。

今は、30代の職歴なしでも、ポイントを押さえれば就職できる時代です。

以下の記事を参考に、就職に向けて一歩踏み出してみましょう。

 

ニート女性を抜け出す方法

女性がニートを抜け出すおすすめの方法は、以下の3つです。

  • 起床時間を早める
  • アルバイトや派遣として働く
  • 資格を取得する

それぞれ、順を追って説明しますね。

起床時間を早める

まず、起きる時間を早くすることから始めましょう。

なぜなら働き始めると、当然のように始業時間が決まっているからです。しかしニート生活で生活習慣が乱れていると、朝早くにいきなり起きるのは大変なこと。

そのため最初は無理せず、生活リズムを少しずつ整えていけば大丈夫です。

アルバイトや派遣として働く

生活リズムが整ってきたら、アルバイトや派遣の仕事に応募してみましょう。

正社員としていきなり働くのは、気が引けてしまう人も多いですよね。

一方でアルバイトや派遣であれば、責任ある仕事も少なく、自分のぺースで働きやすいといったメリットもあります。

仕事によっては、アルバイトから正社員に登用されるなどステップアップが期待できることもあります。

仕事に慣れるためにも、まずはアルバイトや派遣として働いてみるのがおすすめです。

一方で、ニートから正社員を目指すことも不可能ではありません。

就職活動を本気になって始めたい人は、以下の記事を読んでみてください。

 

資格を取得する

資格勉強を始めるのも、ニートを抜け出す方法のひとつです。

なぜなら資格があることで、働きたい仕事に就ける可能性を高められるからです。

たとえば介護職は未経験でも採用されることが多いので、ニートの女性にもおすすめです。

「介護職員初任者研修」など未経験でもチャレンジできる資格を取得すれば、採用される可能性をさらに高められるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

ニート女性が就職すべき3つの理由

ニートでこのまま居続けることは、デメリットが多いです。

特に、ニート女性は下記の3つの理由から就職すべきといえます。

  • もしもの時のお金の不安が減る
  • 出会いが増える
  • 親の安心につながる

では、それぞれ説明します。

もしもの時のお金の不安が減る

就職することで、お金の不安を減らすことができます。

ニートの状態で親にもしもの時があれば、途端に生活が苦しくなることもあります。

一方で多少なりとも自分の収入があると、生活だけでなく、心の安心にもつながります。

出会いが増える

出会いが増えることも、就職をおすすめする理由のひとつです。

職場で結婚相手と出会う女性は少なくありません。

働くことで人脈が増え、男性と出会える確率も高まるでしょう。

親の安心につながる

就職することが、親の安心につながることもあります。

娘が働いているだけで、親としては嬉しいものです。

仕事を頑張っている姿を見せるだけで、親孝行となることがあるのです。

ニート女性の就職ハードル

いざ就職しようと思っても、ニート女性には高いハードルが待ち受けています。

具体的には、以下の2点です。

  • 書類選考に通りづらい
  • 面接で落ちやすい

これらは確かにハードルではありますが、しっかり対策すれば乗り越えられます。

ジェイックを利用した対策方法もお伝えしますので、参考にしてみてください。

書類選考に通りづらい

ニート女性の場合、書類選考に通りづらいことが多いです。

仕事経験がない、または乏しいため、採用する側からすると「しっかり働けるかな」と不安を感じるからですね。

書類の書き方を知らないため、自分を魅力的にアピールできていないこともあります。

面接で落ちやすい

書類が通っても、次に待ち受けているのが面接です。

面接がうまく行かず、就活に向かっていた気持ちが折れてしまう人は少なくありません。

特に、人と話すことに抵抗がある場合は、面接に苦手意識を抱いてしまうこともあるでしょう。

就職エージェント「ジェイック」を利用する

ニート女性が就職を考える場合、しっかりとした対策が欠かせません。

そこで利用したいのが、就職エージェントです。

就職エージェントとは、就職を無料でサポートしてくれるサービスのことです。

自分に合った企業を紹介してくれたり、選考対策を一緒に行ってくれたりするので、就職に不安な人の心強い味方となることでしょう。なかでもジェイックは、就職を目指す多くの若者をサポートしてきた就職エージェントです。

以下の特徴もあるので、ひとりで行う就職に不安を感じる人はぜひ相談してみてくださいね。

  • ニートやフリーターの豊富な就職支援
  • 書類選考なしで面接に進める
  • 面接対策が手厚い

では、ジェイックの特徴をそれぞれ説明します。

ニートやフリーターの豊富な就職支援

ジェイックは、ニートやフリーターの就職支援に強みをもつ就職エージェントです。

これまで、20,000人を超える人の就職をサポートしていることから、就職に関するノウハウを十分に持っています。

ジェイックのサポートを受けたことで、ニートから正社員への就職を叶えた人も少なくありません。

書類選考なしで面接に進める

ジェイックを利用すると、書類選考なしで面接に進むことができます。

書類がなかなか通らない人にとっては、「書類選考なし」はかなりメリットに感じられることでしょう。

さらに、ジェイックでは優良企業しか紹介しません。そのため、入社後定着率は「91.3%」と高い数値を誇っています。

面接対策が手厚い

無料で就活講座を受けることができるのもジェイックの特徴です。

面接対策講座もあり、「受講したことで内定に近づきました」という声も数多くもらっています。また、履歴書の書き方やビジネスマナーといった講座もあるので、初めての就活でも安心して進めることができますよ。

女性のキャリアチェンジは、
就職成功率81.1%
女子カレッジにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

入社後の定着率91.3%を誇る
ジェイックが、
失敗しないキャリアチェンジを
お手伝いします!

※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

女子カレッジの特徴
  • 女性のキャリアチェンジに特化した就職講座
  • 国家資格を持った就職アドバイザーに相談できる
  • 女性に人気の職種をご紹介

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC