フリーター生活から脱出するたった1つの方法は就職?就活方法を解説!

フリーター生活が長いと、もうこのままフリーターでも良いかな、と考えがちです。しかし、現実はそんなに甘くありません。

今回は、フリーターから脱出するための方法と、フリーター生活を続けた場合のデメリットについてご紹介します。

フリーターから脱出するには正社員就職!

フリーターから脱出するには、やはり就職をするしかありません。家業を継いだり身内に紹介してもらえれば良いのですが、そのような可能性がない場合、自分自身で就職先を見つけることとなります。

自分自身で就職する会社を見つける方法は、以下の3つの方法が一般的です。

  • 求人サイトや職業紹介所を利用する
  • 就職支援サービスを利用する
  • アルバイト、派遣から正社員を目指す

ひとつひとつの方法について、詳しく説明していきますね。

求人サイトや職業紹介所を利用する

求人サイトは、ネットで求人情報を見られるホームページです。職業紹介所はたとえばハローワークなどが当てはまり、求人サイトとの共通点は「求人情報の紹介がメイン」という点です。

求人サイトやハローワークは自分のペースで仕事探しが出来たり、条件を入力するだけで希望に近い仕事が見つけられるメリットがある一方、自己管理能力が求められます。

求人情報を閲覧しただけで満足する人が出やすく、明日応募しよう、明後日応募しよう、とダラダラと過ごしてチャンスを逃してしまいます。

就職支援サービスを利用する

就職支援サービスは、大手人材紹介会社が事業の一環として行っている民間会社の他、厚生労働省が認定しているもの、行政が運営委託しているものも存在します。

求人サイトとの違い

求人サイトなどとの違いは、あなたの就職をサポートする担当者がつくことです。担当者に自分の現状や希望を伝え、二人三脚で就職を目指すスタイルです。

就職支援サービスのメリットデメリット

希望が具体的すぎるとマッチする求人情報が見つかりにくかったり、マイペースで就職活動出来ないデメリットがありますが、視点を変えるとメリットにもなります。

たとえば、具体的な希望だとマッチする求人情報が見つかりにくくとも、「まだやりたい仕事は決まっていない」という方なら、求人情報の中から自分に合うものを探せます。

マイペースで進行出来ない一方、自分1人で就職活動をすることに自信のないタイプの方は、背中を押してくれる担当者の存在は大きいはずです。

アルバイト、派遣から正社員を目指す

他には、派遣やアルバイトから正社員を目指す方法があります。正社員より採用されやすいメリットがある一方、正社員への条件が厳しく、なかなか派遣やアルバイトから抜け出せない人も少なくないようです。

未経験者がまず業界のことを知るために派遣やアルバイトで経験を積むのは良いことですが、年齢によっては遠回りになってしまいます。

いくら非正規雇用で経験者になっても、面接の場では正社員経験そのものがない点を指摘されることもあるのです。

20代の内にフリーターを脱出するなら就職支援サービスの利用がおすすめ

3つの方法それぞれにメリットやデメリットがありますが、フリーターから一刻も早く脱出することを優先するなら、就職支援サービスがおすすめです。

たとえば、厚生労働省委託事業から認定されている私たちジェイックは、フリーターや未経験の方に特化した就職支援サービスを提供しています。

ジェイックの特徴

10年以上サービスを続けている老舗ですので、どんなに就活に不安を持っていても、正社員を目指せるような支援体制が整えられています。

未経験でもはじめやすい職種を多く取り扱っており、ジェイックの社員がひとつひとつ企業のチェックも行っています。そのため、初めての職種でもどんな社風なのか、どんな仕事があるのかを事前に知ることが出来ます。

面接対策や履歴書添削以外のサービスも充実

面接対策や履歴書の作り方だけではなく、面接や就職後のマナーについての講座も豊富。毎回必ず面接で落とされるという方は、どこに原因があるのかを客観的な視点で教えてもらえます。

フリーター脱出を本気で目指すなら、求人情報を紹介してくれるサービスよりも、就職活動のやり方を教えてくれるサービスを利用しましょう。

フリーターから脱出できずにいるとどうなるのか

フリーターでいつづけると、どのようなデメリットがあるかをご紹介します。追い討ちをかけるようですが、フリーター脱出のやる気を出すためにも、ぜひ知っておいてください。

フリーターと正社員は収入格差が大きい

フリーターを続ける最大のデメリットは、収入格差です。高卒や短大卒でも、正社員であれば生涯賃金は2億円(女性は1億8千万円)を超えますが、フリーターの場合はおよそ6千万円ほど。ボーナスや大きな昇進がないため、このように差が開きます。

年齢が上がると賃金以外の課題も出てくる

また、年齢が上がれば上がるほど賃金以外の課題にぶつかりやすくなります。

たとえば30代。結婚していない人はまだまだ珍しくない年齢ですが、収入や生活には早くも大きな差が出ています。

正社員は貯金出来るほどの収入を得ている人が多い一方、アルバイトでは貯金にまわせるお金の捻出が難しくなっています。

30歳になると一気に採用されなくなる

フリーターから正社員を目指すには難しい年齢に差し掛かっており、30歳を過ぎたあたりから急激に採用されにくくなるでしょう。よく35歳がボーダーだといいますが、現実はそれより厳しく、30歳がボーダーとなっているケースは多いのです。

正社員と年収の差がついてくる

30代の年収は420~500万程度。役職がつくと600万円台になる人も出てくる年齢です。

40代になれば、さらに顕著になります。年収はそれほど大きな変化はありませんが、部長など役職によっては800万円台になることもあるでしょう。

30代で結婚して子どもがいれば、進学について考える時期になっているかもしれません。家を買う年代も30~50代が多く、正社員であれば問題なくローン審査に通ります。

フリーターは年齢や勤続で大きな昇給が見込めないため、リスクが高すぎて結婚出来ない人が多いです。結婚してもローン審査に通りにくく、家や車を手に入れる余裕すらありません。

フリーター年金の負担が重い

また、最大の問題が年金です。月に10万円前後で生活しているフリーターにとって、毎月の年金負担は大きく、未納期間が長い人も多いでしょう。

申請すれば全額や半額など免除を受けられますが、その分、高齢者となったときに受給できる金額も少なくなります。

よって、年金を受給できる年齢になってもアルバイトを続けなくてはならない可能性が出てきます。

 

フリーター脱出のためには、早めに就職活動をスタート!

フリーターは、いわば自転車操業。年金をもらう年齢になっても働き続けなければならない可能性が高く、正社員のようにゆっくりとした老後や休暇を過ごせる保障がありません。

収入格差だけではなく、ローン審査や年金などライフイベントの度に正社員との違いを思い知らされるでしょう。

こちらでご紹介したジェイックのように、フリーターや未経験でも正社員を目指せる就職支援サービスを利用して、早いうちにフリーターの負の連鎖から脱出しましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから