フリーターから正社員へ就職!おすすめ職種5選を紹介

フリーターから正社員へ就職!おすすめ職種5選を紹介

フリーターから正社員に就職したら、福利厚生も良くなり、休日も取りやすくなり、給与も安定するなどと良いことずくめですし、これまでなかったボーナスも支給される可能性が高いです。

「そんなこと言われなくても知ってるけど、結局どんなところに就職したら良いか、よく分からない…」と思うフリーターも少なくありません。

また、「そこまで高待遇じゃなくても良いから、とりあえず正社員になりたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、できるだけ良い就職先と出会いたいことには変わりないですよね。

今回は、就職先に悩むフリーターの為に、正社員として就職しやすいおすすめ職種とその内容について詳しく解説します。

【営業】フリーターの就職におすすめの職種

【営業】フリーターの就職におすすめの職種

専門知識が必要な会社以外は、未経験者を歓迎しているのが営業職です。

一般的に採用時に重視されやすい学歴や職種経験、社会人経験をあまり重視していない企業も多いです。

学歴に不安のある方や、未経験でもフリーターから正社員を目指しやすいという点で、おすすめの職種といえます。

ドラマや漫画では「大変だしキツい仕事」と描かれることが多いですが、現実の営業職はどうなのでしょうか?以下で解説していきます。

営業職の特徴

営業職で求められる要素は、人柄の良さや聞き上手などというケースが多いようです。

この「人柄の良さ」とは、「お客様が安心して仕事を任せられる」や「お客様を不快にさせない」という意味でつかわれることが多いです。

話し上手であるとか、底抜けに陽気であるという意味ではありません。

営業職の魅力

魅力その1:人気な職種の基礎を学べる

営業職の最大の魅力は、「全ての職種の基礎を経験できる」という点です。

人気の職種である、マーケティング企画や人事、事務職も、仕事の最終目標はお客様に貢献して利益を得ることです。

お客様にサービスを提供したり利益を得たり経験を、お客様と直接顔を合わせて出来る営業職の経験をしておくことで、マーケティングや人事、事務職にもなりやすくなるのです。

例えば企画職は、ただ企画すればいいわけでなく、当然「売れる商品」を企画しなければなりません。売れる商品を知っているのは、営業職が普段接しているお客様です。

そのお客様を会社の中で唯一知ることができるのが営業職なので、まずは営業で現場に出て自社の商品やお客様のことを知ることが大切なのです。

ですので、営業職は、「営業になったら一生営業をやる」というわけではなく、むしろ最低3年間営業職の経験を積んでおけば、その後の「できる仕事」の幅がどんどん広がっていくと考えた方がいいかもしれません。

魅力その2:給与が高くなりやすい

そして営業はインセンティブが大きいのも魅力です。給与の固定給にプラスして、実績によって毎月給与が増えていく可能性があります。

営業職は必ずしもオフィスで仕事をしなければならないわけではないので、事務仕事が苦手という方にもおすすめです。

自分で毎日働き方を考えながら利益を上げていく営業職は、大手企業にも多く在籍している企業に不可欠な存在です。

営業って大変なの?

漫画やドラマのイメージで、「営業はいつもお客様に頭を下げている」「ノルマが厳しく、営業職は上司から怒鳴られる」と誤解されることがしばしばあります。

たしかに仕事は大変です。クレームが起きたら顧客に頭を下げますし、会社に帰れば上司から怒られる、そんな日もあるでしょう。

とはいっても、このような大変さはどの職種に就職しても経験することになります。

職種を選ぶ際には、「何が大変か」よりも「何が魅力的か」で選ぶ方が充実した社会人生活を送ることが出来るでしょう。

営業職の収入

気になる営業の年収ですが、こちらは企業や業種によって大きく変わってくるでしょう。今伸び盛りの企業であればインセンティブも固定給も高く、いきなり高年収を狙えるかもしれません。

平均でいえば、月収30万円ほど、年収は400万円前後のようです。ボーナスの有無によっても年収は大きく変わりますから、できるだけ待遇の良い会社を狙いたいですね。

営業を選ぶ際の注意点

営業職と一口に言っても、法人営業、ルート営業など種類があります。

比較的取り組みやすいのはルート営業です。昔から定期的にお取引のある顧客に対して継続的に取引を続けてもらう営業手法です。

決まっているルート、お客さまを回って「追加発注はありませんか?最近の売上はどうですか?どの商品が売れてますか?」と確認しながら自社商品を提案する姿をイメージしてください。

法人営業は、株式会社などの企業に対し自社製品を提案します。例えばカラーコピー機のレンタルや機械・バックアップなどは法人営業になるでしょう。

法人営業の場合、商品によってはサクサクと実績を伸ばせるかもしれませんが、今は下火になりつつある業界だと給与を伸ばすのが大変かもしれません。

【飲食】フリーターの就職におすすめの職種

【飲食】フリーターの就職におすすめの職種

飲食は人手不足な会社が多いため、フリーターからでも社員になりやすい職種です。

飲食への就職に向いている人

飲食でのバイト経験が長ければ、その経験も活かすことができるはずですので、早い段階でキャリアアップも目指せるかもしれません。

また、仕事の内容と意味について入社当時から理解している、さらに真面目に働いているとなれば、本部からも良い評価をもらえるでしょう。

とにかく何でも良いから正社員になっておきたい、近い将来転職を視野に入れているが現在はお金を貯めておきたいという場合には、「とりあえず正社員」として飲食業界はフリーターにおすすめできる職種です。

飲食の特徴

学歴、経験、資格のいずれも必要としていない企業や店舗が多くあるということも飲食の魅力です。

飲食の経験がなくとも、飲食の求人は未経験歓迎のものが多いです。とはいえ、ホールとキッチンの両方を行うのであれば、接客経験や料理経験があると優位でしょう。

特に店長候補の求人を探す時には、これら以外にも勤勉さを求められることもあります。

キッチンとホール、この2つが分かれた求人の時にはホールのほうが面接に受かりやすいという特徴があります。

キッチンは裏方でコツコツ行う仕事なため意外と人気なのですが、ホールは接客業務が主なため、大変で続かない方も多いようです。

飲食への就職の注意点

ただし、飲食で働くのであれば覚えておきたいことがあります。それは「体力勝負の仕事」だということです。

若いうちは若さで乗り切れる徹夜や連勤も、年齢を重ねるとともに難しくなっていくでしょう。

他に気をつけたいのが待遇面です。飲食業界は会社によって待遇もまちまちです。

安定企業であれば週休二日で残業もほとんどなし、イベント時には少し駆り出される、といった具合のところもあります。

一方で、忙しい時には休みが取れない、休みだと思っていたのに急に駆り出されてしまうといった大変な職場もありますので、応募前には会社の評判を調べておいたほうが良いかもしれません。

飲食の収入

ちなみに、飲食業界の給与は会社によって変動が大きいです。企業規模も関係しますが、小さなお店であればお店自体の待遇によって変わってくるでしょう。

手取りとして、200~400万円が中間ゾーンのようです。

飲食でも高給を目指すのであれば、地方よりも都内の企業に就職してください。地方の企業はどうしても月給が低くなってしまいがちです。

【介護】フリーターの就職におすすめの職種

【介護】フリーターの就職におすすめの職種

介護も飲食と同様かそれ以上に慢性的な人材不足です。どうしても介護は3Kのイメージが付きまとってしまうのですが、仕事をしてみると意外にもやりがいを強く感じ「天職」と思えることもあるでしょう。

介護の特徴

介護は仕事をしながら資格を取得できるということもあり、一度就職すれば介護士としてさまざまな施設で働けるというメリットがあります。

取得できる資格にはケアマネージャーという国家資格もあります。資格を取りながら実績を積むことで、キャリアプランも豊富になってきます。

ちなみに、初心者向けには介護職員初任者研修という資格がおすすめです。この資格によって、資格手当がわずかながら毎月つく施設も多くあります。

30代、40代になっても学歴、経験、資格不問という施設も多くあります。高校中退者や早期退者、リストラされてしまったなど、どのような事情を抱えていても多くの場合採用されます。

介護のキャリアステップ

施設の介護士ではなく病院のケアマネージャーになることもできます。つまり、現場で働き続ける以外の選択肢が出てくるのです。

長く働いていれば、介護士から施設長まで上り詰めることも施設によっては可能です。

介護への就職に向いている人

毎日働きながらでも学習できる勤勉な姿勢と体力、気力があれば、介護施設で働くことによってより良い未来を描けるようになるかもしれません。

これから先さらなる高齢化社会を迎えますから、仕事がなくなることがないという安心感もあります。

特に介護の現場は力のある男性を求める傾向にあります。職員が高齢の女性ばかりで、入浴介助が大変という施設も少なくありません。

もちろん女性の手も多く探していますので、男女関係なくフリーターからの就職として考えられるでしょう。

介護の収入

気になる介護士の年収ですが、270~400万円が平均のようです。月収にして15万から26万とのことですから、安定した生活を望むことができます。

夜勤のないデイサービスの職員になると手取りは少し減りますし、逆に夜勤ばかりを受けて手取りを増やすこともできます。

【建築】フリーターの就職におすすめの職種

【建築】フリーターの就職におすすめの職種

こちらも人手不足な職種です。ただし建設業界のような体を使う仕事は、体力に自信のある方でなければ苦労が多いかもしれません。

若い方、日頃から運動をしている方には逆におすすめの職種といえるでしょう。

建設業界に就職するために、特に必要なものはありません。求人も多く出ていますので、すぐに応募してみましょう。

大切なのは体力ですから、面接時には若い頃に運動をしていたか、今でも続けているかといった質問が出てくる可能性もあります。

建設業界での就職といっても現場作業だけとは限りません。そのほかの仕事につくこともできます。現場監督や管理、事務といった作業です。

実は土木や建設業界では、就職前に職業訓練で技術や資格を取得することもできます。

これらの仕事は専門的な知識や技術を必要としますから、職業訓練校などでまず勉強してから就職活動をしても良いでしょう。

そのほうが、何も知らずに仕事を始めるより飲み込みも早いため、現場の人たちと早く打ち解けられるかもしれません。

気になる年収は250~300万円ほどのようです。大工などは自分で使う道具は自分で買うという会社も多いため、年収はそれよりも少し低いように感じてしまうでしょう。

建設や土木で気をつけたいこと

これらの業界では、技術人が高齢という特徴があります。

入社して仕事を始めたところ、一緒に仕事をしている人に対してジェネレーションギャップを感じてしまった、よくわからないけれど怒られてしまった、コミュニケーションが取りにくくて困ってしまった、といったように、人間関係でのストレスを感じるかもしれません。

なるべく若い人の多い会社に就職しようとしても、現場監督や親方が厳しくて辛い、なんてことも考えられます。

年上とのコミュニケーションに慣れていない方にとって、建設業界での仕事は辛いものとなる可能性が高いでしょう。

【IT】フリーターの就職におすすめの職種

【IT】フリーターの就職におすすめの職種

未経験やフリーターには厳しそうなIT業界ですが、未経験を募集している求人も多く見かけます。

IT業界の特徴

特に各種エンジニアやプログラマ等は仕事が大変な職場も多いため、早期退職する人も多く、人材が不足しがちです。

未経験でも就職できる職種とはいえ、やはり知識を持っている方のほうが向いているでしょう。

趣味でプログラミングをしていた方や、アプリを作ったことがあるという方は面接時に最大限アピールすると良いでしょう。

IT業界では学歴不問ですがプログラミングの実務経験はないとダメ、という求人も多いのです。

そういった場合、職業としての経験がなければ就職できない場合もありますので注意しましょう。

IT業界の収入

IT関連の仕事は比較的収入が高いです。入社すぐから年収400万円以上を狙える可能性があります。

年収が高いのは残業が多い、休日出勤まである、といったことも考えられますので、その職場が自分にとってブラックなのかホワイトなのか、事前に口コミ評判で見ておいたほうが良いかもしれません。

例えブラックな会社であっても、一度経験してしまえば「経験者」として他のより待遇の良いIT系企業に転職できる可能性もあります。

どちらにしてもフリーターでそのままいるよりは良い待遇を受けられますので、プログラミングに関する知識や経験がある方は、IT系の求人を探してみましょう。

フリーターにおすすめの就職先の探し方

フリーターにおすすめの就職先の探し方

ここまでおすすめの職種や待遇、ポイントについてまとめてきましたが、気になる職種は見つかりましたでしょうか。

フリーターから正社員になるためには、どのような職業であってもある程度の就活期間と労力が必要であることは覚悟しておいて下さい。

なるべく早く就職したい、できるだけ待遇の良い会社に不安なく就職したいという場合には、就職支援サービスを活用しましょう。

就職支援サービスでは、さまざまなサポート体制を用意しており、フリーターの方でも正社員になれるよう力強くバックアップしています。

例えば営業職に特化した支援、女性が就職するための支援、第二新卒用などあなたの状況やなりたい職業に応じて適した支援を用意します。

就職に必ず必要なビジネスマナーはもちろんのこと、就職に対する不安や緊張、ストレスも緩和できるよう就職のプロが細やかなケアをしてくれます。

こういった就職支援サービスは多々ありますが、20代フリーターの方におすすめなのは、私たちジェイックの就職支援サービスです。

面接に不安がある方には、マンツーマンで面接対策をレクチャーしますし、履歴書の書き方がわからない、どうやって自分の強みを表現すれば良いのかわからないという方には、履歴書作成のサポートを致します。

優良企業20社と一気に面接が出来る、独自の集団面接も準備しています。

就職活動は何をすれば良いのかわからない、どこから手を付けて良いのかわからず困っているという方は、まずは相談しに来てください。

就職に関するプロのスタッフが、親切・丁寧に対応いたします。あなたのこれからを支えていく仕事を二人三脚で探していきましょう。

また、職種で就職先を選ぶのではなく、自分に向いてる仕事のスタイルや、会社の社風などで就職する会社を決めたいという方も多いです。

そんな方向けに、ジェイックでは向いてる仕事・職業に加えて、心理的・内面部分の診断にも特化した適職診断をリリースしました。

更に、適職診断の結果を元にした、就職カウンセリングまでをセットにした、完全無料の就職支援も開始しました。以下では、その就職支援について紹介しています。

▼完全無料の適職診断&就職相談であなたに向いている仕事・社風・職業を発見!

世の中には数多くの適職診断がありますが、その結果を元に就職アドバイザーがカウンセリングするサービスはそうそうありません。

せっかく診断を受けるのなら、就活にしっかり活用したい!という方にはぴったりです。

フリーターが就職するメリットとは?

フリーターが就職するメリットとは?

最後に、フリーターが正社員として就職することのメリットについてあらためて考えてみましょう。

正社員になるか、このままフリーターでいるか迷っている、という方は、こちらを参考に就職活動について判断してみてください。

収入が増える、安定する。

収入の増加と安定は、正社員になる最大のメリットといえるでしょう。おすすめなのは、もちろん賞与ありの会社です。

年に2回ボーナスがあれば、それだけで辛い日々もがんばれてしまう、という方も多いでしょう。

フリーターでは「今日何時間働いたから、いくら収入になる」「今週は何日働いたから月給はこのぐらいかな?」「今月は体調不良でしばらく休んだから家賃の支払いに困る…」と、毎日お金について悩んでしまいがちです。

正社員であれば、一部固定給にインセンティブがもらえる会社・職種もありますし、そもそも固定給だけで十分という会社もあります。

毎日真面目に働けば、毎月決まった給与がもらえますので、正社員になればこれまでのようなお金に関する不安からは開放されるでしょう。

福利厚生が整っている。

正社員には、社会保険完備はもちろん、有給、長期休暇、住宅手当、通勤手当、家族手当に会社関連施設割引サービス、社員購入割引などなど、数多くのお得な制度が揃っています。

住宅手当や通勤手当があるだけでも、これまでの生活と状況は一変するかもしれません。

休んでも給与がもらえる有給があれば、体調不良になってもお金の心配がありません。とにかく企業に守られているから安心して働ける、それが正社員なのです。

やりがいを感じる仕事ができる。

アルバイトであってもやりがいを感じながら仕事をしている人はたくさんいます。しかし、正社員と比べると、やはり責任レベルに差が出やすいもの。

例えば、企画書作成の準備や手伝い、販売補助は任せてもらえるが、自分自身で企画を出したり、開発をしたり、販売したりなどという部分は正社員が対応するなどです。

お客さまとより近い位置で責任のある仕事をする、上層部に近いところで指示を受けて仕事をするといったことも正社員ならではといえるのではないでしょうか。

自分の働きが経営に直結している、社会貢献できているという実感も多くなるでしょう。

社会的信用があるのでローンの審査などに通りやすい。

フリーターではどうしても各種ローンに通りにくくなっています。特に気になるのが、車や住宅といった大きな買い物でのローンでしょう。

結婚や出産でこれから家庭を持つ、すでに家庭を持っている方の場合には、ローンが通らないことで家族に辛い思いをさせてしまうことがあるかもしれません。

ところが正社員になり3年ほど働けば、大きな買い物でのローンも通りやすくなります。

就職先企業の信頼度や年収にもよりますが、これまで諦めていたものも購入することができるようになるでしょう。

キャリアアップすることができる。

フリーターがかなわないもの、それがキャリアアップです。いくら頑張っても店長やマネージャーにはなれません。

なれたとしても、バイトリーダー止まりとなってしまいます。長年働いてもキャリアにつながらないのは悔しいですよね。

きちんと上層部に評価され、着々とキャリアを積み上げていきたいのであれば、どこかでフリーターではなく社員になる道を模索したほうが良さそうです。

おすすめの就職先を参考に就活成功

フリーターが正社員になるためのおすすめ就職先として、営業、飲食、介護、建設、ITなどがあることがわかりました。

ただ、どの企業、どの求人でも今回ご紹介したような特徴を持っているとは限りません

自分が正社員になりたい企業がどういった人材を募集しているのかは、きちんと確認したうえで応募するようにしましょう。

これまでのアルバイト経験やすでに持っている資格、経験を活かせるのはどの職業か、と考えると割合早く就職先が見つかるかもしれません。

自分だけで就職先を探すのは難しい、ビジネスマナーや一般常識にも不安があるという方は、私たちに相談しに来てください。

あなたの不安を解消し、一日でも早く就職できるようスタッフがサポートいたします。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから