フリーターが逆転して安定した生活をする方法を紹介!

フリーターが逆転して安定した生活をする方法を紹介!

仕事の責任も少なく、好きな時に働けるフリーター生活は、正社員よりも気楽に生活することができるかもしれません。

しかし、フリーターは社会的信用が低く、結婚や恋愛などで不利になってしまうこともあります。

確かに、フリーターから脱却することは勇気のいることかもしれません。しかし、将来のことを考えるなら、フリーター生活を脱却して正社員を目指したほうが良いです。

正社員は社会的信用が高いなど、さまざまなメリットがあります。そこで今回は、フリーターから逆転するために必要なことについて紹介します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

逆転するためには正社員に就職するのがおすすめ!

逆転するためには正社員に就職するのがおすすめ!

もし、フリーターからの逆転を考えているなら、正社員として就職することを目指してみてはいかがでしょうか。

正社員はフリーターと比べて社会的信用が高いです。正社員にはフリーターのような契約期間はないため、安定して仕事を続けやすい環境が整っているといえます。

また、正社員になることができれば、社会保険にも加入することになり、支払うべき税金も納めることができるようになります。

このように、安定した職業に就いていることや、国民の義務としての納税を果たしていることは、社会的信用を築くうえでも重要なポイントです。

また、収入や雇用の側面で安定性を欠くフリーターは、どうしても日々の生活や将来のことで不安や焦りを抱きがちです。

将来のことを考えて夜も眠れなくなったり、身を固める友人や知人を見て焦りを覚えたり、つい自分と世の中を比較して暗い気持ちになってしまうことが良くあります。

正社員になることができれば、こうした不安や焦りとも決別することができるかもしれません。

社会的信用を得ることは、自分に自信を持つことでもあります。自分に自信がつけば、フリーター時代の不安や焦りも感じなくて済むようになるでしょう。

特にフリーターからの一発逆転が狙える職業としては、たとえばエンジニアや営業職、ドライバーなどが挙げられます。

学歴や職歴より、知識や成績を重視する職業は、その仕事に経験のないフリーターでも一発逆転を狙いやすい職業だといえます。また、慢性的に人手が足りない職業も狙い目です。

人手不足の職種は常に人材を求めているため、すぐにでもフリーターを脱却して正社員になりたいという人に最適な職種だといえます。

もともと未経験から始める人が多く、今後キャリアを積み重ねやすいような仕事もおすすめです。

経験不問の職種は、これからキャリアを積み重ねやすく、手に職を付けやすいため、将来的にも安定した生活が期待できます。

また、一発逆転を狙うなら、公務員になるというのもひとつの方法です。

公務員は、年齢的な制限はあるものの、経験や職歴が問われることもないため、フリーターからでも十分に目指すことができます。

もちろん、公務員になるためには試験に合格する必要があるので、相応の努力は必要かもしれません。

しかし、公務員は安定しているだけでなく、社会的信用も高いため、まさにフリーターからの逆転に最適な職種のひとつだといえます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターから逆転して正社員になれるのは何歳まで?

フリーターから逆転して正社員になれるのは何歳まで?

フリーターに限らず、年齢を重ねると就きたい職業に就けない場面も増えてきます。企業の中には、求人募集に年齢制限を設けていることも珍しくありません。

正社員として雇うということは、契約期間を設けず長期的に雇用するということです。

そのため、企業の立場で考えると、採用した人材のキャリア形成を考えなければならなくなります。

つまり、雇った人材を育成し、企業にとって有益な人物に育てるということです。そのためには、やはり採用する人材は若いほうが良いと考えます。

正社員の求人募集が「20代限定」や「35歳まで」となりやすいのも、そうした事情によるところが大きいです。

20歳の内に正社員になることをオススメしますが、正社員になろうといっても何から就活を始めたらよいのか分からない人も多いでしょう。そのような方は以下の記事を読んでみてください。

 

フリーターの就職活動について、一通り解説しています。

中には年齢に関係なく正社員を募集している職種もあります。特に人材不足が深刻な業界は、年齢を問わず募集をかけていることが多々あります。

たとえば、介護や建設の仕事です。介護の仕事は、高齢社会の日本では人手不足が特に叫ばれている職種のひとつです。

キャリアアップを図るためには資格の取得なども必要になりますが、介護の仕事を始める段階では経験も資格もいらないことが多いため、フリーターから正社員になるにはおすすめの職種だといえます。

一方、建設現場の人手不足も深刻です。オリンピックや世界大会などが開催される影響で、各地で施設の建設ラッシュが続いていることから、建設現場は常に現場で働いてくれる人を求めている状況です。

年齢や経験を問われることもほとんどないため、フリーターから転身する人も少なくない業界だといえます。

また、運輸やIT関連の企業も年齢不問で人材を募集していることが多い業界です。運輸業界やIT業界も、やはり人材不足に悩んでいる職種です。

運輸では、特に運送ドライバーの人手が足りず、需要に供給が追い付かないという状況が続いています。

ドライバーは従業員の高齢化も深刻化しているため、若手や中堅層の担い手を欲しているという事情もあって、経験や年齢不問で求人募集をかけている運送会社も少なくありません。

また、ITエンジニアも人が足らず、常に求人募集をかけているという状況です。

IT技術の進歩に人材育成が追い付かず、この先も技術が進歩すれば人材不足がますます深刻化するといわれています。ITエンジニアはキャリアを形成するのにも向いているため、オフィスワークの正社員を探しているフリーターには打ってつけの職種のひとつです。

このように、年齢に関係なく人材を求めている職種はたくさんあります。こうした職種をピンポイントで狙っていけば、フリーターからの一発逆転も難しくはありません。

ただし、やはり企業は若い人のほうを採用する傾向があります。フリーターとしての期間が長くなると、就職には不利に働いてしまうこともあります。

フリーターからの逆転を狙うなら、なるべく早く行動に移して、自分をアピールしやすい間に正社員を目指すことが大切です。

 

フリーターから逆転の正社員を目指すならエージェントを活用しよう

フリーターから逆転の正社員を目指すならエージェントを活用しよう

大学や専門学校に通っていれば、学校が就職支援を行ってくれるため、就職活動も有利に進めることができます。

しかし、フリーターの場合こうした学校の就職支援を受けることはできません。そのため、就職活動も自分の力で切り開いていく必要があります。

ただ、やはりフリーターから独力で就職活動に身を投じるのは、ノウハウがわからないだけでなく、不安もつきものです。

フリーターから逆転して正社員になりたくても、何から始めて良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。そんなときに活用したいのがエージェントの力です。

この記事を書いている私たちジェイックは、フリーターに特化した就職支援を行っている就職エージェントです。

正社員の経験が無かったり、少なかったりする人向けの就職支援を行っているので、就活に自信のないフリーターの方はお気軽に相談してみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターは収入も社会的信用も低い?

フリーターは収入も社会的信用も低い?

フリーターは社会的信用が低いといわれます。

社会的信用とは、安定した職業についていたり、社会保険に加入していたりなど、社会の中で信頼するに足るとみなされる一種のステータスのことです。

職業や保険だけでなく、税金を納めていることや、大きな借金がないこと、さらにはある程度の年齢に達したら結婚していることなども社会的信用につながります。

しかし、フリーターにはこうした社会的信用を築くためのものがほとんどありません。

特にフリーターは収入が安定せず、雇用も不安定であるため、一人前の社会人とはみなされない傾向が強いです。

それでは、収入が安定せず、社会的信用が築けないと、生活にはどのようなデメリットが出てくるのでしょうか。

収入が安定しないとどうなる?

シフト制で働くことが多いフリーターの収入は、正社員に比べてどうしても安定性を欠いているといえます。

会社や店側の都合で、アルバイトのシフトは調整されるのが通常です。

自分では働きたいと思っていても、そうした都合に左右されることが多いため、時給の高い職場でも安定して収入を稼ぐことができなくなってしまいます。

特に生涯で稼ぐ収入で見たとき、正社員とフリーターの差は歴然です。フリーターには年功序列もなく、勤続年数にしたがって収入がアップする構図もありません。

その結果、その日の生活に困窮しがちなだけでなく、将来的にも安定した設計を立てることが難しくなってしまうのです。

社会的信用が低いとどうなる?

社会的信用が低いと、さまざまな場面で生活に困ることになります。たとえば、ローンを組むときです。

ローンの審査には、職業や収入状況が強く反映されます。正社員であれば、問題なく審査に通るものも、フリーターだとその不安定さゆえに落とされてしまうこともしばしばです。

ローンだけでなく、クレジットカードや賃貸物件の審査も通りにくいです。また、社会的信用の低さは、結婚や恋愛の場面でも不利益につながってしまいます。

フリーターであることで、結婚や恋愛をあきらめなければならなかったという人も多いです。

ある程度の年齢に達していても、結婚することができないでいるため、そのことがまたしても社会的信用を落とすきっかけにもなってしまいます。

雇用が不安定

フリーターは雇用の面でも不安定です。アルバイトやパートには契約期間というものがあります。

この契約期間が満了を迎えると、契約の更新をするかどうか雇用している側が決めることになります。

そのとき、もし更新しないという判断を下された場合、アルバイトやパートの従業員は会社を去らなければなりません。

フリーターとして働き続ける限り、この契約期間の問題は付きまといます。雇用が不安定であれば、収入にも影響を及ぼし、その結果として社会的信用も築きにくくなることになります。

フリーターからの一発逆転は夢じゃない!

フリーターからの一発逆転は夢じゃない!

フリーター生活が長くなると、そこから脱却することにも腰が重くなるものです。しかし、現状を打破するためには、勇気をもって困難に臨まなければなりません。

特にフリーター生活の長い人は、すでに逆転をあきらめているという人も多いのではないでしょうか。

実際、求人募集は若い人が中心になりがちで、年齢を重ねていくと不利な状況になることは否めません。

しかし、フリーター生活が長いというだけで人生をあきらめる必要はまったくありません。世の中には年齢不問の正社員の職種がたくさんあります。

そうした職種に絞って正社員を探せば、フリーターから一発逆転することも決して夢ではありません。

このままズルズルとフリーター生活を続けていれば、状況はますます困難なものとなってしまうでしょう。

現状をいち早く打開するためには、とにかく行動することが一番大切になります。

特にフリーターから正社員になるためには、早く行動すれば早く行動しただけ自分を有利にすることができます。

正社員になりたいという意欲があるなら、まずは行動に移して就職活動に挑戦してみましょう。

助けが必要だと感じたら、エージェントに相談してみるのもひとつの手です。フリーター生活が長くても、自分の可能性を狭めず、果敢にチャレンジすることが成功への近道です。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC