第二新卒は大手企業に転職できる?おすすめ業界や職種も!−転職エージェントも活用しよう−

第二新卒にオススメの企業は?体験談もご紹介

「第二新卒として大手企業に転職したい」という方もいるでしょう。IT業界などをはじめ、一部の大手企業や有名企業では第二新卒を積極採用していたり、通年採用をしていたりする企業もあります。社会人経験が短い第二新卒も、そこから大手に転職して仕事ができる可能性はゼロではありません。応募して採用されるのは簡単なことではありませんが、新卒で大手を受けたが落ちてしまったという方は、またチャレンジしてもよいでしょう。この記事では、第二新卒を大手が採用する理由、大手に就職したい第二新卒におすすめの業界や職種、第二新卒が大手企業などを目指す際の注意点などについてご紹介します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒を大手企業が採用する理由と求める人材

第二新卒を大手企業が採用する理由と求める人材

ここでは大手企業が第二新卒に感じている魅力と、求める人材についてご紹介します。

大手企業が第二新卒を採用する理由

スキル・経験不足とも思われそうな若手の第二新卒を、大手企業が積極的に採用するのはなぜでしょうか。ここではまず、大手企業が第二新卒を狙う理由から解説します。

理由1.新卒とは違う強みや魅力のある人材がほしい

新卒入社の場合、就活ノウハウを学び早期から就活に取り組み、企業分析なども万全に対策したうえで選考を通過するような学生が多くいます。優秀さや一定のレベルは期待できるものの、人材としてはやや画一的である傾向があります。

一方、第二新卒の背景はさまざまで、新卒入社の社員にはない経験をしています。別の業界や職種での経験を活かしてもらえそうだったり、前職ではミスマッチで活躍できなかったものの能力的は高い人材が埋もれているのではないかとも、企業は考えているのです。

理由2.すぐに入社できる

第二新卒の場合、内定が出たあとは数ヶ月程度で入社が可能です。

近年では「通年採用体制」といって、年間を通じて採用する体制の企業も増えています。帰国子女や海外留学生受け入れといったグローバル化への対応、新卒入社の早期退職、事業展開に合わせた臨機応変な補てんなど、通年採用体制をすることが結果として企業活動にメリットをもたらすことがあるためです。

とはいえ多くの一定規模の企業では、内定から入社までの間に学生の卒業を待たなければいけません。採用から短期間での入社が見込める第二新卒の存在は、企業の人員計画などにとっても利点があるといえます。

理由3.新卒よりも育成の手間が少ない

新卒を採用した場合、マナーや基礎知識の研修やOJTなど、大手ほど、長い時間をかけて社員を戦力として育成していきます。

第二新卒はすでに一度就職をして一定の社会人経験を積んでいるので、社会人としての基本的なマナーやスキルはある程度身に着けている人がほとんどです。そのため新卒と比べて教育にかかるコストや時間が少なく、即戦力としての活躍が期待できます。

大手企業が求める第二新卒の人材とは

それでは、大手企業が求める第二新卒の人材はどのような人材なのでしょうか。ここでは、大手企業が求める第二新卒の人材について解説します。

得意分野に強みを発揮できる人材

大企業の採用は、自社のメイン事業(本業)に照準を合わせ、バランスが取れた最も平均点の高い人材を採用します。新卒採用の狙いどころはここで、真っ白な状態での採用になるので、ある程度の基礎能力さえあれば、入社後に教育をすれば大丈夫だと判断します。

しかし、あまりよく似た人材ばかり集めると、将来のビジネスの多様化や注力したい事業などに十分に対応できないという懸念もあります。そこで、第二新卒の採用では、平均点よりも得意分野に強みを発揮できる人を「人材バリエーション」として、採用で重視することがあるのです。

社会人として常識のある人材

率直にいうと、第二新卒に対して、過剰な期待はしていない企業がほとんどです。社会人経験も短く若いため、ポテンシャルも採用の要素としては大きくなるからです。

しかし、社会人として問題がない人材であることは大切です。新卒ではないため、仕事への考え方や社会人としての自覚、身だしなみやコミュニケーションなどに違和感がないという点は求められます。第二新卒の場合、入社後も初歩的な社会人としてのマナー研修などは行わないことが多いため「学生気分ではない」「自社の社員として外に出したとしても恥ずかしくない」レベルであることは必要です。

第二新卒におすすめの企業や業界・職種

第二新卒におすすめの企業や業界・職種

ここでは、第二新卒におすすめの企業や業界・職種について解説します。

第二新卒におすすめの業界/企業

第二新卒は年齢が若く、経験値も低いため、スキルアップできる業界・企業がおすすめです。20代のうちにスキルを上げておけば、30代になってから、中途採用枠でさらにキャリアアップを目指すこともできます。

また、大手企業は採用人数が多いぶん退職者も一定数は発生するため、第二新卒で穴を埋める傾向もあります。あなたが優秀な人材であることをアピールできれば、「スキルアップができる環境×大手企業」という転職が叶う可能性もゼロではありません。

第二新卒におすすめの業界・企業についてご紹介します。

おすすめ業界1.IT業界

社会のデジタル化に伴い、IT業界は空前の人材不足に陥っています。特にプログラマーやデータサイエンティスト、システムエンジニアなどの技術系の職種に関しては、需要に対して人材の供給が追いついていません。

ITのスキルに自信があれば、今後成長が見込まれるIT大手を受けてみましょう。社内の人材のレベルも高く、20代のうちに、スキルやノウハウを身につけることができます。

第二新卒を歓迎する企業例

ヤフー、オラクル、ミクシィ、サイボウズなど

上記のように、有名IT企業でも通年採用や既卒者の受け入れをしている企業は存在します。

おすすめ業界2.コンサルティング業界

コンサルティング業界は基本的に転職者が多い業界であり、未経験の第二新卒も積極的に採用しています。

コンサルティング会社はチームで稼働するため、未経験の若手でもチームの中で役割を与えられ、応えていくことでスキルアップしていくことが可能です。実際に20代はコンサルティング業界で働き、30代以降で事業会社へ転職していくケースも多くあります。

第二新卒を歓迎する企業例

アクセンチュア、ATカーニー、ベインアンドカンパニーなど

コンサルティング業界に興味のある第二新卒は、チャレンジしてみてもよいでしょう。

おすすめ業界3.金融業界

銀行や証券会社などの金融業界はもともと学生からの人気が高く、転職難易度が高いといわれていましたが、最近では大手銀行が第二新卒の採用をはじめています。

20代のうちに金融業界の知識やスキルを身につけ、その後事業会社へ転職することも可能です。特に大手金融機関は、研修や資格取得を後押しする社内制度も整っており、スキルアップには最適な場といえるでしょう。

第二新卒を歓迎している企業

三井住友銀行、野村信託銀行、SMBC日興証券など

新卒では金融業界に入社できなかった・または興味はあったが受けなかったという方は、第二新卒として応募してみるのもよいでしょう。

おすすめ業界4.製造(メーカー)業界

日本の伝統的な業界である製造業界でも、第二新卒を採用する動きが出始めています。

もともと人材の流動性が低く新卒採用中心の業界でしたが、若年層の離職率も高まっていることもあり、第二新卒の募集も増え始めています。製造業界の大手企業は、研修や資格取得の制度がしっかりしているため、20代でスキルを身につける場としてもおすすめです。

第二新卒を歓迎している企業

ソニー、シャープ、三菱電機など

大手メーカーの入社難易度は高めではあるものの、第二新卒として挑戦する価値はあるといえるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒におすすめの職種

第二新卒での就職で「新しい職種にチャレンジしたい」という方も多いのではないでしょうか。ここでは第二新卒におすすめの職種をご紹介します。参考にしてみてください。

おすすめ職種1.エンジニア・プログラマ

IT業界は成長を続けており、急速な発展に伴いエンジニアやプログラマが不足しているからです。そのため、未経験でも新卒に近い第二新卒ならポテンシャルややる気を買われて採用されるケースも多いようです。

ただ、専門知識が必要な職種になるため、どうしてもエンジニアやプログラマとして採用されたい場合は、事前に勉強して知識を習得しておくのがおススメです。

おすすめ職種2.営業

第二新卒は営業未経験であっても、基本的なビジネスマナーやスキルを身に着けている人も多く、短い研修やOJTでも即戦力になり得えます。

採用人数も多くほとんどの企業で必要とされている営業職は、未経験の第二新卒が採用されやすい職種といえます。たとえば住宅、保険、人材、IT、といった分野で未経験歓迎の求人募集がよく見られます。

おすすめ職種3.事務職

事務職には一般事務、営業事務、経理事務、医療事務などがありますが、一般事務の仕事は、未経験歓迎のものも多いです。第二新卒であれば、既に基本的なマナーやPCスキル、コミュニケーションスキルをある程度身につけているので、そこをうまくアピールできれば、採用される可能性が上がります。

未経験歓迎の一般事務の募集は、IT、広告、保険、金融などでよく見られます。まずは一般事務に転職して、そこから専門知識やスキルを身に着けてキャリアアップを狙うのもおすすめです。

事務職の仕事については、以下の記事でもくわしくご紹介しています。

「第二新卒として事務職に就きたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ職種4.前職の経験が活かせる職種

前職の経験が活かせれば、第二新卒としてより採用の可能性が上がります。また、即戦力として入社後も活躍しやすくなるでしょう。

たとえば、新卒時は不動産業界で営業をしていて、第二新卒では営業事務を目指したい場合、同じ不動産業や住宅業界であれば、職種は違っても採用されやすくなります。同じ業界でなくとも、前職の知識や経験をうまくアピールできれば未経験でも別の職種に転職することも可能です。

第二新卒は大手・中小どちらがおすすめ?メリット・デメリットを紹介

第二新卒は大手・中小どちらがおすすめ?メリット・デメリットを紹介

第二新卒は、大手企業・中小企業のどちらに就職するのがよいのでしょうか。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

大手企業のメリット・デメリット

「大手企業にはメリットしかないのでは?」と思うかも知れませんが、そうとも限りません。ここでは大手企業のメリット・デメリットを紹介しますので、自分に合っているかを考えてみましょう。

大手企業のメリット

大手企業のメリットはいろいろありますが、たとえば以下が考えられます。

  • 給与が高い
  • 安定性がある
  • 知名度が高い
  • 研修や教育制度が充実している

厚生労働省の平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況によると、日本の大手企業の平均賃金は38万3千円です。中企業の平均賃金31万8千円、小企業の29万3千円に比べるとあきらかに平均賃金は高くなっています。

引用:厚生労働省平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況

安定性や知名度といった点も大手企業の大きなメリットのひとつで、大手企業で働いているということ自体が、その人の社会的信用につながることもあります。

そして大手企業の場合、中小企業によりも研修制度や教育制度が充実していることも多く、第二新卒で入ったとしても、キャリアアップやスキルアップのためのしっかりとした教育を受けられる可能性が高いといえます。

大手企業のデメリット

大手企業のデメリットとしては、以下が考えられます。

  • 旧態依然としていることがある
  • スピード感に欠ける
  • 仕事の裁量が限られることがある

大手企業は中小企業に比べて歴史も長く人数も多いことがほとんどで、古いしきたりなどがそのまま残っていることがあります。また、中小企業に比べるとスピード感に欠けることがあります。

また、業務の担当が部署ごとに細分化されていることから、社員一人ひとりに与えられる裁量が小さくなる場合もあります。

中小企業のメリット・デメリット

次に、中小企業のメリット・デメリットについて紹介します。「自分には大手は合っていないかも」と感じている方は、中小企業のメリット・デメリットも知ったうえで検討しましょう。

中小企業のメリット

中小企業のメリットとして考えられることは、以下となります。

  • 大手企業より倍率が低く内定を得やすい
  • スピード感がある
  • 若手でも裁量のある仕事を任せてもらいやすい

大手企業の場合、採用人数も多いですが、そのぶんライバルもかなり多くなります。内定が出るまでの採用プロセスも中小企業より多いため、内定が出るまでに時間もかかります。その点中小企業では、短い期間でもお互いに納得すれば即採用ということも珍しくありません。

また、中小企業は企業規模が大手に比べて小さいぶん意思決定が早く、採用以外でもあらゆる点で大手企業に比べてスピード感があります。若手でも裁量のある仕事を任せてもらえる可能性も高く、仕事にやりがいを感じられることも多いでしょう。

中小企業のデメリット

中小企業のデメリットは、以下が考えられます。

  • 大手企業に比べて給与が低い
  • 大手企業に比べて研修・教育制度が充実していない
  • 社員一人あたりの負担が大きくなることもある

大手企業と比較すると、中小企業はやはり給与などの待遇面で劣ることが多いでしょう。

研修や教育制度も大手ほどは充実していない企業も多く、社会人としての基礎的なマナーやスキルに不安がある場合や、社内で手厚くスキル・キャリアアップの教育をしてもらいたい人には不向きかもしれません。

大手企業に比べると社員数が少ないため、一人あたりの業務量が多かったり、人が足りず休みを取りずらかったりするなどの企業もあります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒が大手企業へ転職するための方法と注意点

第二新卒が大手企業へ転職するための方法と注意点

第二新卒が大手企業へ転職するための方法と、転職活動の注意点をご紹介します。第二新卒は需要が高いとはいえ、まだ社会人としての経験が浅く、誰もが簡単に転職できるわけではありません。自分に合った方法で、転職活動を進めていきましょう。

第二新卒で大手に転職する方法

第二新卒で大手に転職したい方は、以下の方法を試してみてもよいでしょう。

中小に転職してから大手を目指す

第二新卒の転職においても、やはり大手企業は人気です。採用人数も多いため第二新卒で転職できるチャンスも高いですが、優秀な人が多数応募するため、入社のハードルは決して低くはありません。いまの自分の状態では大手への転職はむずかしそうという第二新卒は、中小企業に入社して大手企業を目指すというステップもひとつあります。

中小企業に転職して3~5年程度働き、そこでスキルやキャリアを積んでから大手企業へ転職する、という方法です。

たとえば「自分は事業企画がしたい」という希望があるのならば、第二新卒でコンサルティング業界に転職しスキルアップをしたうえで、再度大手事業会社への転職にチャレンジするといった流れです。

もちろん、中小企業で経験を積んだからといって希望する大手に転職できる保証はありません。しかし、大手企業が必要とするスキルや知識を中小で身に付けることができれば、不可能なことではないでしょう。

転職に有利な資格取得をする

最近の企業では、応募者の保有資格を重視する企業は以前ほどは多くはありません。

具体的に資格として有益だと見なされるのは、以下のようなものです。

  • TOEIC高得点など英語に関する資格(業務で英語を使う/海外と取引のある企業など)
  • その業界に必要な専門資格(不動産業界の宅地建物取引主任者など)

まだ1社目で働いていて、次にやりたいことが明確なのであれば、在職中に転職に有利になる資格取得をするのもひとつの方法です。ただし、資格取得に時間をかけすぎて転職の機会を逃してしまうことがないよう、第二新卒の需要を活用して転職し、そこから資格取得を目指すのもアリです。

転職エージェントを活用する

第二新卒での転職活動には、転職エージェントの活用がオススメです。転職エージェントはあなたの市場価値を見定め、あなたの将来のビジョンに合う会社を紹介してくれます。

自分で求人企業を探すことも可能ですが、相手企業と話をしていないと、実際の業務内容や会社の雰囲気が見えてきません。その点も含め、エージェントに相談を入れることが一番の近道です。

転職における書類作成、自己分析、面接対策、スケジュール調整などのサービスも無料で提供してくれるエージェントがほとんどです。はじめての転職となる第二新卒であれば、転職エージェントを活用しない手はないでしょう。

第二新卒が大手などへの転職を目指す際の注意点

第二新卒が、大手企業などへの転職を目指す際の注意点をご紹介します。

何も考えず転職しない

あなたが何をやりたいのか、将来のビジョンも含めて明確でないままに転職すると転職活動に失敗したり、転職後も同じ不満を持ってしまう可能性があります。自分の人生において仕事に何を求めるのか、どのようなキャリアビジョンを描きたいのかがはっきりしていないと、退職理由や志望動機に一貫性が生まれないためです。

第二新卒として転職活動をスタートする前に、まず自分が何に対して不満で、仕事に何を求めているのかを整理するところからはじめていきましょう。

「とにかく辞めたい」で転職しない

「とにかく今の仕事を辞めたい」という理由で転職活動をすることも、失敗の可能性が高まってしまいます。いまの仕事の不満を、自分のせいではなく、会社のせいにしてしまうためです。企業からするとわがままで自分中心のイメージがついてしまい、転職活動において好印象にはなりません。

ただし、自分がブラック企業に勤めていることがあきらかな人は、すぐにでも辞める準備をしたほうがよいでしょう。まずは休職などでもよいので、自分の身を守ることを最優先にしたうえで、その先を考えることをおすすめします。

転職先を決める前に退職しない

転職先を決める前に退職してしまうことも避けた方がよいでしょう。退職から転職までに、空白期間が空いてしまう可能性があるためです。転職活動の際にも、無職の場合と仕事をしている場合では、企業側の持つイメージが変わってしまいます。

転職活動にはお金もかかりますから、長引けば金銭的に厳しくなってしまいかねないリスクもあります。今の仕事をしながら効率的に転職活動を進め、空白期間が空かないように調整していきましょう。

転職がうまくいかない時の原因や対処法については、以下の記事でもくわしくご紹介しています。

転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC