若さがポイント!20代の転職を成功させるには?

若さがポイント!20代の転職を成功させるには?

様々な年代の方が行っている転職活動。中には20代という若さで転職を希望している方も存在します。

しかし、この年代の方々は社会人としての経験が浅く、持っているスキルも少ない傾向にあります。

そのため、20代で転職を成功させるのは難しいと考えている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、20代の方でも転職を成功させる方法やポイントについて紹介します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

未経験でもOK!20代で転職するメリット

未経験でもOK!20代で転職するメリット

将来性を見て採用してもらえる

20代で転職するメリットの一つとして、将来性を見て採用される可能性があることです。

20代の場合は、社会人としての能力に伸び代が残っており、今より上の段階を目指す努力ができる人が多くいます。

採用する企業としては、現段階で仕事に対する能力が低かったとしても、社内で教育できる若さがあるという点は採用時のポイントとなります。

さらに、年齢が若く仕事や会社への凝り固まった考え方を持っていない人も多いため、教育しやすいというポイントも存在します。

今後の成長次第で優秀な人材になる可能性を評価して採用してもらえるのは、20代の転職で大きなメリットです。

未経験の業種・職種にチャレンジできる

次に、これまで仕事にしたことのない未経験の業種・職種でも、チャレンジしやすいというメリットもあります。

将来性に関するメリットと重複するところもありますが、20代という若さがあれば新しいことへ挑戦する体力・精神力もあって、教育次第で未経験でも能力を伸ばしやすい人が多くいます。

そのため、なぜ志望業種・職種で働きたいのか、今後のキャリアプラン等が企業側とマッチすることで採用されやすい傾向です。

第二新卒として就職できるチャンスも

また、新卒で入社した後、会社を短期間で退職することになった人の場合は第二新卒という枠で転職活動できる可能性があります。

本人に問題がなく、これまで所属していた会社とマッチしていなかったという理由で退職している場合は、能力的に優れた人材が眠っているケースが存在します。

企業側としても、このように隠れた優秀な人材を獲得できるチャンスでもあるため、第二新卒という枠は転職しやすくなっています。

通常の転職者達よりも有利に転職活動を進められることは大きなメリットとなります。

第二新卒として転職する場合の注意点

注意点として、第二新卒と呼ばれる期間は学校を卒業してから約3年です。

この期間を過ぎると通常の転職活動に区分されます。転職を検討中の方はこの点を意識しておくことが重要です。

他にも、20代のうちに転職することで年収をアップさせられる可能性もあります。

これまで勤めてきた会社である程度の経験・実績を積み、仕事のノウハウを理解している状態であれば、本人が持っているポテンシャルや将来性が加味されて年収がアップする企業が存在します。

特に、中小企業から大企業に転職が成功した場合は、20代であっても年収アップに期待できます。

20代の転職で気をつけたいポイント

20代の転職で気をつけたいポイント

業界や職種について調査しよう

20代の方で異業種・異職種へ転職を希望している場合は念入りな調査を行っておきましょう。

例えば、転職を希望している業種・職種は仕事の忙しさや仕事のやり方、顧客とのやり取りといった点でこれまで就いていた仕事と異なる可能性があります。

これらを理解しておくことにより、自身の経験・実績がどのように志望先の企業で発揮できるかを面接で伝えやすく、転職を有利に進めることができます。

企業ランキングをチェックしよう

さらに、企業ランキングを調べておくことも大切です。どのような点が評価され志望先の企業がその順位に位置しているかを理解することは、転職先を決定する際のポイントになります。

これらを細かく調べておくことで、自分の理想と転職を希望する企業の特徴を結びつけることができるため、より具体的な志望理由を履歴書に書いたり、面接で話したりすることができます。

また、転職後に前の業種・職種に戻りたいとならないためにも、これらのことを念入りに調査することは大切です。

もし、前職に戻りたいという理由で再度転職することになると、転職に関する準備が不足している人といった印象を持たれる恐れがあります。

よく検討して、しっかりとした準備のもと転職先を決定しましょう。

自分をしっかりアピールしよう

次に気をつけたいポイントは、自分の能力・熱意についてしっかりアピールすることを忘れないことです。

20代ということで企業側は将来性を見て採用することがあります。

しかし、将来性を重視されているとはいえ、志望先の企業に対しどのような貢献ができるのか、どのくらいの能力があり、なぜ志望したのかといったことを伝えなければ評価はされません。

志望先の企業について調べたあとは、面接で自分をどのようにアピールすべきかを考えましょう。

また、その企業がどのような人材を求めているのか求人ページやこれまでの中途採用者の傾向等もチェックしておくと、より効果的に自分をアピールでき、採用担当者に評価されやすくなります。

転職の目標や目的を明確に!

他にも、憧れだけを持って転職することは気をつけておきたいポイントです。20代という年齢はまだまだ仕事を任せられないことがあります。

そのため、他社の仕事や別の業種・職種の方がやりがいのある仕事ではないかと考えてしまうケースが存在します。

このような時は、一度立ち止まって転職するかどうかをよく検討することが重要です。

転職先の候補として考えている志望先の企業で、自分自身が活躍できるかどうか、その会社でどのように成長できるのか、といったことを企業研究しながら考えましょう。

具体的な目標や目的がなければ転職が成功したとしても、これまでと同じような不満や不安を抱えてしまう恐れがあります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

20代前半の転職で心がけたいこと

20代前半の転職で心がけたいこと

この年代で転職を検討する場合、第二新卒という枠が当てはまります。

この第二新卒とは、短期間ではありますが社会人経験があることと、新卒としての特徴も併せ持った方を指します。

社会経験があることで最低限の社会人マナーを身に付けつつも、以前までいた会社の社風に染まりすぎていないため、社員教育しやすい特徴があります。

そのため、企業側としては教育に関するコストを抑えつつも、優秀な人材を育てられるチャンスとなっているので採用されやすくなっています。

第二新卒をしっかりアピール!

そこで、20代前半で転職を検討中の方は、面接や履歴書において第二新卒をアピールすることを心がけておきましょう。

実績・経験がない第二新卒でも、志望先の企業に入りたい熱意や意欲を強く伝えることは大切です。

特に、新卒では入社できなかった企業であっても、ある程度の経験や知識を備えた状態であれば採用されることもあります。

第二新卒という枠は転職を有利に進めるために大切な条件となっているため、第二新卒を意識して転職活動を行いましょう。

人間性をアピールしていこう

また、20代前半という年代であれば、これまでの実績よりも人柄や将来性を重視して採用してもらいやすくなっています。

もし、以前勤めていた会社であまり実績を積めずスキルを身につけていない状態であっても、社内研修や教育で十分成長する余地があると判断した場合は採用してもらえる可能性があります。

さらに、人間関係の形成や社内で上手くやっていけるかどうか、といったところも仕事を続ける上で重要なポイントとなるため、採用基準となっています。

これらの点も意識して、履歴書には自身のスキル・実績だけでなく、どのような人間かをアピールできる内容もしっかりと書いておきましょう。

将来活躍するイメージを持ってもらう

さらに、面接では今後どのように活躍するのか、といったプランに関しても伝えておくことで、将来的な活躍をイメージしてもらいやすくなり、採用担当者に評価されやすくなります。

そして、履歴書の職歴は深く掘り下げた内容を心がけます。

これまでの経験が浅いため豊富な内容が書けない20代前半の方は、これまで行ってきた仕事の成功体験や業務内容等を細かく書いていきます。

採用担当者が見ているポイントはこれまでの経験よりも、どのような姿勢で仕事を行ってきたか、少ない経験の中で何を考えてきたか、というところです。

これらは採用後にどのような働きをするのか、採用担当者にイメージしてもらうためにも重要なポイントとなっています。

20代半ばの転職で心がけたいこと

20代半ばの転職で心がけたいこと

過去の実績やスキルをアピール

20代半ばで転職される方の多くは、以前まで勤めていた会社での経験が3~4年となっています。

そのため、その業界・職種における仕事の流れやノウハウ等をある程度理解している状態です。

そこで、転職する際には過去の実績・経験からどのような働き方ができるのか、どの程度のスキルを持っているのか、等をアピールすることを心がけましょう。

自身のポテンシャルを積極的にアピール

さらに、20代半ばの方は経験・実績から自身のポテンシャルに関しても面接でアピールすることができます。

若さ故の柔軟性や吸収力の高さをアピールして、すぐに成長できるということを採用担当者の方に伝えることも大切です。

そして、転職活動中に行った企業研究の内容に、どのくらいの気持ちで働きたいかという意欲も上乗せしてアピールすることを心がけると熱意が伝わりやすくなります。

即戦力になれることをアピール

また、20代半ばという年代は社会人マナーの他に、仕事を上手に進める方法や自分なりの仕事のやり方を身につけている方々がいます。

年齢的な若さや将来性の他に、即戦力として働けることもアピールできます。

企業側としては採用した人材の教育にかかる時間やコストはなるべく抑えたいと考えます。

そこで、自身の持っているスキルを活かしてすぐにでも働けることをアピールすることは重要です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

20代後半の転職で心がけたいこと

20代後半の転職で心がけたいこと

前職の経験を積極的にアピール

20代後半で転職をする場合、前職で身につけたスキル・実績をアピールする、ということを心がけます。

社会人になってから5年以上が経過しているこの年代では、与えられた仕事をそのまま進めるのではなく、自分なりの進め方で求められていること以上の仕事ができ始めます。

そこで、仕事をする上でどのような工夫を行い、持っている知識を応用できるか、というポイントをアピールできると採用へ近づくことができます。

新人の教育能力をアピール

さらに、新人への教育ができるというポイントがあるとより好印象です。

また、同じ業種・職種へ転職する方の場合は、以前の会社で使っていたスキルをそのまま活かせるということを強くアピールしましょう。

すでに持っているスキルが転職先で貢献できるかどうかを採用担当者に伝えることで、必要な人材かを判断してもらえる材料になります。

もし、未経験の業種・職種へチャレンジする場合は、以前の会社で身につけたスキル・知識が工夫次第でどのように活かせるか、ということをアピールして必要な人材と思われるようにしましょう。

30代以降の人生も見据えておこう

そして、20代後半という年代は30代以降の人生も見据えておくことが重要です。30代を過ぎるとより専門的な知識・スキルの他、リーダーシップ等も求められ、転職が難しくなります。

そのため、20代後半で転職する際は、再度転職しないように転職先と自分の理想にギャップが無いことが理想です。

そこで、転職で求める条件に優先順位を付けるよう心がけておきましょう。

例えば、年収アップや将来性という二つを優先に転職先を探すことで、志望する企業を絞りやすくなり、転職に成功した後は満足感を味わいながら仕事をすることができます。

さらに、どのような企業を探すのか明確になっていることで、必要な情報を見つけやすくなり転職活動を有利に進められます。

もし、優先順位を付けずに転職活動を行うと、いくつもの企業に目移りしてしまう他、求人広告の内容に魅力的なことが書いてあるだけで志望先の企業として選んでしまう恐れがあります。

このような場合、仕事へのやりがいやモチベーションを維持することが難しくない、再度転職をしてしまう可能性があるため注意しましょう。

自分の市場価値を知っておこう

他にも、自分の市場価値について知るというのも心がけておきたいことです。

面接において自分自身の良さを的確にアピールするためには、自分が社外でどのような評価を受けているかを知る必要があります。

さらに、市場価値を知ることで自分が持っていないスキルや知識等を新たに吸収するきっかけにもなり、企業が求める人材により近づくことができます。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

26歳フリーター

私も頑張ります!

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから