確定申告が必要なフリーターとは?書類の作成と申告方法

確定申告

フリーターであっても確定申告をする必要はあるのかと疑問に思っている人も多いでしょう。

実際に、1か所の勤務先で働いていて尚且つ年末調整をきちんとしているのであれば不要ですが、2か所以上の勤務先で働いていて掛け持ちをしている場合などには必要となります。

そのような人のために確定申告の方法を紹介するので、参考にしてください。

納税と還付のための確定申告とは?

確定申告書類

確定申告とは、所得に対してかかる税金の金額を計算して申告する手続きのことです。所得を計算する期間としては、1月1日から12月31日までの1年間となります。

確定申告書を始めとして、決算書などといった必要な書類をすべて揃えたうえで、税務署にて翌年の2月16日から3月15日までの間に申告及び納税をする必要があります。

場合によっては確定申告をすることで、還付金として納めすぎていた税金が戻ってくるケースもあります。

しかし、もしも確定申告をしていなければ返金は無いので、多く税金を支払ったままの状態になってしまうので注意が必要です。

このようなことから、面倒くさいと思うことなく確定申告をしておいたほうがお得だと言えます。

年末調整されている?確定申告が必要ないフリーター

フリーターとして働いていても、確定申告をする必要が無い場合もあります。

職場が1つだけのフリーターは不要

まず、1か所で働いており、職場が年末調整をしてくれている場合には確定申告はしなくても良いと言えます。

すでに所得税は給料から天引きとなっていますので、後から請求をされるということは無いです。

源泉徴収していない場合

もう1つのケースは、年収が103万円を超えていなくて、どの勤務先でも源泉徴収をしていない場合です。

このような場合にも確定申告をする必要はありません。年末調整のときに扶養控除等(異動)申告書を提出しておけば控除が適用されます。

年収が103万円以下であれば基本的には所得税はかからないもの、もしも源泉徴収税額に金額が記載されていれば、確定申告をすることで還付金としてお金が返ってきます。

確定申告が必要なフリーターとは?

フリーターでも、源泉徴収をしているのに年末調整を勤務先でしていないのであれば確定申告をすることが必要です。

確定申告をすることで、還付金が受け取れることもあるので、源泉徴収票をまずは取り寄せてみたほうが良いでしょう。

また、2か所以上の勤務先で働いている場合も、自分自身で確定申告をしなければ還付金があったとしても返してもらうことができません。

さらに、アルバイトの他に副業をしている場合にも本業(アルバイト)と副業の両方を併せて確定申告をしなくてはなりません。

しかしながら、副業の所得が20万円以下ならば確定申告はしなくても良いと言えます。注意点としては、収入ではなくて所得という部分です。

所得は、売上から経費を差し引いたもののことであり、もしも売上が50万円でも経費に35万円かかったのであれば、差し引いた所得は15万円となることから確定申告は不要となります。

確定申告に必須!源泉徴収票はどこでもらえる?

源泉徴収票は、給料を出す会社が発行するものなので、アルバイト先でもらうことができます。

もしも確定申告をすることになったのであれば、会社から源泉徴収票をもらいましょう。

会社は源泉徴収票を出さなくてはならないので、もしももらっていないようであれば、発行してくれるように頼みましょう。

万が一源泉徴収票をもらったが紛失した、もしくは受け取ったのかどうか自体がわからなくなった場合には、再発行をしてもらいましょう。

2か所以上掛け持ちでアルバイトをしている場合には、働いている会社の数と同じだけの源泉徴収票がもらえるはずです。

会社によっては面倒くさがる場合もあるかもしれませんが、急いでいるのであればそのことをきちんと伝え、いつまでに必要なのかということも伝えておいたほうが良いでしょう。

ダウンロードもOK!確定申告の書類を作成しよう

源泉徴収票がもらえる場所は

インターネットを使えば、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」で確定申告の書類を作れます。

確定申告書等作成コーナーとは

確定申告書等作成コーナーは、確定申告の申告書等を作れる、国税庁が提供するシステムのことです。

作った確定申告書は自分で印刷して税務署へ届けることができます。

すなわち、インターネットに接続できる環境とプリンターさえ持っていれば、わざわざ確定申告の会場に行かなくても、自宅に居ながらにして確定申告書を作れる便利なものだと言えます。

画面上にはきちんと説明が書かれているので、説明の通りに収入や経費の金額などを入力すれば、印刷可能な書類が完成します。

システムを使うことで書類が簡単に作れる

確定申告の際にはいつも手書きで作成している人も多いかもしれませんが、このシステムを使えば簡単に書類の作成が可能です。

インターネットで書類を作るのは初めてだから不安だと思う人もいるでしょうが、画面上の説明に従って入力をすれば良いので安心して作成できます。

むしろ、慣れていない確定申告書を自分一人で頭を抱えながら作成するよりも、楽に早く行うことができるでしょう。

医療費控除や生命保険料控除があれば忘れず申告

控除について

所得を少なくして税金を安くすることが可能な所得控除というものがあります。

医療費控除

まずは医療費控除についてです。ケガや病気やなどの治療をした費用なら、病院に対する治療費の支払いの他に薬代や、病院に行くまでにかかった交通費も合算することができます。

家族の費用も含めて10万円以上の金額になったら医療費控除の対象になりますので、病院でもらった領収書は必ず取っておきましょう。

もしも領収書を紛失した場合には「医療費控除の明細書」及び「医療費通知」を添付したら領収書がなくても控除が認められます。

書類を手に入れるには税務署でもらうか、もしくは国税庁のホームページよりダウンロードをすることができます。

生命保険

生命保険も控除が適用され、個人年金保険と介護医療保険と合わせて、各々の金額の上限が4万円で、最大で12万円の控除が可能です。

生命保険及び個人年金でも「旧契約」のものであれば控除が5万円まで適用されます。控除の金額が少しでも大きくなるように、うまく組み合わせると良いでしょう。

控除してもらったほうがお得になるので、生命保険会社からもらえる控除に関する書類は捨てることなくきちんと取っておくようにしましょう。

確定申告書類の提出方法は直接、提出箱、郵送、ネットなど様々

確定申告書の提出方法は、大きく分けて直接、提出箱、郵送、ネットの4つに分けられます。

これらの提出方法について、一つずつ解説していきます。

直接税務署へ確定申告書類を提出

一番オーソドックスな提出方法が、税務署へ直接確定申告書類を持っていく方法です。税務署の窓口で提出すれば完了です。

毎年、確定申告の時期には税務署がかなり混み合います。混み具合によっては窓口に確定申告書を提出するだけであっても、建物の外まで列を作り、1時間以上もの間並ぶこともあるほどです。

提出箱に確定申告書類を投函

窓口に提出するのではなくて、税務署に設置されている提出箱に投函することで、長時間列に並ぶことなく提出するという方法もあります。

しかしながら、この方法で提出したのであれば受付印が押された確定申告書の控えはもらえません。

受付印が押してある申告書は、金融機関におけるローンの審査などで必要なことがあり、もしもこのようなことで使うことがないのであれば、控えはもらわなくても良いでしょう。

郵送で確定申告書類を提出

また、税務署へわざわざ出向かなくても、郵送で確定申告書類を提出することも可能です。

しかしこの方法で提出する際には、最低限の書類のチェックを税務署員から受けることは不可能なので、確定申告をするのが初めての人や慣れていない人にはあまりおすすめではありません。

確定申告の提出期限が3月15日の場合には、通信日付印が3月15日であれば期間内による提出となります。

郵便局の窓口で15日中に出したなら、期限にきちんと間に合います。郵送をする時には、郵便物(第一種郵便物)または信書便物で送りましょう。

所轄の税務署を調べたいのであれば、国税庁のWebサイトで調べることができます。

ネットで確定申告書類を提出

インターネットで行う確定申告の方法として、書類の作成から申告までのすべての流れをインターネットでするe-Taxがあります。

この方法で申告するのであれば、専用の周辺機器を準備したり、電子証明書を取得したりしなくてはなりません。

マイナンバーカードやカードリーダーが必要

インターネットで本人の確認をする場合には、電子証明書が搭載されているマイナンバーカード及び市販のICカードリーダーが必要です。

本人の認証が必要な時に、パソコンのICカードリーダーにマイナンバーカードを挿入します。

申告書の入力は、e-Taxにおける確定申告書等作成コーナーより、画面に沿いながら入力をするだけで作成できるので簡単です。

e-taxは問い合わせをしながら利用してみる

e-Taxでの操作方法や手続きについては、問い合わせ専用の窓口もあるので、操作していてわからないことがあった時には利用してみることをおすすめします。

e-Taxは確定申告の期間中には、24時間いつでも利用することが可能なので非常に便利です。

昼間の時間帯は忙しくてなかなか確定申告の書類を作る作業ができない人にとっては最適だと言えるでしょう。

また、申告をする時に必要な情報の収入金額及び保険料などといった金額を入力すれば、自動ですべて計算してくれます。

計算ミスを防止でき、もしも必要事項を入力し忘れた時にはエラーが出るので入力漏れも防止できます。

フリーターから正社員になったら確定申告は必要?

もしも1年間の間にフリーターとして働いていた期間と正社員になって働いた期間がある際には、年末調整はどうなるのか知っておきましょう。

そのような場合には、以前に働いていたアルバイト先から源泉徴収票を退職時に受け取ります。

途中までの源泉徴収票を提出

源泉徴収票には年の途中まで勤めていた間に発生した給料の総額を始めとして、他にも天引きされた税金や社会保険料の金額が記載されています。

フリーターから正社員になった場合には、就職した会社にこの源泉徴収票を提出すれば年末調整をしてもらうことが可能です。

会社はその源泉徴収票をもとにして、自社において正社員として働いた期間と他社でフリーターとして働いた期間の分を合わせて所得税の計算を行い、年末調整をしてくれます。

もし、「正社員になると年末調整がよくわからなくなってしまうから、就職活動は休んでおこう」と思っていましたら、安心して就職活動を開始しましょう。

フリーターからの正社員就職を目指す時は、以下の記事も参考にしてみてください。

フリーターからの正社員就職の進め方について、一通りまとまっています。

源泉徴収票を渡し忘れると自分で確定申告する必要が

もしも源泉徴収票を会社に渡し忘れてしまった際には、自分自身で確定申告をしなければならない場合があるので注意をしておきましょう。

このようなケースになるのは初年度のみで、正社員としてそのまま勤めていた場合には翌年度以降には、会社がすべて年末調整を行ってくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。

面倒くさい?確定申告をしないと損をする理由

確定申告しないと損をする

勤務先からもらった給与明細の中で所得税がかかっている場合には、確定申告をすることによって年間に払いすぎていたお金が還付金として返金されます。

もちろん、確定申告をしなければ多く払いすぎていた税金は返ってこないので、多く払ったままになってしまい、結果的に自分自身が損をすることになります。

多い場合には数万円も返ってくる場合もあるので、確定申告をしないと損だと言っても過言ではありません。損をしないようにするためにも確定申告はきちんととしておきましょう。

基本的には収入が103万以上になる場合には確定申告をすることが必要なので、まずはあらかじめしっかりと自分自身の1年間の収入がどれくらいの金額になるのかということをチェックすることが必要です。

損をしないために!フリーターも確定申告は忘れずに

確定申告をいざ行うとなると、面倒くさいと感じるフリーターも多いでしょう。しかしながら、確定申告することでメリットも得られます。

確定申告は義務

確定申告をするということは、もちろん自分の意志で自由に決められることではなくて義務です。

確定申告はあくまでも義務ですが、お金が返ってくることもあると思えば、確定申告をしないほうが損です。

基本的には勤務先が年末調整をしてくれますが、2か所以上でアルバイトをしているフリーターは、自分で確定申告をする必要があります。

「確定申告をすることによってお金が返ってくる可能性が高いから、きちんと確かめておこう」とポジティブに考えてみると良いでしょう。

確定申告は税務署などで丁寧に教えてもらえる

確定申告をする会場は、自分が住んでいる地域の税務課もしくは税務署になります。申告の期間は2月16日から3月15日までとなっているので、忘れることなく期間中に行いましょう。

確定申告に関する相談はいつでもすることができるので、もしも不安なことや聞いてみたいことがあるのでれば、聞きに行ってみることをおすすめします。

申告の期間中には相談会場が設けられています。場所については税務署や市町村、また国税局のホームページでもチェックすることが可能です。

会場では、書類の書き方などを詳しく丁寧に教えてもらえます。会場にはパソコンがあるので、自分で計算する手間も省けて便利です。

わからないことが多くて不安がある場合には、会場を訪れてみてはいかがでしょうか。

フリーターでも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから