第二新卒の履歴書の自己PRの書き方例

第二新卒の履歴書の自己PRの書き方例

第二新卒の履歴書の自己PRの書き方事例をご紹介します。履歴書で興味付けをしないと書類選考に通りません。企業が第二新卒に求めていることを理解して履歴書に書きましょう。退職理由は志望動機と一緒に考えるのもコツです。

 

面接で詳しく聞きたくなることを履歴書で自己PR

履歴書を見て「会ってみたい」と採用担当者に思ってもらえないと書類選考で落ちてしまいます。

特に大切なのは履歴書の自己PRです。

企業が第二新卒に求めていることを理解して履歴書を書くことが大切です。

企業が第二新卒に求めていることは、

  • 若さ
  • やる気、情熱
  • 社会人の基礎ができている
  • 前職で得たスキルがある
  • ポテンシャル、将来性
  • すぐに辞めないこと

です。

また、応募する企業が求めている人物像を理解して、「私は貴社が求めている人材ですよ!」とわかりやすくアピールしなければいけません。

そのためには、企業分析・業界分析・職種分析をして企業が欲しがるポイントと自分の合致点をわかりやすく履歴書に明記する必要があります。

書類選考を通過する履歴書を書くコツは徹底した企業分析と自己分析です。

分析するほど具多的な企業とあなたの合致点が見えてきます。

第二新卒が履歴書で自己PRすべきポイント

第二新卒が履歴書で自己PRすべき具体的なポイントをご紹介します。

「企業が第二新卒に求めていること」を知り、履歴書でそれに答えれば採用担当者はイメージがわきやすくなります。

イメージがわけば「あなたに会ってみたい」と思ってくれますので、ポイントを押さえて履歴書を書きましょう。

社会人としての基礎が身についている

企業が第二新卒を採用したい理由は「新卒と違って社会人の基礎が身についているから」です。

新卒だとビジネスマナー研修など基礎から教えなければいけませんが、第二新卒は社会人の基礎の研修を省けるというメリットがあります。

反対にいうと、第二新卒なのに社会人の基礎が身についていないと判断されると書類選考で落とされます。

社会人の基礎・マナーとは、

  • 挨拶、返事
  • 名刺交換のやり方
  • 電話の話し方
  • 報連相(報告、連絡、相談)
  • 基礎的なパソコンスキル

などです。

ただし、履歴書に「私は挨拶と返事ができます」と直接書くと子供っぽく見えてしまいます。

前職の実務経験を書くことで上記の社会人の基礎ができていることをアピールしましょう。

「前職では接客をしており、元気よく挨拶と返事をすることを心がけていました」という感じです。

前職の経験で得られたスキル

前職の経験で得られたスキルを明記しましょう。

第二新卒は社会人経験が短いとはいえ、少しでも社会人経験があるわけですから何かビジネススキルが身についていることを企業は期待しています。

前職の経験で得られたスキルを書くときは、スキルを書くだけではなく

  • 仕事ができるようにどんな努力をしたか
  • その結果どうなったか

も書くようにしましょう。

前職では電話営業をしていました。月に約〇件の契約をいただいていました。電話をかける数だけではなく、1人1人に丁寧に電話することを心がけていました。
それが向こうにも伝わるようで話を聞いてくれる人が多かったです。同期の中では売上件数1位になったこともあります。

「前職では電話営業をしていました」だけよりは仕事をしている情景が浮かびますよね。

採用担当者はあなたが自社で働いているところをイメージしやすいため「会ってみたい」となります。

採用後の将来性やポテンシャル

第二新卒は社会人経験があるといってもまだ若いです。

将来性やポテンシャルを感じさせる自己PRにすることが重要です。

若い人はまだ仕事のクセがついておらず、ベテランのような変なこだわりがなく、育てやすいというメリットもあります。

体力も気力も充実しているため「むちゃくちゃ頑張ります!」というアピールも良いでしょう。

「私は貴社の仕事の即戦力になれるように〇〇を勉強しています」など学ぶ姿勢も良い印象です。

今すぐに即戦力にならなくても数年後に会社にかかせない人材になれるように学ぶ姿勢を感じる履歴書は高く評価されます。

転職後は責任感を持って働けること

第二新卒最大の弱点は「前職を短期間で辞めている」ということです。

採用担当者は第二新卒に対して「うちの会社もすぐに辞めるんじゃないの…?」と不安を感じています。

履歴書の段階で「すぐに辞めるんじゃないか?」という不安を払しょくしておくと採用担当者が安心します。

「貴社で長く働きたいです」という一言があるとないとでは印象が違います。

採用担当者を安心させるためにも長く働く意思があることを履歴書に明記しましょう。

 

退職理由を自己PRに活用する

第二新卒最大の難関は「前職の退職理由をどう説明するか?」です。

「前職を短期間で辞めた」ということは、

  • 我慢ができない人なんじゃないか?
  • わがままな人ではないか?
  • 学生気分が抜けていないんじゃないか?
  • 理想ばかりが高い人ではないか?
  • 将来設計や計画性がない人ではないか?
  • 人間関係でトラブルを起こしやすい人ではないか?
  • うちの会社もすぐに辞めるんじゃないか?

などの不安を採用担当者は感じています。

また、あなたにも本音の退職理由があるはずです。

  • 思っていた仕事と違った
  • 配置転換でやりたい仕事ができなくなった
  • 休みが少なかった
  • ブラック企業だった
  • 残業が多くてきつかった
  • 給料が安かった
  • 福利厚生がイマイチだった
  • 人間関係のトラブル

など退職理由はあると思います。

ですが、そのまま退職理由を伝えてしまうとかなり印象が悪いです。

かといって、嘘の退職理由をでっちあげると面接で嘘をつき続けなければいけなくなりキツいところです。

退職理由を伝えるにはコツがあります。

「退職理由=志望動機」と組み立てるのです。

例えば、前職の退職理由が「思っていた仕事と違った」という場合は、

私は新卒の就職でコンサルティング営業の仕事に就きました。大学時代はコンサルティング営業の仕事について「来たお客様にコンサルティングを行う」というイメージを持っていたのですが、実際にやってみると新規開拓の営業がメインで思っていたのと違いました。
私は自分が世の中を知らなかったこと、企業調査・業界調査の甘さを深く反省しました。そこで、今回の就職活動では前回の失敗を活かして企業調査や業界調査を徹底しました。
企業調査の中で貴社の来店型ショップ事業にとても興味を持ちました。私がイメージしていたコンサルティング営業ができると思い貴社を志望します。
前職での営業経験があり、お客様とは良好な関係を構築することができました。前職でつちかったコミュニケーション能力を活かして貴社に貢献したいです。

ポイントは、

  • 退職理由を正直に告白する
  • 前回の就職活動の失敗理由と反省していることを伝える
  • 前回の就職活動の失敗を活かして企業調査をしたら御社に興味を持った
  • 前職で得たスキルを御社に活かせる

という順序で退職理由を伝えることです。

退職理由は嘘をつかず正直に白状してしまった方が良いです。そのときは必ず反省していることを伝えると好印象です。

若者がチャレンジして失敗して反省して、そこから立ち上がろうとしている姿は美しいものです。失敗を活かして次に活かせる人であることも伝わります。

「前回の就職活動の失敗から学んだことを活かして企業分析をしたら御社を見つけて興味をもった」という言葉で退職理由と志望動機を両方伝えています。

ついでに前職で得たスキルを伝えることで自己PRもできています。

退職理由はネガティブに伝わらないように注意してください。退職理由をポジティブに伝えることで「失敗を活かして次はがんばります」というメッセージになります。

第二新卒は社会人の基礎が身についているのにフレッシュな事をアピール

第二新卒は新卒と比較されることが多いです。

第二新卒は「前職を短期間で辞めている」という事実があり「それなら新卒を採用した方がいいのでは?」と考える採用担当者もいます。

ですが、第二新卒の強みは「社会人の基礎が身についているのに若い」ということです。

「社会人の基礎が身についているのに若い」ということを履歴書で伝えることがコツです。

少子高齢化により新卒だけでは予定していた採用人数に達しなかったり、短期退職する新卒も多いため、第二新卒を積極的に採用している企業も増えています。

第二新卒は「新卒ではないが新卒に近い若い人材」ということで企業は注目しているのです。

第二新卒の強みは、

  • 新卒と年代が同じなのに社会人経験がある
  • 新人研修やビジネスマナー研修がいらない
  • 若くて気力体力がある
  • ベテランよりも若いため、クセがなく育てやすい
  • さわやか、積極的

などです。「社会人経験があるけどフレッシュな人材」であることを積極的にアピールしましょう。

 

第二新卒の履歴書の自己PR例

第二新卒の履歴書の自己PR文章の例をご紹介します。

アパレル販売から住宅営業への転職の自己PR

私は新卒でアパレル企業に就職し、店頭での接客・販売の仕事をしていました。元気よく挨拶・返事をすることを心がけて仕事をしていました。
お客様の中には私の名前を覚え下さる方もいて、リピーターのお客様も多かったです。私はアパレル販売の仕事も好きでしたが「もっとお客様と深く関われる仕事をしたい」と思うようになりました。
アパレル販売だとお客様と会うのは店頭しかありませんし「服」でしかお客様との接点を持てません。もっとお客様の人生に役立てるような仕事をしたいと思い営業職に興味を持ちました。
そんなときに親戚の付き添いで住宅展示場に行くことがありました。そのとき初めて「住宅営業」という仕事を自分事として意識しました。住宅は人生で一番高い買い物と言われますし、お客様と深い関係にならなければいけない仕事だと思いました。
私自身も家を見るのは好きですし、住宅に関わる営業職をしてみたいと思うようになりました。様々なハウスメーカーの企業分析をしたところ、貴社は住宅の性能が高いことはもちろんアフターフォローに力を入れていることを知りました。
競合他社のアフターフォローも調べましたが貴社のアフターフォローがもっともしっかりしていると思いました。アフターフォローがしっかりしていれば売りっぱなしではなく、お客様の人生と深く関われる仕事ができると思ったため、御社を志望します。
前職のアパレル販売で対人能力やコミュニケーション能力は身についていますので、営業職を務められると思います。住宅に関する知識は自主的に勉強していきます。
営業職は大変だとは思いますが、アパレル販売のときもお客様がお客様を連れてきてくれることが多かったです。お客様1人1人を大切にすることで紹介をもらえることは前職で体験しました。
私のコミュニケーション能力を活かして貴社に貢献したいです。

この志望動機では、

  • 退職理由
  • 志望動機
  • 前職で得たスキル
  • 自己PR
  • 御社でなけれいけない理由

がすべて説明できていますね。

履歴書は使いまわすのではなく、1社1社丁寧に書くのがコツです。

1社1社丁寧に履歴書を書くことで内定が出やすくなり、転職活動期間が短くなるものです。

あなたの履歴書作成の参考にしてください。

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の第二新卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから