第二新卒にオススメの企業は?体験談もご紹介

第二新卒にオススメの企業は?体験談もご紹介第二新卒にオススメの企業や業界はどこなのでしょうか?この記事では、具体的な業界・企業の情報や、大手・中小との違い、実際に転職成功した体験談や、第二新卒ならではの注意点をまとめています。

記事のまとめ

第二新卒の需要は高まっており、大手・中小どちらも転職を狙える

第二新卒がオススメ企業へ転職する方法は大きく3点ある

第二新卒は経験が浅いため、失敗する可能性が高い、転職エージェントを活用することがリスクヘッジになる

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒にオススメの企業や業界について解説

第二新卒にオススメの企業や業界について解説第二新卒とは、大学や専門学校を卒業して一度就職し、短期間で退職したり、転職活動をする人のことをいいます。

明確な定義はありませんが、一般的に「卒業後3年以内」の年齢を対象にしています。4年制大卒での年齢でいうと、25~26歳までが第二新卒として転職活動が可能です。

最近では、新卒で入社した人の3人に1人は3年以内に退職するといわれており、若くて優秀な人材が、転職市場に多く入ってきたため、第二新卒ブームが起こっています。この記事では、第二新卒にオススメの企業や業界について解説していきます。

第二新卒にオススメの業界・企業

第二新卒は年齢が若く、経験値も低いため、スキルアップできる業界・企業がオススメです。20代のうちにスキルを上げておけば、30代になってから、中途採用枠でさらにキャリアアップを考えることもできます。

また、大手企業は採用人数が多く、その分退職者も多いため、第二新卒で穴を埋める傾向もあります。採用基準に関しても、中小企業に比べて緩くなることもあります。人材にかける資金に余裕があるためです。

あなたが優秀な人材であることをアピールできれば、「スキルアップが見込める×大企業」という転職も可能になります。

①IT業界

社会のデジタル化に伴い、IT業界は空前の人材不足に陥っています。特にプログラマーやデータサイエンティスト、システムエンジニアなどの技術系の職種に関しては、需要に対して人材の供給が追いついていません。

ITのスキルに自信があれば、今後成長が見込まれるIT大手を受けてみましょう。社内の人材のレベルも高く、20代のうちに、スキルやノウハウを身につけることができます。

<第二新卒を歓迎する企業例>

ヤフー、オラクル、ミクシィ、サイボウズなど

②コンサルティング業界

コンサルティング業界は、転職者が多い業界であり、未経験の第二新卒を積極的に採用しています。

コンサルティング会社はチームで稼働するため、未経験の若手でもチームの中で役割を与えられ、応えていくことでスキルアップしていくことが可能です。実際に20代はコンサルティング業界で働き、30代以降で事業会社へ転職していくケースも多くあります。

<第二新卒を歓迎する企業例>

アクセンチュア、ATカーニー、ベインアンドカンパニーなど

③金融業界

銀行や証券会社などの金融業界は、元々学生からの人気が高く、転職難易度が高いといわれていましたが、最近では大手銀行が第二新卒の採用をはじめています。

20代のうちに金融業界の知識やスキルを身につけ、その後事業会社へ転職することも可能です。特に大手金融機関は、研修や資格取得を後押しする社内制度も整っており、スキルアップには最適な場といえるでしょう。

<第二新卒を歓迎している企業>

三井住友銀行、野村信託銀行、SMBC日興証券など

④製造(メーカー)業界

日本の伝統的な業界である製造業界でも第二新卒を採用する動きが出始めています。

元々人材の流動性が低い、新卒採用中心の業界でしたが、若年層の離職率も高まっていることもあり、第二新卒の募集が増え始めています。製造業界の大手企業は、研修や資格取得の制度がしっかりしているため、20代でスキルを身につける場としてもオススメです。

<第二新卒を歓迎している企業>

ソニー、シャープ、三菱電機など

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

大手企業の特徴・メリット・デメリット

大手企業は新卒時の採用人数も多く、一定の離職者もいるため、第二新卒を積極的に採用している企業が増えてきました。

採用HPの募集要項で第二新卒を募集しているか、確認してみましょう。また、採用人数が多いため、採用基準が中小企業に比べて緩い場合もあります。大手企業を諦めることなく、まずは選択肢に入れていきましょう。

<特徴>

  • 採用人数が多いため、採用基準が緩い場合もある

<メリット>

  • 給与のよさ
  • 充実した教育、研修制度

<デメリット>

  • 中小企業やベンチャーに比べ、固定的な給与体系
  • スピード感のなさ
  • 中小企業に比べ、裁量が小さくなる場合もある

中小企業の特徴・メリット・デメリット

中小企業は、深刻な人材不足といわれていますので、第二新卒を積極採用していることが多いです。大手企業に比べて知名度がないため、優秀な人材を集めづらいからです。

また、内定が出るまでの時間も早く、人材不足により内定が出やすいともいえるでしょう。

<特徴>

  • 人材不足
  • 内定がもらいやすい

<メリット>

  • 裁量の大きさ
  • 短期間でのキャリアアップ
  • 柔軟な給与体系

<デメリット>

  • 大手企業に比べて給与が低い
  • 研修制度が大手企業に比べて少ない
  • 社員数が少ないため、自由な働き方をしづらい場合もある(フレックスタイム制やテレワークなど)

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒がオススメの企業へ転職した体験談を紹介

ここからは、第二新卒がオススメの企業へ転職した体験談をご紹介します。

<体験談①>

私は新卒時に、大学の就職課や親の勧め通り銀行に就職しましたが、入社後の業務内容をみて、ずっと続けられる自信が出ず、改めて自分のやりたいことを考えるようになりました。

また、銀行がこの先の社会で必要になるのか、ということも様々な記事や本で目にし、

転職するなら早い方がよいと感じていました。もともと私はマーケティングに興味があり、大学でのゼミや自分なりに学んでいましたが、銀行の業務では、支店に配属されて個人宅向けの営業であり、やりたいことができる状況ではありませんでした。

もちろん、本店に配属されて、マーケティングを行っている部署もありますが、何年支店に勤務すればやりたい部署に行けるのか、ということは全くわからないと上司に言われました。

「最低3年は勤めた方がいい」と、様々な人から聞いていたこともあり、25歳以降に転職をすべきだと考えていましたが、ネットで第二新卒のことを知り、入社3年以内でも大手企業含めて需要があるとわかったので、まだ入社2年目だった私は転職活動をはじめることにしました。

まず行ったのは自己分析・退職理由・志望動機ですが、自己分析については新卒時に使ったものを踏襲しました。

退職理由は、銀行で働き続けても、自分のやりたいこと(マーケティング)の部署に行くことは困難であること、と正直にまとめました。

志望動機については、銀行のように間接的に融資先の事業に関わることではなく、事業を実際に行っている事業会社で働き、将来的に商品やサービスをより売れるようにするためのマーケティングに関わりたい、そのために若い年代で営業をすることはかまわない、という流れにしました。

前職での経験としては、個人向けの営業を行っていたので、どのようにお客様に接すれば金融商品を買ってもらえるのか、ということについて自分なりに努力したことを話せるようにまとめておきました。

上記のことを自分なりに行いながら、転職サイトや転職エージェントをネットで探し、転職経験がないため、誰かに相談したいと考えて、転職エージェントを2社登録しました。

エージェントのアドバイザーに、自己分析の内容や、やりたい仕事、退職理由などを話し、二人三脚でブラッシュアップしていきました。

求人に関しても、なるべく大手で、将来的にマーケティング部門で働ける可能性のある会社という軸で、アドバイザーに複数社紹介して頂き、実際に4社ほどエントリーしました。

銀行での業務を続けながら、エージェントのアドバイザーにスケジュールを細かく調整してもらい、書類選考を受けました。

結果全て通ったので、有休や休日を使って面接へ行き、最終的に3社から内定をもらうことができました。面接においても、退職理由と志望動機が一貫してつながっていれば、質問されて困ることはほとんどありませんでした。

多くの企業で面接は2回から3回程度でしたが、必要に応じてエージェントのアドバイザーに、面接練習に付き合ってもらいました。面接の練習は、一人で実施するのは難しいので、エージェントを活用するポイントであると思います。

最終的に3社の内定をもらった事業会社から、より将来性が高く、自分が好きだと思える商品を作っている会社に決めて、無事転職活動を終了することができました。期間としては、活動を開始してから4ヵ月程度となりました。業務を行いながらだったので、少し時間がかかったかもしれません。

実際に活動してわかったことは、以下の状況です。

  • 第二新卒の転職は、想像以上に需要が高いこと
  • 新卒で入社してから違うと気づいたことは、正直に話しても大丈夫なこと
  • 転職経験がないため、転職エージェントを使った方がよいこと

エージェントのアドバイザーとは、とても良い関係を築くことができ、二人三脚で進められたことで、良い結果をもたらしたと感謝しています。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒がオススメ企業へ転職するための方法とは

ここからは、第二新卒がオススメ企業へ転職するために方法を大きく3点ご紹介します。第二新卒は需要が高いとはいえ、まだ社会人としての経験が浅く、誰もが簡単に転職できるわけではありません。

自分に合った方法で、転職活動を進めていきましょう。

中小企業に転職し、力をつけて大手企業に転職する

第二新卒の転職においても、やはり大手企業は人気です。大手企業は採用人数も多いので、第二新卒で転職できるチャンスも高いですが、やりたいことが明確なのであれば、中小企業→大手企業というステップを踏むこともオススメです。

自分のやりたいことが明確にできる中小企業に転職して3~5年程度働き、スキルやキャリアを稼いで、30歳頃の転職価値が最も上がるタイミングで大手企業へ転職する、という方法です。

例えば、「自分は事業企画がしたい」というやりたいことがあるのなら、第二新卒でコンサルティング業界に転職し、30手前までスキルアップした上で、再度大手事業会社へ転職するといった流れです。

資格を取って転職を有利にする

資格取得も転職活動において昔から方法論としてありますが、最近の企業で資格を重視する企業は多くはありません。

具体的に資格として有益なのは、以下のような資格です。

  • ビジネス英会話ができることや、TOEICが高得点であること
  • 特殊業界で必要な資格があること(例 不動産業界の宅地建物取引主任者など)

時間をかけて資格取得を重視するよりも、若い年齢のうちに自分のキャリアビジョンを明確にして、第二新卒の需要を活用して転職するのがオススメです。

転職エージェントを活用する

第二新卒での転職活動は、転職経験がないため、転職エージェントを活用することがオススメです。転職エージェントはあなたの市場価値を見定め、あなたの将来のビジョンに合う会社を紹介してくれます。

自分で求人企業を探すことも可能ですが、相手企業と話をしていないと、実際の業務内容や会社の雰囲気が見えてきません。その点も含め、エージェントに相談を入れることが一番の近道です。

また、転職における書類作成、自己分析、面接対策、スケジュール調整などのサービスも無料で提供してくれるエージェントがほとんどです。経験不足であれば、使わない手はないでしょう。

第二新卒がオススメ企業へ転職するための注意点を解説

最後に第二新卒がオススメ企業へ転職するための注意点を解説します。第二新卒は社会人経験が浅く、初めての転職になるため、注意点が該当するようであれば、一旦落ち着いて考える必要があります。

また、一人で判断すると視野が狭くなってしまうため、相談役として転職エージェントを活用することをオススメします。

何も考えず転職してしまう

あなたが何をやりたいのか、将来のビジョンも含めて明確でないままに転職すると、転職活動に失敗したり、転職後も同じ不満を持ってしまう可能性があります。

自分の人生において仕事に何を求めるのか、どのようなキャリアビジョンを描きたいのかが明確でないと、退職理由や志望動機に一貫性が生まれないためです。

該当する人は、まず自分が何に対して不満で、仕事に何を求めているのか整理するところからはじめていきましょう。

一人で整理できる自信がない人は、転職エージェントを活用していきましょう。自己分析や適職診断も含めて、協力してくれます。

とにかく辞めたいで転職してしまう

とにかく今の仕事を辞めたいという理由で転職活動をすることも、失敗の可能性が高まってしまいます。

今の仕事の不満を、自分のせいではなく、会社のせいにしてしまうためです。わがままで自分中心のイメージになってしまい、転職活動において好印象にはなりません。

ただし、ブラック企業に勤めていることが明らかな人は、会社のせいにしてすぐにでも辞めることをオススメします。

転職先を決める前に転職してしまう

転職先を決める前に転職してしまうことも避けた方がよいでしょう。退職から転職までに空白期間が空いてしまう可能性があるためです。

また、転職活動の際にも無職の場合と、仕事をしている場合では、企業側の持つイメージが変わってしまいます。

転職活動にはお金もかかりますから、今の仕事をしながら効率的に転職活動を進め、空白期間が空かないように調整していきましょう。

このようなスケジュールの調整を行うには、転職エージェントの活用が便利です。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC