第二新卒とは?転職する上で必要な準備や就職しやすい時期を解説!

第二新卒とは?転職する上で必要な準備や就職しやすい時期を解説!

最近よく耳にするようになった「第二新卒」。どのような人のことをいうのでしょうか?ここでは、転職する上でのメリットとデメリットについて解説していきます。

また第二新卒が転職する際の注意点にはどんなものがあるのかも、合わせてみていきましょう。

 

最近よく聞く「第二新卒」その定義とは?

最近よく聞く「第二新卒」その定義とは?

「新卒」とも「既卒」とも違う「第二新卒」。第二新卒とは耳にするものの、「どんな人を対象にしているのか?」と聞かれると、定義は知らないという人も少なくないと思います。

一般的に第二新卒とは、学校(大学、短大、専門学校、高校など)を卒業して一回就職したものの仕事を辞めた人と定義されています。

ただし、新卒後の就職先に10年間勤めた後、辞めたという人の場合は第二新卒とは呼ばれません。第二新卒に入るのは、大学などの学校を卒業後3年以内に退職した場合です。

第二新卒と新卒との違いは分かるものの、第二新卒と既卒との違いが付きにくいと感じる人もいると思います。既卒には明確な定義はないものの、一般的には大学などを卒業した後に正社員として働いた経験がない人のことをいいます。

大学を卒業したものの就職活動がうまくいかなくて取りあえずフリーターをしているという人、大学卒業後に留学などほかにやりたいことを優先させたために就職活動をしなかったという人は、学校卒業後3年以内であったとしても第二新卒ではなくて既卒になります。

第二新卒のメリットデメリットって?

第二新卒のメリットデメリットって?

厚生労働省の調査によると、第二新卒の人数は増加傾向にあるといいます。新卒と比べて就職活動が不利に思えますが、第二新卒の人を積極的に採用しようという企業もあるのも事実です。

ですから必ずしも就職活動に不利というわけではありません。第二新卒のメリットとデメリットを比較してみましょう。

第二新卒のメリット

第二新卒のメリットとしてまず挙げられるのは、一回就職していることもあり、社会人としての基本的なマナーが身についているということです。

そのため、新卒のように1から10まで細かく指導する必要がないので、企業の社員教育にかける時間と費用の手間がかからないというメリットがあります。

ほかのメリットとしては、第二新卒の人は就職の経験があるものの、それでいて前の会社のカラーに染まり切っていないため、新卒とさほど変わらなく見てもらえるという点があります。

また、新卒の場合は入社時期が固定されるので、内定が決まってから実際に働き始めるまで期間が空いてしまいます。しかし第二新卒の場合は、人材不足の会社であれば内定後すぐに働くことができるというメリットもあります。

第二新卒のデメリット

第二新卒のデメリットは、やはり短期間で会社を辞めたということへのマイナス印象がぬぐえないという点。そのため、「うちで採用しても、またすぐに辞めるのでは?」と思われがちです。

「どうして前の職場を早期に辞めたのか?」という質問に対する納得のいく答えを提出することができなければ、採用してもらうことは難しいでしょう。

第二新卒を積極的に採用する企業があるのも事実ですが、第二新卒よりは新卒の人を雇いたいという企業が多いのも事実。ですから、新卒と同じ土俵に立つと、初期選考の段階で断られることも多いというデメリットがあります。

第二新卒が転職しやすい時期は?

第二新卒が転職しやすい時期は?

第二新卒が転職を考えている場合、転職を成功させやすい時期を知っておくと、仕事を辞める時期、また就職先を探す時期を決めやすいと思います。第二新卒が就職しやすい時期をお伝えしますので、参考にしてみてください。

新卒が入社したての4,5月

4月は新卒の就職活動が活発に行なわれる時期ではありますが、その分、求人も多く第二新卒でも就職がしやすい時期です。

また新人社員に向けて研修なども行なわれる時期ですので、転職先にも馴染みやすく、良いスタートが切りやすいというメリットもあります。

ある程度未経験の人でも歓迎する企業が多い7~8月

7~8月は求人件数が多い時期ですが、転職希望者が少ない時期ですので第二新卒にとって就職活動を成功させやすい時期です。

また、企業が採用者に求める要望も比較的低めですので、未経験でも採用される可能性が高くなります。ですから、「特に企業にとって魅力的にうつるようなスキルがない」「応募者が多いと採用される自信がない」という人は、7~8月の求人を狙って就職活動を行なうといいでしょう。

求人も多く転職の狙い目の9月

9月前後は求人が多くなる時期です。1年の中でも最も求人が多い時期ともいわれていますので、この時期に就職活動をすると採用してもらえる可能性が高くなります。第二新卒で転職を考えているなら、この時期に転職先を探すと成功しやすいでしょう。

自分のスキルに自信がある第二新卒は10月

多くの企業では年度の替わる4月に新人社員を採用することにしています。そのため、第二新卒の年代を優先して採用するのも春ごろです。

しかし、「社員の育児休暇で急な欠員が出てしまった」「急なプロジェクトの立ち上げで人が足らなくなった」などといった企業は10月以降にもどんどん求人を出していきます。

このような場合は、経験のある人材・スキルの高い人材を求めることが多くなります。ですから、自分の持つスキルに自信がある人にとっては就職活動をするのに最適といえる時期ですが、そうでない第二新卒の場合は就職活動にはベストとはいえない時期です。

第二新卒での転職を決めた今、準備しておきたいこととは?

第二新卒での転職を決めた今、準備しておきたいこととは?

新卒で入社した会社を辞めるというのは、大きな決定のひとつです。

入社した会社を数年で辞めるのはどちらかというとマイナス要素となるため、転職を決意したならそれなりの覚悟をもって転職活動を行なわなければなりません。第二新卒となり、転職することを決めた場合に準備しておきたいことを挙げていきます。

なぜ辞めたのか?明確な理由をもっておく

これは転職活動を行なう上で企業側に聞かれることのひとつです。

ただ単に「前の仕事が嫌だったから」といった理由だけで仕事を辞めた場合は、「うちの職場も嫌になるのでは?」と思われてしまいます。企業側が納得できるような理由を準備しておくようにしましょう。

何回も転職を繰り返さないようにする

転職を繰り返すと企業側から「信頼ができない人」と思われる可能性があり、徐々に転職先の選択肢が狭まってきます。

そのような事態を招かないためには、転職先を慎重に選ぶことが大切です。そのためには、候補の転職先の企業研究を十分にしましょう。また、新卒で入社した会社を辞めることになった理由を分析し、同じ失敗を繰り返さないようにしてください。

自己分析を行なっておく

第二新卒の面接においては、新卒時代とは違い、少しの時期でも会社で働いた経験が試されます。

一度社会を経験して新卒の頃には知り得なかった自分の長所・短所もわかったはずです。ですから、面接時には第二新卒ならではの長所をアピールできるように、しっかりと準備しておきましょう。

第二新卒の転職で大事なのは、同じ失敗を繰り返さないための準備

第二新卒の転職で大事なのは、同じ失敗を繰り返さないための準備

第二新卒でも転職を成功させることはできます。また、第二新卒ならではのメリットがあるのも事実です。しかし、第二新卒は「仕事を早期退職した人」というマイナスイメージもあるので、転職に不利に働くことも少なくありません。

第二新卒の転職を成功させるためには、転職に向けた準備をしっかりと行なっておくことが大切です。第二新卒での転職を決めたのなら、しっかりと準備をして同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

ジェイックでは、第二新卒の転職、既卒やフリーターの就職活動を10年以上支援しています。

第二新卒でなかなか就職先が見つからない、うまく退職理由が伝えられないという人は、一度ジェイックに相談してみてください。

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の第二新卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから