フリーター期間の履歴書の書き方!志望動機や自己PRを書くコツは?

フリーター期間の履歴書の書き方!志望動機や自己PRを書くコツは?

フリーター期間の履歴書の書き方を場合別でご紹介します。正社員経験がない人や正社員後にアルバイトをしている人ごとに書き方が違います。フリーターだったことを強みに変えて志望動機や自己PRを書く方法もお伝えします。

 

フリーター期間の履歴書への書き方【場合別】

フリーター期間がある人の履歴書の書き方を場合別でいくつかご紹介します。フリーター期間があることをネガティブにとらえる必要はありません。

フリーターといっても仕事はしているわけですから業務の経験値はあるのです。「フリーター時代の仕事は履歴書に書くべきか?」と疑問に思う人もいますが、応募する企業が欲しがりそうな業務経験は書くべきです。

履歴書は会社の役に立つことをアピールする書類

履歴書とは今までの仕事の履歴を書くだけの書類ではありません。「自分が今までどんな仕事をしてきて、どうして御社の役に立つのか」を伝える書類です。

雇用形態が正社員であろうとアルバイトであろうと、応募する企業に役立つ人材であれば採用される可能性は高いです。

企業に役立つ職歴を強調して履歴書に書くことで、自己PRや志望動機を書きやすくなるメリットもあります。

履歴書に嘘を書くと経歴詐称になる

ちなみに、経歴詐称は詐欺になるのでNGです。仮に経歴詐称で入社できたとしても社会保険・雇用保険・年金の手続きをするときにバレてしまいます。経歴詐称がバレたら内定取消やクビになってしまいます。

卒業してからずっとフリーターの場合

学校と卒業してからずっとフリーターの人は、履歴書にアルバイトの職歴を書きましょう。

アルバイト経験を書かないと長い空白期間に見えてしまい不利です。アルバイトも立派な職歴ですので、必ず書くようにしましょう。

採用担当が気にするポイントは?

正社員経験のない人を採用する場合に採用担当者がもっとも気にするのは「正社員はアルバイトと違って責任ある仕事だが理解しているか?」ということです。

採用担当者が不安に思うであろうことは先読みして履歴書に書いておきましょう。

  • 正社員はアルバイトと違って責任ある仕事ですが、御社で責任ある仕事をしたい
  • アルバイト時代は正社員並みの仕事をしていました
  • 正社員として働く場合に不足するスキルは自主的に勉強していきます

など採用担当者が安心する文章を書いておきましょう。有利になるようなアルバイトでの経験がない場合は自己PRや志望動機を充実させましょう。

採用担当者が疑問に思うこと

また、採用担当者は「なぜ正社員ではなくフリーターだったのか?」を疑問に思うので、フリーターを選んだ理由を書いておきましょう。

  • 夢を追いかけていた
  • 資格の勉強をする時間を確保したかった
  • 就活に失敗したが希望業界をあきらめられずアルバイトでもいいから希望業界で働きたいと思ったから

などです。ずるずるとフリーターを続けてしまった場合は反省していることと、これからは正社員として頑張りたい旨を書きましょう。

正社員を辞めてフリーターの場合

正社員をやめてフリーターをしている人は、履歴書に書く職歴のメインはあくまでも正社員の職歴です。

アルバイト経験を書くことで履歴書の印象が悪くなるようであれば書かないのも手です。ただし、フリーター期間が長いのに履歴書に書かないと長い空白期間に見えてしまいますので、アルバイトの職歴を書いた方が良いでしょう。

また、アルバイトの業務内容が応募する企業に役立つものであれば書いた方が有利です。

面接では「正社員をやめたあとに、なぜアルバイトをしていたのですか?」と聞かれる確率が高いです。「御社で働くための準備をしていた」というのがおすすめです。

「私は営業経験がなかったため、御社で働く前にアルバイトの営業職でスキルを学んでから御社を受けようと思っていました」

この方法はアルバイトの職種と応募する企業の職種が似ている必要がありますが、効果的です。また、

  • 資格取得のために勉強する時間を確保したくてアルバイトしていた
  • 御社で働くための基礎勉強をする時間を確保したくてアルバイトをしていた

というのも印象が良いです。

フリーター期間のアルバイト歴は職歴に書ける?

フリーター期間のアルバイト歴は履歴書に書いても問題ありません。前述のとおり、応募する企業が欲しがるような実務経験があるなら、むしろアルバイト経験を書いた方が有利です。

雇用形態がアルバイトだったことは明記する

履歴書に書くときは勤めた会社名の横に「(アルバイト)」と記載しておきましょう。

履歴書は読む人(採用担当者)の立場に立って書くのが大切です。雇用形態が正社員だったのか、アルバイトだったのか一目でわかるようにしておきましょう。

業務内容を簡潔に記載する

そして、アルバイトでしていた業務内容を一行で簡潔に書きましょう。書き方のコツは、応募する企業が欲しがる実務経験があるとアピールすることです。

例えば、営業職に応募するなら、アルバイト時代の勤務先名だけでなく「〇〇の販売職として勤務」と一言書きましょう。

社名だけだと業務内容がわかりませんが、販売職をしていたなら「人とのコミュニケーションは問題なさそうだ」と伝わり「販売ができたなら営業もできるかもしれない」と採用担当者にイメージさせることができます。

短期のバイトは書くと逆効果かも

ちなみに、短期のアルバイトを数多くやってきた場合は、すべてを書くと見づらい履歴書になってしまいます。また、採用担当者に「うちもすぐやめるのでは?」と不安に思われてしまいます。

短期のアルバイトが多い場合は「〇〇株式会社 他」や「その他、短期のアルバイトに従事」とまとめてしまっても問題ありません。

 

空白期間がある場合の履歴書の書き方

家庭の事情で仕事ができなかったのであれば問題ありませんが「なんとなく働きたくなかった」「遊んでしまった」など場合は、空白期間を書く際に工夫が必要です。

空白期間に勉強したこと、目指した資格など努力したことがあれば書きましょう。

  • 御社で働くために〇〇の勉強をしていました
  • 御社で働くのに必要な〇〇の資格の勉強をしていました

などと書くと努力が伝わりやすいです。もし本当に何もしていなかった場合は、何もしていなかったことを正直に書いても良いでしょう。

「何もしていなかったことを反省していて、今は心を入れ替えて頑張っています」というアピール文は付け加えておきましょう。

本当にニートだったらそもそも就活しませんから、就活している時点で働く気はあるわけです。過去は過去ですから、気持ちを入れ替えたという素直な気持ちを書きましょう。

現在もニートの人は、履歴書に何か書けるように新しいことにチャレンジしてネタをつくるのもおすすめです。短期間でもかまわないので、何か新しいことにチャレンジして履歴書に書けるネタを作ってみましょう。

病気で空白期間が出来た場合の履歴書の書き方

病気で長期療養していた人は、正直に事実を履歴書に書きましょう。何年何月に病気のために退職・療養に入ったかを記載します。

また、病気で長期療養していた場合は必ず「現在は完治しており、業務に支障はありません」と書くことが大切です。

業務に支障がないことを書かないと採用担当者は「まだ療養中なのかな?仕事できるのかな?」と心配になってしまいます。

また、療養中に取り組んでいたことがあれば書く方が良いです。何か仕事の役にたつことを勉強していたとか、資格取得のための勉強をしていたなどがあると「療養中にも関わらず意欲的だな」ととても印象が良いです。

 

フリーター期間があることを活用して履歴書を書く

フリーター期間が長く、様々なアルバイトをしてきた人には大きな強みがあります。様々なジャンルの仕事の実務経験があることです。これは正社員だけをしてきた人にはなかなかできない経験です。

幅広い業務経験を経験値と考える

事務、接客、肉体労働、販売、軽作業など広い業務経験がある人は人生の経験値が高いとも言えます。

また、あらゆる仕事をしてきた中で自分に合う仕事を見極めることができるのもフリーターの特権です。

自分に向いている仕事を知ることも出来る

新卒で正社員就職した人は自分に合う仕事もわからずに、ある意味「賭け」で就職したとも言えますよね。

様々な仕事をすることで「自分は人とコミュニケーションをとる仕事に向いている」とか「自分は1人でもくもくと作業する仕事に向いている」など自分に向いている仕事がわかります。

自己PRや志望動機を書く際にも「自分に向いている仕事」が役立ちます。

私は様々なアルバイトをすることで営業職に向いているとわかりました。アルバイト時代は営業で〇〇という実績があります。これからは営業を極めるために御社で正社員として責任ある立場で仕事をしたいです。

色々な仕事をした結果営業職にたどり着いたのであれば、すぐに辞めるリスクも少ない印象があり、採用担当者も安心します。

フリーター期間があることを活用して履歴書を書くこともできるのです。

自己PR

仮にフリーター経験しかなくても自己PRを書くことはできます。アルバイト時代に身につけた力が自己PRに使えます。

  • 仕事のスピードが早い
  • 決められた期限までに仕事を終わらせる能力がある
  • 売上目標を達成する力がある
  • 新人教育を通してマネジメント力がついた
  • 人とのコミュニケーション能力が高い

など、アルバイトで身についた力は沢山あるはずです。

自分の強みがわからない場合はアルバイトの同僚に聞いてみると良いでしょう。周りの同僚からどう見られているかは履歴書を書くときにとても使えます。

自画自賛の自分の強みよりも「周りの人は私の強みを〇〇だと言っています」という方が客観性があり、採用担当者も納得しやすいです。

自分が気づいていなかった強みを知るチャンスでもありますので、同僚に聞いてみましょう。

仕事のスピードが早い、目標達成能力がある、コミュニケーション能力が高いなどは正社員の仕事にも求められるスキルですので自己PRに使えます。

「私はアルバイト時代に目標売上を〇回達成しました。目標を達成するという私の強みを御社で活かしたいです」と書くと説得力があります。

自己PRとは自分を売り込む文章です。自分の強みを押し出していきましょう。

志望動機

志望動機を上手に書くためにも、応募する企業の事業内容に興味を持ちましょう。

志望動機の基本は「御社の事業内容がおもしろいと思ったから」というものです。

間違っても「御社は給料が高いから」「休みが多いから」という志望動機はダメ働く意欲を感じませんから不採用になってしまいます。

そもそも応募する企業選びの段階から「事業内容に興味をもてる会社」だけをリストアップすることをおすすめします。

志望動機を書くコツは3つです。

  • 事業内容に興味をもった会社の仕事を自分もやってみたいと思った
  • 自分が今までやってきた実務経験が御社に活かせると思う
  • だから御社を志望する

という構成で文章を作ってください。

私は御社の〇〇の事業に興味を持ち、自分もやってみたいと思いました。私がアルバイトで培ってきた〇〇のスキルが活かせると思ったため、御社を志望します

まず企業は自分たちがやっている事業に興味を持ってくれたことが嬉しいものです。

そして、あなたを雇用することで具体的にどんな利益があるかをあなたが提示してあげると最高です。

フリーター期間が長いからといって志望動機が不利になることはありません。上記の志望動機の作り方の型を使えばシンプルで伝わりやすい志望動機ができます。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから