【第二新卒向け】職務経歴書の書き方!企業が必ずチェックする3つのポイント

【第二新卒向け】職務経歴書の書き方!企業が必ずチェックする3つのポイント

転職活動で重要になるものといえば職務経歴書しかし第二新卒の場合には、社会人経験が浅いため、書く内容に困ることもあります。

それでは第二新卒の場合、職務経歴書はどう書けばいいのでしょうか。企業がチェックしている3つのポイントも含めて解説します。

 

第二新卒の職務経歴書の書き方

第二新卒の職務経歴書の書き方

そもそも職務経歴書と履歴書の違いとはなんでしょうか? 履歴書は文字通り、学歴や職歴などの「履歴」を伝えるための書類です。それに対して、職務経歴書はこれまでの仕事でどのような経験を積んだか、またはどのようなスキルなどを身につけたのかといったことを伝える書類です。

新卒採用の場合、履歴書は自分をアピールしたり、個性を伝えたりといった役割を果たすこともあります。しかし第二新卒の場合、自分をアピールする場所は職務経歴書ということになります。そのため、職務経歴書をきちんと書くことは、転職活動を成功に導くためには非常に重要になります。

職務経歴書には何を書けばいい?

職務経歴書には何を書けばいい?

職務経歴書の基本フォームは以下の3つの要素で成り立ちます。

  • いつ
  • どこで
  • 何を

いつ

「いつ」は文字通り、その会社・部署で働いていた期間ということになります。働いていた「年」「月」、移動する前の「年」「月」を記入し、「日」は不要です。

どこで

部署名に関しては、単に「第一営業部」といった記述ではなく、その部署がどんな仕事を担当しているのか、誰にでも分かるように説明しましょう。

何を

そして最も重要になるのが「何を」。これはその部署でどんな仕事をしていたのかという具体的な説明になります。

ただし、一つの項目を延々と書くのも読みにくくなるため逆効果。 たとえばAという製品の営業を行っていた場合は、「Aの法人営業」「Aの販促ツールの考案」といった程度にとどめておきましょう。その仕事で「部内のトップセールスとして表彰」など、目立った成果があったという場合には、その成果も記載しましょう。 このほかにも、職務経歴書には取得した資格を記入することもできます。 英語などの場合、検定の名前とスコアなど詳しい情報を記入しましょう。

 

まったく書くことがないと思ってもあきらめない

第二新卒が職務経歴書を書く場合、最大の障害となるのが「書くことがない」点ではない でしょうか。第二新卒の場合には、在職の期間も短く、仕事の実績が出る前に会社を辞めてしまったということも珍しくありません。

その場合、空白の多い状態で職務経歴書を提出してもいいのでしょうか。

答えは否です。職務経歴書は、自分のことを相手にアピールできる貴重な場所です。もし空白だらけの職務経歴書を提出すれば、せっかくのアピールの場を無駄にしてしまうことになります。

それでは、書くことがないという第二新卒の場合、どうすれば職務経歴書の空白を埋めることができるのでしょうか。

仕事の経験を思い出してみよう

まずは、これまでの「仕事」の経験を思い出してみましょう。

「仕事」とは、就職した会社での経験だけとは限りません。志望動機を考えるときに、学生時代のアルバイト経験がきっかけになったという人もきっと多いことでしょう。それらの経験も立派な「仕事の経験」です。

また、就職した企業での実務だけではなく、研修での経験を思い出すのも重要です。研修のときに、自分はどのような経験をしたのか、またどのようなことを得たのかなどを考えてみましょう。

その経験の中には、きっと自分をアピールできることが含まれているはず。さらに短い期間でも、業務を通じてどのような経験をしたか、どのような困難があり、それをどのように乗り越えたのかといった点を考えるのも重要です。

たとえどれほど在職期間が短くても、きっと採用担当者にアピールすべき長所が見つかるはずです。

企業が重視するポイントとは?

それでは、第二新卒の職務経歴書を見たときに、企業が重視しているのはどのような点なのでしょうか。

実は企業の採用担当者は、第二新卒に対してこれまでの実績やスキルを求めているわけではありません。企業は第二新卒の転職者の、実績やスキル以外の部分に注目しています。

意欲

まず企業が求めているのは、応募してきた第二新卒者の意欲です。これは「御社で働きたい」というやる気だけでなく、新しい知識や学習に対する意欲も含まれています。

誰でも、やる気のない人とは一緒に働きたくないもの。

自分がなぜその会社、その仕事をしたいのかということを、過去の経験からアピールして相手に伝えることが必要となります。

姿勢

最初に就職した企業の風土や仕事の内容などでミスマッチが起きてしまうということは珍しいことではありません。

企業の採用担当者が重視しているのは、その経験をどうとらえているのかということです。失敗した経験を後ろ向きにとらえているのかということ。

失敗の中で成長した点があると思っているのか、企業側は応募者の姿勢を職務経歴書の中から読み取ろうとしています。

そのため、後ろ向きな態度はNG。

経験したことが今の自分にどうプラスの影響を与えたのか、自己分析を行ってみましょう。

素質

社会人経験が少ない第二新卒者が職務経歴書に書くことが少ないということは、企業側も十分理解しています。 それならば、なぜ企業側は第二新卒に職務経歴書の提出を求めてくるのでしょうか。

それは、「短い経験の中からどんな工夫をして自分をアピールできるか」ということが見たいからです。 職務経歴書は、論理的な思考やプレゼン能力が問われる場です。

言うまでもなく、それらの能力は社会人として実績を上げるためには必要不可欠なもの。

企業の採用担当者は、どんな工夫を重ねて相手にアピールできる人材かどうかを見極めようとしているのです。

 

おわりに

第二新卒の職務経歴書は非常に難しく思えるものですが、同じ仕事に応募しているライバルたちもそれは同じことです。

書くことが少ない状況をどう切り抜けるのか、どのように自分をアピールするのかを企業側は期待して見守っています。

ただし、再びミスマッチが起きないためにも、自分をごまかすのではなく、正直になることも必要になります。企業に選ばれるだけでなく、自分も企業を選ぶという姿勢も大切になるかもしれません。

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の第二新卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから