フリーター向けに自己PRの作り方を自己分析、企業研究と共に解説!面接での伝え方も伝授

フリーター向けに自己PRの作り方を自己分析、企業研究と共に解説!面接での伝え方も伝授

いざフリーターから正社員への道を目指そうと履歴書と向き合ってみたはいいものの「一体なにを書けばいいんだろう」、「どうやって自己PRをすればいいのか分からない」と、お悩みではありませんか?

面接に向けてどうしても不安だと思っている方でも大丈夫、長年のフリーター経験もうまく活かせば就職活動では大きな強みになるのです。

ここでは、今まさに悩んでいる方のために、履歴書や面接に活かせる自己PRの方法をご紹介します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

自己PRを考えるためにしっかり自己分析を行おう

自己PRを考えるためにしっかり自己分析を行おう

就活をする上でまず何よりも「自己分析がとても大切」だといわれているのはご存知ですか?

自己分析とはその名の通り、自分を分析することです。自分の人生を見つめ直し分析することで、例えば以下のようなことが分かってきます。

  • 将来自分がどんな人間になりたいのか
  • 今の自分は客観的に見てどんな人間か
  • 一体何をしたいのか
  • 何が出来るのか
  • 自分にどんな職業が向いているのかなど

また、それらを事前によく考えておくことでいざ面接の場で志望動機や、自分の強みを聞かれた時にスムーズに答えることができ、面接官への印象をあげることができるのです。

「フリーター経験が長くて、履歴書でアピールするべきことが分からない」、「自分の長所が分からない。とにかく自信がない」と、感じている方でも大丈夫です。

一つ一つ丁寧に確認し、自分の強みを見つけましょう。ではここで、簡単にできる自己分析の方法をご紹介します。

ステップ1:「自分の人生で印象に残っているエピソードを思い起こす」

自分の人生を振り返り、まるで自分史を書くようなイメージで頭に浮かんできたものをノートや紙に書いてみましょう。

  • 学生時代に打ち込んだ部活
  • フリーターとしてアルバイトしていた中で嬉しいと感じたこと
  • 仕事をしていく中で特に意識をして真剣に取り組んで来たこと

以上のような、ポジティブな出来事を中心に書くのが良いでしょう。

ステップ2:「思い浮かんだエピソードを深堀りする」

ステップ1で上がったエピソードの一つをピックアップし、詳しく分析していきます。ここでは、「頑張ったアルバイト経験」を例に上げ分析します。

まずアルバイトをしていた、という経験が自分にはあります。では、なぜそのアルバイトを始めたのか、思い返して考えてみましょう。

その職業に興味があったから、あるいはフリーターとして生活費を稼ぐためだったのか、どのような理由でも大丈夫です。

次に、なぜそのアルバイトを頑張れたのか、について考えてみます。将来の夢のためにお金を貯めたいというモチベーションがあったかもしれません。

または、その仕事が自分に向いていて仕事自体がとても楽しかったなど、思い当たることを書き出してみます。

ステップ3:「さらに詳しく深堀りしていく」

フリーターとして働いている中で、辛かった経験や乗り越えるべき問題もあったはずです。それを自分はどのように乗り越えて来たのかも振り返ってみましょう。

辛かったことや、苦い経験から自分は一体なにを学び、なにを得たのか。今の自分を作り上げた経験を一通り上げることで、自己分析はより深く鮮明になっていきます。

ステップ2と3を何度か繰り返したら、次のステップに進みます。

ステップ4:「自分の経験から培われた長所を見つける」

振り返ったいくつかのフリーター時代のエピソードを見返すと、長所を見つけることができます。

例えば「バイト中のトラブルに見舞われても冷静に対処できた」という経験からは「適応力」や「前向きさ」、難しいと思えることも工夫してやり遂げたという経験からは、「創造性」や「努力家」など、自分の持っている強みを簡単なワードに置き換えてみましょう。

ここから導き出されるものがあなたの長所であり、面接の場でアピールすべきとても重要なものとなるのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

効果的な自己PRを作るために企業研究をする

効果的な自己PRを作るために企業研究をする

自己分析で分かった自分の長所ですが、それをそっくりそのまま面接の場で不用意に羅列してしまうのは「自意識過剰」や「空気が読めない」など、マイナスイメージを植え付けてしまうことにもなりかねません。

受けたいと思っている企業に自分の強みを上手くフィットさせアピールすることが、正社員として採用される重要なポイントになってくるのです。

まずは企業研究をする

応募する企業を絞り込み志望動機を明確にするためには、企業研究が重要です。

企業理念や、資本金、所在地など、その企業の基本情報を知ることから始め、どんな事業をしているのか、どんな商品を取り扱っているのかなど、その企業の特性を詳しく調べていきます。

フリーターとして働いていると、どうしても社会や企業の仕組みを知る機会が少なくなってしまうので、徹底的に研究してみましょう。

その会社のことを知れば知るほど、自分がその会社でどんなふうに働くことになるのかを具体的にイメージすることができます。

自分のしたいことや経験が活きる職業を見極める

人と関わる仕事がしたい、アルバイトの経験から得た知識を活かしたい、など自分の希望する仕事をどこの企業であればできそうかを想像してみましょう。

その企業で働く自分をイメージする

"働くこと"に重きを置くのであれば、その企業の社風を知ることが最も具体的でイメージしやすいかもしれません。

現在その企業で働いている社員の年齢分布や男女比率、新しいことに挑戦していく会社か、伝統を重視する会社なのか。

職場の雰囲気はどのような感じなのか、社員教育の制度の充実さなど未経験の職種でも安心して働くことができるかもよく考えてみましょう。

その他に、福利厚生やその企業独自の採用基準(スキル重視や、女性登用など)も合わせて確認しておきましょう。

企業の求める人材と自分自身がマッチしているか確認する

自分が希望する企業が求めているスキルと自分の強みがマッチしない職業には、正社員として就職しにくいのが事実です。

企業研究の中で見つかった"企業側の求めている人材"と、先程あげた"自分の長所"がどう重なるか、また実際に採用されてからどんなふうに働いていけるのかを具体的に想像することで、面接で使える自己PRのポイントを見つけることができるのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

履歴書の自己PR書き方のポイント

履歴書の自己PR書き方のポイント

ある程度自分の長所と目指す企業の特徴が分かったところで、いよいよ履歴書を書いていきます。

フリーターの経験をどのようにして自己PRに活かしていけばいいのか、具体的にご紹介します。

最初に結論を持ってくる

面接官は一日に何人もの人と会い、企業に向いた人材を見極めなければなりません。

そのため、面接を受ける側は短い面接時間の中で、いかに良い印象を与え自分を知ってもらうかが重要になってくるのです。

自己PR欄の冒頭に結論を持ってくるのは、結末を明らかにすることで話の着地点を掲示し、文章をスムーズに読んでもらうためです。

文頭に「自分の強みはここだ」と書いておくことで、その物事をより強く印象付けることが出来るのです。

実例を上げ、具体的に自分の経験を書く

履歴書に自分の経験や長所を書く際には、聞いている面接官がその物事について想像しやすいように詳しく書くのが大きなポイントです。

具体的に自分の身に起きたフリーター時代のエピソードを例に上げ、どんな経験をし、自分がどんな行動を起こして、その結果何を得たのか。そしてどんな成果を上げたのかを書くことで、より詳しく自分自身を知ってもらうことができます。

企業にアピールしたいことをまとめる

自分が得た経験やスキルが働く上でどんなふうに活かせると考えているのか、企業研究から分かった"その企業が求めている人材"と自分のイメージを重ねることで、いかに自分がその企業にふさわしい人材かをアピールしましょう。

自己PRの流れ

ここで紹介した自己PRの流れは以下のとおりです。

  • 結論(自分の強みはなにか)
  • 概要(どんな経験をしたのか)
  • 課題と行動(自分が何を課題と感じ、問題解決のためにどんな行動を起こしたのか)
  • 結果(行動した結果、どんな成果をあげ、自分はなにを得られたのか)
  • 貢献(自分がこの会社で働いたら企業側にどんなメリットがあるのか)

まずは、これらに自分の書きたいことを照らし合わせて書いてみましょう。語尾は「です、ます調」でまとめます。

企業の面接官に読んでもらうためのものなので丁寧に、読む相手のことをよく考えて読みやすさを意識しながら書くと良いでしょう。

一般的に自己PRは150字以上を書くとされており、300字前後が良いとされています。

しかし、企業によっては文字数が決まっている場合もあるため、応募要項をよく確認しておきましょう。

また履歴書は手書きが一般的ですが、PCスキルに自信がありそれを仕事に活かしたいと考えている場合は、パソコンで制作してみるのも良いでしょう。

その際には、フォントや配置に注意しましょう。あまりにもバランスが悪く見栄えが悪いとマイナス評価を受ける可能性があります。

字に自信がある方は、手書きで履歴書を書き面接に挑みましょう。

面接での伝え方で気をつけたいこと

面接での伝え方で気をつけたいこと

履歴書が用意できたら、あとは面接を受けるだけです。面接で自己PRをする際に、覚えておいたほうがいい3つのポイントを確認しましょう。

話は短めに [1/3]

面接時間は想像しているよりもずっと短く、あっという間に過ぎていきます。

ダラダラと長く話していると自己PRを満足にできないどころか、準備不足や要領の悪さなど悪い印象を与えてしまうことになります。

話す際には30秒から1分程度に短く収め、用意した自己PR以外の場面でも要点や結論を押さえ端的に話すことを心がけましょう。

短い文章で構成する [2/3]

自分のことを紹介するにあたり「〜ので、〜ですから」と話を長く続けて話すことは、あまり好ましくありません。

物事を頭の中で上手くまとめられていないような長く単調な話し方は、聞いている側を退屈させてしまいます。

また自信がないようも感じられてしまうため、マイナスイメージにも繋がります。

「〜です、〜だと思います」と話を短く区切って自己PRするだけで、やる気のある、真面目な印象を与えることができます。

自己PRに沿ったイメージを体現する [3/3]

自己PR欄に「突然のトラブルにも冷静に対処できる」と書いてあるのに、面接での受け答えがハキハキとしておらず書いてあることと自分自身がチグハグした印象を与えてしまえば、せっかく用意した履歴書も意味がなくなってしまいます。

「どんな物事にも落ち着いて対処できる」と書いたのであれば、面接の場でも余裕を持ってどっしりと構え、「経験を経て自分に自信が持てた」と書いたのであれば、堂々とした態度で面接に挑みましょう。

その他にも、簡単と思われることでもしっかりと意識しておくことで面接をスムーズに進めることができます。

  • 面接官にはっきりと伝わるように適切な声量で話す
  • 落ち着きがないと思われないためにも不用意に髪や顔を触らない
  • 目線をしっかり面接官に合わせる
  • フリーターだからこそ、スーツや髪形など身だしなみに気を配る

また、面接の場でひどく緊張してしまいうまく話せなくなるのではないか、と不安を抱いている方も多いでしょう。

「フリーター経験は職歴として見做されない」、「正社員として働いた経験がないのは問題があるから」と、自分の経験をネガティブに捉えてしまい、必要以上に緊張してしまうこともあるかもしれません。ですが、そのことに関してはなんら問題はありません。

人前で自己PRすることを想像するだけで緊張してしまうのは、フリーター経験のある方だけではなく、多かれ少なかれどんな人間にもあることです。

面接を行う側もそれを十分に分かっています。ですので、まずはよく落ち着いて自分の伝えたいをしっかりと相手に伝えましょう。

誠実さや実直さは、面接の場において本当に大きな武器となるのです。

話し方や立ち振る舞いに意識を集中させすぎて頭がパンクしてしまわないように、用意した履歴書をしっかり覚えて、よくシミュレーションし、自分に自信を持って面接に向かいましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターの経験も自己PR材料になる

フリーターの経験も自己PR材料になる

正社員登用には新卒が有利とされている昨今、"自分にはフリーターの経験しかないから"と自分自身を不必要に卑下してしまい、就職活動に二の足を踏んでいる方も多いかと思います。

ですが、今回紹介した自己分析や自己PRの文章を考えていく中で、これまでの生活で得たことやフリーター経験から身に付いた自分の強みやスキルを発見することができたのではないでしょうか。

物事は捉え方次第で、ポジティブな方向に考えられ、どんな経験でも自己PRの材料になります。

今回見つけた自身の強みやスキルは正社員になってからも必ず活かされることでしょう。まずは自分に自信を持って、新たな道を切り開く第一歩を踏み出してみましょう。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC