実際目指せるの?パートから正社員

実際目指せるの?パートから正社員

パートやアルバイト等の非正規雇用者と正社員では、仕事内容はもちろん給与や様々な福利厚生、退職金など様々な面で違いがあります。

現在パートで働いているけれど、「本当は安定した正社員として働きたい。」という方も多くいますよね。

キャリアパスが整備されている会社を選び、正社員登用制度を利用すれば、パートして職場で経験を積みながら、正社員に登用される可能性があります。

正社員登用制度とはどのような制度なのか、また確認すべきポイントはどんなことがあるのか等を紹介します。

 

知っておこう!正社員登用制度

知っておこう!正社員登用制度

正社員登用制度とは、パートやアルバイト、契約社員等の非正規雇用から正社員へと同じ職場内で雇用形態を転換する制度のことです。

労働者側からすると、いきなり正社員で働くことは敷居が高い場合や、どんな職場か試してみたいという場合に、パートとして経験を積むことができる点がメリットです。

パートであるメリット

中退やフリーター期間が長い場合など、いきなり正社員として採用されることが難しい場合も、履歴書では見えない働きぶりを見てもらうことで、正社員になれるチャンスをつかむことができます。

転職とは異なり、基本的に同じ企業内で勤務を続けることができるので、パートとして慣れた職場でキャリアアップをすることができる点も魅力です。

雇用主側にもメリットがあります。まずは非正規労働として雇い、働きぶりや勤務態度を確認してから正社員として採用することができるので「正社員として採用したけれど、実は全然仕事ができなかった。」というようなリスクを回避することができます。

正社員登用制度を利用して正社員を目指す

転職となると、新たに仕事を覚えたり、新しい人間関係を築いたりと何かと大変です。一般的にパートから正社員になることは難しいイメージがありますが、この制度を利用すれば、パートから正社員になることも夢ではありません。

実際に多くの非正規雇用者が、正社員登用制度を利用して正社員として働いています。ですが、正社員登用制度は、法律で決められた制度ではないので、必ずしもすべての企業で採用されている制度ではありません。

職場の正社員登用制度の実態を知っておくことも大事

あくまで正社員として登用する可能性があるとするにとどまる会社もあれば、パートから正社員までのキャリアパスがわかりやすく整備されており、積極的に正社員登用を行っている会社もあります。

正社員登用制度を採用している会社では、様々な方法で正社員登用を実施しています。

例えば、毎年決まった時期に非正規雇用者を対象とした正社員登用試験を実施するケースや、まずは全員非正規雇用者として雇用した後、一定期間が経過すれば特に試験は実施せずに自動的に全員正社員に転換するというケースもあります。

正社員として働きたい職場が正社員登用制度を実施しているかどうかや、どのような方法を採用しているかを事前に確認しておくと安心です。

制度が無くてもパートから正社員になれる可能性もある

逆に、正社員登用制度が求人情報等に明記されていない職場だからと言って、必ずしも正社員登用がないとも限りません。

特に小さな会社や個人事務所などでは、パートとしての働きぶりが認められれば、「正社員として働かないか。」と声を掛けられるケースも数多くあります。

もちろん、パートから正社員への登用を一切していない職場もありますので事前に人事担当者に確認しておくと安心です。いずれにしても、将来的には正社員として勤務したいという希望があるならば、そのことを周囲にアピールしておくことは大切です。

いくら制度や環境が整っていても、アピールが足りず「正社員として働きたいという意欲が見えない。」等と上司から判断されれば、正社員登用制度の対象から外されてしまうこともあり得ます。

制度があっても正社員になれない可能性もある

正社員登用制度の対象は、非正規雇用者であることの他にも、勤続年数や、所持している資格、普段の働きぶりの評価等から判断されます。制度があるからと言って、全員が正社員登用制度の対象になることができるとは限らないので注意しましょう。

正社員登用のために、パートであっても責任のある仕事を担当させたり、仕事内容に関する専門知識を問う筆記問題を課したり、厳しい基準を設けている企業もあります。

パートだからと無責任な働き方をせず、責任をもって意欲的に仕事に取り組んでいくことが大切です。また、仕事内容に関する勉強をしたり、仕事にあると役に立つ資格の勉強をする等、日ごろから自分磨きをすることも効果的です。

違いを説明!パートと正社員

違いを説明!パートと正社員

パートから正社員に雇用形態が転換すると、待遇が大きく変わります。基本的には、様々な点でパート等の非正規雇用よりも正社員の方が優遇されている場合が多いです。

パートと正社員では収入が違う

何と言っても、毎月ある程度決まった収入を安定して得られる安心感というのはとても大きいです。パートですと、祝日が多い月は収入が減ったり、会社の閑散期には仕事が減らされてしまったりと収入が安定しないことが多々あります。

収入面での正社員になるメリットとして、毎月の安定収入と同じくらい大きなメリットは賞与です。ほとんどの場合、パートでは賞与は支給されません。あったとしても寸志程度なことがほとんどです。

一方で正社員になると、多くの場合、夏と冬に賞与が支給されます。もちろん正社員であっても賞与が支給されないケースもあるので絶対とはいえませんが、賞与があることで、生活に余裕ができます。

車や家電など大きな出費がある時にもボーナス払いができますので助かります。普段の家計の赤字を賞与で補填するという家庭も珍しくありません。

やりがいと責任が大きくなる

一方で業務内容に関しては、パートから正社員になることで、責任は当然重たくなるでしょう。ですが、その分やりがいも大きくなります。

パートの時には参加させてもらえなかった会議や取引先との交渉などにも参加することができるようになったという声も聞きます。パートであれば、ほとんどの場合、正社員のアシスタントや雑務に徹することが主な仕事内容になります。

自分がしている仕事の詳細について聞くこともできないような状況もあり得ます。その分、仕事の最終的な責任を取るようなことはないので子育て中や、介護中など仕事に集中できない環境にある方ならそれで充分かもしれません。

ですが、どんどん仕事を覚えたい人や、様々な経験を積みたい人にとっては、パートの仕事内容では満足できないこともあるでしょう。

正社員は退職金がある場合が多い

また、パートと正社員の違いとして、退職金制度の有無もあります。正社員であれば転職を考えた時や定年を迎えた時など退職する場合に退職金が支給されます。

退職金は、転職による退職の場合は当面の生活費として非常に助かります。転職のために退職しても、失業保険が支給されるまでは約3ヶ月程度無収入になります。その間は貯金を切り崩す生活になります。

また、自分にあった転職先が失業保険の受給期間中に見つかるとも限りません。そんな時に、ある程度まとまった退職金があれば、焦らずに転職活動に集中することができます。

更に、定年退職の場合はリタイア後の生活を彩ってくれる資金として退職金を活用することができます。退職後に、田舎に土地を購入して移住したり、喫茶店等の自分の店を始めたりすることができるのは、退職金があるからこそです。

パートでは、転職中の生活費が工面できなかったり、高齢になってもいつまでも働き続けなければいけないという話も聞きます。

退職金は、現役で働いている現段階ではあまり現実味を帯びない話かもしれませんが、とても大切な制度です。その他のパートと正社員の違いとしては、パートから正社員になった場合、転勤を命じられることがあります。

特に全国に支社がある企業の営業職等は、全国転勤が当たり前です。転勤があると聞くと、躊躇してしまう人も多いようですが、転勤は決して悪いことではありません。

様々な土地に住むことができるという経験はなかなかできません。また、一つの職場に縛られずに済むので、人間関係に悩まされることも少ないです。

気が合わない上司や同僚とも一定期間がたつと離れることができます。転勤があることによって、却ってメリットとなる部分も多くあるのです。

 

要チェック!本気で正社員を目指したいなら

要チェック!本気で正社員を目指したいなら

パートから正社員になることを本気で目指すなら、確認すべきポイントがいくつかあるので紹介します。1つ目のポイントは、パートから正社員になるキャリアパスがきちんと整備されている職場かどうかを確認することです。

職場のキャリアパスが整っているか確認

キャリアパスがきちんと整備されている会社では、パートから正社員になりやすいと言えます。例えば、ある会社では、パートとして入社して、経験と実績を積むとパートリーダーになることができます。

そこから、希望によって契約社員になることができ、そこでも経験と実績を積むことによって、正社員登用試験を受けることができます。

段階的に正社員に向かって昇格していくシステムが非常にわかりやすく労働者に示されているようなキャリアパスが整備されている会社であれば、パートから正社員になることが、スタンダードとなっており、スムーズに正社員になることができる場合も多いです。

正社員になった人からアドバイスをもらう

同じようにパートから正社員になった人も多くいるため、情報も得やすく、正社員になるためのアドバイスもしてもらいやすいでしょう。

実は、パートから正社員になった人から情報を得るということはとても大切なことなのです。なぜなら、会社側が正社員登用制度があると言っておきながら、実際に制度が活用されていない場合もあり得るからです。

パートから正社員になった割合を確認

自分の希望する職場で、実際どれくらいの人がパートから正社員になっているかは、確認すべきポイントの2つ目です。あまりにも実例が少ない場合は、実は積極的に正社員登用がなされていない可能性があるので注意が必要です。

多くの人がパートから正社員になって活躍している職場であれば、上司や人事担当者も慣れていることが多く、スムーズな移行ができるでしょう。

正社員登用の頻度を確認

3つ目の確認すべきポイントは、どれくらいの頻度で正社員登用がされているかです。正社員登用を積極的に行っている企業では、3ヶ月~半年くらいで正社員登用試験を実施するケースがあります。

この場合は、試用期間としてパート等の非正規雇用で様子を見て、特に勤務態度や仕事ぶりに問題がなければ正社員として登用される場合が多いようです。

特別な問題がなければ正社員となることを前提に入社することができる会社もあります。実際のところは、年に1回~2回程度、決まった時期に正社員登用試験を実施している会社が多いです。

正社員登用される条件は会社によってさまざま

正社員登用試験を受けるには、決められた勤続年数を経過していることや勤務態度に問題がないこと、上司の推薦が必要な場合等様々な条件を決めている会社もありますが、特に基準はなく誰でも受験できる会社もあります。

上述した通り、正社員登用制度は法律で決められた制度ではないため、会社によって実施方法は様々です。

中には、正社員登用試験を受験できる回数に制限を設けている企業もありますので、むやみやたらに制度に挑戦すればいいというわけでもなく、注意が必要です。

正社員登用制度を利用したいと考えたら、自分自身のライフプランをイメージすることが大切です。今すぐにでも正社員になりたいのか、パートとしてある程度勤務経験を積んだ後に正社員に挑戦したいのか見極めなければいけません。

 

目指せ!パートからの正社員

目指せ!パートから正社員

パートと正社員では、待遇や仕事内容にやはり大きな違いがあります。「自分は、パート等の非正規雇用しか経験していないから、今更正社員なんて難しい。」と考える人もいるかもしれません。

ですが、簡単にあきらめることはありません。正社員登用制度を利用すれば、パートから正社員になることができる可能性は大いにあります。パートから正社員になることができれば、経済的にも安定しますし、仕事内容も充実すると考えられます。

「パートから正社員を目指したい!」と意欲的に仕事に取り組んでいても、そもそも職場に正社員登用制度がなければ、話になりません。職場によっては、制度がなくても仕事ぶりが認められて、異例でパートから正社員へ昇格ということもあるかもしれません。

確実にパートから正社員になりたいのであれば、あらかじめ正社員登用制度のある会社を選ぶことが得策です。更に、パートからどのような道順で正社員に昇格することができるのか明確なキャリアパスが整備されている会社だと言うことなしです。

パートから正社員を本気で目指すならば、働く会社にパートから正社員になることができるキャリアパス制度が整備されているのか事前に必ず確認しましょう。

パートから正社員になることは、一見難しいように思えますが、環境さえ整っていれば、そんなに難しいことではありません。

真面目に責任感をもって仕事に取り組むというごく当たり前の働き方をしていれば、自然に正社員への道が開かれていきます。パートから正社員を目指すならば、正社員登用を積極的に行っており、キャリアパスがきちんと整備されている会社を選んで働きましょう。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから