フリーターを続けると後悔する?バイトをし続けることのデメリットとは

フリーターを続けると後悔する?バイトをし続けることのデメリットとは

就職活動で自分に合った会社が見つからなかったなど、さまざまな理由で現在正社員としてではなくフリーターとして働いている人たちがたくさんいます。

しかしフリーターとして働き続けていると収入だけではなく社会的信用も低くなるため年齢を重ねるほどデメリットを多く感じるようになります。

一方正社員は収入も安定し、社会的信用度も高いです。ここではフリーターで働き続けることによって生じるデメリットを詳しく解説していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターであることを後悔するときとは

フリーターであることを後悔するときとは

正社員として毎日働いている人たちの中には「生活していけるのであれば自分の好きな時間に働けるフリーターになりたい」と考える人も中には居るかもしれません。

しかしフリーターとして仕事をしているとフリーターであることを後悔する場面が色々と出てきます。

同世代の正社員として働いている友人や知人と話す機会があった時

改めて言うことでもないかもしれませんがフリーターと正社員では収入面で大きな違いが生まれます。

正社員として勤務していれば基本的に会社の業績がよほど悪くならない限り毎年昇給するので年齢を重ねていけばいくほど、同じ会社に働き続けていれば働き続けているほど給料はアップしていきます。

特に目覚ましい業績を上げた場合、翌年は例年以上の給料アップも期待できるでしょう。しかしフリーターは時給が上がったとしてもせいぜい数十円です。

更に基本的に責任ある仕事は任されないのでどれだけ年齢を重ねても仕事の内容に変化がなく、仕事面で雇用側から評価されにくい事もあって昇給する機会になかなか恵まれません。

そしてフリーターと正社員との収入面で大きな違いが生じるのが夏と冬のボーナスです。

1回のボーナスにつき平均1.5か月分、場合によっては2か月分以上もの収入を得ることができます。

たった2回のボーナスだけで年収を比較すると正社員とフリーターとでは3ヵ月分以上の収入差が生じるのです。

フリーターとして職場で働いているときは周りも同じ立場なのであまり気にはならないでしょうが、正社員として働いている友人や知人と話をした時にその収入差を身をもって知ることになるでしょう。

友人や知人が趣味や休日を謳歌している話を聞いたり、持ち物が明らかに自分よりも高級なものだったりした場合、自分がフリーターとして働き続けていることを後悔することが多いです。

フリーターは働いた分だけの収入しか得られない

フリーターは正社員と比べて収入が低くなることが多いというのは先ほど書いた通りですが、更に基本的に時給制なので働いた分しか収入を得ることができません。

正社員や契約社員、派遣社員の場合は同じ企業に半年以上勤め、その半年のうち規定以上の時間勤務していれば企業側から有給休暇を支給されます。

有給休暇を使うことによって仕事をしなくても基本給を得ることが可能となっているので、たとえば病気などで体調を崩したり、家の用事などで会社を休まなければいけなくなった場合でも有給休暇を行使すれば収入が減少することはありません。

しかしフリーターには何年同じ場所で働こうが有給休暇を与えられることはなく、体調を崩してアルバイトを休むことになれば当然その日一日の収入は0円になります。

普通に働いていれば特に生活面で苦労していないフリーターの人もなかなか体調が戻らずに長期的に休んでしまうとそれだけで生活をすること自体が苦しくなり、フリーターでいることに対して後悔するでしょう。

フリーターの人が常に安定した収入を得るためには正社員の人以上に日ごろから健康面に気を配らなければいけないのです。

年齢を重ねても職が安定しないどころか逆に安定して働き続けることが苦しくなる

正社員の人はよほどのことが無い限り会社側からクビを告げられることはありません。そして年齢を重ねれば重ねるほどほど責任ある仕事を任されるようになります。

それに伴って会社での自分自身の立場も上昇していき、会社にとってなくてはならない人材になるでしょう。

会社にとってなくてはならない人材になれば将来にわたって自分の立場は安泰だと言えます。

会社内で確固たる地位を築けば給料面で不満がある場合、会社側と交渉して給料をアップさせることも可能ですし、優秀な人材は更に好条件で別の企業からヘッドハンティングされることもあります。

一方フリーターの人は年齢を重ねても仕事の内容がほぼ変わらないため現場での地位が向上することはありません。

フリーターは雇用の安定性がかなり低い

フリーターは雇用側の一方的な都合で解雇を言い渡されることが多い立場ですが、解雇をする際に年齢は関係なく、仕事が出来ない人から順番に解雇していくことになります。

アルバイトの仕事というのは単純作業でありながら体力を要求されるものが多いです。年齢を重ねていく毎にどうしても体力というものは衰えていきます。

ですからアルバイトという働き方を考えてみれば雇用側としては年齢を重ねた人を雇う事に関してはメリットよりもデメリト面の方が大きいため、実は解雇の対象になりやすいのです。

特に30代を超えて現在働き続けているところから解雇処分を受けた場合はかなり苦しくなります。

アルバイトとしての求人は比較的若年層を求めているケースが多く、30代以降の人も採用基準にしているところに絞っていくと数は極端に少なくなります。

フリーターは年齢を重ねていけば重ねていくほど立場が危なくなっていく働き方と言えるでしょう。

突然クビを言い渡され、次の働く場所を探そうと思っても年齢制限に引っかかるところばかりだった時、フリーターとして働き続けたことを激しく後悔する人が多いです。

将来後悔する?社会的信用が低いと考えられるデメリット

将来後悔する?社会的信用が低いと考えられるデメリット

フリーターとして働き続けていることを後悔するのは収入面や雇用面だけではありません。

フリーターはどのような理由であっても社会的信用は低くみられる働き方です。社会的信用が低いことによってもさまざまなデメリットが生じます。

社会的信用について

一般的に社会的信用とは「安定した仕事に就いていること」「その職場で生活できるだけの十分な収入を得ていて大きな借金がない事」「社会保険に加入している事」「税金を滞納することなく納めている事」「犯罪歴がない事」を指しています。

そしてある一定以上の年齢の人に対しては「結婚している事」も社会的信用を図る目安になっています。

フリーターの人は安定した仕事に就いているとはとても言えないですし、収入も働いた分しかもらえないので十分な収入を得ているとも言い難いです。

このような理由で、フリーターの人は世間一般的に社会的信用が低いと言われています。

ローンの審査に通りづらい

日常生活を送っていく上で社会的信用の低さを痛感することになるのがローンを組むときです。

ローンを組む時は審査が行われるのですが、ローンの審査ではその人が安定した収入を得ており、融資したお金を期日内に滞納せず返済できる経済力があるかどうかを重要視します。

ただでさえ元々収入が低いうえ、毎月安定した収入を得られる保証もないフリーターの人は審査ではどうしても不利になることは否定できません。

特に車や家を購入して大きなお金を融資してもらう際の審査では合格する確率がとても低くなるでしょう。

ローン会社によってはフリーターの人を融資の対象にすらしていないところもあります。

結婚をするときにも大きな影響が

社会的信用度が低いフリーターは特に高齢者からの印象がとても悪いです。

女性はあまり影響を感じる事はありませんが、男性の場合自分がフリーターだという現状は彼女と結婚を考えた際に大きな障害となります。

女性は恋人として付き合うことと結婚をすることは別物だと考えており、結婚をするにはお金が必要だというシビアな見方をしています。

そのためフリーターの彼氏とは結婚を考えていないという人は案外多いのです。仮に彼女も結婚を希望したとしても、今度は彼女の両親が大きな障害となります。

フリーターというのは親からすればやはり将来的に不安を感じるものなので、いくらお互いが愛し合っていたとしてもなかなか結婚を認めてもらえません。

とある調査機関が生涯未婚率について調べたところ、非正規雇用者のうちおよそ3割ほどが50歳になっても一度も結婚した経験がないというデータが出ています。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターはどれくらいいる?

フリーターはどのくらいいる?

現在日本にはフリーターがどれくらいいるのでしょうか。それを知る前にまずはフリーターとはどういった人か、その定義について考えてみましょう。

フリーターの定義

1980年代、ある有名求人雑誌が定職に就かない若者のことを「フリーアルバイター」と呼ぶようになりました。

「フリーター」はこのフリーアルバイターが簡略化されたものです。

内閣府は学生や主婦層を除いた人たちのうち、パートやアルバイトで働いている若年層の人たちをフリーターとして定義しています。

そして現在は無職であってもパートやアルバイトで働く意思があれば内閣府はフリーターに含めています。

対象年齢は15歳から34歳までとなっており、それ以上の年齢の人は定職に就かずパートやアルバイトで働いていてもフリーターとは呼ばず、ただ単にアルバイトと呼んでいます。

バブル期のフリーターとそれ以降のフリーターの違い

フリーターという言葉が使われ始めたバブル絶頂期のころは「夢や自由を実現するためにあえて会社員として働かない道を選んだ人」というように、どちらかと言えばポジティブなイメージを持たれていました。

しかしバブル崩壊後、日本は長期的な不景気となり「就職氷河期」を迎えます。新卒者に対して採用を希望する企業が少ないため、たくさんの人が望んでいる企業に就職できませんでした。

そして、とりあえず賃金を得る手段としてやむを得ずフリーターとして働く人が出てきました。

ですからバブル崩壊後、就職氷河期にフリーターになった人は自分の意志ではなく、仕方なくフリーターとして働いていた人が大多数です。

フリーターの人口

2017年度のデータを見てみると、現在正社員としてではなくフリーターとして働いている15歳から34歳までの人は152万人となっていて、昨年度からは2万程度減少はしているものの長期的に見れば人数はほぼ横ばいで推移しています。

フリーターの年齢別での内訳を見てみると、若年層そのものの人口が減少していることに加え、若年層の中でも第二新卒者や既卒者をメインターゲットにした就職支援サービスが登場したことによって2004年以降15歳から24歳までのフリーターの人口は年々減少傾向にあります。

その一方で25歳以上34歳未満のフリーターの数は2009年以降増加傾向にあり、フリーターの高齢化が現在は大きな問題の1つとなっています。

不安な正社員転職はフリーター向け就職エージェントに相談しよう!

これまで見てきたように、フリーターは何より収入がもともと低いうえに雇用も安定していないということもあって社会的信用度が低い働き方です。

若いうちはまだいいですが、年齢を重ねていけばいくほどフリーターとして働き続けることが困難になってきます。

したがって一刻も早く正社員として就職した方が良いのですが、フリーターから正社員に就職するのはなかなか困難なことが多く、自分1人の力では就職活動が思うようにいかないことも多いです。

もし自分だけでの就職活動が困難になった場合は積極的にエージェントを活用しましょう。エージェントは基本的に無料で転職や就職に関する様々な支援をしてくれます。

この記事を書いている私たちジェイックも、フリーター向けの就職エージェントを運営しています。

一人での就活が不安であれば、いつでもご相談ください。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC