第二新卒の転職に最適な時期はいつ?採用の傾向や第二新卒の弱点

第二新卒の転職に最適な時期はいつ?採用の傾向や第二新卒の弱点

人手不足や新卒採用の激化などから注目が高まっている第二新卒。応募する側にとってもりよい条件で働くためのチャンスといえる状況です。第二新卒が転職を行うときに有利な時期はあるのでしょうか。採用の傾向や第二新卒の弱点なども合わせて解説します。

第二新卒に最適な時期とは

第二新卒が転職活動を行うときに、注意したいのが転職の時期です。 すでに社会人としてのキャリアを積んでいる人は別として、第二新卒にとって転職の時期は非常に重要。もしタイミングを逃してしまうと、転職活動に失敗して、新しい就職先が見つからないといったことになってしまいます。また無理をして見つかったとしても納得できない企業で働くことになります。

最近では、多くの企業が通年採用を行っています。しかし、転職市場が活性化する時期のほうが求人の数も多く、質も高いため、転職活動を有利に進めることができます。

転職活動にオススメな時期とは?

それでは具体的にはどの時期に転職活動を進めればいいのでしょうか。それは7月から9月にかけての時期。

というのも、多くの企業は4月から9月、10月から3月が半期となっています。 4月と10月には人事異動などが行われるのが通例。そこで各部署はその時期に合わせて新入社員を補充する計画を立てて人材募集を行います。

また、6月はボーナスシーズンに当たるため、ボーナスを受け取ってから退職すると言う人が増加します。そのため、中途採用市場は10月から入社する社員を探すため活況を迎えることになります。

一般的には、第二新卒が転職を行うベストシーズンは1月から3月と言われています。 しかし多くの企業は年度末の3月は決算のシーズンに当たるため、どの部署も非常に多忙です。さらに採用活動を行う人事も、4月から入社する新入社員を迎え、研修などを行う準備を行わなければならないため、腰を据えた採用活動は難しくなります。

それに比べて7月からの時期での採用の場合には、転職者の話をじっくり聞いた落ち着いた転職活動が行われる傾向が高くなっています。また人物本位の採用が行われる可能性が高くなり、第二新卒にとって有利と言えるでしょう。

第二新卒として採用されるために必要なものは?

大手企業による早期の採用活動の進行や、採用しても内定辞退などが増えたことから、注目を集めている第二新卒への採用活動。では、企業が第二新卒に期待しているのはどのような点なのでしょうか。
また、新卒での採用と比べると、どのような違いがあるのでしょうか。

第二新卒に求められているPOINT!

  • 入社意欲の高さ
  • 一緒に働きたい人材か
  • 社風に合っているか

第二新卒は社会人経験があることから、新卒よりもハードルが高いと考えがちです。しかし実は第二新卒に特別なキャリアや能力が求められることは、あまり多くありません。

第二新卒で重視されるのは入社意欲の高さや、一緒に働きたい人材か、社風にマッチしているかといった点です。

一般的に転職市場で重視されるのはこれまでの経験やスキルです。しかし第二新卒の採用で重視されるのは、若さや柔軟性、その会社の考え方を身につけられるかといった点です。

前の会社の在職期間は重視されるか

通常、会社員として新卒で入社した場合、キャリアアップのための転職には5年程度は在社する必要があると言われています。未経験の分野にチャレンジするという場合でも、3年程度はひとつの会社で経験を積むことが必要。その後、どの業界でも共通するビジネスマナーや社会人での考え方を身につけて転職するほうがいいという考え方が浸透しています。

採用の傾向や第二新卒の弱点

それでは、前職での在職期間が3年未満と短かった場合、第二新卒として転職活動を行う上でハンデとなるのでしょうか。

実は、第二新卒として転職活動を行う場合、前の会社にどれぐらいいたかということはそれほど重視されません。
短い期間で会社を辞めることになったのはそれなりの事情があるということは、採用担当者は理解しています。

そのため第二新卒を採用する場合には、前職での在職期間を気にする必要はほとんどないといっていいでしょう。
ただし面接では、「なぜ前の会社を辞めたのか」「なぜこんなに短い時間で離職することになったのか」という点を中心に質問が行われます。

そこで相手にも理解できる、説得力のある返答ができれば、在職期間の長さはまったく問題にならないと言えるでしょう。
また、人間は誰でも失敗するもの。大切なのはその失敗からどういうことを学んだかということです。

在職期間の長短に気をとられる必要はありません。そこでどういう経験を通して何を学んだかをしっかりと答えることで、短い在職期間であってもそれをプラスの材料に変換することにつながります。

第二新卒が転職で気をつけたい点

企業側にとって、様々な魅力のある第二新卒ですが、不安もあります。それは「またすぐに辞めるのではないか?」という点。

せっかく書類選考や面接を重ねて採用した社員がすぐに辞めてしまうというのは、人事担当者にとってはコストの点の大きなマイナス。またメンタル面でも非常にダメージを受けるものです。

さらに、前職での在職期間が短ければ短いほど、どれだけ優れた人材であっても「今回もすぐに仕事を辞めてしまうのではないか」という不安は募るもの。そういった相手の不安を払拭するために必要なことは、まず徹底した自己分析を行うことです。

自己分析は新卒での就職活動のときに徹底的にやったという人もいるかもしれません。しかし、新卒で就職した会社を離れ、第二新卒として転職をすることになったのは、やはり自己分析が不足していたから。

なぜ自分がその会社を辞めることになったのか、それは自分に原因があるのか、あるとしたらどのような点なのかということを徹底して考えましょう。そうすることで転職した会社でのミスマッチを防ぎ、企業の採用担当者を納得させることにもつながります。

おわりに

第二新卒は、一度社会に出ていることから、研修などのコストも不要。新卒での採用活動が難しくなっている現在、企業にとっては魅力的な存在になっているということができます。

第二新卒にとっても、転職の幅は広がっています。しっかりと時期を見極め、もう一度自分を見つめなおして転職活動に望むことが新しいスタートにつながると言えるでしょう。

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名の第二新卒が
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

 

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから