第二新卒でも大手企業に転職可能!?オススメの業界・企業・職種も合わせてご紹介します!

第二新卒にオススメの企業は?体験談もご紹介

第二新卒とは、大学や専門学校を卒業して一度就職し、短期間で退職したり、転職活動をする人のことをいいます。

明確な定義はありませんが、一般的に「卒業後3年以内」の年齢を対象にしています。4年制大卒での年齢でいうと、25~26歳までが第二新卒として転職活動が可能です。

最近では、新卒で入社した人の3人に1人は3年以内に退職するといわれており、若くて優秀な人材が、転職市場に多く入ってきたため、第二新卒ブームが起こっています。この記事では企業が求める人材や、第二新卒にオススメの企業や業界の情報、大手・中小のメリットデメリット、第二新卒ならではの注意点をまとめています。

記事のまとめ
  • 第二新卒の需要は高まっており、大手・中小どちらも転職を狙える
  • 第二新卒がオススメ企業へ転職する方法は大きく3点ある
  • 第二新卒は経験が浅いため、失敗する可能性が高い、転職エージェントを活用することがリスクヘッジになる

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

大手企業が第二新卒を採用する理由と求める人材

大手企業が第二新卒を採用する理由と求める人材

大手企業の新卒採用実績数を見ると、新卒ばかり採用しているのでは?と思うかもしれませんね。実際には大企業は幅広い人材を採用するために、第二新卒をはじめとする新卒以外の人材に手を広げて採用活動をしています。ここでは大手企業が第二新卒に感じている魅力と、求める人材についてまとめました。

大手企業が第二新卒を採用する理由

一見、スキルや経験不足とも思える若手の第二新卒を大手企業が積極的に採用するのはなぜでしょうか。ここではまず、大手企業が第二新卒を狙う理由から解説します。

理由1.新卒では飽き足らない

簡単に表現すると、「新卒では飽き足らない」ということがあります。「飽き足らない」という意味は、新卒はよく似た学生時代を過ごしてきており、就活ノウハウが行き渡っている中で無難に選考を通過してくる学生が多く、結果、人材的に画一的である傾向があります。

その点、第二新卒は背景にさまざまな事情を抱えており、新卒にはない経験をしています。短期間とはいえ何らかの社会人経験のある者や、前職を単なるミスマッチで退職しただけで、能力的には注目できる人材が埋もれていると考えているのです。

理由2.第二新卒はすぐに入社できる

第二新卒は新卒と違って、卒業を待たずにすぐ入社が可能です。

一方、大企業の採用体制も、昨今、「通年採用体制」といって年間を通じていつでも採用できる体制の企業が増えています。これは帰国子女や海外留学生受け入れといったグローバル化への対応。新卒入社した者のミスマッチによる急な退社、事業展開に合わせた臨機応変な補てんなど、通年採用体制が本来の企業活動に馴染むからです。

たとえば、年間の採用目標数を100人とした場合、新卒採用を70人、それ以外の第二新卒、専門職の中途採用、海外採用などで30人といったように、新卒以外の採用目標数もあらかじめ決めている企業があります。この方が企業全体として人材を幅広く採用することができます。特に大企業は、余裕をもって臨機応変に対応できるような人材確保を行います。

理由3.新卒に比べて育成コストが低い

新卒を採用すると、マナーや基礎知識を身に着ける研修をして、さらにOJTなどを経て、戦力になるには大手ほど長い時間をかける傾向があります。

第二新卒は、すでに一度就職をして一定の社会人経験を積んでいるので、社会人としての基本的なマナーやスキルをある程度身に着けている人がほとんどです。そのため、新卒と比べて教育にかかるコストや時間が少なく、即戦力としての活躍が期待できます。

大手企業が求める第二新卒の人材

それでは、大手企業が求める第二新卒の人材はどのような人材なのでしょうか?ここでは、大手企業が求める第二新卒の人材について解説します。

求める人材1.得意分野に強みを発揮できる人材

大企業の採用は、自社のメイン事業(本業)に照準を合わせ、バランスが取れた最も平均点の高い人材を採用します。新卒採用の狙いどころはここで、真っ白な状態での採用になるので、ある程度の基礎能力さえあれば、入社後に教育をすれば大丈夫と判断します。

しかし、あまりよく似た人材ばかり集めると、特に大企業の場合、将来のビジネスの多様化に対応できない懸念があります。そこで、第二新卒の採用では、平均点より、得意分野に強みを発揮できる人を「人材バリエーション」として採用で重視することがあります。

求める人材2.社会人としての基本的なマナーやスキルを持つ人材

先ほど「大手企業が第二新卒を求める理由」でもご紹介したとおり、新卒の育成には時間とコストがかかります。

そこで、第二新卒を採用することで、どの企業や業界でも共通する社会人としての基本的なマナーやスキルに関する教育を省くことができます。特に前職と同業界であったり、前職の知識などがいかせる企業の場合は、好評価つながる可能性が高くなります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒におすすめの企業や業界・職種

ここまでで、近年大手企業も第二新卒を積極的に採用しており、大手企業に就職するなら、第二新卒が意外と狙い目、ということがおわかりいただけたと思います。ここでは、第二新卒にオススメの企業や業界・職種について解説していきます。

第二新卒におすすめの業界~企業もご紹介!~

第二新卒は年齢が若く、経験値も低いため、スキルアップできる業界・企業がオススメです。20代のうちにスキルを上げておけば、30代になってから、中途採用枠でさらにキャリアアップを考えることもできます。

また、大手企業は採用人数が多く、その分退職者も多いため、第二新卒で穴を埋める傾向もあります。採用基準に関しても、中小企業に比べて緩くなることもあります。人材にかける資金に余裕があるためです。

あなたが優秀な人材であることをアピールできれば、「スキルアップが見込める×大企業」という転職も可能になります。

おすすめ業界1.IT業界

社会のデジタル化に伴い、IT業界は空前の人材不足に陥っています。特にプログラマーやデータサイエンティスト、システムエンジニアなどの技術系の職種に関しては、需要に対して人材の供給が追いついていません。

ITのスキルに自信があれば、今後成長が見込まれるIT大手を受けてみましょう。社内の人材のレベルも高く、20代のうちに、スキルやノウハウを身につけることができます。

第二新卒を歓迎する企業例

ヤフー、オラクル、ミクシィ、サイボウズなど

おすすめ業界2.コンサルティング業界

コンサルティング業界は、転職者が多い業界であり、未経験の第二新卒を積極的に採用しています。

コンサルティング会社はチームで稼働するため、未経験の若手でもチームの中で役割を与えられ、応えていくことでスキルアップしていくことが可能です。実際に20代はコンサルティング業界で働き、30代以降で事業会社へ転職していくケースも多くあります。

第二新卒を歓迎する企業例

アクセンチュア、ATカーニー、ベインアンドカンパニーなど

おすすめ業界3.金融業界

銀行や証券会社などの金融業界は、元々学生からの人気が高く、転職難易度が高いといわれていましたが、最近では大手銀行が第二新卒の採用をはじめています。

20代のうちに金融業界の知識やスキルを身につけ、その後事業会社へ転職することも可能です。特に大手金融機関は、研修や資格取得を後押しする社内制度も整っており、スキルアップには最適な場といえるでしょう。

第二新卒を歓迎している企業

三井住友銀行、野村信託銀行、SMBC日興証券など

おすすめ業界4.製造(メーカー)業界

日本の伝統的な業界である製造業界でも第二新卒を採用する動きが出始めています。

元々人材の流動性が低い、新卒採用中心の業界でしたが、若年層の離職率も高まっていることもあり、第二新卒の募集が増え始めています。製造業界の大手企業は、研修や資格取得の制度がしっかりしているため、20代でスキルを身につける場としてもオススメです。

第二新卒を歓迎している企業

ソニー、シャープ、三菱電機など

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒におススメの職種

第二新卒での就職で、「新しい職種にチャレンジしたい!」という方も多いのではないでしょうか。ここでは第二新卒におススメの職種をご紹介します。参考にしてみてください。

おすすめ職種1.エンジニア・プログラマ

エンジニアやプログラマは第二新卒におススメの職種です。なぜなら、IT業界は成長を続けており、急速な発展に伴いエンジニアやプログラマが不足しているからです。そのため、未経験でも新卒に近い第二新卒ならポテンシャルややる気を買われて採用されるケースも多いようです。

ただ、専門知識が必要な職種になるので、どうしてもエンジニアやプログラマとして採用されたい場合は、事前に勉強して知識を習得しておくのがおススメです。

おすすめ職種2.営業

営業も第二新卒からチャレンジするのにおススメの職種です。

第二新卒は営業未経験であっても、基本的なビジネスマナーやスキルを身に着けている人も多く、短い研修やOJTで、即戦力になり得えます。新卒より早く戦力になりそうな第二新卒の若手は、未経験でも営業として採用されやすい傾向です。特に住宅、保険、人材、IT、といった分野で未経験歓迎の募集がよく見られます。

おすすめ職種3.事務職

事務職も第二新卒におススメの職種の一つです。

事務職には一般事務、営業事務、経理事務、医療事務など様々な事務がありますが、一般事務のお仕事は、未経験歓迎のものも多いです。特に第二新卒であれば、既に基本的なマナーやPCスキル、コミュニケーションスキルをある程度身につけているので、そこをうまくアピールできれば、採用される可能性が上がります。

未経験歓迎の一般事務の募集は、IT、広告、保険、金融などでよく見られます。

まずは一般事務に転職して、そこから専門知識やスキルを身に着けてキャリアアップを狙うのもおススメです。

おすすめ職種4.前職の経験が活かせる職種

第二新卒で新しい職種にチャレンジしたいという場合でも、前職の経験がいかせればより採用の可能性が上がります。また、即戦力として入社後も活躍しやすくなるでしょう。

例えば、新卒時は不動産業界で営業をしていて、第二新卒では営業事務を目指したい場合、同じ不動産業や住宅業界であれば職種は違ってもぐっと採用されやすくなります。

同じ業界でなくても、前職の知識や経験をうまくアピールできれば未経験でも別の職種に転職することは十分可能です。

第二新卒には大手企業・中小企業どちらがおススメ?それぞれのメリット・デメリットを紹介

第二新卒でも大手企業を狙うことは十分可能ということがわかりましたが、結局大手企業と中小企業どちらに就職するのがよいのでしょうか。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

大手企業のメリット・デメリット

大手企業にはメリットしかないのでは?と思うかも知れませんが、そうとも限りません。ここでは大手企業のメリット・デメリットを紹介しますので、自分の状況に合わせて、大手企業と中小企業どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

大手企業のメリット

大手企業のメリットはいろいろありますが、大きくは以下の4つになります。

  • 給与が高い
  • 安定性がある
  • 知名度が高い
  • 研修や教育制度が充実している

平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況によると、日本の大手企業の平均賃金は38万3千円です。中企業の平均賃金31万8千円、小企業の29万3千円に比べると明らかに平均賃金は高くなっています。

また、安定性や知名度といった点も大手企業の大きなメリットの一つで、大手企業で働いているということ自体が、その人の社会的信用につながることもあります。

そしてやはり大手企業の場合、中小企業に比べて研修制度や教育制度が充実している場合が多いので、第二新卒で入ったとしても、キャリアアップやスキルアップのためのしsしっかりとした教育を受けられる可能性が高いです。

大手企業のデメリット

大手企業にも人によってデメリットはあります。以下にデメリットを3つまとめました。

  • 中小企業に比べて固定的な給与
  • スピード感がない
  • 中小企業に比べて裁量が小さくなる場合もある

大手企業は中小企業に比べて規模が大きい分、給与や出世の体系は固定的で、中小企業に比べるとスピード感に欠ける場合があります。成果を上げたらすぐに、その分給与や待遇に直結するような柔軟な対応は難しいかもしれません。
また、中小企業に比べると人材が多い分、一人ひとりに与えられる裁量が小さくなる場合もあります。

中小企業のメリット・デメリット

次に、中小企業のメリット・デメリットについて紹介します。大手企業のメリット・デメリットをみて、「自分には大手企業は合っていないかも?」と思った方は、中小企業のメリット・デメリットも確認して検討してみましょう。

中小企業のメリット

中小企業のメリットを大きくまとめると以下の3つになります。

  • 大手企業より倍率が低く内定がとりやすい
  • スピード感がある
  • 若手でも裁量のある仕事を任せてもらいやすい

大手企業の場合、採用人数も多いですが、その分ライバルもかなり多くなります。内定が出るまでの採用プロセスも中小企業より多いので、内定が出るまでに時間もかかります。その点、中小企業では、短い期間でもお互いに納得すれば即採用ということも珍しくありません。

また、中小企業は企業規模が大手に比べて小さい分、意思決定が早く、採用以外でもあらゆる点で大手企業に比べてスピード感があります。その分、若手でも裁量のある仕事を任せてもらえる可能性も高く、成果を上げれば出世も早い可能性があります。

中小企業のデメリット

中小企業のデメリットは大きく以下の3つです。

  • 大手企業に比べて給与が低い
  • 大手企業に比べて研修・教育制度が充実していない
  • 社員数が少ないため、自由な働き方をしづらい場合もある(フレックスタイム制やテレワークなど)

大手企業のメリットでもふれましたが、中小企業の平均賃金は大手企業の平均賃金に比べて約9~7万円ほど低くなっています。

また、大手企業に比べると研修や教育制度が充実していない企業も多く、社会人としての基礎的なマナーやスキルに不安がある場合や、社内で手厚くスキルアップやキャリアアップの教育をしてもらいたい場合は不向きかもしれません。

また、大手企業に比べると社員数が少ないため、テレワークやフレックスなどの制度が整っていなかったり、導入しづらい場合もあります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒がオススメ企業・大手企業へ転職するための方法とは

ここからは、第二新卒がオススメ企業へ転職するために方法を大きく3点ご紹介します。第二新卒は需要が高いとはいえ、まだ社会人としての経験が浅く、誰もが簡単に転職できるわけではありません。

自分に合った方法で、転職活動を進めていきましょう。

方法1.中小企業に転職し、力をつけて大手企業に転職する

第二新卒の転職においても、やはり大手企業は人気です。大手企業は採用人数も多いので、第二新卒で転職できるチャンスも高いですが、やりたいことが明確なのであれば、中小企業→大手企業というステップを踏むこともオススメです。

自分のやりたいことが明確にできる中小企業に転職して3~5年程度働き、スキルやキャリアを稼いで、30歳頃の転職価値が最も上がるタイミングで大手企業へ転職する、という方法です。

例えば、「自分は事業企画がしたい」というやりたいことがあるのなら、第二新卒でコンサルティング業界に転職し、30手前までスキルアップした上で、再度大手事業会社へ転職するといった流れです。

方法2.資格を取って転職を有利にする

資格取得も転職活動において昔から方法論としてありますが、最近の企業で資格を重視する企業は多くはありません。

具体的に資格として有益なのは、以下のような資格です。

  • ビジネス英会話ができることや、TOEICが高得点であること
  • 特殊業界で必要な資格があること(例 不動産業界の宅地建物取引主任者など)

時間をかけて資格取得を重視するよりも、若い年齢のうちに自分のキャリアビジョンを明確にして、第二新卒の需要を活用して転職するのがオススメです。

方法3.転職エージェントを活用する

第二新卒での転職活動は、転職経験がないため、転職エージェントを活用することがオススメです。転職エージェントはあなたの市場価値を見定め、あなたの将来のビジョンに合う会社を紹介してくれます。

自分で求人企業を探すことも可能ですが、相手企業と話をしていないと、実際の業務内容や会社の雰囲気が見えてきません。その点も含め、エージェントに相談を入れることが一番の近道です。

また、転職における書類作成、自己分析、面接対策、スケジュール調整などのサービスも無料で提供してくれるエージェントがほとんどです。経験不足であれば、使わない手はないでしょう。

第二新卒がオススメ企業・大手企業へ転職するための注意点を解説

最後に第二新卒がオススメ企業へ転職するための注意点を解説します。第二新卒は社会人経験が浅く、初めての転職になるため、注意点が該当するようであれば、一旦落ち着いて考える必要があります。

また、一人で判断すると視野が狭くなってしまうため、相談役として転職エージェントを活用することをオススメします。

注意点1.何も考えず転職してしまう

あなたが何をやりたいのか、将来のビジョンも含めて明確でないままに転職すると、転職活動に失敗したり、転職後も同じ不満を持ってしまう可能性があります。

自分の人生において仕事に何を求めるのか、どのようなキャリアビジョンを描きたいのかが明確でないと、退職理由や志望動機に一貫性が生まれないためです。

該当する人は、まず自分が何に対して不満で、仕事に何を求めているのか整理するところからはじめていきましょう。

一人で整理できる自信がない人は、転職エージェントを活用していきましょう。自己分析や適職診断も含めて、協力してくれます。

注意点2.とにかく辞めたいで転職してしまう

とにかく今の仕事を辞めたいという理由で転職活動をすることも、失敗の可能性が高まってしまいます。

今の仕事の不満を、自分のせいではなく、会社のせいにしてしまうためです。わがままで自分中心のイメージになってしまい、転職活動において好印象にはなりません。

ただし、ブラック企業に勤めていることが明らかな人は、会社のせいにしてすぐにでも辞めることをオススメします。

注意点3.転職先を決める前に転職してしまう

転職先を決める前に転職してしまうことも避けた方がよいでしょう。退職から転職までに空白期間が空いてしまう可能性があるためです。

また、転職活動の際にも無職の場合と、仕事をしている場合では、企業側の持つイメージが変わってしまいます。

転職活動にはお金もかかりますから、今の仕事をしながら効率的に転職活動を進め、空白期間が空かないように調整していきましょう。

このようなスケジュールの調整を行うには、転職エージェントの活用が便利です。

また、ジェイックでは第二新卒の転職がうまくいかない時の原因、対処法について書いている記事があります。気になる方は是非読んでみて下さい。

 

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC