第二新卒とフリーターの違いを解説!面接官から評価される若手とは?

第二新卒とフリーターの違いを解説!面接官から評価される若手とは?

就職活動をする人の中には第二新卒やフリーターと呼ばれている人たちがいるのですが、実はこの2つは似ているようで定義が全く異なっています。

今回は第二新卒とフリーターの違いを解説するとともに、第二新卒がフリーターをしながら就活するメリットやデメリット、そして就活を成功させるためのポイントを紹介していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒とは何か?既卒との違いは?

第二新卒とは何か?既卒との違いは?

第二新卒とは学校を卒業した後に一度は企業に就職したものの、3年以内に何らかの理由で退職した人のことを指します。

また基本的には正社員として就職した人たちを指していることから、アルバイトやパートなどの非正規雇用者に関しては第二新卒の定義から外れるとされています。

第二新卒の特徴

一度は正規社員として企業に就職していることからある程度の社会経験を積んでいるところが特徴です。

学校を卒業してから3年以内に退職しているため新卒に近い若年層の人材として取り扱われているところがポイントです。

既卒の特徴

第二新卒に対して、比較対象として挙げられているのが既卒と呼ばれる人たちの存在です。

既卒とは大学や専門学校などの学校は卒業しているものの、その後就職していない人たちのことを指しています。

ちなみに既卒の定義にアルバイトやパートなどの非正規雇用は含まれておらず、人によってはアルバイトやパートの経験はあるという人もいます。

ただ第二新卒と比較すると社会人経験に乏しいという違いがあり、ビジネスマナーや社会人としての在り方を一から覚えさせなければいけないという手間がネックです。

このように第二新卒と既卒は、正社員としての社会人経験の有無が大きな違いとして挙げられています。

そのため既卒と比較すると第二新卒は社会人経験があるのはもちろん、職歴を有している点が転職活動や就職活動で大きなメリットとなっているのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

フリーターの定義

フリーターの定義

フリーターとはフリーアルバイターという和製造語(和製英語)の略で、はっきりとした明確な定義を持っているわけではありません。

一般的には、主にアルバイトやパートなどの非正規雇用で生計を立てている15歳から34歳までの若年層のことを指しています。

基本的に正社員として働いた経験がない人を指すことが多いですが、フリーターとして働く人の中には第二新卒のようにある程度社会人経験や正社員経験を積んだ人もいるようです。

そのため第二新卒との違いが曖昧になることもありますが、定義上は非正規雇用で働いているのかどうかがポイントになっています。

また既卒とフリーターの違いに関しては、定義の面からもあまり大きな違いはないと考えられています。

ただ既卒はアルバイトをしているかどうかは関係ないため、既卒の中の種類の一つとしてフリーターが含まれているという考えもあります。

このような点から社会人経験や正社員経験の有無を基準として、若年層の転職活動に関しては第二新卒と既卒・フリーターの2種類に分けて考えられているようです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒に採用ニーズが高い理由は?

第二新卒に採用ニーズが高い理由は?

第二新卒は、現在の労働市場では非常に採用ニーズが高い存在です。ここでは、第二新卒が面接官から期待されているポイントを紹介します。

年齢の若さ

第二新卒は学校を卒業後、新卒で就職してから3年以内に退職する人材です。

そのため年齢としては21歳から25歳と若年層の中でもさらに若い年代の人たちであることから、若い人材を求めている企業にとっては需要とマッチングしていると考えられています。

また若年層の人材は正社員で採用しても給与などの金銭面を低めに抑えることができるため、コストを抑えて人材を確保したい企業側にとってはメリットの多い存在であると言えます。

ある程度社会人経験を積んでいる

新卒や既卒、フリーターなど社会人経験や正社員経験をほとんど積んでいない人を採用した場合、仕事内容はもちろん、社会人として身につけておかなければいけない常識やビジネスマナーを一から教えなければいけません。

そうなると教育に関して時間も手間もかかりますし、教育期間も長く設ける必要が出てきます。

第二新卒であればある程度の社会人経験や正社員経験を積んでいるので、ビジネスマナーなどを一から教える手間が省けることから新人教育期間を短くすることができると考えられています。

即戦力となる可能性が高い

このように第二新卒の定義や特徴となっている若さや社会人経験を積んでいる点は、言い換えれば仕事や環境に慣れやすいというメリットにもつながっています。

そして中途採用者ほど勤務経験が多いわけではないため、新しい環境への順応性や仕事の吸収力の高さも期待できます。

そのため第二新卒は即戦力になる可能性の高さや会社のやり方に染まりやすい点なども、企業からのニーズが多くなっている理由の一つだと考えられているのです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒がフリーターをしながら転職活動するメリット・デメリット

第二新卒がフリーターをしながら転職活動するメリット・デメリット

第二新卒が企業に求められる理由の次は、第二新卒が退職後、ニートではなくフリーターとなって転職活動をした方が良い理由について解説します。

メリット

第二新卒がフリーターを続けながら転職活動をした方が良い理由は以下の通りです。

  • 働く生活のリズムを維持することができる
  • 社会人としての経験を積むことができる
  • 一つのことにこだわらずに仕事ができるので、採用後に企業が教育しやすい
  • 仕事内容によって就職活動やその後の仕事に活用できるスキルや経験を積むことができる

就職活動では第二新卒は社会人経験がある程度あるものの、その期間の短さや経験の浅さがネックとなることがあります。

そのためアルバイトやパートを通じて、正社員ではないものの社会人としての経験を積んでおくことで経験の浅さをカバーすることが可能です。

さらに幅広い仕事を経験すれば自分の強みにできるため、就職活動や転職後の活躍に繋げることもできます。

また仕事を辞めてしまった後は不規則な生活になってしまうケースもあるため、フリーターとして働く生活のリズムを保つことも大きなメリットと言えます。

デメリット

一方で、フリーターをしながら転職活動をすると小さいもののデメリットもあります。

  • 仕事が忙しいと就職活動に専念できない(時間が取れない)
  • ある程度収入が得られるので就職活動に身が入らなくなる

フリーターとして複数のアルバイトやパートをかけ持ってしまうと、そちらに時間を取られてしまうことが多くなります。

そうなると就職活動をするための時間が取れなくなったり、面接などの都合が合わせられなくなるため就職活動が長期化してしまうリスクがあるのです。

ほかにもフリーターとしての収入が安定していると、就職活動をする意欲や目的を見失ってしまう人も少なくありません。

場合によってはそのままフリーターとして働き続けてしまう人もいますが、年齢を重ねていくうちにフリーターとして働き続けることに限界がきます。

このため正社員として就職したいと考えている人は、フリーターの仕事と就職活動の配分に注意が必要です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒の転職が決まりにくいときの理由

第二新卒の転職が決まりにくいときの理由

基本的に第二新卒は企業からの採用ニーズがある人たちですが、転職がうまくいかない第二新卒も多いです。

ここでは、転職が成功しにくい第二新卒の特徴を紹介します。

慎重になり過ぎている傾向がある

第二新卒は一度就職して正社員として仕事をしているという経験を持っているところが強みである反面、短期間で退職してしまったという事実から自分に自信を無くしてしまっている人も少なくありません。

また一度就職したけれども自分がイメージしているものと違って失望してしまった第二新卒にとって、就職活動や転職活動は「自分が理想としている環境を見つける作業」でもあります。

このようなポイントから「こんな自分を採用してくれるだろうか」、「この企業は自分が求めている環境だろうか」と考えすぎてしまい、慎重になり過ぎてしまう傾向がみられるようです。

その結果、なかなか応募するに至らず就職が決まりにくくなってしまうと言います。

就職活動に対する意欲が低下している

企業側にとって第二新卒は一定のニーズがあると言っても、「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」とマイナスイメージを持たれてしまうことも多いです。

このため面接を受けてもなかなか採用されないことが続く人もおり、就職活動が長期化してしまうケースもいくつかあります。

そうなると自分への自信を無くしてしまうだけではなく就職活動に関する意欲も低下してしまい、行動できなくなってしまいます。

この行動できない期間が長期化すると就職活動でどんどん不利になってしまうため、就職が決まらないという悪循環に陥ってしまうのです。

退職理由がネガティブ

ほかにも第二新卒の就職が決まりにくい時の理由として挙げられているのが、退職理由です。

これは第二新卒だけではなくすべての就職活動や転職活動に言えるもので、退職理由をほかの人や環境のせいにしてしまうと印象が悪くなりがちだとされています。

特に第二新卒は就職して3年以内という短期間での退職なので同じようなことを繰り返すのではないかと警戒される可能性が高いことから、ネガティブな理由は就職が決まりにくい要因と考えられています。

「とりあえず」、「何となく」で行動している

第二新卒の中には何らかの理由もなく、無計画に退職してしまうという人もいます。

このように計画性のない短期間での退職や志望理由やキャリアプランに一貫性のない行動は、企業にとって採用するリスクが高い人材だと判断されることがあるようです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒の転職活動で気を付けたいこと

第二新卒の転職活動で気を付けたいこと

第二新卒の転職活動では、注意すべきポイントも多いです。ここでは、第二新卒の転職活動で気を付けるポイントを紹介します。

退職するタイミングに注意

就職活動をする前に気をつけておかなければいけないのが、退職するタイミングです。

就職してからあまりにも短期間で退職してしまうと、既卒やフリーターと同様にビジネスマナーや社会人としての経験を積んでいないと判断されてしまう可能性があります。

また退職してから就職活動をすると空白期間ができてしまいますし、雇用規定によっていつまでに退職を申し出なければいけないのかが異なっています。

そのため入社後の短期間での退職を避けるようにして、次の就職先の内定が決まってから雇用規定に従って退職することが大切です。

焦って就職活動をしない

第二新卒になった人の中には、職歴の空白期間を作らないように焦って就職活動をしたり就職先を決める人もいます。

ただ焦って就職してしまうと自分の能力や希望条件とミスマッチな企業に就職してしまう可能性があり、就職活動に失敗してしまうということも考えられます。

特に正社員は就職活動に失敗しても簡単に辞めることができないため、応募先の企業の条件や仕事内容などを慎重に検討することが必要です。

待遇面だけではなく仕事内容も吟味する

また企業の求人を検討する際、給与面などの待遇面ばかりを重視して決めてしまうのは危険だと言われています。

もちろん給与面などの待遇面を重視することも大切ではありますが、勤務時間や仕事内容が自分に合っていないと仕事を続けていくことは難しいとされています。

このため将来のキャリアプランなども考えながら、待遇面だけではなく仕事内容が自分の経験やスキルに見合うものなのかどうかを見極めなければいけません。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒の転職活動を成功させるためのポイント

第二新卒の転職活動を成功させるためのポイント

第二新卒が就職活動を成功させるためには、まず企業が第二新卒に求めているポテンシャルを理解して強調し、前職の退職理由をポジティブに語ることです。

第二新卒のポテンシャルを強調

企業にとって第二新卒のように職歴や社会人経験が浅い人材に求めるものは、入社後に成長してくれるのかどうかという点だと言われています。

そのため社会人経験や正社員経験以外のポイントで自分がどのようにその企業で成長していくのか、自分がどのような強みを持っているのかをこれまでの経験を転用しながらアピールしていく必要があります。

前職の退職理由をポジティブに語る

そしてもう一つ成功させるためのポイントとして重要視されているのが、前職の退職理由です。

前職の退職理由がネガティブなものだと、「入社しても同じような理由ですぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまう危険性があります。

そのため退職理由が本当にネガティブなものだったとしてもポジティブな理由に変換して、前向きな姿勢をアピールすることがよいとされています。

そうすることで入社後に成長するという自身のアピールにつなげることもできますし、前向きな理由で第二新卒になったとみてもらうことが可能です。

転職エージェントに相談する

それでもなかなか就職活動が上手くいかなかったり、どのようにアピールすればいいのかわからないという人もいます。

そのような場合は就職活動の専門家である転職エージェントに相談するというのも、一つの方法です。

転職エージェントは第二新卒の就職活動に関しての経験が豊富なので、個々に合ったアドバイスやサポートが期待できます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

企業から期待される第二新卒!自信を持って就活しよう

第二新卒は若さやある程度の社会人経験を有していることから、既卒やフリーターと比較すると企業からのニーズも高い人材として重宝されています。

そのためポイントを押さえた就職活動を行うことによって、自分が求めていた職場環境や仕事内容を見つけることも可能です。

ただ第二新卒の中にはなかなか就職活動が上手くいかなかった人や、フリーターとして働きながら就職活動をしている人も少なくありません。

そのような人たちは、専門家である転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC