30代フリーターは就職できるのか?オススメの仕事をご紹介!

30代フリーターは就職できるのか?オススメの仕事をご紹介!

「フリーターのまま30代になってしまった、、」「同年代と比べると、経験値やスキルに自信がない、、」

そんな方は多いのではないでしょうか。

30代フリーターから正社員への就職・転職はできるのか?結論としては可能です。

この記事では、30代フリーターと正社員の格差の現実から、30代フリーターが正社員に就職・転職する際のオススメの仕事を具体的にご紹介していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

30代フリーターと正社員の格差

30代フリーターと正社員の格差

30代でフリーターをしていると、将来に不安を抱える人が多くいます。正社員の友人たちと、給料が大きく開いてくるため、金銭的に心配になってくるためです。

この記事では、30代フリーターが正社員への就職・転職を目指すためのノウハウをご紹介していきます。

まずは、30代フリーターと正社員でどの程度の格差がでてくるのか、現実を知るところからはじめていきましょう。

年収の差

まずは年収を比較してみます。

厚生労働省が発表している平成29年度の30代正社員の平均年収は、以下のようになっています。

  • 30~34歳 473万円
  • 35~39歳 522万円

30代フリーターの年収は、時給1200円として、1日8時間、週5日働いたとして、年収約230万となります。30代前半の正社員と比べ、既に半分の給料しかないことがわかります。

フリーターの時給は、長く働いてもごくわずかしか上がりませんから、30代後半、40代になると、さらに差が開いていくでしょう。

昇給の差

ブラック企業でなければ、正社員には毎年昇給があります。企業によって昇給率はさまざまですが、大体2%前後になるでしょう。

月給30万円であれば、昇給は月給で6000円にもなります。時給換算すると、約40円弱でしょう。

さらに正社員は、月給に応じて増えるボーナスをもらうこともできます。

対してフリーターは、毎年コンスタントに、時給を40円アップすることは難しいですよね。昇給目指してフリーターで頑張るのであれば、正社員で頑張った方が明らかにトクになります。

社会保険の差

正社員で働いていれば、会社の加入する健康保険と、厚生年金に加入することになります。どちらも保険料の半額は、会社は支払うルールになっています。扶養家族が多くいても、保険料を支払うのは1名だけでOKです。さらに出産手当金など、充実の保証制度がついています。

対してフリーターは、国民健康保険と国民年金に加入する必要があります。保険料は全額自己負担で、扶養家族も人数分保険料を支払わなければなりません。ただでさえ少ない年収から、上記の保険料を引かれることになります。さらに国民年金は、厚生年金に比べ半分程度の年金額になるといわれています。

社会保険の部分でも、正社員と大きな差があることがわかります。

社会的信用の差

30代になると、正社員の友人たちは、家や車を購入することもあるでしょう。毎月の給料が保障されている正社員では、金融機関から信用を得てローンを組むことができます。

対してフリーターは、30代だとしても安定収入がないとみなされるため、ローン審査に通らないことが多いです。さらに、フリーターも30代になると一気に世間の目が厳しくなってきます。自分なりの理由があり、あえてフリーターをしているのであれば問題ありませんが、何となく続けるには、肩身が狭くなってきます。

企業の採用基準でも、理由なきフリーター歴が長いと、正社員で働けるか疑問に思われてしまうこともあるでしょう。

結婚の差

30代になると、結婚して子供が生まれる友人も増えてきます。正社員であれば、結婚する際も相手の親から反対されることは少ないでしょう。安定した収入と、社会的な信用があるためです。

しかしフリーターでは、相手の親からのOKが出るでしょうか?好きな人がいるのに、結婚できないという悲しい状況になる可能性があります。

実際に収入も少ないため、結婚して子供を育てることを考えると、生活がかなり厳しくなると言わざるをえません。

スキルの差

正社員は育成するために会社がお金を使ってくれますが、フリーターは入替可能な存在として扱われてしまうため、会社からの人材投資が受けられません。

例えば、正社員では有料の研修に行かせてもらい、スキル向上に役立てたり、様々な部署へ配置転換して、多くの仕事を覚えることができます。

フリーターは責任を持たせてもらえることが少なく、スキルの向上を狙える状態になることは、非常に難しいと言えます。

人生のスパンで考えると、働いているのにスキルがつかないという状況は、年収が低いことに加えて辛いことでしょう。

出世の差

人にもよりますが、正社員でサラリーマンをしている人のゴールは、出世して会社の経営陣になることでしょう。取締役以上の役職に就くということです。

経営者になると、会社の進むべき方針を定めたり、人や機械などへ投資する計画を立てたり、ダイナミックにビジネスを進めていくことが可能になります。

もちろんフリーターでも、今のアルバイト職場を辞めて、お金を貯めたり、クラウドファンディングで資金調達をして、独立起業することも可能です。

しかし、現在のアルバイトの職場で出世し、経営者になることはほぼ不可能です。経営者は、長くその会社で正社員を続け、活躍した者のみがなれるからです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

30代フリーターから就職するのにオススメな仕事

30代フリーターから就職するのにオススメな仕事

正社員とフリーターの差を見てきましたが、かなり厳しい現実になっていることがご理解頂けたでしょうか?

30代でフリーターをしているあなたは、一刻も早く正社員への就職・転職を目指しましょう。30代フリーターでも、業界や職種を選べば正社員への就職・転職は可能です。

なぜなら今の日本は人口減少社会に入っており、人手不足の会社も多くあるためです。

ここからは、30代フリーターが正社員へ就職・転職するのにオススメな仕事をご紹介していきます。参考にしながら、就職活動をはじめていきましょう。

営業

営業職はあらゆる会社で多くある職種です。求人数が多く、未経験者歓迎の場合も多くあります。学歴が重視されない傾向にあるのもポイントです。

具体的には、個人向け営業と法人向け営業に分けられ、新規開拓とルートセールス(定期的に決まった得意先を訪問する)があります。

必要な能力としては、以下の5つなどが挙げられます。

  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力(人前で説明する力)
  • 礼儀正しさ
  • リサーチ力
  • 人懐っこさ

一見難しそうに見えますが、コミュニケーション力などはフリーターの経験でも身につけている場合も多くあるでしょう。

人が好きだという人は、チャレンジして損はありません。成果に応じて給料アップが望めることも、やりがいになるでしょう。

IT系エンジニア

IT系エンジニアは、人手不足が深刻な業界で、未経験者でも知識やスキルがあれば採用されやすいといわれています。

具体的には、ソフトウエアやシステムの開発をチームで行う業務が多いでしょう。

必要なスキルとしては、以下の3つなどが挙げられます。

  • プログラミング能力(プログラミング言語を使えるスキル)
  • HTMLコーディング力(Webの場合)
  • コミュニケーション力

基本的に資格は必要なく、学歴も重視されないため、スキルに自信がある人は、チャレンジしてみましょう。

IT関連の仕事に興味があるけどスキルに自信がない方は、独学で学ぶか、スクールに通いスキルをつけてから入社するのが望ましいです。

製造業(期間工)

製造業での正社員採用も多くあります。

期間工(期間限定の工場従業員)として入社し、半年や1年後に正社員登用されるパターンです。

必要なスキルとしては、以下の2つなどが挙げられるでしょう。

  • 几帳面さ
  • 体力

自動車系のメーカーなど給料が高い場合も多く、寮が完備されていたり、住宅手当が支給されたり、福利厚生がよい場合があります。

人とのコミュニケーションが苦手という場合にはオススメの仕事です。

サービス業(飲食)

飲食などのサービス業はイメージがつきやすいかもしれませんが、正社員就職が十分可能な業界職種です。

必要なスキルとしては、以下の2つなどです。

  • コミュニケーション力
  • 礼儀正しさ

アルバイト先からの正社員登用を目指すこともできるかもしれません。

全国に出店を行っていて、業績の良い飲食業の企業は、未経験者歓迎で正社員募集を行っていることが多いため、確認してみましょう。

幹部候補生として正社員入社し、数年店舗で働き店長・幹部になることも可能でしょう。

コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフはその名の通り、カスタマーサポートなどの内容で電話を取り、顧客対応を行うスタッフのことをいいます。

コールセンタースタッフに必要なスキルは、以下の2つなどです。

  • 礼儀正しさ
  • 電話でのコミュニケーション力

実はコールセンタースタッフは、アルバイトからの正社員登用が多くある職種です。

正社員になるつもりでアルバイト入社し、1年程度働いた上で正社員登用を狙うということも有効でしょう。

介護職

介護職も人手不足の業界ですから、正社員就職がしやすい職種でしょう。

資格がなくても正社員登用されることが多いことも特徴です。

必要なスキルとしては、以下の3つなどです。

  • コミュニケーション力
  • 体力
  • ストレス耐性

ハードな職場と言われますが、人の役に立っている満足感や、自分の親族の老後のためになるなど、メリットが多くあるともいわれています。

今度の日本の高齢化社会においても、需要がなくなることはないでしょう。

施工管理士

施工管理士とは、建築や土木の現場での管理を行う仕事です。

現在建設業界では、オリンピック需要などで人手不足が続いており、現場監督の不足はニュースになったりもしています。給料も高いですが、施工管理技士という国家資格が必要になります。1級、2級とありますが、どちらも相当需要が高く、資格手当などももらえる企業が多いです。

建築や土木に興味があれば、チャレンジすることはオススメです。

電気工事士

電気工事士は、会社や家などの電気点検や電気工事を行うのが仕事です。

二種は主に、一般家庭の電気工事を行うことができます。国家資格ですが、比較的取得しやすい資格ともいわれています。電気工事の仕事は、今後も急激に減ることは考えづらく、需要が固いためチャレンジする価値はあるでしょう。

電気工事士二種の資格は、職業訓練校などでも取得できますので、興味がある方は調べてみましょう。

30代フリーターの就活は、フリーターに強い就職支援サービスを利用しよう

30代フリーターの就活は、フリーターに強い就職支援サービスを利用しよう

ここまでオススメの仕事をご紹介してきましたが、ピンと来るものはありましたか?

あなたがやる気にさえなれば、30代でも正社員への就職・転職は可能です。自分の興味があり、長く働けると思える業界、職種を探していきましょう。

しかし実際に就職活動をはじめるとなると、何からはじめていいのか迷うこともあるでしょう。

30代でのフリーターであれば特に、フリーターに特化した就職支援サービスを利用することがオススメです。

フリーター期間が長く、就職活動の経験が少ないため、あなた1人でやりたい仕事を見つけ、企業を選定し、履歴書を送って、面接に臨むのは、現実的に難しいでしょう。

フリーターに特化した就職支援サービスでは、専門のキャリアアドバイザーが、ゼロからの就活の進め方をサポートしてくれます。

また、就職支援サービスでは、求職者と企業をマッチングさせることで、企業側から報酬をもらうモデルです。

利用はすべて無料で、下記のようなサポートを受けられます。

  • ネット非公開求人を紹介してくれる
  • 企業側と会っているため、ホワイト企業を紹介してくれる
  • 過去のアルバイト経験が活かせる会社を紹介してくれる
  • 自己分析をサポートしてくれる
  • キャリアカウンセリングで自分に合った仕事を探してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方のサポートを受けられる
  • 応募企業ごとに面接対策を受けられる

さらに、あなた1人で行うと面倒なことも支援してくれます。

  • 企業への応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属、ポジション、給与などの条件交渉
  • 雇用契約書確認
  • 入社関連の手続き

私たちは「ジェイック」というフリーターの就職に強い就職支援サービスです。

フリーターの就職支援を10年以上続けており、「就職カレッジ」というフリーター向けの就職支援研修も行っています。

研修では、下記のような対策を実施していて、「就職カレッジ」の受けた方々は、書類選考なしで約20社の集団面接会を受けることも可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書、面接の個別対策

さらに就職成功率は80%以上と高い実績があります。

国家資格を保有する、スキルの高いキャリアアドバイザーも多数在籍し、あなたの相談に真剣に乗らせていただきますので、30代のフリーターでも、しっかりと対策を取って、正社員への就職・転職は可能です。

就職後のサポートも充実しておりますので、安心してご利用いただけます。

ぜひお気軽にご相談ください。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから