35歳フリーターは崖っぷち!?正社員就職が可能なのかを解説します

35歳フリーターはどうなるのか?正社員就職が可能なのかを解説します

35歳フリーターは正社員就職できるのか?この記事では、35歳以上のフリーターと、正社員との格差の現実から、35歳以上のフリーターが正社員なれる仕事を具体的にご紹介していきます。35歳になる前に、早く就職活動をはじめていきましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

35歳以上のフリーターは厳しい逆境に立たされる

35歳以上のフリーターは厳しい逆境に立たされる

総務省の労働力調査2018年版をみても、非正規雇用労働者のパート・アルバイトで、35歳~44歳の数の推移は、前年から3万人ほど増加しています。

はたして、35歳を超えたフリーターはこの先どうなってしまうのか。まずは、正社員との格差について解説していきます。

正社員との収入格差が倍以上にひらく

35歳頃になると、正社員の中でも給料の差が出てきます。正社員35歳~39歳の平均年収は522万円で、管理職になっている人は、一般層よりも100万程度年収が高くなり、600万程度になります。

比べてフリーターは、時給1500円だとしても、1日8時間、週5日勤務で年収288万円です。既に正社員の2分の1程度の年収しか稼げないことがわかります。

さらに40代になってくると、3倍近い年収差になることもあるでしょう。20代の頃は、ほとんど変わらなかった給料に、これだけの差が出てくることを現実として理解しましょう。

家族を持つことが難しくなる

一般的に35歳であれば、結婚して子供がいてもおかしくない年になりますが、フリーターは、年収額も少なく、安定した雇用がないため家庭を持つことが難しくなります。たとえ結婚したい相手がいたとしても、安定収入がない状態では、病気になった場合などの保障ができないため、結婚相手の親から認めてもらうことは難しいでしょう。

金融機関などからも、社会的な信用がないと判断されるため、ローン審査も通りづらく、住宅や車を購入することも厳しくなります。もし結婚して家族をつくりたいという考えがあるのであれば、安定収入のある正社員を目指すべきでしょう。

正社員就職の可能性も年々低くなる

フリーターで30歳を超えると、正社員の求人募集が一気に減っていきます。35歳までは、職種によっては求人がありますが、35歳を超えると求人数は激減します。

理由は、以下の通りです。

  • ハローワークでも「若年層キャリア育成」の理由で、求人は35歳までの制限があるため
  • 入社しても上司が年下になる可能性が高く、扱いづらいため
  • 年齢が年収に反映される会社では、未経験35歳に相応の年収を払いたくないため

35歳は就職活動におけるリミットラインといえるでしょう。特別なスキルがあれば別ですが、35歳を超えたフリーターが正社員就職をするのは、かなり厳しい現実があります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

35歳以上のフリーターが就職できる仕事が限られる可能性もある

35歳以上のフリーターが就職できる仕事が限られる可能性もある

35歳以上のフリーターは、正社員と比べてかなり厳しい現実となることをお伝えしてきました。あなたがもし、厳しい現実を変えたいのであれば、すぐにでも行動をはじめていきましょう。

ここからは、35歳以上のフリーターでも、就職できる可能性がある職種を、具体的にご紹介していきます。もちろん必ず就職できるわけではありませんが、参考にして早く就職活動を進めましょう。

営業職

営業職はあらゆる業界で必要とされる職種です。未経験者歓迎の求人も多くあります。学歴が重視されない傾向にあるのもポイントです。

具体的には、個人向け営業と法人向け営業に分けられ、それぞれさらに以下の2つに分けられます。

  • 新規開拓(飛び込みなどで新しく顧客を開拓する)
  • ルートセールス(定期的に決まった得意先を訪問する)

必要な能力としてよく挙げられるのは、以下のような能力です。

  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力(人前で説明する力)
  • 礼儀正しさ
  • リサーチ力
  • 人懐っこさ

一見難しそうに見えますが、コミュニケーション力などはフリーターの経験でも身につけている場合も多くあるでしょう人が好きだという人は、チャレンジして損はありません。成果に応じて給料アップが望めることも、やりがいになるでしょう。

サービス業(飲食スタッフ)

飲食などのサービス業はイメージがつきやすいかもしれませんが、35歳フリーターでも正社員就職が十分可能な業界職種です。お客さんとのコミュニケーションが重要で、やりがいを持って働いている人も多いです。

サービス業に必要なスキルは、以下のようなものです。

  • コミュニケーション力
  • 人懐っこさ
  • 礼儀正しさ

アルバイト先からの正社員登用を目指すことも可能です。全国に出店を行っていて、業績の良い飲食業の企業は、未経験者歓迎で正社員募集を行っていることが多いため、確認してみましょう。幹部候補生として正社員入社し、数年店舗で働き店長・幹部になることも可能でしょう。

製造業(工場従業員)

35歳以上のフリーターでも、製造業では正社員採用はあります。一般的には就職が難しい、大企業のグループ会社の正社員として入社するパターンや、期間工(期間限定の工場従業員)として入社し、半年や1年後に正社員登用されるパターンがあります。マニュアル等もしっかり完備されていることが多く、工場のラインで製品の製造や加工、検品などを行います。

よく言われる必要なスキルは、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 几帳面さ
  • 体力

食品系や電気機器よりも、自動車関連の製造業は給料が高い場合も多く、寮が完備されていたり、住宅手当が支給されたり、福利厚生が充実している場合があります。人とのコミュニケーションが苦手という場合にはオススメの仕事です。

介護職

介護職も人手不足の業界ですから、正社員就職がしやすい職種でしょう。「医療・福祉」業界で、35歳以上のフリーターが最も多く就職しているともいわれます。

資格なし、年齢学歴も不問で、正社員登用されることが多いことも特徴です。体力的にも精神的にもキツイ仕事といわれますが、利用者やその家族から直接お礼をされる、やりがいのある仕事ともいえます。

介護職に必要なスキルは、以下のようなものでしょう。

  • コミュニケーション力
  • 体力
  • ストレス耐性

入社後に働きながら、「介護職員初任者研修」のような資格取得を支援してくれる会社もあるようです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

一般事務職

一般事務職は、35歳以上のフリーターでも正社員就職は可能ではありますが、大変人気な職種のため、倍率は常に高い傾向にあります。スーツでオフィスワークができ、ノルマなどがないためです。

パソコンを使って資料を作成したり、入力業務を行ったりすることが仕事ですが、最近ではRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)といって、単純な入力業務は自動化される傾向にありますので、以下のような明確なスキルが求められるでしょう。

  • パソコンのスキルが高い(エクセル、パワーポイントなど)
  • MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)等の資格がある

スキルに自信がある人は、チャレンジする価値があります。

タクシードライバー

タクシードライバーは35歳以上のフリーターでも、正社員になるチャンスがあります。業界自体の平均年齢が約60歳と高く、未経験者が多いためです。

求人の条件は、「普通免許」のみが多く、「二種免許」の取得は、会社が負担してくれることが多いようです。

今の時代、ナビ付き車両が多いため、必要なスキルは少なくてすみます。そのため、あえて求められるスキルを挙げるのであれば、以下のようなものになるでしょう。

  • 最低限のコミュニケーション力
  • 運転が好き

歩合給の割合が高いため、努力した分だけ稼ぐことができます。最近では働き方改革に準じて労働環境が急速に整備されており、女性ドライバーも増えています。

宅配便ドライバー

宅配便のドライバーも人手不足の業界であり、35歳以上のフリーターにもチャンスがあります。最近では、アマゾンをはじめとしたネット通販サービスが台頭し、需要が急激に高まっているためです。

必要なスキルとしては、小型のトラックを使って配達するため、「普通免許」があれば問題ありません。

加えて、以下のようなスキルがあれば、十分に働いていけるでしょう。

  • コミュニケーション力
  • 運転が好き

年齢、学歴も不問なことが多く、狙いやすい職種であるといえます。

警備スタッフ

警備スタッフも未経験者を歓迎することが多く、35歳以上のフリーターでも就職しやすい業界職種といえます。

働いている人の平均年齢も高く、離職率も高いので、35歳であればまだまだ活躍できるでしょう。

  • 体力
  • 真面目さ

上記のようなスキルがあれば、十分に活躍できる可能性があります。一昔前は、柔道や剣道などの武術のスキルが必要でしたが、現在は必要がないことが多いです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

建設・土木現場作業員

建設・土木の現場作業員は、肉体労働でありながら若い人からの人気が少ないため、35歳以上の未経験フリーターでも、就職しやすいといわれています。仕事も覚えやすく、現在はオリンピック需要で大変な人手不足状況となっています。

建設・土木現場作業員に求められる、最も重要なスキルは以下に挙げる1つです。

  • 体力

大手ゼネコンのような企業だと、雇用も安定し、待遇も厚い場合が多くあります。

待遇差についても、確認してみましょう。

清掃員

清掃員も中年以上が活躍している職種です。

清掃員の仕事としては、個人向けに行う「ハウスクリーニング」と、法人向けに行う「ビルクリーニング」があります。単純作業が多く、勤務体系も比較的自由がききやすいため、働きやすいといえます。

清掃員に求められるスキルは主に以下の2つでしょう。

  • 真面目さ
  • 体力

清掃員として数年働き、ノウハウを覚えて清掃会社を起業する人もいます。

クリーニング業

クリーニング業は、人手不足の状態になっているため、35歳以上のフリーターでも就職しやすいといえます。

仕事内容は、工場で実際にクリーニングを行う勤務と、店舗への配送や店舗受付業務があります。一定の需要はありながらも、暑い、やけどをしそうなどの理由で人が集まりにくい状況です。

特別なスキルや資格はなくても働けますが、以下に挙げる2点は求められるので覚えておきましょう。

  • 真面目さ
  • 体力

35歳以上のフリーターはスーツを着れない?

いかがでしたでしょうか?ピンとくる職業はありましたか?

35歳を超えると、正社員求人はどうしても減ってしまいます。スーツを着てオフィスワークをするのは、特別なスキルや資格がない限り、難しいといえるでしょう。人手不足が深刻な業界を選べば、年齢や資格がいらず、未経験者でも正社員就職は可能になります。

あなたが多くの選択肢から正社員の職業を選びたいということならば、早めに活動することが重要といえるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

34歳までにフリーターを卒業するように就活するのがオススメ

34歳までにフリーターを卒業するように就活するのがオススメ

30代を超えてもフリーターであり続けることは、正社員とのさまざまな格差が広がり、35歳を超えると、求人の選択肢も急速に狭まることをお伝えしてきました。人生のスパンで考えた時に、目的を持たずにフリーターであることに、メリットはありません。

正社員への就職は、不安も伴いますし、パワーもかかることですが、後回しにすればするほど年齢が上がってしまい、状況は悪くなっていきます。

あなたが20代の場合は、まだチャンスが多くあります。30代になる前に自分のやりたいことや、向いてることを見定め、就職活動を開始しましょう。もしあなたが30代になっているのであれば、もう残された時間はありません。

今すぐにでも行動し、正社員就職を実現させましょう。ヤバイと気づいた日が、人生の中で一番若い日なのです。

30代フリーターの就活は、フリーターに強い就職支援サービス「ジェイック」に相談

あなたが実際に就職活動をはじめるとなると、何からはじめていいのか迷うこともあるでしょう。30代でのフリーターであれば特に、フリーターに特化した就職支援サービスを利用するべきです。フリーター期間が長く、就職活動の経験が少ないため、あなた1人でやりたい仕事を見つけ、企業を選定し、履歴書を送って、面接に臨むのは、現実的に難しいためです。

私たちは「ジェイック」というフリーターに強い就職支援サービスです。専門のキャリアアドバイザーが、ゼロからの就活の進め方をサポートします。また、就職したいあなたと、企業をマッチングさせることで、企業側から報酬をもらうモデルでから、サービスは全て無料で受けることが可能です。

具体的に下記のようなサービスを提供しています。

  • ネット非公開求人を紹介
  • 企業担当者と会っているので、ホワイト企業を紹介
  • 過去のアルバイト経験が活かせる会社を紹介
  • 自己分析サポートを実施
  • キャリアカウンセリングであなたに合った仕事を一緒に探す
  • 履歴書や職務経歴書の書き方のサポートを実施
  • 応募企業ごとの面接対策を実施

さらに、以下のような、あなた1人で行うと面倒なことも支援します。

  • 企業への応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属、ポジション、給与などの条件交渉
  • 雇用契約書確認
  • 入社関連の手続き

私たち「ジェイック」は、フリーターの正社員就職支援を10年以上続けており、「就職カレッジ」というフリーター向けの就職支援研修も行っています。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書、面接の個別対策

研修では上記のような対策を全て実施していて、「就職カレッジ」の受けた方々は、書類選考なしで約20社の集団面接会を受けることも可能です。さらに就職成功率は80%以上と高い実績があります。

年齢に関しても、34歳までなら支援をすることが可能です。就職後のサポートも充実しておりますので、安心してご利用いただけます。

ぜひお気軽にご相談ください。あなたの就職成功を祈っています。

30代のフリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

30代フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 30代フリーターの支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC