フリーターがきついと感じる理由と正社員として就職をした方が良い理由

フリーターがきついと感じる理由と正社員を目指した方が良い理由

フリーターがきついと生活をしていると感じる方が多いかもしれません。

なぜ、生活がきついと感じるのか。また、就職を考えている方に対してアルバイトと正社員の違いを紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事のまとめ

 1.フリーター生活がきつい理由をまず整理しよう

 2.フリーターと正社員の何が違くのか理解しよう

 3.フリーターと正社員の楽・きつい部分を知ろう

 4.フリーターのきついことは就職・転職で解決できる

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーター生活がきついと感じる理由

フリーター生活がきついと感じる理由フリーター生活ってきついですよね。フリーター生活では安定性がなく、不安を感じるからです。フリーターを続けている人の不安や、きついと感じる理由をあげました。

あなたと同じように生活がきついと感じている理由をあげている人は、多いかもしれません。共感できる部分もあると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

将来への不安 [フリーターがきつい理由1]

将来への不安を抱え、きつく感じる人もいます。今後も仕事を続けられるか不安があるからです。この先ずっと仕事があるかわかりません。

あなたが若いうちは仕事もたくさんありますが、年齢が上がっていくたびに仕事の数は減っていきます。

仕事の数が限られてしまえば、競争率が高くなりますし、絶対仕事があるとはいえなくなるのです。

そうなると生活も厳しくなり、将来もきつくなっていくことが考えられますよね。若い時のほうが仕事も多いので、早めに就職しておいた方がいいでしょう。

給料が低い [フリーターがきつい理由2]

給料が低いので、きつく感じる人もいます。時給制だったり正社員のように手当も出ないため、手取りは少ないからです。

正社員と同じように仕事を働いてがんばっていても、給料が低ければやる気は出ないですし、きついですよね。

給料が低ければ、毎月ギリギリで生活費以外にお金も当てられなくなりますし、精神的にもきついです。

正社員のほうが仕事の量なども多くなりますが、その分給料が高く、生活も豊かになっていきます。

昇給しない [フリーターがきつい理由3]

フリーターは昇給しないのできつく感じる人もいます。正社員と違い、昇給制度がないからです。

昇給しないで給料もずっと同じということは、毎月ギリギリの生活からも抜け出せないということです。

歳を取っても出世もしないので、細々と生活していかないといけないこともありえます。ですので、フリーターは昇給しないことをきついと感じている人もいます。

資産運用を行うお金がない [フリーターがきつい理由4]

年金をもらえない分を補填しようにも、資産運用できるだけのお金がないのもきついところです。

前述した通り、給料が低く毎月の生活費だけでギリギリなので、お金に余裕がないからです。

フリーターは国民年金だけの人が多いので、老後は生活できません。※国民年金の受給金額は月額10万円を切ります。

だから、不足分を自分で貯めなければいけませんが、フリーターでは貯金もできません。

掛け持ちバイトを増やせばもっとお金に余裕が出るかもと考えている人もいますが、体力的に長くは続きません。

若いうちは良いですが、歳を重ねるごとに体力も落ちてきます。体力が落ちてくれば、掛け持ちでバイトをすることもきついです。常に老後の生活に不安があるのはきついところです。

正社員との生活格差が生まれる [フリーターがきつい理由5]

正社員との生活格差が生まれるのは、きついですね。正社員はフリーターより収入も安定していて給料も高く、生活の質も高くなるからです。

収入が安定していれば、良い家に住めたり、好きな車に乗ったり、好きなことにお金を使えます。また、友達が正社員で、あなたがフリーターだと遠出の旅行やお金のかかる遊びにもついていけないことも多いです。

友達と遊ぶことも少なくなり、友達とも疎遠になるという結果になることもあります。ですので、正社員との生活格差が生まれることがきつく感じます。

「仕事がきつい正社員よりもフリーターが良い」のかどうか比較!

「正社員は仕事がきついからフリーターが良い」は理にかなっている?正社員は仕事がきついからフリーターが良いというのは、本当に理にかなっているか?と疑問を抱いている人もいます。

それぞれの差が、実際よくわからないという人が多いからです。ここでは、正社員とフリーターの差を比較して以下に一覧にまとめてみました。

どっちが良いのかあなたの目で見て比較し、今後就職するのか、このままフリーターを続けるのか、検討してみましょう。

比較項目 フリーター 正社員

給料

安い

高い

手取り

あまり引かれない

けっこう引かれる

ボーナス

なし

あり(会社による)

将来性

なし

安心とは言えない

年金

国民年金

厚生年金

健康保険

国民健康保険

健康保険

(半分は会社が負担してくれる)

税金(所得税・住民税)

安い

高い

仕事の責任の重さ

軽い

重い

福利厚生

なし

あり

退職金

なし

あり(会社による)

プライベートの時間の長さ

長い

短い

結婚

しにくい

しやすい

遊び

行きにくい

行きやすい

遊びに使えるお金

少ない

多い

お金の借りやすさ

借りにくい

借りやすい

賃貸の借りやすさ

借りにくい

借りやすい

世間体

悪い

良い

いかがでしょうか?正社員もフリーターもメリットもあればデメリットもあります。

でも、長い目で見て将来性を感じるのは、やはり就職して仕事することです。圧倒的に就職する方が有利ですよね。

フリーターのきつい部分を解消するには、やはり就職することが一番の解決策といえます。就職することでフリーター生活の大半が解決できるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターの楽な部分、きつい部分を紹介

フリーターの楽な部分、きつい部分フリーターには楽な部分もあれば、きつい部分もあります。フリーターがここは楽、ここはきついと感じていることをまとめました。

あなたもきっと共感できる部分があると思います。ぜひ参考にしてみてください。

楽な部分1.縛りが少ない

フリーターは縛りが少ないです。あくまで非正規雇用だからです。

正社員のように残業もほとんどないですし、休日出勤も少ないので仕事に縛られることが少ないです。

就職しない生活だと、毎日仕事に追われるようなこともないので、楽だと感じている人は多いです。

楽な部分2.プライベートな時間が多い

プライベートな時間が多いので、生活が楽だと感じる人もいます。フリーターは正社員と比べて、残業や休日出勤が少ないからです。

プライベートな時間が多いので、自分のやりたいことや趣味に時間を使えるので、楽だと感じている人は多いです。

しかし、収入は少ないため時間はあってもお金はそれほど使えませんし、生活の厳しく制限が出るでしょう。お金がかからない趣味や遊びができるなら良いですが、やがて限界がきます。

楽な部分3.正社員より責任が少ない

正社員より責任が少ないので、楽に感じる人もいます。フリーターはあくまでもアルバイトなので、企業は責任のある仕事をアルバイトに任せないからです。

責任のある仕事を任されるのは、正社員です。仕事の責任の軽さで楽に感じている人は多いです。

きつい部分1.周りに自分より年下が多くなる

周りに自分より年下が多くなることがきついと感じる人もいます。長年フリーターをやっていると、気付いたら周りがほとんど年下になっているからです。

仕事を始めた頃に一緒に入ったメンバーは、どんどん就職して辞めていきます。

アルバイトは若い人がどんどん入ってきて、周りがほとんど年下になるのは自然なことです。

また、上司が年下ということもあります。長年仕事をしていると、年下の社員が上司になるということもありえるからです。

年下の社員の下につくことをきつく感じている人もいます。

きつい部分2.周りに変な目で見られる

周りに変な目で見られるので、きつく感じる人もいます。「いい歳して、まだフリーターなの?」と思われるからです。

周りからどう思われているか気になってしまうと、職場に居づらくなります。変な目で見られることが嫌なら、就職して仕事を行っていきましょう。

きつい部分3. 結婚式や同窓会に出づらい

結婚式や同窓会に出づらいので、きついと感じる人もいます。フリーターでは祝儀もまともに払えないですし、同窓会に出てもみんな正社員で肩身がせまくなるからです。

フリーターでは結婚も難しいので、結婚式に参加することで落ち込んでしまう人もいます。

きつい部分4.世間体が悪い

世間体が悪いので、きついと感じる人もいます。「フリーター=ちゃんとしてない」という印象があるからです。

就職や恋愛においても、フリーターでは印象が悪いので不利になります。また、親や親戚にも早く就職しろと急かされる場合もあるので、世間体が悪いと感じている人もいます。

正社員の楽な部分、きつい部分

正社員の楽な部分、きつい部分今度は正社員の楽な部分ときつい部分をまとめてみましたので、今後の参考にしてみてください。

楽な部分1.有給休暇がある

有給休暇があるので、楽に感じる人もいます。休んでもお給料をもらえるからです。

フリーターは休んだら給料がへりますが、サラリーマンはそうではありません。どうしても休みたいときや、家族の予定で休みたいときに休めます。

有休を使うと生活費の心配などをしなくて安心ですね。

楽な部分2.手当が出る

手当が出ることで、楽に感じている人もいます。正社員には手当がつきものだからです。通勤手当、資格手当、役職手当、住宅手当、扶養手当などです。

生活がある程度は会社が支えてくれる点も、アルバイトとは異なっている点といえるでしょう。

きつい部分1.自由度が低い

自由度が低いので、きついと感じている人もいます。毎日同じ時間に通勤して、長い時間仕事に拘束されるからです。

フリーターはその気になれば仕事を辞められるので、この点は正社員のきついところです。

きつい部分2. 休日出勤がある

休日出勤があることもあり、きついと感じている人もいます。どうしても対応しなければいけない仕事があれば、休日返上で働かなければいけないからです。

休日に予定を入れていても、急に出勤することもあります。会社からの指令なので仕方ありませんが、きついと感じている人も多いです。

代わりに平日が休みになることもあります。

きつい部分3.残業がある

残業があることにきついと感じている人もいます。

サラリーマンは責任ある仕事をしているので、どうしても残業して仕事を終わらせなければいけないことがあるからです。

仕事量も多いため、残業をせざるを得ない場合があります。

フリーターがきつかったら正社員として就職しよう

フリーターがきつかったら正社員を目指すフリーターがきつかったら就職しましょう。

フリーターがきついと感じる部分は、就職することで解消されるからです。

以下のような、できることから始めていきましょう。

  •  まずは求人サイトを見てみる
  •  フリーターからの就職に強いエージェントに相談してみる
  •  アルバイトの空き時間で転職活動をしてみる

少しづつでも、生活の中で準備できることからしていきましょう。

また、正社員は長く続ける仕事なので、仕事選びが大切。

  •  あなたのやりたい仕事
  •  あなたに向いてる仕事
  •  フリーター時代に高く評価された仕事

上記の項目などから仕事を選びましょう。「やりたい仕事がない」という人は、向いてる仕事をしましょう。

向いてる仕事は他の人よりできてしまうため、周りから評価されていつのまにかやりたい仕事になっていることがあるからです。

幸い今は人材不足の時代なので、20代であればフリーターから正社員になりやすいです。30代を超えると就職しづらくなるので、20代のうちに就職活動を始めましょう

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC