フリーター男子が彼女を作る方法を解説!女子から見たアルバイターとは…

男性であれば、「彼女が欲しい」と感じる方も少なくありません。周りにカップルが増えていけばいくほど、そのような願望も強くなっていく場合があります。

しかし、そんなときにネックになるのが職業です。中でも定職に就いていない、いわゆるフリーターと呼ばれる方々は、あまり良い印象を持たれません。

今回は、フリーター男子が彼女を作る方法について解説します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

お金をもっていない?フリーター男子のイメージ

あまり良い印象を持たれないフリーターですが、女性からはどのように見えているのでしょうか。

経済的に苦しそうなイメージを持たれる

まず、女性が持つイメージで多いのは経済的に苦しそう、つまりお金がないというものです。

もちろんフリーターでもお金を稼いでいる方はたくさんいますが、全員がそうというわけではなく、正社員より収入が劣るという方もいます。

収入を重視する傾向にある女性からすると、そのようなイメージが付くと敬遠されやすいです。

また、収入が無さそうというイメージから、「将来について考えていなさそう」と思われる場合もあります。

定職に就かない=優柔不断!?

志を持っている方もいますが、中には「フリーターでもやっていけると思う」など将来をあやふやに考えている方もいます。女性からすれば、後者のイメージが根強いのでしょう。

そして、それと同時に定職につかずフラフラしているイメージも持たれやすいです。

そこから転じて責任感のない人間だと思われたり、優柔不断で信用できない人間だと思われてしまう可能性もあります。

自分ではそう思っていなくても、フリーターというだけで様々な悪い印象を持たれてしまいがちです。

フリーター男子が自分のイメージを上げる方法

フリーター男子がイメージ向上を狙うには、様々な方法があります。

フリーターをしている目的を伝える

一つが、フリーターである目的をしっかりと伝えることです。

フリーターは定職についていないという理由から、曖昧な人生設計をしている人間だと思われることは少なくありません。

例えば、お金をためてやりたいことがあったとしても、それを説明しないと目的がないのと変わらなくなってしまいます。

そのような誤解を避けるためにも、まずはどうして自分が定職につかずフリーターになったのか、理由をあらかじめ説明することが大切です。

もちろん誤解を避けることができる上、場合によってはイメージ向上に繋がる可能性もあります。

年収の低さを逆手に取る

二つ目は、年収が低いことを効果的にアピールする方法です。

女性の持っているイメージとしては、「年収が低い=貯蓄が少ない」というものが多く、将来の資産などについて問題視されてしまいます。

そうなることを避けるためにも、年収は低いけど、将来のことを考えて貯蓄をしているとアピールしましょう。

将来に向けて貯蓄していることで、お金がないというイメージを払拭することも可能になります。それと同時に、将来のことを考えていると認識してもらえ、好印象に繋がります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

フリーター男子が彼女を作る方法1.出会いの多い職場を選ぶ

彼女を作ろうと思っても、きっかけに困る方が多いです。ですが、フリーターであれば、その職業ならではの作り方が存在します。

様々な職場で様々な出会いを!

フリーターのメリットの一つは、色々な職業を選び、それに応じて様々な職場を経験できることです。

正社員のように定められた環境に長期間いると、自然と出会いが減るケースが多いですが、様々な職場を渡ることで、同時に多くの人と触れ合う機会が生まれます。

そこには男性との出会いの場も多く生まれますが、女性と触れ合う機会も増える可能性が高いです。そのような機会を利用すれば、彼女を作ることも可能でしょう。

女性と出会える可能性が高いのは、観光客が多いリゾート地などです。その際に誠意的にアピールしていけば、成功することも考えられます。

出会いがある!会話できる職場を選ぶ

一方、彼女を作る上で控えた方が良いのは仕分け作業などです。作業に集中しなければならない上、他の従業員と喋る機会があまりありません。

出会う機会を増やすのであれば、できるだけ会話の多い職業を選ぶようにしましょう。

フリーター男子が彼女を作る方法2.友人から関係を発展させる

いくら彼女が作りたいからといって、「良いと思ったらいきなり告白」というのは失敗しやすいです。

当然ですが、しっかりと順序を踏んでいく必要があります。フリーターの場合は特に第一印象が良いとは限らないので、長い時間をかけて自分を知ってもらう必要もあるでしょう。

友人から始める

そこで効果的なのが、友人から関係を発展させていく方法です。女性にいきなり彼女になってもらうのは厳しくても、友人になって仲良くなるのは難しいことではありません。

また、友好的な付き合いから始めれば、フリーターという面ではなく一人の人間として見てもらいやすくなります。

自分のことをしっかり知ってもらう

この方法のメリットですが、自分のことをしっかり知ってもらうことが出来る点が挙げられます。

当然ながら、会ったばかりでお互いのことを熟知しているということはありません。

ある程度の間お互いで会話し、触れ合うことで、認知し合うようになるのです。また、フリーターであれば、長い時間をかけて自分の夢や意志について話す機会が大切になります。

友人から始めることで、そのような話題について話す機会を作り、徐々に知ってもらうことが簡単になるでしょう。

しかし、友人としての期間が長くなりすぎないようにすることも重要です。時期を見て、告白することも大切になります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

フリーター男子が彼女を作る方法3.友人に紹介してもらう

フリーター男子は職業上、人と会う機会が多く、その中で女性と触れ合うことが多々あります。

ですが、女性と知り合うために色々な職場を経験するというのは、時間と手間がかかります。

紹介してもらうと安心

女性を探す手間をはぶく方法の一つが、友人に紹介してもらうというものです。自分のことをよく知っている友人であれば、合いそうな女性を紹介してくれる可能性があります。

また、自分が認める友人からの紹介であれば、出会い系サイトなどよりも信頼できるという方も少なくありません。

自分に合った女性を紹介してもらうのもメリットですが、もう一つが手間をかけずに良いという点です。

前述したように、フリーターという職業の特性を利用して出会おうとすると、時間と手間がかかります。

友人に紹介してもらえば、自分で女性に出会いに行くという手間をかけることなく彼女を作ることも可能です。

近道はない??

ですが、友人の紹介で必ずしも良いと思える女性と出会えるとは限りません。友人は善意で紹介してくれていても、自分からすれば好みでない方ばかりと話すことになる可能性があります。

場合によっては、自分から探す方が良いことがあるというのは、理解しておいた方が良いでしょう。

フリーター男子が彼女を作る方法4.20代前半の女性を探す

彼女を作る場合は、対象にする年齢も重要な要素になります。

20代前半の女性と付き合えるように

ではどの年齢層が良いのかというと、20代前半の女性を探す方が良いでしょう。

まず、彼氏、もしくは主人のいない女性というのは、付き合うというよりも結婚願望が強くなっていることが多いです。

そして結婚願望は、年齢が上がっていくとともに強くなっていきます。

結婚願望が強い女性、つまり20代後半や30代の女性とは関係を作りやすい可能性もありますが、そこで問題になるのがフリーターという点です。

若ければチャンスもある

結婚を願う女性の多くは、安定した家庭を望んでいる方がいます。そのような方からすれば、「フリーターと結婚することを考えると、付き合うのはやめておこう」という考えになる可能性は否定できません。

そこで、20代前半の女性をターゲットにします。もちろん20代前半の女性であってもフリーターに対して敬遠する場合がありますが、まだ若いからと彼女になってくれることもあります。

また若い世代はフリーターについて寛容な見方をしている女性も多く、それほど敬遠されることもないでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

恋愛と結婚は別?フリーター男子と結婚するリスク

よく言われるのが、「恋愛と結婚は別の話」というものです。

恋愛と結婚が別とは?

恋愛というのは、お互いのことが好きだからこそ、付き合ったり遊んだりします。しかし、その段階で結婚について真剣に考えている方は、あまり多くありません。

結婚するとなると、好きだからというだけでなく、「本当に家庭を築いて大丈夫なのか、子育てに余裕はできるのか」などの課題も生まれてきます。

そうなることを考えると、女性側からすればフリーター男子と結婚することには様々なリスクが伴います。

経済的不安が大きい

まず、第一に挙げられるのが経済面のリスクです。単純な課題として、しっかり食って寝てという生活を送れるのかが重要になります。

フリーターは正社員に比べると収入が劣る部分が多いですが、それによって生活費が足りなくなる恐れもあります。

「一人暮らしのときは大丈夫だった」と思って生活を始めても、実際にかかる費用は大きく違ってくるものです。

また、結婚生活を送る上で子供が生まれれば、フリーターの収入だけでは家計が支えられなくなる可能性が高くなります。

小学校中学校までは義務教育ですが、現実に考えれば高校などにも通わせておきたいでしょう。そうなれば、普段の生活よりも膨大な出費が生まれる場面もあります。

どこかで家計が破綻して結婚生活が送れなくなる可能性もあるので、フリーター男子との結婚は慎重に考える必要があります。

フリーター男子を抜け出すベストタイミングとは?

結婚生活を考えれば、フリーターとして活動し続けるのは厳しい部分もあります。そうなれば、企業に勤務して安定した収入を得ることも必要です。

結婚を決意したらフリーターを脱出しよう

フリーターを抜け出すタイミングとしては、「付き合っている彼女と結婚しよう」と思えたときがベストでしょう。

多くの場合、家庭を持つことになったフリーター男子は、安定した職業に就く傾向があります。

これは収入が低いからという理由もありますが、同時に家族を支えなければならないという責任感から、自発的に就活を行う方も多いです。

結婚=責任感で就職も有利

フリーター生活に慣れると、決まった時間に出社して、決まった時間仕事するというのは面倒に感じる方も少なくありません。

ですが、「家庭を支えるため」と思えば、不思議と正社員になりたいという気持ちも強くなります。

また、結婚した後に正社員になるのも一つです。

企業に就職する際、経歴を聞かれることがほとんどですが、そのときにフリーターということしか説明できないのは、少し痛手にもなります。

多彩な経験をアピールできれば良いですが、家族がいることを伝えれば、それだけ責任感がある人間だとアピールできます。

単純にフリーターから就活を始める他、既婚であるとアピールすることも有効的です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

結婚を考えたら正社員になったほうが良い理由とは?

結婚を考えれば、家庭のことを考えて正社員になる方が多いです。ですが、正社員になった方が良い理由はそれだけではありません。

フリーターに悪い印象を持つ人もいる

フリーターというのは、決して理解を得られている職業ではなく、悪い印象を持つ方もいます。彼女に自分のことをアピールして、しっかり理解してもらえたとしても、彼女の両親に反対される可能性は否定できません。

特に親の立場からすれば、収入が低く安定していないフリーターと結婚させるというのは、快く思うのも難しいでしょう。

「娘には安定した生活を送ってもらいたい、不自由なく暮らしてほしい」という願いに、フリーターが適任とは言えない部分もあります。

もちろんフリーターのまま説得するのも良いですが、正社員になっておけば、相手の両親に反対させる可能性は少なくなります。

正社員になれば経済的にも余裕

また、将来的なことも考えると、社会保険への加入も意識しておく必要があります。子供ができたときでも、高い医療費を安くすることができ、経済的にも余裕ができるからです。

老後の安定にも繋がるので、正社員になっておいて損はないでしょう。

フリーターでも彼女は作れる!結婚を考えたら正社員がベスト

「彼女を作りたい!」という思いだけであれば、正社員になる必要はありません。自分の稼ぎたいように稼ぎ、付き合いたいように付き合えば良いです。

フリーターでも彼女を作ることは難しくない

また、フリーターであっても、彼女を作ることは難しくないでしょう。人によっては、フリーターでありながら多くの女性と関係を持つ場合もあります。

ですが、結婚するとなると、恋愛しているときと同じ感覚では過ごしていけないことも少なくありません。

家族を養うためにも正社員に

結婚をすれば、家族を養うことが求められます。同時に子供が生まれたり、その子供が進学していくのであれば、その都度費用がかかることになります。

また、正社員でなければ社会保険に入ることも簡単ではありません。同時に、家族の保険料を負担することも難しくなっていきます。

そして、フリーターのままだと、そもそも結婚すらできない可能性も低くありません。両親から認めてもらえない、場合によっては彼女から敬遠されることも考えられます。

ですので、結婚を真剣に考えるのであれば、フリーターを脱却して正社員になった方が良いでしょう。それが結果的に、自分の幸せにもつながっていく可能性もあります。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから