幸せを掴みたい!フリーターの女性は正社員の男性と結婚できる?

幸せを掴みたい!フリーターの女性は正社員の男性と結婚できる?

「私がフリーターのままでも、経済力がある正社員の男性と結婚すれば幸せになれる」。

そう考えている女性は意外と多いものです。

確かに女性がパートやアルバイトなどの非正規雇用であっても、男性に経済力があれば子供を育てることも、家を購入することも可能でしょう。しかしながらそれはあくまで「結婚した後の話」。

そもそも、フリーターの女性が正社員の男性と結婚できる可能性は低いのです。フリーターの女性の実情はどうなっているのかをご紹介しましょう。

フリーターの女性は正社員の男性に巡り合えない

フリーターの女性は正社員の男性に巡り合えない

当然ですが、正社員の男性が働いている企業には正社員の女性もいます。

また社内に限らず、取引先にも正社員の女性はいるのです。

優秀な男性であればあるほど、社内でも取引先でも、多くの女性と出会う可能性が高くなります。

逆にフリーターを続けている場合には、フリーターと出会う可能性が高くなるわけです。

恋愛というのはどうしても、身近なコミュニティ内で完結してしまいがちです。

つまり女性がフリーターを続けていると、正社員の男性との出会いの場が少なくなるということ。

正社員は正社員同士、フリーターはフリーター同士で付き合い、そして結婚するようになっているのです。

また仮に正社員の男性と出会うことができたとしても、フリーターの女性が結婚相手として選ばれる可能性は低いのが現状です。

なぜなら女性が男性に経済力を求めるのと同じように、男性達も女性に経済力を求めるようになっているからです。

男性一人で家庭の出費を賄う時代は過ぎ去った

世帯割合で見れば、女性が専業主婦である世帯は4割もありません。つまり、半数以上の家庭では結婚後も女性が働いているのです。

男性に対して経済力を求める女性からすれば残念に思えるところではありますが、バブルの崩壊やリーマンショックなどを経て、「男性一人の給料で家庭の出費を賄う」という時代は過ぎ去ってしまいました。

そうである以上、男性も女性に対して、「結婚後も働いて欲しい」という思いを抱くのは当然と言えるかもしれません。

特に子供を育てることなど、将来を見据えた男性であればさらにその傾向は高いでしょう。

未来の旦那を安心させるために

もちろん男性としても「女性には、結婚後も子供を育てながら正社員として働いて欲しい」と思っているわけではありません。

しかし、正社員として働いた経験がない女性に対しては、「遊びたいからフリーターをしているのではないか?」「結婚したら専業主婦になりたいのではないか?」と一歩引いてしまうのも事実なのです。

特に女性が結婚したくなるような男性であれば、いずれ子供を育てることや家を購入することまでしっかりと考えているもの。

「自分はフリーターだが、経済力のある正社員の男性と結婚したい!」というのは、男性から見ればずいぶん都合のいい話に思えてしまうのです。

正社員と付き合うのと結婚するのは別問題

そうなると、せっかく正社員の男性と出会うことができたとしても、結婚相手としては選ばれずに終わってしまいます。

一時的にお付き合いをすることはあるかもしれません。しかし男性が結婚を意識した時には、生涯の伴侶として寄り添うことをためらってしまうのです。

最終的に正社員の男性とは結婚できず、フリーターを続けるということになってしまいかねません。

結婚するのはどうしても同じレベル同士で、ということになってしまうのです。

正社員と結婚するためにできることとは

正社員と結婚するためにできることとは

では、フリーターの女性が、正社員の男性と結婚するにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは出会いの場が必要であることは言うまでもありませんが、今は社会的に晩婚化していること、また生物学上から言えば男性の方が女性より出生数が多いこともあり、正社員であっても出会いを求めている男性がいるのは確かです。

合コンや街コン、あるいは友人や知り合いからの紹介などで出会いの機会を得ることは可能だと言えるでしょう。

他の女性より一歩リードするには

しかしながら、経済力がある正社員の男性は「優良物件」。女性同士で奪い合うことになるのは確実です。

あなたが一歩リードするためには、他の女性と差をつけなければなりません。そのためにできるのはまず、外見を磨くこと。

結局のところ、フリーターなのに正社員で経済力がある男性と結婚できる女性というのは、若くて綺麗な人が多いのです。

まずは見た目であなたを印象付けられるようにしましょう。また、男性は自分磨きのために努力している女性を見ると、可愛いと思うものなのです。

外面と同じくらい、内面にも努力する

そのためには外見だけでなく、手に職をつける、あるいはスクールに通うなど、女性としてだけでなく人間としての価値を高める努力をするのも大切なことです。

そういった努力は男性との会話のきっかけにもなりますし、「しっかりした女性だな」と思ってもらうことにも繋がります。

離婚した後の生活を考える

とは言うものの、せっかく正社員の男性と結婚することができても、離婚に至ってしまう可能性はゼロではありません。

現代は三組に一組が離婚すると言われています。もちろん結婚生活をまっとうするに越したことはありません。

ですが、もしあなたがフリーターのままで結婚し、残念ながら離婚に至ってしまった場合のことも考えておく必要はあるでしょう。

特に子供がいる場合はより大変です。日本で離婚をした場合、よほどのことがない限り、母親が子供を引き取ることがほとんどです。

離婚した女性がフリーターのままで子供を育てていくのは、経済力の面から言えば非常に難しいと言えるでしょう。

現在、離婚後にフリーターとして子供を育てている母子家庭の貧困が社会的に問題化しています。

あなたがそうなってしまわないよう、「男性の経済力に頼りすぎてしまうことにはリスクが伴う」ということを忘れないようにしてください。

正社員同士での結婚が一番リスクが少ない

そう考えるとやはり、正社員同士で結婚するということが、最もリスクヘッジができると言えるでしょう。

もし結婚して子育てのために退職したとしても、正社員として働いていた経験があるというのは、再就職する上で非常に大きな強みになります。

正社員で働いた経験がないシングルマザーとなると、企業としても正社員雇用に二の足を踏みます。

そのため、フリーターを続けるという選択をせざるを得ません。

そういったことにならないよう、いずれ結婚後にはパートやアルバイトをするとしても、結婚する時には男女とも正社員同士であることが望ましいのです。

フリーター同士で結婚をして生活していける?

フリーター同士で結婚をして生活していける?

それでも、どうしてもフリーター同士で結婚したい!となった場合。

フリーター同士の男女が結婚生活を成り立たせることは可能なのでしょうか。確かにお互いが若い内は、経済力がさほどなくても生活は成り立つでしょう。

短期的に、それなりの生活は出来る

それにフリーターの給料は全国的に上昇傾向にあります。短期的に見ればそれなりの生活をすることは可能でしょう。

しかしながら子供を育てること、そして家や車などを購入することなどを考えると、フリーター同士の結婚生活は経済力が弱いと言わざるを得ません。

年収や社会保障がないフリーターは不安定

確かに月収ベースで考えれば、正社員よりも経済力があるフリーターがいることは否定しません。

しかし多くの場合フリーターにはボーナスもなく、社会保険なども正社員に比べれば最低限のものであることがほとんどです。

月収に目がくらんでしまいがちですが、フリーター同士の共稼ぎは結局のところ損なのです。

またフリーターとは非正規雇用ですから、企業側の都合で人員を削減したり、あるいは事業所自体が閉鎖されるなどして、急に雇用がなくなってしまう可能性もゼロではありません。

万が一どちらかの仕事が突然なくなった場合、フリーター同士の結婚生活を成り立たせることは非常に難しいと言わざるを得ません。

万が一の時に家計を支える収入があるか否か

もしもあなたのパートナーである男性が急に働けなくなった場合、あなた一人で二人分の、あるいは子供も含めた数人分の生活を成り立たせることができるでしょうか。

若い内はいいとしても、様々な観点から見てフリーターには保証がないのです。

一生賃貸物件でいいと考えたとしても、年齢が高くなればなるほど、フリーターが家を借りるのは難しくなります。高齢の親を保証人にしようとしても、管理会社から断られることも多くなります。

長い目で家庭を築く

家庭を築くとは、「今さえ良ければいい」ということではなく、子供の学費を積み立てておいたり、自分たち自身の老後に向けて貯金したり、将来に向けた様々な準備をしなければいけないということなのです。

世間体も良くない

また経済力の観点からだけではなく、世間体も良くありません。

子供が幼稚園に通う時や進学した際など、両親ともフリーターであるというのはあまりいい目で見られません。

男性が正社員でないと白い目で見られがちなことはもちろんですが、それが男性・女性ともフリーターとなるとよりその傾向は強くなります。

子供が成長するに従って、子供自身がコンプレックスに感じてしまうこともあり得ます。

そして単に周りから距離を置かれるというだけでなく、両親がフリーターだと社会的にも信用がありません。

ローンが組めなくて大きな買い物ができない

家電が壊れた場合など、急に大きなお金が必要になった際のことを考えて見ましょう。

正社員でないというだけでローンが組めないなど、実際に不利益を被ることも多くなります。

ローンが組めなければカードを作ればいいと考えても、フリーターではカードの審査も通りにくいのが実情です。

仮にパートナーの男性がフリーターだったとしても、あなたが正社員であればローンを組むこともできますし、カードを作るにしても審査が通りやすくなります。

自分たちが気にしなくても周囲が気にするのが「世間体」というものなのです。

最低でもどちらかは正社員でないと、何かあった際に生活が一気に破綻してしまう危険性があります。

どうしてもフリーター同士で結婚したいのであれば、「私は女だから」ということではなく、世帯でリスクに備える必要があります。

不安な時は手に職を付けよう!

不安な時は手に職を付けよう!

男性・女性を問わず、ずっとフリーターでいるということは非常に大きなリスクを伴うものです。

今はいいとしても、長期的に見ればフリーターの経済力は弱いものです。

今はフリーターとして生活が成り立っているにしても、いずれ親の介護が必要になったり、あるいは親が亡くなった場合のことを考えて見ましょう。

将来のことを考えてフリーター生活をする

自分自身のことだけを考えていればいいのは今だけだということがよく分かるはずです。

また、自分自身が病気になったり、突然ケガをしてしまい働けなくなる可能性もあります。

高齢になっても、子供がいなければ子供に介護や支援を頼むこともできません。

仮にシングルマザーという選択肢を選ぶにしても、急に子供が体調を崩して入院することもあれば、子供の看病のために仕事を休まなければいけないこともあります。

その時になってから初めて、「正社員になって、もっと経済力をつけていればよかった」と思っても後の祭りです。

フリーター女性が正社員男性と結婚できる可能性は?

そして先ほどもお伝えしたように、フリーターの女性は、経済力がある正社員の男性と結婚できる可能性も低いのです。

幸せな結婚をするためにも、まずは自分自身が正社員になり、男性に頼らなくても困らない経済力を身につける必要があります。

逆説的ではありますが、そうすることによってフリーター同士の結婚を避け、正社員の男性と結婚できる可能性も高まるのです。

残念に思われるかもしれませんが、経済力がある人同士が結婚し、経済力がない人同士が一緒になっているのが現状です。

あなたがフリーターのままでは、経済力のある男性と結婚する可能性を自分で下げているようなものです。

正社員を目指す支援サービスは多い

「そうは言っても今までずっとフリーターだったのに、急に正社員への転職なんて難しいのでは?」などと不安に思う必要はありません。

確かに、未経験から急にハローワークに行って正社員の仕事を探したり、あるいは直接正社員の仕事を探して応募するのはハードルが高いと言えます。

まずは転職エージェントのサービスを利用しましょう。

転職エージェントは、あなたの転職を支えるプロフェッショナルです。フリーターから正社員への転職をサポートしているエージェントも数多くあります。

フリーターのままでいることが不安になったあなたが、転職の相談をするにはうってつけだと言えるでしょう。

そして転職エージェントに相談する一番のメリットは、あなたがフリーターとして積んできた経験やスキルをヒアリングして洗い出してくれるということです。

フリーターとしての経験が正社員としての転職に役立つかどうかなど、自分一人ではなかなか気づけないものです。

しかし、転職エージェントでは丁寧にヒアリングを行い、正社員として活用できるスキルを一緒に見つけ出してくれます。

女性の転職に特化した転職エージェントもあります。

女性の転職に特化していない転職エージェントであっても、女性向け求人を数多く抱えているエージェントもありますので、ぜひ一度、気になった転職エージェントに相談してみてください。

きっとあなたの力になってくれます。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから