第二新卒必見!転職エージェントって実際どうなの?

第二新卒必見!転職エージェントって実際どうなの?

第二新卒として転職先を考えているときに転職エージェントを利用すべきかどうかで悩む人は大勢います。

その悩みを解決するために重要なのは転職エージェントとは何かを理解することです。多くの人が転職エージェントに注目するようになっているのには理由があります。

利用するときにはどのような観点から選ぶと良いのかも合わせて把握しておきましょう。

読み進める前に!転職エージェントとは

読み進める前に!転職エージェントとは

第二新卒にとっての転職エージェントの利用価値や選び方について理解を深める前に、そもそも転職エージェントとは何かについて理解しておくことがまず大切です。

転職エージェントとは求人を探して転職先を決めたいと考えている人のサポートを行うサービスであり、専属のキャリアカウンセラーに対応してもらえる仕組みになっています。

キャリアカウンセラーはキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーとも呼ばれ、転職全般や各業界における基本的なキャリアパス、各種企業の採用事情などに精通しているのが特徴です。

実際の面談では何をするの?

転職希望者は転職エージェントに登録すると、キャリアカウンセラーからヒアリングを受けることになります。自分の今までのキャリアや培ってきたスキルの棚卸しをすると同時に、これまで抱えてきた悩みや転職に対する希望などを伝えることが可能です。

その内容に基いてキャリアカウンセラーは、自社で抱えている求人の中から最適なものを探し出して紹介してくれます。

この他にも転職先としてどんな職種や業界を選んだら良いかわからないという場合には適性診断を行い、今まで働いてきた業種でキャリアアップを目指したいと考えている人には、キャリアプランを提案するなどのサポートを行っているのが転職エージェントです。

転職サポートを無料で受けられる理由

転職全般に関する総合的なサポートをしてくれるのが基本ですが、会社によってサポート内容に違いはあります。しかし、どの会社でも共通しているのが転職希望者は無料で利用できることです。

手厚いサポートを受けられるのに無料なのには理由があります。転職エージェントの本質は人材紹介会社です。人材を必要としている企業からの依頼を受けて、求められている能力や経歴を持っている人材を紹介することにより成果報酬を得ています。

一般的には入社が決定したときに雇用契約で定められた年収の20%〜30%程度を報酬として受け取れるようになっているため、一人の転職を仲介できただけで100万円以上もの収入を得ているのです。

キャリアカウンセラーは複数の転職希望者のサポートを行っているので、トータルで見ると転職エージェントはかなりの収入を獲得することができます。

そのためには人材紹介を成功させるためにはできるだけ多くの転職希望者を集めて、企業からの要望に合っている人材を探し出さなければなりません。

結果として、転職希望者には多岐に渡るサポートを丁寧に行いながらも、一切の費用がかからないシステムにしているのです。

転職エージェントにとっては人材紹介の依頼をくれる企業と同じレベルで転職希望者が貴重であり、できる限り手厚くもてなす方針を立てています。そして、企業と転職希望者のどちらも満足できる雇用契約を結べるように適切なマッチングを行っているのです。

利用すべき?第二新卒の転職エージェント

利用すべき?第二新卒の転職エージェント

第二新卒で転職先を探しているときに転職エージェントを使うべきかどうかで悩んだら、まずは登録してみるに越したことはありません。

段々と第二新卒を採用しようという企業が増えてきているものの、採用の際には新卒やベテランを雇う場合よりも慎重になるケースがほとんどです。

転職エージェントのキャリアカウンセラーをパートナーにするのは、少しでも有利に転職活動を進めるための戦略になります。

企業から見た第二新卒の印象

第二新卒はまだ働き始めて1年から3年程度しか経過していないので、社会マナーは一通り身についていたとしても、ベテランとして即戦力で働けるほどの能力を持っていない人材と考えられてしまうのが一般的です。

しかし、実際には学習能力が高くて短期間でも業界知識を十分に身につけている人もいるでしょう。技術の習得力が十分にあって、入社してからわずかな期間に他の人たちと肩を並べるようにして働けるようになる人もいます。

残業や休日出勤を繰り返しながら現場経験を積んできて、若さから考えると並みではないキャリアがある人も第二新卒としての転職を希望することがあるのも事実です。

そのようなときに若さゆえに能力は不十分というレッテルを貼られてしまいがちですが、転職エージェントを使えば問題がありません。

今まで働いてきた経験による自分の強みを、キャリアカウンセラーはヒアリングを通して正しく能力や経歴を理解してくれます。

そして、その能力のある人材を求めている企業を探して推薦してくれるでしょう。若くてこれからの伸びしろがあるだけでなく、実力もあるとわかれば企業は諸手を挙げて歓迎してくれる可能性が十分にあります。

転職エージェントが企業との交渉を代行!

自分だけで求人に応募していてはできない企業との直接のやり取りを行ってくれるのは、転職エージェントを利用するメリットです。

一方、人材としての強みがはっきりとしている人の場合にはキャリアカウンセラーに条件交渉をしてもらうこともできます。交渉力がどれだけあるかは転職エージェント次第です。

しかし、給与や勤務条件、入職日などの様々の条件を希望に近い形に整えられるように尽力してくれるケースは少なくありません。

転職サイトでは出会えない求人と出会えることも!

たとえ転職サイトなどを使って求人を探していても良いものが見つからないというときでも、キャリアカウンセラーの努力によって理想に近い待遇の求人を作り上げてくれる可能性があるのです。この観点からもう一つ着目しておきたいことがあります。

一般に転職サイトで公開されている求人は氷山の一角です。企業が特定の目的を持って適材を探すときには公開求人を出す場合もありますが、だんだんと人材紹介を活用することが多くなってきました。

そのため、転職エージェントは世間に公表されていない求人を豊富に抱えているのです。キャリアカウンセラーに求人を紹介してもらうことによって、一般の公開求人だけを探しているよりも転職できるチャンスが増えます。

第二新卒の場合には特に若くて一定水準以上の能力を持っている人を雇いたいというケースが多く、第二新卒に強い転職エージェントなら多様な求人を持っていると期待できるでしょう。

転職エージェントのおかげでミスマッチが減る

そして、第二新卒が転職エージェントを利用するべき理由として最後に挙げられるのが、キャリアカウンセラーが間に立っているお陰でミスマッチがあまり起こらないことです。

求人情報を見て興味を抱き、採用してもらっても思っていたような仕事に従事できなかったということはよくあります。

求人に記載されていることは極めて限られた情報だけであり、企業として採用した人材をどのような仕事にあてがう予定なのかは明確になっていないのが一般的です。

しかし、キャリアカウンセラーは転職希望者からは仕事に対して持っている要望を聞き、企業からは現場で必要とされている人材像や従事させる予定の仕事内容を伺った上で適切にマッチングをしてくれます。

待遇全般に関して同様のことが言えるため、転職してから企業も転職希望者も満足する形を作り上げられるのです。

キャリアカウンセリングも大きな魅力の一つ

他にも転職エージェントのメリットとして挙げられるのは、転職アドバイザーによるカウンセリングです。

あなたを担当する転職アドバイザーによっては、単に次の職場を紹介するのではなく、キャリアカウンセリングの中で、仕事を通して実現したいことなどを聴き、根本的なあなたの価値観に沿って、最適な求人を紹介してくれることもあります。

このようなカウンセリングを受けられると、転職先でのギャップが少なかったり、自分と考えが合った会社に入社出来るため、仕事をより楽しく・充実してすることが出来ます。

 

こう選ぶ!転職エージェント

こう選ぶ!転職エージェント

転職エージェントを利用して転職活動をしようと考えたら、選び方について知っていることが重要になります。第二新卒の求人を取り扱っている転職エージェントはかなりの数があるため、どれが最も良いのかを選び出さなければなりません。

会社によって得手不得手があるため、どの会社がベストと断定はできず、個人個人が最適な転職エージェントを探す必要があります。

一社でも多くの転職エージェントに登録

まずは可能な限り多くのエージェントに登録して、良いものに絞り込んでいくというのが基本的な選び方です。あまり多くの転職エージェントに登録すると、何人ものキャリアカウンセラーとやり取りをするのが大変になってしまいます。

余力に応じて2社から5社程度に登録して、良し悪しを吟味していくのが良いでしょう。最初に登録する転職エージェントはタイプが異なる会社を選ぶのが大切です。

総合型と特化型の両方に登録

大まかには転職エージェントは大手で総合的な転職サポートを行っている会社と、業界や業種、地域などに特化して事業を展開している会社があります。

大手であれば安定したサポート力があって信頼性が高いと期待でき、保有している求人数も多いのが魅力です。しかし、特化型の転職エージェントの場合には大手にはない強みがあります。

特定の業界で働いてきた経験があるキャリアカウンセラーに担当してもらえることが多く、スキルや経験の価値について深い理解を持っているのが魅力です。

業界特有のノウハウを持っていることに加え、その業界では大手よりも企業とのつながりが広くて深いことがよくあります。中小企業まで広く網羅して求人を持っていたり、高い条件交渉力があったりして強力なサポートになる場合も珍しくありません。

両者のメリットを生かせるようにするために、総合型と特化型の両方の転職エージェントに登録するのは重要です。

同じ業界に特化している会社でも得意不得意があるので登録先を1社に限定する必要はありません。可能であれば種類ごとに2社以上登録するようにした方が比較しやすくなります。

キャリアカウンセラーを比較してみよう

複数の転職エージェントに登録するとキャリアカウンセラーの対応を比較できるので、付き合いやすくて理想的な求人を紹介してくれる可能性が高い人を選び出すのが大切です。

希望を伝えてもマッチしていない求人ばかり紹介されてしまったり、連絡をしてもいつまでも返事がなかったり、キャリアプランについて相談しても詳しい知識を持っていなかったりする場合には他のキャリアカウンセラーを頼るのが賢明でしょう。

付き合いやすさは人によって異なるので自分の感性で見極めるのが重要です。客観的に考えて、営業スキルが高い人を選んでおくと良いでしょう。自分を企業に対して売り込んでくれる可能性があるからです。

しかし、それが付き合いづらい理由となってしまう場合には無理をすることはありません。

数ヶ月間はやり取りを続けることになるのを念頭に置いて、コミュニケーションを取るだけでストレスを感じるような人は早めに断り、別の転職エージェントに登録するようにした方が無難です。

転職エージェントを絞り込んだら

このようにして絞り込みを行い、最終的には一つの転職エージェントに絞り込んで求人を紹介してもらう形を整えるのも悪い考え方ではありません。

しかし、より良い求人を見つけ出そうと考えたら、相性が合っている複数の転職エージェントを併用して求人を探すのが賢明です。

転職エージェントによって強いつながりを持っている企業に違いがあります。自分の要望をよく理解してくれているキャリアカウンセラーが何人もいると、それだけ選択肢が豊富になるのです。

併用することで別の角度から業界知識を教わることができ、キャリアプランも異なる角度から見つめ直せます。そして、最終的に他の転職エージェントを使って転職することになっても、すぐに断りの連絡をすれば問題はありません。

より良い形で転職を遂げられるようにするには、親身になって対応してくれる人を複数見つけ出すことが重要です。そのために最初はやり取りに時間を取られるのは覚悟して、多くの転職エージェントに登録して比較するに越したことはありません。

 

まとめ

 

新卒で就職しても、他に何か新しいことをやりたいと思い立ったり、自分には合っていない仕事だったと気づいてしまったり、職場で不満を抱いたりして転職するのが第二新卒の典型的なパターンです。

このタイミングで転職するときには、一回で確実に納得できる形で転職先を決めることがとても重要になります。

満足できる職場を見つけられずに何度も転職を繰り返すことになってしまうと、体力、精神力、学習能力のどれを取っても社会人として最も成長できる時期を逃してしまうことになりかねません。

第二新卒での転職は人生を大きく左右するタイミングになります。成功率を高めるための基本戦略として、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

キャリアカウンセラーに相談して利用価値の高さを自分の目で確かめてみるのが大切です。多くの転職エージェントに登録してやり取りをしていき、自分にとって有用なサポートを受けられるキャリアカウンセラーと一緒に転職活動を進めていくのが成功につながります。

第二新卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の第二新卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから