転職は難しい?うまくいかない人の特徴と成功のポイント

転職は難しい?うまくいかない人の特徴と成功のポイント

「転職は難しい」というのを耳にすると、新しい仕事に挑戦したいと思っても躊躇してしまうという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

また、実際に転職活動を行っているけれど、なかなか採用が決まらないと頭を悩ませている人もいるでしょう。

そんな中でも、採用試験を受けた一社目から採用を勝ち取ることができたという人がいるのも事実です。

この違いはどこから来るのでしょうか?上手くいかない人の特徴と成功のポイントについて解説していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

転職がうまくいかない人の特徴

転職がうまくいかない人の特徴

転職を成功させるためには、魅力的だと感じてもらえるような履歴書の書き方や、面接練習などを行う必要があります。

このような「採用されるための対策」を行うことはもちろん大切なのですが、それと同時に「不採用になる原因」も知っておくことが重要です。

企業に好かれる人ではなく、企業に好かれない人の特徴を知っておくことで、それを避けて採用により近い人間になることができるからです。

では実際にどのような人が転職活動において上手くいかない傾向にあるのでしょうか?

その特徴を紹介していきます。

転職回数が多く、勤続年数も短い

転職回数が多いということは、様々な企業や業務を経験しているという強みにもなります。

しかし職を転々とし、その上勤続年数が短いということは企業側に「忍耐力がない」という印象を与えてしまうことが多いのです。

例えば採用試験において、転職回数が多いことを「経験値が豊富」という強みに変えてアピールしたとします。

確かに1つの企業しか知らない人と比べると、数多くの人と接し、新しい環境にも順応することができる能力があるとも捉えられます。

しかし入社してすぐに即戦力になる人ばかりではありません。

最初は新人として研修に励み、現場に出るのはある程度時間が経ってからということも珍しくはないのです。

勤続年数が短いということは、研修段階で挫折してしまったということも考えられます。

場数を踏んでいるというと聞こえは良いのですが、実際に何かを得る前に辞めてしまっているケースも多いので、転職先に良く思ってもらいにくくなります。

「せっかく採用しても、何らかの原因でまたすぐに辞められてしまうのでは」という大きな不安要素にもなるので、転職の際に大きな荷物になってしまうでしょう。

即戦力には考えられにくい

新卒の場合は、まだ社会経験がない若者が多いためしっかりと研修を設け、徐々に成長させていくというのが一般的な育成の仕方です。

そのため、最初は即戦力としてカウントされません。

しかし、中途採用の場合は別です。前職があるわけですから、そこで培ってきたスキルなどを利用して、新たな戦力となって働いてほしいというのが企業側の願いです。

この事から、履歴書や職務経歴書には、今までの業務や実績などをアピールすることが大切ですし、面接においても同じことが言えます。

例えば、前職で業績アップに貢献するような働きをすることができたり、資格を駆使して活躍したりというところが分かると、応募企業からも「ぜひうちで働いてほしい」と思うほどの魅力的な人材になるでしょう。

しかし、転職回数が多いと、1つの企業での経験が薄いものになってしまいます。これではとても即戦力とは言えません。

中には、短期間でも素晴らしい実績をあげる人もいますが、それでも辞めてしまったということは何らかのトラブルを起こしてしまったり、モチベーションが維持できなかったりというような問題が起こってしまったのではないかと思わせてしまいます。

1つの企業に長く在籍すれば良いというわけではありませんが、忍耐力がないと思われてしまえば、快く採用するという気持ちにはなりにくいものです。

大手企業を狙ってしまう

大手企業には福利厚生が整っていたり、研修制度があったりすることで未経験者も歓迎してくれるなどの様々な魅力があります。

また、企業名が1つのブランドのような感覚になり、入社することができれば精神的な安定も感じられます。

周りの人からも羨ましがられるようになり、自慢の1つにもなるでしょう。

しかし、そういった好待遇ばかりに目を向けるのも転職に失敗する要因の1つです。

大手企業は数多くの従業員を抱えています。つまり幾度となく採用試験を行ってきているため、書類や面接などから応募者の人間性をしっかりと見極めることができるのです。

「転職回数が多くても大丈夫」と言ってくれる場合もありますが、経歴を見ればどういったケースで転職回数が多くなってしまっているのかがすぐ分かります。

「転職回数が多い」と言っても、何回までが多いと考えられるのかは企業によって異なります。

20代のうちに1回でも転職していれば多いという人もいれば、3回くらいまでなら大丈夫だと捉える人もいます。

そのため、転職が失敗する原因は回数だけが全てではありません。

勤続年数や退職理由など、様々なポイントからも転職が上手くいかない原因が考えられるのです。

ビジョンが大事!転職がうまくいく人の特徴

ビジョンが大事!転職がうまくいく人の特徴

転職が上手くいかない人の特徴をいくつか紹介しましたが、逆に上手くいく人にはどのような特徴があるのでしょうか?

退職理由に納得できる

採用担当者が最も気にしているのは「なぜ前職を退職したのか」ということです。

この質問に対して、どのような答え方をするかが採用か不採用を大きく左右する場合があります。

実は転職成功者は、この難関をクリアするコツを知っています。

ポイントとなるのは、「納得させられる理由かどうか」です。

企業側に問題があった、職場の人と合わなかったなどのネガティブな要因はNGです。

その他にも、待遇面に対する不満も「良い待遇にしてもらえるよう努力すれば良い」と捉えられるのでネガティブな印象を与えてしまいます。

中には、会社が倒産してしまったからという理由で転職活動を行う人もいますが、それならば「なぜ倒産しないようにできなかったのか」という捉え方をされます。

どうすれば採用担当者が「それで転職をするのなら納得だ」と思ってくれるのでしょうか?それは自身のスキルアップや企業の為に尽くしたいなどの前向きな気持ちです。

ポジティブな気持ちで仕事に取り組むために退職をしたということが上手く説明できれば、採用担当者も納得してくれるでしょう。

将来のビジョンを持っている

仕事をするということはそこには成長があります。自身のスキルアップや人とのコミュニケーションにおける人脈形成など、仕事をすることで得られるものはたくさんあるのです。

何を得たいのか、その上でどんな自分になりたいのかなどの将来的なビジョンがある人は、企業にとっても魅力的です。

目指すものがある人は、与えられた仕事だけで満足せず、+αの仕事をしようとするからです。それは企業にとっても大きなメリットになります。

実現させられるかどうか分からなくても、目標を持っておくことは採用を勝ち取るためには必要です。

転職先にこだわりすぎていない

受けたい企業がないという人は、条件にこだわりすぎている可能性があります。残念ながら、どんな業界においても100点満点のものはありません。

色んな人間が集まって仕事をするのですから、何かしら妥協をしていかなければならないものです。

しかし、少しでも良いところを求めてしまうあまり、自分で条件に対してどんどんハードルを上げてしまうのです。

転職成功者も、それぞれが条件を持っています。違うところは、優先順位をきちんと立てているということです。

絶対に譲れない条件と妥協しても良い条件をしっかり分け、更にそれらの中で優先順位を立てることで視野の広い仕事探しをすることができるのです。

たくさんの企業を視野に入れるため、その分チャンスもあります。これが転職を成功させるコツの1つでもあります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

20代の転職は柔軟性が評価ポイント?

20代の転職は柔軟性が評価ポイント?

一般的に転職というのは、今まで培ってきたスキルをより伸ばしていくため、また別の場所でその力を発揮するためなどの目的を持って行うものです。

そのため転職をするのはある程度社会経験を積んできた人が行うことが多い傾向にありました。

しかし現代ではほとんど社会経験を積んでいない20代の若い世代でも多くの人が転職活動を行っています。

このことに関してネガティブに捉えてしまう人もいますが、実はポジティブに考えられるポイントもたくさんあるのです。

就職先の企業の色に染まりやすい

まずは、企業の色に染めることができるということです。

まだ社会経験が浅い20代は、新しい環境にも素直に染まってくれやすい柔軟性があります。

社会経験が長いと、今までの自分のやり方を確立してしまう人がたくさんいます。

それだけの自信があるという素晴らしいことでもあるのですが、企業からすれば前職ではなく、自社の色に染まって欲しいと願うものです。

その点を考えれば、柔軟性があるというのは若い世代の大きな魅力だと言えます。

まだまだ伸びしろがある

次に伸びしろがあるということです。まだ何のスキルもなく、即戦力という点では頼りない若者世代ですが、育て方次第で大きな戦力にもなるというメリットがあります。

最初からスキルがある人を雇うのも即戦力になって良いのですが、企業に合った人材を育てるという点では柔軟性のある世代の方が魅力的です。

チャレンジをさせやすい

最後に、色んなことにチャレンジさせやすいということです。

様々な業界での仕事だけではなく、社会人としての基本的なマナーなども吸収しやすいので、成長性が高いと言えます。

今まで1つの業種を長く続けてきた人は、その業界を強みとするので他の業種にはなかなか挑戦できないという人がたくさんいます。

若い世代は例え最初の職種と違う業界に行っても、1から吸収してキャリアを形成していくことができるという魅力があります。

このように、20代だからこそ感じられる魅力がたくさんあるので、若いことをデメリットに感じる必要はありません。

これを強みとして転職活動をしていけば、難しいと言われている中でもスムーズに採用を勝ち取ることができる可能性があります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

転職はなるべく早く!若いうちがいい!

転職はなるべく早く!若いうちがいい!

若い世代の「転職」という言葉を聞いて、良い印象を抱く人ばかりではありません。

そこには「嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう」や「忍耐力がない」と捉えられてしまうからです。

もちろん待遇が気に入らなかったり、入社してみたもののやりたい仕事とは違ったりしたなどの理由から退職してしまう人がいるのも事実です。

しかし、それだけが全てではありません。中には、若い内に色んなことに挑戦したい、自分に合った仕事を見つけたいなどの前向きな気持ちから転職を行う人もたくさんいるのです。

企業もリスクを背負っている

企業の採用担当者からすれば、転職者の採用は大きなリスクを伴います。

どんなにしっかりとした書類を提出され、面接を行ったとしても、それが必ずしも企業の戦力になるとは限らないからです。

例えば学生時代に、普段は勉強をしないけれど、テスト前だけ必死になって勉強をしたことがあるという経験をした人もいるのではないでしょうか?

日常的な努力ではなく、付け焼刃で身に着けた知識でテストを乗り切るというやり方をしてきた人は、それが習慣になってしまいます。

知識の蓄え方も違ってくるでしょう。仕事も同じで、採用試験の時だけしっかりした人間を演じ、実際に入社した後には期待とは違っていたというようなことはよくあります。

せっかく採用したのに1年も経たないうちに辞められてしまったとなると、企業側としてもその時間とお金が無駄になってしまいます。

だからこそ転職者には慎重な目で選考を行うのです。

企業側の考え方を理解しよう

こういった企業側の考え方を理解することも、採用されるためには必要です。

そして企業の期待に応えた上で、自分自身の力にもするためには若い世代の方が有利だと言えます。

年齢を重ねていれば忍耐力があるというわけではありませんし、中途採用して長く続けてくれるとは限りません。

だからこそ見るべきポイントは企業の色に育ってくれるかどうか、能力を伸ばしていくことができるかどうかです。

早めに動き出そう!

これらのことを考えると、転職をしたい気持ちがあるのであればなるべく早く動くことが大切です。

「もっと色んな経験をしてみたい」や「長く続けられるようなところを探したい」などの気持ちを抱きながらも、現状に依存してしまうとあっという間に年をとってしまいます。

求人の中には年齢制限を設けているものもあるので、いざ行動を起こしてみたときにはすでに手遅れになってしまう場合もあります。

「あの時にやっておけばよかった」と後悔する前に、積極的に行動してみましょう。

転職が上手くいく人といかない人の特徴をそれぞれ理解し、それを参考にした上で対策を行うことで、「転職は難しい」という先入観を払拭することができます。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから