フリーターで婚活をする時に知っておきたいことを男女別にご紹介!

フリーターで婚活をする時に知っておきたいことを男女別にご紹介!

フリーターは正社員と比べると、自由に時間が使えるという大きなメリットがありますが、収入の少なさや生活の不安定さというデメリットがあることも確かです。

もしも結婚したいと思ったら、そのデメリットが大きくのしかかる可能性が否定できません。

そこで、フリーターで婚活をする時に知っておきたいことについて、男女別に説明して行きましょう。

 

フリーターだけど結婚がしたい!男性が知っておきたいこと

まだ20代の若いフリーターの男性の中には、正社員では味わえないような自由な生活を謳歌したり、自分の夢をかなえるために頑張ったりといった日々を送っているため、結婚したいと思わない人が大勢いるでしょう。

好きな女性との関係においても、普通にお付き合いを続けられればそれで良く、将来その人と家庭を持つことまでは意識しないのです。

それでも、そういった男性の中にも、ある程度年齢を重ねると結婚したいという気持ちが芽生えてくる人が少なくありません。30代が近付いてくると、結婚について真剣に考えるようになる男性が増えてくるのです。

フリーター男性は結婚相手が見つけにくい

ただ、ここで大きな問題となるのが、フリーターの男性が結婚相手を見つけるのは難しいということです。

女性の中にはフリーターでも結婚できた人が少なくないのですが、フリーターの男性には結婚したいと思っても、その望みを叶えることができないまま年を取って行く人がたくさんいます。

結婚しづらい理由:経済力を求められる

その理由としてまず挙げられるのは、結婚相手の男性に経済力を求める女性が多いことです。

単なる恋愛関係であれば、お互いの愛情が最も大事だということで、男性に経済力がなくても気にしない女性も少なからずいます。

しかし、結婚生活には愛情だけでは乗り越えられない壁が数多く待ち構えており、その中でも代表的と言えるのが経済的な問題です。

例えば、二人が暮らしていくためには家賃や食費、光熱費など様々な場面での出費を賄うためのお金が必要になります。

そういった費用に充てられるお金が不足すると喧嘩の原因になってしまい、以前は良好だった夫婦の仲が険悪になることはよくあります。

夫の収入の低さで離婚したケースも

実際に離婚した夫婦の中にも、夫の収入が少ないことがそのきっかけになったという例が多く見られるので、経済力のない男性との結婚は、女性にとって大きなリスクを伴うことは間違いないと言えます。

また、二人だけの生活が続くのであればまだしも、将来子供を作りたいと考えるのであれば、男性の収入が少ないことはとても大きな障害となります。

出産自体に少なくない費用がかかる上に、奥さんが働けなくなって収入が減るため、男性にかかる経済的な負担がより大きくなるからです。

もちろん子どもが生まれればそれで終わりではなく、その子どもが成長して大人になるまでに必要となる生活費や教育費などで、多額の支出を覚悟しなければなりません。

安定を求める女性とフリーターは結婚しづらい

このように、結婚生活を満足に送るためにはかなりのお金がかかることから、愛情があるというだけでフリーターと結婚しようと思う女性は極めて少なくなるのです。

さらに、女性には男性よりも生活の安定を求める傾向があるため、結婚を意識する年齢になると、フリーターを恋愛対象としてさえ見なくなるという人もいます。

一定の年齢を過ぎたら、フリーターは結婚どころか恋愛の相手を見つけることすら難しくなってしまうということです。

親御さんから反対される可能性もある

また、例え生活が不安定でも結婚しても良いと言ってくれる女性がいたとしても、その親御さんに反対されてしまう恐れが大きいことも、フリーターの男性が結婚することが難しい理由となります。

大人になるまで大事に育てた娘には、自分たちの手を離れた後にも安定した生活を送ってほしいと思うのが親心なので、経済力のないフリーターとの結婚に反対するのは当然のことだと言えるでしょう。

いかにその女性が相手の男性に対して愛情を感じていたとしても、親御さんから大きな反対を受けることで決意が揺らぎ、結婚に踏み切れずに別れてしまうことは珍しくありません。

婚活よりも就活を頑張った方が結婚できるかもしれない

そういった理由から、男性はフリーターのままではいくら婚活を頑張っても、結婚することはたいへん難しいと言えます。

したがって、フリーターの男性が結婚したいと望むのであれば、安定した収入が得られる正社員を目指して、就職活動をすることから始めるのがおすすめです。

結婚したいのに婚活ではなく就職活動を始めるなんて、遠回りではないかと思ってしまう人もいるかも知れません。

しかし正社員になれれば収入が増えて、女性に結婚や恋愛の対象から外されてしまうことがなくなりますし、また親御さんから結婚を反対されてしまう可能性を大きく下げることも可能となるのです。

女性は結婚すれば幸せになれる?知っておきたいこと

上でも少し触れましたが、同じように収入が少ないフリーターであっても、女性は男性よりも結婚しやすい傾向があります。

男性には結婚相手に経済力を求める人がそれほど多くないので、フリーターでも魅力がある女性なら、結婚できる可能性が十分にあるのです。

自分に自信を持つことが大事

むしろ、フリーターであることを大きな問題だと思い込んだり、婚活しても自分なんて絶対に選んでもらえないだろうと気にしてしまったりすることが、結婚を遠ざけてしまう原因になりかねないことに注意しておくべきです。

自分に対して自信が持てない女性は、自分が本来持っているはずの魅力を男性に十分アピールすることが難しくなってしまうからです。

フリーター女性が結婚しやすいわけではない

ただし、女性の場合はフリーターでも正社員と同じように結婚できる可能性があるのかと言うと、実はそうではないことも知っておいた方が良いでしょう。

あくまでも同じフリーターという枠の中で男性と女性を比べた場合に、女性の方が結婚しやすいというだけであって、同じ女性という枠の中でフリーターときちんとした職業に就いている人を比べると、残念ながら後れを取ってしまう可能性があるのです。

その理由としてまず挙げられるのは、男性は女性ほど結婚相手に経済力を重視しないとは言え、やはり現実的には結婚生活にはお金がかかることを理解しているため、できれば女性にも安定した収入があった方が望ましいと考える男性が少なくないからです。

彼氏の親に反対される可能性もある

また、男性が自分の親に結婚を考えている相手だと紹介することを考えた場合にも、きちんとした職業を持った女性の方が歓迎される可能性が高くなるという点も、フリーターの女性が結婚において不利になってしまいかねない理由の一つです。

女性も安定した収入源があった方が良い

つまり、女性の場合は男性のように正社員にまでならなくても、何か手に職を付けてそれなりの収入が見込めるようになっておいた方が、男性に結婚を決心させるためのアピールにつながるということです。

また、手に職を付けておくことは結婚にこぎつけるためだけではなく、もしも結婚後に夫婦関係が破たんしてしまった場合にも役に立つと考えられます。

万が一、1人で生きていけなかった時に苦労する可能性がある

結婚する時にはアツアツのカップルでも、時間が経つにつれてその愛情が段々と冷めて行くことは珍しくありませんし、夫の不倫や借金などのトラブルが急に浮上してくることもあり得ます。

もしもそういった理由で結婚生活が上手く行かなくなり、離婚という残念な結末を迎えてしまった場合に、結婚前にフリーターの経験しかなかった女性と、手に職を付けている女性とを比べると、どちらの方がより苦労するかは明らかだと言えるでしょう。

フリーターを卒業することが、将来にも婚活にもプラスに働く

まとめると、女性はフリーターでも結婚できないわけではないので、男性ほど焦る必要はないものの、婚活に力を入れるだけではなく何か手に職を付けて、きちんとした職業に就くように努力をするのがおすすめだと言うことになります。

そういった努力をすることが、フリーターのままで婚活するよりも結婚しやすくなったり、また結婚した後に万が一離婚するようなことになった場合にも幸福に生きて行けたりと、その女性の将来にも婚活にも大きくプラスに働くと考えられるからです。

 

婚活を成功させるために!就職活動を始めよう

ここまで見てきたような理由から、フリーターが結婚を望むなら婚活だけを頑張れば良いというのではなく、男性の場合には正社員を目指すことが、女性の場合には正社員でなくても何らかの職業に就いておくことが肝心となります。

もちろん婚活をすることが無意味だとは言えないのですが、男性の場合はフリーターのままでは成功の可能性はかなり低いというのが現実ですし、女性の場合でもフリーターのままでいるよりは有利になることは確かなのです。

そのため、結婚したければ男女共に就職活動を始めることがおすすめなのですが、それは結婚を意識した時ならいつでも大丈夫なのかと言うと、実はそうでもないことに注意が必要です。

年齢が上がると正社員就職がしづらい

その理由としては、年齢が上がると結婚相手を見つけること自体が難しくなるだけではなく、正社員を始めとした安定した職業に就くことも困難になって行くからです。

いくらフリーターとして長い間真面目に働いていたとしても、その経験を認めて正社員にしてくれるような企業は少ないでしょう。

年齢が高くなれば当然体力が落ちてきますし、一般的に新しい知識や技術を吸収する能力も下がって来るので、やはりフリーターを脱却したいと思うなら、就職活動を始める時期が早いに越したことはないのです。

20代フリーターの就職活動方法

そこで、20代フリーターが就職活動を始めるためにはどうすれば良いかを考えてみると、まずはオーソドックスに求人誌や求人サイトで正社員を探すという方法が挙げられます。

そうして就職試験を受ける場合には、履歴書にフリーター生活で身に付けたことをきちんと記入したり、働いていた経験を生かして面接での受け答えをしっかりとしたりなど、自分の長所を上手くアピールすることが肝心となります。

アルバイトからの正社員登用を目指す

そのように直接正社員を目指すことにためらいがあったり、実際にやってみても上手く行かなかったりといった場合には、アルバイトから正社員へのステップアップを目指すというやり方もあります。

例えば、現在アルバイトとして働いている職場で正社員の募集があればその試験を受けたり、正社員への登用制度があるアルバイト先へ移るといったようにです。

資格を取得して就職活動を有利にする

また、フリーターには自由な時間が多いという利点を生かして、勉強して資格を取得することで就職活動を有利に進めるというやり方も考えられます。

ここまでにいくつか例を挙げて来ましたが、どのようにして就職活動を始めて良いのかが自分では分からない場合には、専門家の手を借りるのも良いでしょう。

例えばインターネットを通して就職エージェントや就職支援サービスを活用してみると、自分一人では進むべき方向が分からなかった人でも、未来への道がしっかりと見えて来ることが期待できます。

 

 

就職をして前向きに婚活を進めよう!

このように、フリーターが婚活を成功させるには、まずは正社員などに就職しておくことが大事で、そのために何をすれば良いかが分からない場合には、就職エージェントのような専門家が役に立ってくれます。

就職エージェントは、サイト上に掲載された情報を頼りに、利用者が自分で求人を探して応募するといった本人任せのサービスではありません。

まずはサイトを通して申し込みを行った後に、実際にエージェントと会って面談を行ない、その後自分にあった企業を紹介してもらうという流れが基本となります。

その流れの中で、自分にはどういった職種があっているかを相談できたり、書類の書き方や面接の際の受け答えのし方などをアドバイスしてもらえたりなど、就職活動に慣れていない人でも安心できるようなサービスが色々と受けられるという点が大きな魅力です。

そういった就職エージェントを利用するなどして、正社員のようにきちんとした仕事に就くことができれば、婚活に対してフリーターの時よりもずっと前向きに進めるようになるはずです。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから