25歳フリーターから就職成功!バイト生活から脱出するポイントを解説

25歳フリーターから就職成功!バイト生活から脱出するポイントを解説

現在25歳フリーターで不安を抱えていて、フリーターは脱出したいけど、どうしたらいいのか分からないという方もいると思います。

また、フリーターから正社員になるのは難しいのではないかと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、25歳など20代中盤のフリーターがフリーターを脱出する方法と、就職を成功させるポイントをご紹介します。

25歳でフリーターの人の現状

25歳でフリーターの人の現状

ここからは、25歳でフリーターの人の現状を確認していきます。

フリーターを脱出するためには、まずは現状を知ることから始めるのが大切です。現状を理解してから対策を考えていきましょう。

正社員とフリーターの差

正社員とフリーターの差には、大きく分けると雇用の安定・給与の違い・社会的信用度の違い・身につくスキルの違い・生活スタイルや人生設計の違いなどがあります。

雇用の安定の面でいうと、正社員のほうがクビになるリスクが少ないです。フリーターの場合、不景気などで仕事を失う可能性もあります。

また、給与の面でいうと、日本では年功序列のシステムが根強く残っているので、年齢や勤続年数に応じて給与が上がるため、収入は勤務年数を重ねるごとに増えていきます。

しかし、フリーターは何年も同じ勤務先で働くことが少なく、長期で働いたとしても給与の昇給は少額で収入アップは期待できないことが多いです。

さらに、正社員では、勤続年数や成果に応じて昇給やボーナス、手当などがある場合がありますが、フリーターにはありません。

正社員が受けることができる産休・育休などの福利厚生に関してもフリーターは恩恵を受けることができない場合が多いでしょう。そのため、正社員とフリーターの収入格差が広がってしまいます。

また、以下の記事ではフリーターと正社員の格差に加え、その差を埋めるための賢い就活方法についても紹介しています。

 

 

25歳の平均年収

25歳というと一般的に大卒であれば、働き始めて3年目に当たるので、仕事に慣れてくる頃です。ちなみに、20代の年収はいったいどれくらいなのでしょうか。大卒の統計データを見てみましょう。

20~24歳 25~29歳
男性 227万円 263万円
女性 220万円 244万円

これはあくまで平均なので、業界や企業規模によっても、収入差が生じます。しかし、25歳を超えると少しずつ収入が増えていることはわかるかと思います。

25歳フリーターはどんなことで悩んでいる?

25歳フリーターはどんなことで悩んでいる?

フリーターに限らず、正社員など働く人には悩みがつきものですが、特にフリーターの場合はどんな悩みがあるのでしょうか。

ここからは、フリーターの悩みについて考えていきます。

フリーターの悩みは「収入」が大半

フリーターの悩みの大半を占めているのは、収入の悩みです。

収入が悩みである理由としては、以下のような理由があります。

  • 仕事を休んでしまったとき
  • ボーナスがない
  • 収入が不安定である

時間は多くあるものの、金銭的に余裕がないため、行動が制限されてしまうことがあげられています。

さらに、給料が正社員に比べて低く、正社員としてのキャリアが積めていないことへの焦りなどもあるようです。

やはり、フリーターの人は、金銭的に正社員よりも厳しいことが多いので、収入が悩みになっているといえます。

フリーターの結婚に対する悩み

最近では、結婚しない人・できない人が増加しています。しかし、結婚したいという人は男女ともに多くいます。フリーターの男女も例外ではありません。

しかし、フリーターの人が結婚を考えるときには、いろいろと壁があります。

男女ともに収入が安定しないため、貯金が少なかったりして結婚に踏み切れない、と言う人もいるでしょう。

男性フリーターの場合は更に厳しい

男性フリーターの場合には、女性は安定志向で正社員の男性を結婚対象にすることが多いので、女性よりも厳しい状況になりがちです。

さらに、男性の場合、結婚に際して経済面の安定を求められることと、彼女の親に対してフリーターであることがマイナスに働くことを考えて、就職をしないといけないという焦りが生まれやすいです。

現在は、働き方が多様化しており、男性が必ず経済面を支えなければいけないという考え方が薄れてきているとはいえ、やはり女性は男性に収入を求めているという現状があります。

フリーター同士の結婚でのメリット・デメリット

ここまではフリーターの人と一般会社員の結婚の話をしましたが、フリーター同士の結婚ではどうなのでしょうか。

まず、フリーター同士の結婚のデメリットとしては、2人ともが仕事を失いやすく、社会保険にも入れないので将来的に年金受給額への影響がでるため、お金に困る可能性があります。

一方、メリットとしては、時間の融通が利きやすいため、出産後は子育てと向き合いやすい点があります。

ただし、金銭的に余裕があってこそ成り立つメリットでもあるので、収入を確保していく必要はあるでしょう。

25歳フリーターが公務員になるには?

25歳フリーターが公務員になるには?

フリーターであっても、正社員であっても、民間企業で働くことに疑問を感じた場合には、公務員を目指すという手もあります。

公務員は、高卒の方やフリーターの方でも条件を満たしていれば試験を受験することができます。ここからは、フリーターが公務員になる方法をご紹介していきます。

民間企業で働き続けるメリット

民間企業で働く中で、仕事のやりがいを感じることができるのであれば、民間企業で働き続けることに意味があると思います。

しかし、就職をするのであれば、社会的地位や安定を目指すという考え方もあります。どちらが正解ということはありませんが、正社員が必ずしも安定しているとは限りません。

現在では、景気によってクビになることもあります。また、仕事をするうえで何を大切にするかは人それぞれ違います。

給料・やりがい・自分がやりたいことかどうかなど、それぞれ基準が違うことは知っておきましょう。

公務員になるには試験を受けなければいけない

学校を卒業してから時間が経っていない人は、公務員試験を受けて公務員になるという手段があります。公務員の種類は国家公務員と地方公務員です。

地方と国家での試験の違い

国家公務員試験は一次試験にペーパーテストがあり、合格者のみ面接や性格検査の二次試験を受験することが可能です。合否は一・二次試験のトータルの得点で決まります。

地方公務員試験は、各自治体によって試験内容が違いますが、一般的にはペーパーテストの一次試験、面接の二次試験で合否を決定することが多いです。

一見、国家公務員試験も地方公務員試験も同じように見えますが、地方公務員試験のほうが面接を重視することが多いとされています。

国家公務員にも地方公務員にも、総合職・一般職・専門職など試験が分かれています。

高卒が受けられる公務員

また、高卒が受けられる国家公務員は、事務などの一般職、刑務官や税務職員などの専門職、裁判所職員・衆議院議員事務局職員などの特別職です。

地方公務員では、行政や学校の事務を担当する事務系、電気・機械・土木などの技術系、警察官・消防官などがあります。

25歳フリーターが正社員就活を始めると待っていること

25歳フリーターが正社員就活を始めると待っていること

ここからは、正社員になると決めたあとに待っていることについて解説しましょう。25歳はフリーターや職歴なしでも正社員として就職できる最後のチャンスといわれています。

転職サイトの調査では、半数の企業がフリーターであっても採用しているとされています。ここからは、正社員になった後の成功例と失敗例をご紹介します。

正社員への就職を成功させる自己分析

正社員への就職を成功させるには、まず自分の向いている職種を考えてみることが大切です。

そのために、自己分析では、得意なこと・苦手なこと・好きなこと・嫌いなこと・やってみたい仕事ややりたくない仕事を考えるといいでしょう。

また、3年後・5年後・10年後にどんな生活をしたいのかを考えることで、自分が就職すべき職種や向いてる仕事が分かってくるのではないでしょうか。

このように、自己分析をすることで自分の強みが分かってくるので、面接や履歴書のアピールポイントにつながります。

正社員になったけれど失敗した例

正社員になっても、失敗することもあります。一番多い失敗例は、早く正社員にならないといけないと焦ってしまうことです。

焦って就職活動をすると、条件のいい仕事を見つけられないと同時に、本当にやりたい仕事に就職することができません。

また、早く就職したいと焦っているので、採用が出るとよく考えないで就職してしまい、結局長続きしないということがあります。

失敗してやめても次を探せばいいという気持ちのままでは、簡単に次の仕事を見つけることはできず、履歴書に経歴が残り、次の就職活動で不利になります。

25歳フリーターの一人暮らし

25歳フリーターの一人暮らし

就職先が決まってから、一人暮らしを始めるか、先に一人暮らしを始めてから就職先を探すかは経済状況などによって違いがでてきます。

そこでここからは、フリーターが一人暮らしをすることは可能かどうかを解説していきます。

フリーターの年収で一人暮らしはできる?

フリーターの年収で一人暮らしは可能なのでしょうか。フリーターで稼げる年収は、一般的に200万円を少し超えた程度だといわれています。

手取りの収入でいうと、168万円程度で、だいたい1か月14万円で生活しなければいけません。一人暮らしができないわけではありませんが、決して贅沢ができる収入ではありません。

まずは、一人暮らしを開始する前に、どのくらいの費用が掛かるのかシミュレーションをしておく必要があります。

節約すれば一人暮らしは可能になる

フリーターでも節約をすれば、一人暮らしが可能です。食費は自炊を基本に節約すれば1か月2万円程度まで減らすことができます。

意外に費用がかさむ交通費や通信費は、車を持たずに公共交通機関を利用したり、格安スマホを使用することで費用を抑えることができます。

さらに、生活するために必要な家電や、家具なども一度購入してしまえば、当分は購入する必要はなくなります。

また、おそらく一番費用が掛かる家賃についても、都会でなく地方であれば、安く抑えることも可能です。

都会であっても、少し駅から遠くに住むなど工夫することで、少しは価格が低い住居に住むことができるでしょう。

このように、毎月かかる費用を少しずつ節約することで、フリーターであっても一人暮らしをすることは可能になります。

25歳フリーターから正社員を目指す必勝法

25歳フリーターから正社員を目指す必勝法

ここからは、フリーターが正社員を目指す必勝法を解説していきます。フリーターが正社員になるためには、対策をしっかりしておくことが必要です。そこで、求人においての現状と、企業が見ている求職者のポイントについて確認していきましょう。

求人においての現状を知ろう

フリーターから正社員を目指すときには、まず求人においての現状を知ることが大切です。有効求人倍率(仕事を探している人に対する企業からの求人数の比率)が上がっている今は、正社員になるチャンスです。

有効求人倍率は、現在1倍を超えており(※平成30年(2018年)11月現在で有効求人倍率は1.6倍以上)、リーマンショック時が0.42倍だったことを考えるとかなり上昇していることが分かります。

有効求人倍率は、一人当たりにどれくらいの求人数があるかということです。これは、正社員・非正規社員を含めた数字ですが、正社員を含めて今は有効求人倍率が上昇しています。

今のタイミングであれば、フリーターであっても、就職することが可能かもしれません。

参考サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00010.html

企業が見ているフリーターのポイントを知ろう

フリーターが正社員を目指すには、企業が見ている求職者のポイントを知ることが重要です。一般的に企業は、その人の性格・仕事に対する責任感などを確認します。

性格面でいうと、企業によって違いますが、明るい性格であるか、素直に話を受け入れることができる人かなど仕事に関連する内容をチェックしています。

また、フリーターであったことから、正社員という働き方に対応できるかという面も重視されます。一日決まった時間働くことや、休みの取り方などに対応できる人なのかを確認します。

さらに、仕事を完納する能力やフリーター時代の業務や経験値も評価対象となり、ストレス耐性なども判断基準となる場合もあります。

また、会社の社員やお客様としっかりとした会話ができるかどうかコミュニケーション力を見られることも多いです。

これらを踏まえたうえで、うまく自分の長所をアピールできるスキルを身につけておくことが重要です。

25歳フリーターは正社員就職できる可能性がまだまだある

25歳フリーターは正社員就職できる可能性がまだまだある

ここまでで、25歳のフリーターがフリーターから脱却する方法とそのポイントをご紹介しました。25歳というとまだ若く、就職できる可能性も残っています。

また、民間企業や公務員など選択肢も複数あります。フリーターであっても、フリーター時代の経験を仕事に活かせる場合もあるでしょう。

現在、フリーターの人は今後の人生設計をしっかり立てたうえで、一歩前へ進んではいかがでしょうか。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC