第二新卒は志望動機で企業へアピールしよう!ポイントや例文も合わせて解説します!

第二新卒は志望動機で企業へアピールしよう!ポイントや例文も合わせて解説します!

第二新卒で就職活動を行うときに、志望動機をどう書けばいいか迷う人もいるかもしれません。しかしポイントを押さえて書くことで、応募先企業に強くアピールできます。なぜなら採用する企業側は、その応募者が転職先で活躍してくれるかどうかを、志望動機と結びつけて考えるからです。このコラムでは企業側から見た第二新卒の志望動機や、採用担当者が納得する志望動機の書き方のポイントを、例文も交えて解説します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

そもそも志望動機の目的は?

そもそも志望動機の目的は?

第二新卒の場合も新卒の際と同じですが、就職したい企業を決めたら応募書類を用意する必要があります。このときに第二新卒の場合は、上手に書かないと他の応募者と大きな差をつけられてしまうのが「志望動機」です。ところが、自己紹介のような部分はスラスラ書ける人でも、志望動機となると苦戦することもあるようです。

また志望動機というと、志望する企業の売上推移や商品の特徴、業界内でのシェア、競争相手企業との比較・分析などを書きがちですが、それは企業研究レポートであって、「あなた」の志望動機ではありません。それらの情報を書いたところで、企業内部の方ならば当然、知っていてもおかしくない情報ばかりですから、「きみに言われるまでもないよ」と思われるだけでしょう。

「会社への志望動機」と「職種への志望動機」

そもそも企業の採用担当者は、応募者の志望動機から何を知りたいと思っているのでしょうか?くわしく見ていくと、まず「志望」といっても、何を志望しているかの答えがじつは1つでないことがわかります。この答えは2つあり、「会社」と「職種」です。つまり、「その会社を志望する動機」と「その職業を志望する動機」の2つです。

このうち、「会社を志望する動機」の方が重要です。なぜなら採用担当者は、「たくさんある企業の中から、なぜうちの会社を選んだのか?」を知りたいからです。「なぜその職種を志望するのか?」ももちろん大事ですが、それだけであれば、同業の他会社でもいいわけです。採用担当者は応募者の、「この会社でなければダメだ」という熱意を測ろうとしているのです。したがって担当者が応募者の答えに納得し、「だから、うちの会社に応募してきたんだ」と腑に落ちれば、採用される可能性が高まります。

ですから、どの会社にも使えそうな志望動機では、担当者に強いインパクトを与えられません。「なぜうちの会社を志望するのか?」に対する、その企業だけに通じる答えを書く必要があります。そうであるならば、企業ごと、求人ごとに志望動機が異なってくるのは当然ですし、違うものを書いた方が、採用担当者の目的にかなったものになるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒の志望動機の書き方は?

それでは、志望動機をどのように書けばいいのでしょうか?志望動機は、応募書類に書いて文章でも伝えますし、面接でもほぼ確実に聞かれます。一度、文章にまとめておけば、面接の際にも答えやすくなりますから、しっかり考えて書きましょう。

応募書類に書く場合にはおもに2つの方法があります。1つ目は職務経歴書の冒頭に書く方法です。これは5行程度に要領良く、まとめて書きましょう。2つ目は職務経歴書とは別に、A4用紙1枚程度の「志望動機書」を新たに作り、履歴書・職務経歴書とともに提出する方法です。このとき、履歴書に志望動機を記入する欄がある場合は、履歴書の内容と志望動機書の内容が重複してもかまいません。履歴書の方は簡単にまとめたものを書きましょう。

志望動機書を作る際は、次の4点を意識しましょう。

  • なぜその業界を志望するのか?
  • なぜその職種を志望するのか?
  • なぜその会社を志望するのか?
  • 入社してからどんな仕事をしたいか?

前職での実績や転職理由などと組み合わせて、全体で一貫した主張になるように作成しなくてはなりません。

そして当然ながら、自分オリジナルの文章を作る必要があります。ですが、前職での自分のエピソードを交えて書けば、オリジナルなものになります。例えば、「前の会社では自分に裁量がほとんど与えられなかったから、転職する」という転職理由があるのなら、「貴社では裁量が与えられると考えたから、応募しました」と志望動機へスムーズにつなげられ、また自分独自のものになります。もちろん、その会社で「裁量が与えられる」と判断した根拠が必要です。「求人情報に新人にも裁量が与えられるとあったから」「貴社社員のインタビューを雑誌で読んで」などが根拠に当たるので、それらも明確に示しましょう。

ここで注意しなければならないのは、「貴社で学ばせてください」というスタンスです。この姿勢は応募者の謙虚さや一生懸命さのアピールになると考える人も多いですが、伝え方を工夫する必要があります。成長できる環境を求めるのは確かに良いことです。しかし学ぶだけで、会社に貢献してくれないようでは困ります。場合によっては、他人任せの無責任な志望動機に聞こえることもあります。そこで、「貴社での業務を通じて良いものを積極的に取り入れつつ、前職での経験を活かしていきたい」といった表現にすると、応募者の謙虚さや真剣さが伝わりやすいでしょう。

第二新卒の志望動機は企業からどう見られる?

ところで企業側は、第二新卒の志望動機から、何を判断しようとしているのでしょうか?企業がなぜ志望動機を聞くのかといえば、おもに「転職理由がきちんとしているか」「うちの会社に定着してくれるかどうか」と判断するためです。せっかく採用したのに、いいかげんな理由で短期間のうちに退職されてしまっては、採用した意味がありません。

第二新卒の場合は、一度就職した会社を辞めているわけですから、雇う企業側としては「すぐに辞めるのではないか」と不安になるのももっともだと言えます。その点を確認するために志望動機を聞くのです。同時に志望動機を聞くことで、「応募者の将来性」や「仕事への意気込み」、「社会人としての常識的なマナー」も確認できます。また、応募者が持っている会社に対するイメージと、入社後の実際の待遇などでギャップがないようにするために志望動機を聞く場合もあります。ギャップが少なければ、採用前に応募者が持っていたイメージのまま働くことができますから、早期に退職することはないだろうというわけです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

志望動機が書けない原因を考えよう!対応策は?

第二新卒で就職先を探している人の中には、志望動機がまったく書けない、という人もいるかもしれません。どうして書けないのでしょうか?まず第二新卒が転職する理由としては、新卒で就職した最初の会社が、何らかの原因で合わなかった場合がほとんどではないでしょうか。

その場合ですと、前職は失敗だったから今度はどの職業にしようかと、職種変更を考えがちです。しかし、そうする前に前職で起こった問題点をきちんと洗い出す必要があります。それをせずに、何となく転職エージェントに紹介されたから応募したでは、また同じ問題が発生して、「この会社は合わない」となる可能性もあります。このような心もとないスタンスでは、志望動機が書けないのも当然です。

その対応策としては、「どの業界・どの会社」を選ぶ前に、「自分が転職で何を成し遂げたいか」、「前職での問題点を、転職を通じてどのように解決したいか」を明確にすればいいでしょう。つまり、転職における自分の目的をしっかり言語化しておくのです。そうすれば、自然と志望動機も書きやすくなります。また企業の採用担当者にも、「この人は今回の転職に際して、前職での失敗をきちんと反省して、次へつなげようとしているのだな」と思ってもらいやすくなるでしょう。

第二新卒の志望動機にはポイントがある!

それでは志望動機を書く際のポイントを挙げていきます。これまでも述べてきたように、第二新卒において志望動機は、採用担当者が重視する点です。逆に言うと、応募者にとっては採用担当者にアピールできるまたとないチャンスです。十分に練り込んで作り上げましょう。ポイントは次の3つになります。

ポイント1:前職の経験を活かした転職である

第二新卒の場合、短い期間での転職になりますから、前職での経験を無意味なものと考える応募者もいます。そういう人は前職に関係する要素を志望動機に入れません。しかしそうすると、企業から見れば、新卒を採用するのも第二新卒を採用するのも同じになってしまいます。であるならば、年が若い分だけ新卒を採用した方がいいわけです。そうならないように、前職から得た経験や能力は積極的に盛り込み、第二新卒ならではの有利な点をアピールしましょう。

ポイント2:ポジティブな転職である

ポジティブ、つまり前向きの転職であることも重要なポイントです。前職にどこかしら不満があるから転職するわけですが、その点ばかりを強調すると、新しい就職先でもすぐに不満を言って辞めてしまうのではないかと考える採用担当者もいるでしょう。ですから、どうしてその会社に応募するのかをしっかり書いたうえで、長期で働きたいという意志なども加え、前向きな転職であることを伝えましょう。

ポイント3:志望動機と退職理由に矛盾がない

志望動機と退職理由に矛盾がないことも必要です。つまり前職での退職理由となった要素が、志望先企業にもあれば、応募者は再び退職するだろうという結論になるからです。したがって、例えば「前職の会社では法人営業をできなかったけれども、この会社ではできるだろう」というふうに退職理由と志望動機をリンクさせて、一貫した流れを持たせましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

第二新卒の志望動機例文を紹介!

上記の作成ポイントを踏まえた例文をご紹介します。例文その1では、企業相手の営業から一般消費者向け営業への転職ですが、顧客の要望を聞き出すスキルは共通しているので、応募先企業でも活かしたいという志望動機です。例文その2は、高額商品を売るという前職での営業スキルを、業界は異なるけれども、同じく高額商品を売る応募先企業での業務に活用したいという志望動機です。前職で経験やスキルを得たという点と、応募先企業ならそれらを活かせるという点をつなげ、論理的な志望動機に仕上げているところに注目してください。

例文その1:企業向け営業から、一般消費者向け営業に転職するケース

前職で私は部品メーカーにて、企業を対象とした営業を行っていました。おもな業務内容は、自社製造の部品やノウハウに対する質問を顧客企業から受け、それに回答し、またこちらからさまざまな提案をするというものでした。私は顧客企業と粘り強く対話することで、顧客は部品そのものがほしいというよりも、彼らの業務を円滑に進められるようにしてほしいのだと知ることができました。その結果、顧客企業の求めている情報を自分で効率良く調べ、提案する力を身につけられました。このスキルを一般消費者に対しても活かし、貴社の売上に貢献したいと考えています。

例文その2:自動車営業から、住宅営業へ転職するケース

私は自動車ディーラーで営業をしていました。メインは、来店されたお客様のご要望をヒアリングして適切に回答したり、またお客様が希望される車の見積もりを作成したり、提案したりする業務です。しかし自動車の価格は安いものでも100万円以上します。したがってお客様は簡単には購入されません。そういう状況の中で、お客様一人一人と向き合い、不安や疑問にきちんと答えていくノウハウを学びました。この経験は、住宅という高額商品の販売営業でも活かせるのではないかと考え、貴社を志望しました。

志望動機で悩んだら専門家に相談を!

第二新卒の応募者が志望動機で悩んだ場合に、専門家に相談してもいいでしょう。第二新卒の就活においては、新卒とは異なる動き方をする必要があるため、わからないことも多いかもしれません。ひょっとすると転職活動を始めることすらためらう可能性もあります。ジェイックは10年以上、第二新卒の就職支援を行っており、ノウハウを蓄積しているので、悩みがちな第二新卒の応募者に適切なアドバイスをしてくれます。

またジェイックには、自己分析の仕方をはじめ、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策にいたるまでの手厚い支援があります。それだけでなく、入社したあとまでサポートを続けてくれるため、転職先での定着率が高く、応募者が安心して働き続けられるのも特徴となっています。何か迷うことがあれば、ジェイックに相談するのもいいでしょう。

第二新卒は志望動機でアピールしよう!

第二新卒の場合は、前職での退職理由を書く必要があるなど、確かに難しい面もあります。しかし、前職で得た経験やスキルを、自分の職歴としてアピールできますから、有利な面もあります。それを利用して、志望動機を書く際に、「前職での経験」と「なぜ志望先企業に応募したのか?」を論理的につなげられれば、採用担当者に強く訴えることができます。また「前職で学んだことを活かして、こんなことをしたい」というふうに、やる気やチャレンジ精神を織り交ぜて書ければ、さらに転職活動を成功に導きやすくなるでしょう。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC